8月の引っ越し費用の相場|お盆の前後で費用は安くなる?高くなる?

引越本部長
8月の引っ越し費用の相場|お盆の前後で費用は安くなる?高くなる?

8月は、3月から4月の繁忙期をさけるためと、子供の夏休み期間を利用できるタイミングが家族の引っ越しには都合が良いと思う人もいると思います。しかし、8月にはお盆休みもあり引っ越しにも影響がありそうです。

他の通常期である7月や9月と比較して8月の引っ越しにはどんな特徴があるのでしょうか?また、お盆の前後となる8月上旬と下旬とでは、費用は安くなるのでしょうか、それとも高くなるのでしょうか?

目次

8月の引っ越し費用はどれくらい?

8月の引っ越しは高いのでしょうか?また、上旬と下旬で差はあるのでしょうか?

8月は閑散期の中でも費用が比較的高め

引っ越し業者の繁忙期は3~4月、閑散期が5月~2月とされており、8月は閑散期に該当するため、繁忙期と比べると費用を安く抑えられる可能性があります。 ただし、8月は夏季の休暇を利用して引っ越しを行う人が多いのと、夏休みに入った学生や家族連れの引っ越しが増える時期でもあります。

また、会社の夏季休暇やお盆休みの連休を利用できるため、転勤などの事情により家族総出で引っ越す季節でもあります。 そのため、ほかの閑散期の月と比べると予約が取りづらかったり、見積もり料金が高騰していたりすることもあるので、早めの予約が必要となります。

8月の引っ越しを避ける人もいる

昔からご先祖様の霊を供養する時期には自粛すべきとされているため、お盆に近い時期での引っ越しをタブーとする風習があります。

また、夏土用の時期は土を動かしてはいけないとする風習から避ける人もいるもいますが、近年はこのような縁起や大安などの六曜を気にせず引っ越しする人が多くなっています。

同じ8月でも時期によって料金差がある

お盆前の上旬が比較的安くなりやすいとも言われています。月の前半に引っ越しても、旧居の家賃を1カ月分払うことになっている契約もあるため、前半での引っ越しを避ける人がいることから、月の後半は引っ越しの需要が多く、費用が高くかかりがちです。

さらに土日・祝日ではなく平日のほうが費用を安く抑えられるメリットがあるので狙い目といえます。

8月の引っ越し料金相場

具体的な8月の引っ越し料金はどうなっているのかを、大手比較サイトの「引越し侍」のデータを参考に見てみましょう。ただし、あくまで平均の相場なので、距離や条件によって実際には異なることもあります。

8月の料金相場

8月の料金相場は、単身の場合は42,564円、2人家族の場合は64,153円、そして3人家族では138,771円となっています。

相場自体は単身と2人家族では9月の引っ越しより安くなっていますが、3人家族では逆に高くなっているのが特徴です。これは転勤などにより家族での長距離の引っ越しが多いためと思われます。

※価格は平均
※引越し侍「8月の引越し見積もり・費用相場」https://hikkoshizamurai.jp/price/month-august/

8月に引っ越しをするときの注意点

それでは8月に引っ越しをするときには、どのような点に注意したら良いのでしょうか?

引っ越し作業時は暑さ対策を行う

8月は暑さが厳しい日も多い時期であり、暑さによって体力やスタミナが奪われがちで、体調不良を起こしてしまう人もいる引っ越し作業をするときは熱中症や暑さへの対策として、水分をこまめにとる、熱中症対策グッズを携帯する などが必要となります。

これらは荷造りなど事前の準備をする時も同じなので注意しておきましょう。

各事業者の休業期間を確認する

お盆時期の前後は電気、ガス、水道、インターネットなど引っ越しにともなう関連業者の夏季休暇と重なる場合があります。

状況によっては時期をずらして解約や停止に関する手続きを行う必要があるので、8月に引っ越しする場合は、あらかじめ業者の休みを確認しておくことが大事になります。

エアコンの取り付け工事は8月に混みあう

中でもエアコンを多用する時期のため、買い替えや故障の問い合わせが増えやすく、引っ越ししない人もエアコンの取り付け工事を頼む件数が多いので、場合によっては引っ越しの数日前の取り外し予定になることもあるので注意が必要です。

引っ越しの候補日を複数用意する

8月の休暇中に引っ越しする人は閑散期としては多く営業日数も少ないので、引っ越しの直前に見積もり依頼しても、希望した日時に予約が取れないこともあります。 そのため、引っ越しが決まったらなるべく早く業者に見積もり依頼する必要があります。

特に子供のいるご家庭では転校や夏休みといった動かしずらい事情もあるので、なるべく候補日に幅を持たせておくと、業者の空いたスケジュールで予約が取れるケースもあります。

引っ越し料金の安さで選ぶなら「引越本部長」

23区内同士、または隣接する市部という近距離引っ越しに限定することで、業界最安値の料金を提供する「引越本部長」の各プランとその料金をご紹介します。

引越本部長の料金の安さの秘密

「引越本部長」では、引っ越し費用を抑えるため、サービスをオプション化しており、本当に必要なものだけを選べるシステムとなっています。

サービスオプションの例としては、土曜日、日曜・祝日の割増料金、階段での搬出入、横持ち、そして時間指定などがあり、これらが不必要であれば最安値の料金が実現します。 また、「引越本部長」では適用条件が決まっているお得なプランがあります。

引越本部長の料金プラン

各プランに共通するのは、23区内同士、または隣接する市部、もしくは20㎞以内の引越しに限定し、ダンボールなどへの荷造りはご自分で行う事と、必要最低限の作業員が伺うので人件費も抑えられています。

また、荷運びも手伝っていただくことでスピーディーに作業が進み、値引き交渉いらずで料金も安くなります。

爆安75プラン 宅配便より安い7,500円の爆安料金!

23区内同士、または隣接する市部への引越しで、荷物量が段ボール20個以内なら宅配便より安い7,500円となります。

さらに、通常の宅配便とことなり当日に新居に直行するので、お手伝いいただくことでこの荷物量ならあっという間に作業が終了します。荷物を極力少なく出来る方には最適なプランです。

超節約プラン この荷物量でレンタカー並みの超節約料金!

作業員は1名で、引っ越し専用の軽トラックが伺いますが、荷物量は爆安75プランの倍以上となる段ボール約50個程度(容積4.6㎥)が可能です。

それでいて23区内同士、または隣接する市部なら10,500円、ちょっと離れた20㎞以内でも11,500円という安さを実現しています。単身者の引っ越しには最適のプランとなり、やはりお手伝いいただく事で作業も早く終了します。

標準プラン 家族引っ越しでも単身プランの様な安さが標準!

同一区内、または隣接する区への引越しなら作業員2名と2tの標準車により、段ボール約90個相当(容積8.4㎥)の荷物量で13,500円という格安料金。

さらに少し遠めの20㎞以内の引っ越しなら14,500円。そして荷物量が多い段ボール約120個相当(容積10.5㎥) の場合は、2tのロング車と作業員3名の体制になり、大きな家財は専門のスタッフが梱包の上運びます。 それでも交渉いらずで24,500円という大手の単身パック並みの料金での家族引っ越しが可能となるのが最大の魅力です。

さらに安くなる「しっかり見積もり」

引越本部長は無料で見積もり可能で、1分で回答できる「かんたん無料WEB自動見積もり」は電話でも見積もり可能0120-918-808(フリーダイヤル・11:00〜20:00)です。

また、「しっかり見積もり」なら、荷物の数量や、現住所・転居先の情報を細かく記入することで、より詳細な見積もりが取れるさらに安くなる可能性があり、大抵の場合は「かんたん無料WEB自動見積もり」よりも引っ越し費用が安くなる傾向があります。

※参考:
『追加料金』https://honbucho.com/option.html
『料金パック・プラン』https://honbucho.com/plan.html
『かんたん見積』https://honbucho.com/estim.html
『しっかり見積』https://www.ka-plus.jp/kacorp/budget_entry_form_hh.php
お問い合わせ専用フリーダイヤル
0120-918-808
HOURS:11:00〜20:00

高い相場も方法次第では格安になる場合もある

8月に引っ越しを考えている方はお子さんの学校が休みの内に引っ越したい、あるいは長期休暇が取りやすい時期であることが理由だと思います。 そして、月末やお盆の中旬を避けたくても準備が間に合いそうもなくて月末にならざるを得ない方もいらっしゃるでしょう。

そんな場合でも、平日を選んだり開始時間を午後にしたりすることで、少しも安く、予約も取りやすくなるので、あきらめずにいろんな方法を考えましょう。

また、引っ越しが長距離で、新居への搬入が翌日になるケースでは、荷物を積み込む曜日よりも、搬入する日が混んでいる曜日かどうかが決め手になるので、業者と良く相談する必要があります。 コツとしては搬出、搬入ともに午後にすることで値引きしてもらえる可能性があります。

全体のまとめ

繁忙期をさけてもっとも閑散期となる時期に引っ越しが出来るとしても、引っ越し見積もりで高い金額となっては台無しです。しかし、安い引っ越し業者を探すのは安い物件を探した後ではめんどくさい。 そこで一番におすすめするのが「引越本部長」の各プランです。

どのプランも格安となっており、あとは自分の事情に合わせてオプションを加えるだけなので無駄がありません。子供がいても、ご夫婦だけの場合でもきっと最適なプランがあるはずです。

お電話でお見積もり
フリーダイヤル
0120-918-808
HOURS:11:00〜20:00
かんたん無料WEB自動見積

たったの7項目!1分で即回答!

お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり

荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
ちょっと面倒ですが、大抵の場合さらに安くなります!

閉じる