引越しでローンは利用可能?メリット・デメリットと選ぶポイント

営業時間:11:00〜20:00
0120-918-808
お見積もり

引越しでローンは利用可能?メリット・デメリットと選ぶポイント

引越しにはお金がかかるものです。もし引越し費用の捻出が難しい場合は、無理のない範囲で利用可能なフリーローンやカードローン、新しいタイプの引越しローンの利用をおすすめします。

本記事では、引越しに費用の捻出方法や主な内訳、利用可能なローンの魅力・種類、引越しに特化した新しいタイプのローンについてお話しします。「引越し費用が足りない……」とお悩みの方は、ローンの契約を視野に入れてください。

宅配便より安い 爆安75パック 7,500円
レンタカーよりお得 超節約パック 最安10,500円
単身引越し東京最安 標準プラン 平均15,500円
メールと電話のみで成約OK 訪問見積もり無し!
ゴキブリ・悪臭・雑菌対策 期間限定 特価2,600円
引越し代は借りられます! 敷金・礼金・家具・家電
目次
  • 無料WEB自動見積り

引越しには多額のお金が必要

引越しには多額のお金がかかります。とりわけ転勤などで急に引越しすることになった場合は、「お金がない」と困ってしまうケースも。ここでは、引越しにお金がかかる理由や、引越し費用の内訳について説明します。

引越しで多額のお金が必要になる理由

引越しで多額のお金がかかる代表的な理由は、引越しにともなう作業が多岐にわたるためです。最低限、家財の梱包や運搬作業は発生します。 さらに引越し作業そのものだけではなく、賃貸物件の契約や新生活の準備も必要です。その都度、何らかの形で費用がかかります。

節約目的で、全作業を自分だけで行おうとすると、相当な手間がかかります。思いのほか費用もかかりますし、基本的に個人作業での引越しはおすすめしません。 ですが、引越会社を利用した場合でも、相応の費用はかかります。

実際に発生する費用は、トラックの移動距離やタイミング、荷物の多さ、引越し先の家賃など、さまざまな条件によって異なります。数十万~100万円以上かかる場合があります。

引越しで必要なお金の内訳

引越しで必要なお金の内訳として「引越し費用」「賃貸契約の初期費用」「家具や家電の購入費用」についてお話しします。

引越し費用

ずは、引越しそのものに発生する料金について説明します。 引越しの作業負担を軽減するために、引越し会社を利用するのが一般的です。一方、個人で引越し作業を行う人もいます。この2つはそれぞれ、発生する費用が異なります。

引越し会社を利用した場合、引越しサービスの利用料金を支払わなければなりません。基準となる運賃のほか、各種作業費用、オプションサービスの料金などが発生します。

移動距離、荷物の多さなど、いくつかの条件によって費用が変化するため、詳しく情報を伝え、見積もり書で確認してください。

また、引越し費用の見積もりは、相見積もりが基本です。複数の引越し業者に見積もりを依頼し、料金・サービス面に満足できる業者をみつけてください。

自力で引越しをした場合は、引越し業者を利用した場合よりも少しだけ費用を抑えられます。 たとえば、レンタカー代やガソリン代、梱包資材代、手伝ってくれた人へのお礼などが発生します。費用負担が軽減される反面、作業の手間が増えるため、重労働が苦手な方や、時間がない方にはおすすめしません。

賃貸契約の初期費用

アパート引越しなど、賃貸への引越し時に必要なお金のうち大きな割合を占めるのが賃貸契約の初期費用です。

こちらも条件によって異なりますが、新居の家賃のおよそ5~6カ月分が相場です。退去時の修繕費として使用される敷金、大家さんにお礼として支払うことが慣習となっている礼金、前払いの家賃(前家賃)、不動産会社に支払う仲介手数料、賃貸契約で加入が義務付けられている火災保険料、防犯のための鍵交換費用、保証人がいない場合に保証料などが挙げられます。

家具や家電の購入費用

引越しでのタイミングでは、家具や家電の買い増し・買い替えも行われます。

間取りの違いや同居人数の増加、ライフスタイルの変化などに伴って必要になるため、家族全員で相談するのがおすすめです。新しい自宅に必要なくなった家具や家電は廃棄しても問題ありませんが、売却すると引越し費用の足しにできます。

引越し時にローンは利用できる?

引越し時にお金がない場合は、なんらかの方法でお金を用意しなければなりません。以下では、ローンの利用条件やメリット・デメリット、引越し時に利用できるローンの種類についてお話しします。

ローンの審査を通れば可能

各金融機関は引越しに使えるローンを提供しています。年齢などの条件をクリアしていれば申し込み可能です。金融機関によっては勤続年数や年収を重視するケースもあるため、勤務先に電話をかけることも少なくありません。

審査では、必要書類を用意し、金融機関の窓口に提出します。ただし最近は、インターネット上でローン審査・契約まで完結する、来店不要のローン商品も登場しています。最終的に審査結果が合格であれば、金融機関から引越し費用を借りることができます。

引越し時にローンを利用するメリット・デメリット

引越し時にローンを利用すると、メリットの反面、デメリットもあります。双方をしっかりと理解した上で申し込むことが大切です。

まずは、ローンを利用するメリットについて。最大のメリットは、まとまった現金が手元になくても、引越しできる点です。

引越しには多額の費用がかかるため、金銭的な問題から引越しを先送りにするケースがあります。ですが、ローンさえ利用できれば、お金の問題を気にすることなく、好きなタイミングで引越しができます。

引越し後は、借入金を毎月、少しずつ返済していきます。家賃と同じタイミングで定期的に返済することもできます。返済のタイミングが決まっているため、忘れにくく、延滞を防ぎやすくなります。

デメリットとしては、ローン商品ゆえに金利が発生することです。借入金に加えて金利が上乗せされるため、最終的な収支はマイナスに。本来、引越し費用は全て自己資金でまかなうのが理想です。

さらに別のローンを組む場合、利用限度額がその審査に影響する可能性があります。新生活のスタートに合わせ、大型家具・家電などをローンで購入する人は少なくありません。返済までは、ローン利用に制限が出る可能性があるため、計画的に利用する必要があります。

引越しに利用できるローンの主な種類

引越しに利用できるローンとして、「フリーローン(多目的ローン)」「カードローン」「引越し用のローン」が挙げられます。

フリーローン(多目的ローン)

フリーローン(多目的ローン)は使用目的が決められていないローンです。使途の制限なく利用できるため、引越しのためにも利用できます。

ギャンブルなどにも利用可能ですが、使途として申告すると審査で落ちる可能性があります。銀行のほか、消費者金融なども実施しているサービスです。

カードローン

カードローンはクレジットカード会社が提供するローンで、使い道も自由です。キャッシングと呼ばれることもあります。

一般的に、銀行のフリーローンよりも審査が通りやすいと考えられています。ATMなどで現金が手に入るため、利用しやすいローンです。手続きが手間に感じる方にもおすすめです。

引越し用のローン

銀行によっては「引越しローン」と明確に打ち出した商品を提供しています。引越しにかかる費用に対して利用できるローンです。

  • 通勤・通学の移動中に1分で簡単入力!
  • 1分で簡単入力!
  • 無料WEB自動見積り

引越しのローンを選ぶポイント

引越し用のローンには複数の種類があり、金融機関によってローン商品の仕様は異なります。 引越しにローンを利用する場合は、自分の資金状況や事情に適したものを選んでください。以下では、引越しのローンを選ぶポイントについてお話しします。

金利

金利に比例して、月々の返済負担は増加します。住宅ローンの支払いも重なっている場合は、さらに注意が必要です。金利が高いと月々の返済負担が増えるほか、完済までの期間も延びます。

また、ローン商品の金利には、契約当初から変動しない固定金利、返済期間中に金利が変わる変動金利の2種類があります。 なお、一般的なカードローンよりも、銀行のフリーローンは金利相場が低く、おすすめします。

借入限度額

多額のお金を借りたい場合は、借入限度額の高いローンを選ぶのがおすすめです。

ただし、必要以上に借りて、無計画な返済プランとならないように注意してください。一括返済できる範囲で借り入れすると安心です。

審査期間

ローンの中には、早めの資金提供に対応している商品があります。すぐに引越ししなければならない場合は、即日融資可能なローンを選ぶのがおすすめです。 とりわけカードローンには審査期間が短いものが多く、いざという時に便利です。

メリットの大きい
新たな仕組みの引越しローン

近年は、引越しでの利用を想定した新しい仕組みのローンを提供している金融機関もあります。引越しでの利用におけるメリットが大きく、おすすめです。 このローンの仕組みやメリットについて詳しくお話しします。

新しい引越しローンの仕組み

新しい引越しローンではまず、申し込み者が個人情報や希望額などを登録します。その後、登録情報をチェックした金融機関から連絡が来ます。

連絡の折り、ローンの融資プランを金融機関側から提案されるのが特徴です。そのプランに合意し、正式申し込みすると審査が行われます。

新しい引越しローンのメリット

本ローンのメリットは、信用情報を保護できる点です。通常、ローンの申し込み履歴は信用情報に記録されるため、短期間に集中して複数のローンに申し込むと審査に通りにくくなります。

一方、新しい引越しローンでは、各金融機関への問い合わせをユーザー自身が都度行わなくても良いため、申し込み履歴を増やし、信用情報を傷つけずに済むのです。

また、融資の成功率が高い点も特徴のひとつ。これは金融機関が申し込み者の情報を確認した上で、返済リスクが低く、無理のない融資プランをオファーしているためです。資金提供の確実性が高いローンを探している場合はおすすめします。

引越しの金銭的負担を
軽減するために
ローンを積極的に活用

ローンは引越し前の資金難を解決します。金利などの注意点もありますが、賢く計画的に利用すれば、好きなタイミングで無理なく引越しできます。

これから引越しを検討する場合、引越し業者の見積もり、必要になる家具・家電の費用を算出し、引越しにかかるトータル費用をまとめてください。自己資金でまかなえない場合は、フリーローンやカードローン、引越し用ローンなど、各種ローンの申し込みを検討してください。特に金融機関から融資プランを提案されるタイプのローンは審査に通りやすく、利用の敷居も低いためおすすめです。

低金利の引越しローン 敷金・礼金等の初期費用や家具・家電など多目的に使える!

\ お急ぎの方は /フリーダイヤル0120-918-808

営業時間:11:00 〜 20:00

かんたん無料WEB自動見積

\ メールで見積なら /

たったの8項目、1分で即回答いたします。1分で即回答いたします

お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
※カレンダーからの選択のみ有効です。
スマホキーボードから文字を入力したデータは送信されません。
※カレンダーからの選択のみ有効です。
スマホキーボードから文字を入力したデータは送信されません。
お名前
フリガナ
メールアドレス ※【hotmail】【gmail】【ヤフーmail】を使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号 ※半角数字以外のハイフンや文字は入力できません。
低価格のひみつ

東京の単身引越しなら業界最安をお約束。 なぜこんなに安い見積もり額を叩き出せるのか?それは"私たちが無名だから"です。 テレビCMなど高額な広告を打たず、その分、お客様の引越し費用を抑えます。

さらに"訪問見積もりは致しません"。 これにより営業部隊の人件費・営業車両の購入価格や駐車場代を無くし、格安を維持しています。 その価格は他社と比較すれば一目瞭然

創業より引越し"ひとすじ" 実績24万件、安心・安全な引越を実現する私たち"引越本部長"を是非、ご指名ください!



ゴキブリ・悪臭・雑菌対策 期間限定 特価2,600円
引越し代は借りられます! 敷金・礼金・家具・家電
短時間で引越し 素早くスピーディーな作業 積込開始〜完了まで平均1.5時間

HONBUCHO Corp, All Rights Reserved.