2月の引越し料金相場と注意点|繁忙期前にお得に引越しするポイント

営業時間:11:30〜20:30
03-6371-2890
お見積もり

2月の引越し料金相場と注意点|繁忙期前にお得に引越しするポイント

2月に引越しを検討される方は意外とたくさんいます。引越し料金は需要によって変動するため、引越しシーズンとされる3~4月はなるべく避けたいと考えていることがその理由です。

ただ、中には「本当に2月は引越し料金が安い?」「2月の引越し料金相場の推移を知りたい」「2月の引越しをお得にする方法はある?」といったお悩みをお持ちの方もいるはずです。

そこで今回は、2月の引越し料金相場のまとめ、2月の引越しで注意するポイントと料金を安くするコツ、繁忙期前でもリーズナブルに引越しできる業者をご紹介します。

2月の引越し料金の相場

2月は引越し業界における閑散期ですが、繁忙期となる3月に近い月でもあります。そのため、上旬と下旬で引越し料金相場に大きな違いがあるのが特徴です。

2月の引越し料金の相場

月の引越し料金の相場は以下の通りです。

2月上旬 2月中旬 2月下旬
単身(荷物少なめ) 30,000円 37,040円 45,360円
単身(荷物多め) 40,000円 44,050円 54,000円
2人家族 70,000円 75,000円 77,500円
3人家族 80,000円 77,000円 87,280円

上記の表は2月における「15km未満の近距離から500km以上の長距離まで」の引越し料金の全平均をまとめたものです。

引越し業界では繁忙期と閑散期があり、2月はどちらかというと引越し需要の少ない閑散期であると言われています。

ただし、表からも分かる通り、上旬から下旬へ進むにつれて料金が高くなっています。これは繁忙期である3月に近づいているためです。 2月下旬は本格的な引越しシーズンを迎える前に引越しを行おうとする人が増え、需要が高まっていて、料金が高くなっていることが考えられます。

宅配便より安い 爆安75パック 7,500円

2月の引越しの注意点と料金を抑えるポイント

2月の引越し料金は上旬と下旬で大きく異なります。引越し料金を抑えて引越ししたいと考えた場合、そのことを踏まえておかなくてはいけません。

2月の引越しの注意点と料金を抑えるポイントをご紹介します。

2月の引越しの注意点

まずは2月の引越しにおける注意点を解説していきます。

2月下旬は料金が大幅に高くなる

前述の通り、2月下旬はその前までと比べて料金が大幅に高くなります。これは引越し繁忙期とされる3~4月に近づいていることが理由です。

引越しシーズンを本格的に迎える前に引越しを行おうとする人が増え始めます。その結果、引越し依頼が集中し始めるため値上がりしやすくなるのです。

また、不動産業界でも2月下旬は上旬・中旬と比べて賃貸物件の退去数が増え始めると言われています。このことからも、引越し需要の高まりが見えます。 2月に引越しをする場合は、比較的料金の安い上旬を狙うようにしてください。

降雪の可能性がある

地域にもよりますが、2月はまだ雪が降る可能性のある時期です。雨天や降雪があっても引越しそのものは原則行えます。ただし、大雪になる場合は安全面から引越し作業が中断・中止になる場合もあるため注意してください。

国土交通省の「標準引越運送約款」によれば、「天災その他やむを得ない事由があるとき」は引越し作業を中止しても良いとされています。

作業が中断・中止されなかったとしても、降雪時の引越し作業は注意が必要です。というのも、雨天時と同じで雪により荷物が濡れてしまう可能性があるためです。そのため、パソコンなどの精密機械やバッグ等の革製品は防水対策をしっかり行わなくてはいけません。

また、ダンボールが濡れてしまうと強度が落ち破れやすくなります。大切な荷物の落下、それに伴う破損が発生する可能性もあるためご注意ください。

日照時間が短い

2月は春が近づく時期とはいえ、まだまだ日照時間は長くありません。すぐに暗くなってしまうため作業をスムーズに行う、照明のある環境を整える、スケジュールを練るなどが大切です。

たとえば、遠方へ引越しする場合、移動距離・時間が長くなるため到着時間に注意してください。積み込み作業中は明るくても、夕方以降の到着となれば、暗がりで作業しなければならなくなります。

また、遅い時間に引越しを行う場合は旧居・新居の照明対策が必要です。特に新居では事前に電気を使える状態にしておくことが大切です。

2月の引越し料金を抑えるポイント

2月の引越し料金を抑えるポイントを5つご紹介します。

月初に引越しする

2月の引越し料金を抑えるならば、月末を近くは避けて月初に引越しをするのがおすすめです。

前述の通り、2月は上旬から下旬に向けて引越し料金の相場が高くなります。引越し業者から提示される見積もり価格も下旬はどこも高くなります。もし割引されたとしても、上旬より安くなることはありません。

そのような理由から、2月の引越しはなるべく月初に行ってください。

早めに引越し見積もりを依頼する

引越し見積もりを早いタイミングで出してもらうことも費用を抑えることにつながります。見積もりは早くに依頼すればするほど、値段交渉しやすくなるためです。

引越し料金は引越し需要と比例して上下します。2月の場合、月初は需要が低いため料金も低くなります。しかし、下旬に近づくにつれ、需要が高まり料金も高くなっていくのです。そのため、見積もりは早めに出してもらった方がお得になる可能性が高くなります。

複数社に見積もりを依頼する相見積もりを行うのも良い方法です。引越し業者同士の競争が生まれ、値下げ交渉もしやすくなるためです。

また、2月は繁忙期である3月に入る前に引越しをしたいという希望が増えます。そのため、連絡が遅れるとそもそも引越し予約を取りにくくなることが多いです。そういった意味でも見積もりは早いタイミングで行うことをおすすめします。

できるだけ荷物量を減らす

2月の引越しに限ったことではありませんが、引越し費用を抑えるならばできるだけ荷物量を減らしてください。

引越し料金は時期だけでなく、荷物量によっても変動します。荷物が少なく、引越しに使用するトラックを小型のものにできれば、その分だけ引越し費用を節約することが可能です。また、作業時間の短縮や作業スタッフの削減によって料金が安くなることもあります。

トラックに収まる量を目安にし、大型の家具・家電を処分しておくのがおすすめです。

連休を避ける

引越し料金を抑えるならば連休は避けるべきです。

引越し需要は休みとなる週末に集中する傾向にあります。会社員や学生、ファミリーなどが休みに合わせて引越しを行うためです。特に連休は引越需要が高く、引越し料金もそれに合わせて高くなる傾向にあります。

できれば平日、それが難しい場合は連休を避けるなどし、引越し日を決めてください。

不成就日などを狙う

「不成就日」とは大安や一粒万倍日などの吉日ではなく、凶日のことです。

現代においても選日を気にする人は多く、吉日に引越しをしたいと考える人は一定数います。そのため、吉日はやや引越し需要が高く料金も高くなりやすいのです。

少しでも安く、スムーズに引越しを行いたいとお考えならば、不成就日の引越しを検討してください。

レンタカーよりお得 超節約パック 最安10,500円

2月の引越しなら「引越本部長」がおすすめ

上旬と下旬で引越し料金が大きく異る2月。なるべくお得に引越ししたいとお考えでしたら『引越本部長』がおすすめです。

引越本部長とは?

引越本部長』は首都圏の単身者向け引越しに特化した引越し業者です。 首都圏エリアで最安クラスと言われるリーズナブルさを誇っています。なぜ引越本部長は引越し費用を抑えられるのか、その理由は無駄なコストを徹底的にカットする工夫や努力にあります。

たとえば、引越本部長では訪問見積もりを行っていません。そのため、不要な人件費をカットできています。メールと電話のみで引越し相談から見積もり、成約まで手続きできるため手軽である点も特徴です。

また、引越本部長では、引越し作業を自社スタッフのみで行っています。下請けに依頼せずすべて自社スタッフで賄うため中間コストの削減を実現しているのです。

他にも、梱包資材の提供や時間指定、または過剰となり得るサービスをすべてオプションにし、引越し料金をスリム化しています。利用者は自分が必要と感じるサービスのみを追加でき、結果的に引越し費用を抑えられるのです。

2月の引越しに引越本部長がおすすめの理由

引越本部長は繁忙期直前の2月下旬であってもリーズナブルに引越しできるリーズナブルなプランが用意されています。「爆安75プラン」「超節約プラン」「標準プラン」それぞれの特徴をご紹介します。

爆安75プラン

爆安75プラン』は7,500円で利用できる定額の引越しプランです。繁忙期であっても値段は変わらず7,500円ぽっきりで引越しできます。

かなりリーズナブルでお得感の高いプランであるため、繁忙期直前となる2月下旬は予約が集中する可能性が高いです。爆安75プランで引越ししたいとお考えでしたら、早めに電話かメールで予約することをおすすめします。

ただし、爆安75プランの利用には以下のような条件があります。

荷物量はダンボール20箱以内
同一区内、もしくは隣接する区への引越し
1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドアでの運搬で、手伝いが必要

これら条件を満たせるなら、爆安75プランは圧倒的にお得です。ぜひ検討してみてください。

超節約プラン

超節約プラン』は最安10,500円から利用できる引越しプランです。 運搬できる荷物量が「爆安75プラン」よりも多くなるため、一般的な単身引越しであれば、問題なく引越し可能です。

それでいて料金的にはレンタカーを使った自力引越しよりも安く抑えられます。もちろん、自力引越しと異なり、引越しのプロが作業を手伝ってくれるためスムーズで安全な引越しを行えます。

超節約プランの適用条件は以下の通りです。

ダンボール50個相当、同一区内・隣接区であれば10,500円から
ダンボール50個相当、20km以内であれば11,500円から
1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドアでの運搬で、手伝いが必要
平日であること

首都圏の単身引越しならおすすめのプランです。

標準プラン

標準プラン』は標準的な引越しプランです。最安13,500円から利用でき、平均費用は15,500円となっています。

2トン車であるため運べる荷物量も多く、スタッフも2名派遣されます。標準的な引越しを行えるプランであり、引越本部長でも一番人気のプランです。

標準プランの適用条件は以下となります。

ダンボール90箱相当で同一区内、隣接区であれば13,500円~
ダンボール90箱相当で20km以内であれば14,500円~
ダンボール120箱相当で20km以内であれば24,500円~
平日であること
低層階から低層階への引越しであること

荷物がそれなりに多く、引越しのプロに業界最安で引越しを任せたいという方はおすすめのプランです。

単身引越し東京最安 標準プラン 平均15,500円
src="https://honbucho.com/img/bnnr/8bnnrs/8bnners_bakuyasu.svg" class="w100" alt="宅配便より安い 爆安75パック 7,500円"> 口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。

2月の引越しは早めに進めることが大切

今回は2月の引越し料金相場と引越し時の注意点、費用を抑えるコツをご紹介しました。

ご紹介したように、2月は上旬と下旬で引越し料金が大きく異なります。3月の繁忙期近い下旬は料金が割高になりますので、できれば上旬に引越しすることをおすすめします。 見積もりもなるべく早く行えば、値段交渉しやすいですし引越し準備もスムーズに進みます。2月の引越しはなるべく早く進めるように意識してください。

また、どうしてもスケジュールが合わず、2月下旬あたりの引越しになってしまうという場合は『引越本部長』の利用をご検討ください。 『爆安75プラン』ならば、時期に関わらず定額で引越しすることが可能です。他にも『超節約プラン』『標準プラン』などお得なプランがありますので、ぜひご検討ください。

東京都内で単身の引越しをするときのコツ|料金の相場はどれくらい? 引越しはいつまでに連絡すればいい?タイミングと退去の流れを解説 転居にかかる費用の種類|引越し料金を安く抑えるコツとは? 全ての記事を見る
  • 通勤・通学の移動中に1分で簡単入力!
  • 1分で簡単入力!
  • 無料WEB自動見積り
お引越しタイプ
『爆安プラン』の方は
電話にて承りますフリーダイヤル0120-918-808

営業時間:11:30 〜 20:30

現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※【hotmail】【gmail】【ヤフーmail】を使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号 ※ハイフン不要。半角数字のみご記入ください。


ゴキブリ・悪臭・雑菌対策 期間限定 特価2,600円
引越し代は借りられます! 敷金・礼金・家具・家電
短時間で引越し 素早くスピーディーな作業 積込開始〜完了まで平均1.5時間

HONBUCHO Corp, All Rights Reserved.