荷物が少ない引っ越しにおすすめのプランは?選択肢と料金相場

引越本部長
荷物が少ない引っ越しにおすすめのプランは?選択肢と料金相場

単身の方など、せいぜい軽トラックで十分というような荷物が少ない引っ越しの場合、どのようなプランの引っ越しを選べば金額を押さえることができるのでしょうか? また、その他に割引してもらえるプランやその条件や必要なものは何なのでしょうか。

さらに、自分でレンタカーを利用するより安くできるのでしょうか?ここではその方法と、料金の目安そして具体的な運送の方法などをご紹介します。

目次

荷物が少ない場合の引っ越しプランの選択肢

荷物が少ない場合は、引っ越しプランをうまく利用することが重要になります。

単身者向けプラン

荷物量の少ない人の場合には、引っ越し業者の一人暮らし向けの引っ越しプランなど格安なプランを利用すると引っ越し費用を安く抑えることもできます。 また、少量の家具や電子レンジなどの家電やダンボールを配送したり、規定サイズのBOXや、コンテナボックスに荷物を積んで運ぶタイプの単身パックを用意している業者もあります。

引っ越しスタッフ1~2名を手配できるため、冷蔵庫や洗濯機など、重量のある荷物も運びやすいのが特徴です。

宅配便

宅配業者のサービスや郵送(ゆうパック)によって荷物を運ぶことも考えられます。

家具や家電などの配送はオプションサービスになり宅配便とは異なる料金になりますが、ダンボール10個以内であれば、宅配便のほうが安くなる場合が多いはずです。

引っ越しの荷物を少なくするコツ

引っ越しの料金は荷物量が大きく影響しますので、運ぶ荷物は荷物は極力コンパクトにまとめる必要があります。荷造りの基本はダンボール箱への収納ですが、場合によってはビニール袋も有効です。

古くなったものを処分する

キッチン用品や保存食など、新居に移った際に新しく揃えるものは引っ越し後に揃えることとし、引っ越し当日までに使い切る生活をすることで、ダンボール数個分の荷物を減らすことが出来ます。

使わずにしまっている物は処分する

洋服や本、趣味に関するグッズなど、使わずに2~3年以上経っている場合、再び使う可能性は低いので、オークションサイトやフリマアプリ、リサイクルショップなどで処分すれば、引っ越し費用を安く出来るだけでなく、引っ越し費用の足しにもなります。

引っ越しを機にいわゆる断捨離を実行するのも良いと思います。

特にベッド、テーブル、タンスなどの大型家具は、あるかないかで荷物量に大きく影響しますので、古くなったものは極力処分したほうが良いと思います。

家具や家電の買い替えを検討する

新居に合わない家具や家電は処分して新しく買い替えるのもおすすめです。 人に譲ったりオークションで売るなどして処分しておき、新しく購入する家具や家電は新居に直接送ってもらうようにすれば、引っ越しの荷物量を減らすことが出来ます。

特に、タンスや様々なボックス類は検討する必要があります。

家財は小さくする

組み立て式の家財は、あらかじめ分解して梱包しておくことで荷物量が減ります。作業は面倒ですがその分メリットがあります。

自転車も荷物が多くなる代表格なので、移動距離が短ければ先に乗って行って置いておくか、あとでとりに来るようにしましょう。長距離の場合は欲しい人に譲った方が良いかも知れません。

また、がさばる布団類は新しく購入するか、圧縮タイプの布団袋を利用しましょう。 さらに、どの家庭にもある衣装ケースは、普段余裕のある収納をしていても、引っ越し時にはしっかり詰め込んで、養生テープで開かないようにしておけば安心です。

「引越本部長」のプランと一般的な料金相場の比較

実際の引っ越し業者の料金プランのス相場はどのようになっているのでしょう。引っ越し料金は荷物量によって使用するトラックのランクが決まります。 そして、スタッフの人数と移動する距離によっても大きく変わります。一般的な引っ越し業者の料金相場と「引越本部長」のプランを比較してみましょう。

引越本部長の料金プラン

引越本部長の料金プランには「爆安75プラン」「超節約プラン」「標準プラン」があり、自分に合ったプランの料金がわかるシステムになっています。

また、オプション別の料金設定なので、必要なサービスだけを選べ、見積もりもメールを利用し誰にでも分かりやすいようになっているのも特徴です。

爆安75プラン

「爆安75プラン」は、東京23区内及び近接エリア間、スタッフは1名で7,500円というまさに爆安の料金となります。ご自分で用意した段ボール20箱以内で荷物が少ない方に最適なプランです。

ちなみに7,500円という料金はレンタカーで軽トラックを借りる平均的な金額なのです。

超節約プラン

「超節約プラン」は、スタッフが1名伺い、荷物量は段ボール約50個相当(容積4.6㎥)で10,500円~となっていて、東京23区内及び近接エリア間 を越える20Km以内でも11,500円~と、爆安プランではちょっと積みきれない、荷物が多い人向けのプランです。

これでも平均的な単身者向けプランより安い料金となっています。

上記のプランは税抜きの平日の基本料金ですので、お荷物の積み地や降ろし地、または希望の必要なオプションを加え、その内容によって料金に加算されることになります。

また、繁忙期には特別料金となるために事前に問い合わせる必要があります。

※参考:引越本部長 料金パック・プラン:https://honbucho.com/plan.html

荷物が少ない人の引越し料金相場

平均的な相場では、通常期と引っ越しの集中する繁忙期にわけて見ました。煩忙期は通常期と比べて約2~3割高くなっており、業者によっては倍近い差があることもあります。

繁忙期(3~4月)の相場

荷物の少ない単身者の繁忙期の相場では、平均で36,257円から平均39,721円という料金になっています。この料金の幅は距離によって異なる部分で、15㎞未満から50㎞未満となります。

また、繁忙期は料金の高さと同時に予約が取りにくい事が多く、早めの予約が必要になります。

通常期(5~12月、1~2月)の相場

同じ条件でも通常期の場合は、平均で28,701円~平均33,920円となっています。煩忙期と比べて数千円の差ですが、2~3割という大きなものになります。

このことからわかるように、せっかく荷物が少なく引っ越し料金が安くなる条件が揃っているのですから、繁忙期を避けて引っ越すことを考えたほうが良いという事になります。

また、引っ越しが集中しがちな午前より、車両もスタッフも余裕のある午後便や、時間指定のないフリー便を選べばさらに安くなるプランを用意する業者もあります。

上記は平均的な内容の料金であり、引っ越しの内容によっては作業にかかる時間や、専用ボックスの使用料なども加わることがあります。

※参考:価格.com「引越し費用・料金相場」:https://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/

荷物が少ないならより安い引っ越しを

引っ越しには様々なプランと方法があり、それぞれにメリット、デメリットがあります。料金が高くても良いなら梱包から引っ越し作業まですべて業者に頼めば楽な引っ越しが出来ます。

大きな家財や電化製品がある方や、忙しい方にはこの方が良いかも知れません。しかし、荷物が少なくて大きな家具のもないのなら、極力安く抑える方が良いでしょう。

そのためには、多くの引っ越しプランから格安なプランを比較し、さらに日程や時間なども我慢できるところは我慢し、自分も引っ越しに参加する必要があります。

全体のまとめ

安い引っ越しの方法やプランを知るためには、数多くの引っ越し業者を比較しなくてはならず大変ですが、簡単な方法があります。それは、「引越本部長」で見積もりをすることです。

「爆安プラン」や「超節約プラン」も平均的な引っ越し相場よりも安いのですが、もっとくわしく見積もってもらう事で、自分に適した引っ越しプランを探すことができます。

そのためには、一度「引越本部長」のサイトをご覧になってみると良いと思いますよ。

引っ越し本部長
お問い合わせ専用フリーダイヤル
0120-918-808
HOURS:11:00〜20:00
お電話でお見積もり
フリーダイヤル
0120-918-808
HOURS:11:00〜20:00
かんたん無料WEB自動見積

たったの7項目!1分で即回答!

お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり

荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
ちょっと面倒ですが、大抵の場合さらに安くなります!

閉じる