単身者の安い引っ越し方法|プランの選び方や費用を抑えるコツとは?

引越本部長
単身者の安い引っ越し方法|プランの選び方や費用を抑えるコツとは?

引っ越し費用はできるだけ安く抑えたいですよね。なかでもこれから一人暮らしを始める方や単身の方が引っ越しをする場合、格安で引っ越しをするためにはどのような方法があるのでしょうか。

荷物の量が少なかったり、移動距離が長距離ではなかったりする場合、自分で軽トラックを借りて家財を輸送する方法もありますが、場合によってはかえって高くなってしまうことも。 今回は、ワンルームなどで暮らす単身の方が引っ越しをする際に、少しでも値段を安くするための方法やポイントについてご紹介します。

目次

単身の引っ越し費用が安い業者・プランを選ぶ方法

引っ越しにかかる料金は、業者によって変動します。そのため、まずは料金が安い業者・プランを選ぶことがカギとなります。 それでは、単身向けの引っ越し費用が安い業者やプランを選ぶためにはどのようにすれば良いでしょうか。

見積もりを出してもらう

引っ越しに限らず、特に高い買い物をするときは、いくつかの商品を比較したうえで決めることも多いのではないでしょうか。 引っ越しでも、できるだけ多くの業者から見積もりを取ることをおすすめします。手間はかかりますが、結果的に安く抑えるための近道なのです。複数の業者の見積もりを取る方法は、以下の通りです。

各々の引っ越し業者に依頼する

引っ越し業者に問い合わせをすると、見積もりを出してくれます。各々の業者に直接問い合わせをする分、時間はかかりますが、正確な情報が得られる可能性が高いです。

一括で見積もりができるサービスを利用する

複数の業者の見積もりを一括で取れるサービスを利用するのも一つの手。各々の業者に直接問い合わせしなくて済むから、手間が省けます。 「価格.com」などのサイトでもいくつかの業者の見積もりを比較することができます。各業者の口コミも掲載されているので、選ぶ際の参考になりますよね。

単身者向けのプランを利用する

多くの引っ越し業者では、単身者向けの安い料金プランを用意しています。単身者向けのプランには、主に以下の2種類あります。

荷物を一定の大きさのコンテナに積み込み、ほかの荷物と混載して運んでもらうプラン

このプランでは、荷物の量はコンテナボックスに積み込める量と決まっているので、基本的に訪問見積もりがなく、必要なダンボールは自分で準備しなければなりません。 ただ、荷物の量が非常に少ない方は、料金も最安値になるのでおすすめです。

コンテナボックスのサイズにもよりますが、積み込める荷物の量は「冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、衣装ケース3個、布団袋1つ、スーツケース、ダンボール10箱」程度です。

ダンボール数が通常より少なく設定されているプラン

荷物がコンテナに収まりきらない場合、通常は単身者向けのプランを利用します。ダンボール数が制限されているプランを選ぶと、割引が入る場合がありますので、チェックしてみましょう。

単身の引っ越し費用を安く抑えるポイント

単身引っ越しの場合の料金相場

同じ業者でも、引っ越しする時期や荷物の量によって料金は変わってきます。少しでも引っ越し費用を安く抑えるために、以下のポイントを押さえておきましょう。

繁忙期や人気の曜日、時間帯に引っ越すのを避ける

引っ越し業界には、依頼が集中する月や日、曜日、時間帯があり、多くの業者が料金を高く設定しています。 引っ越しする時期に制限がない場合は、できるだけ以下の時期を避けるようすると、ある程度の値引きが期待できます。

【月】3~4月頃

一年の中でもっとも引っ越しの依頼が殺到する繁忙期は、3~4月頃。新しい年度の始まりを控え、新社会人や新入生などを中心に3月から引っ越しをする人が急増します。

【日】中旬から月末

同じ月で比較すると、中旬から月末は依頼が集中する傾向にあります。これは、不動産の契約更新日が月末に設定されていることや、転勤先での仕事が1日から始まることなどが理由として挙げられます。

【曜日】土日・祝日

土日や祝日も、多くの社会人、学生の休日になるため、引っ越しする人は多くなります。 引っ越しは一日がかりになることもあるので、できれば休みの日に引っ越しを済ませたいと思うことが背景にあります。

【時間】午前中

時間帯でいうと、早朝や午前中が人気です。午前中に引っ越し作業を済ませ、午後からは荷解きをしたいと考える人が多いのも頷けますよね。 時間帯を指定しないと安くなるプランを設けている業者もありますので、確認してみると良いでしょう。

引っ越し業者に運んでもらう荷物の量を減らす

引っ越し料金は、荷物の量によっても変わってきます。そのため、荷物の量を減らす方法も考えてみましょう。

不用品を処分する

家の中を改めて見渡すと、実は使わないものが置いてあることが結構あります。引っ越しを機に心機一転、断捨離してみてはいかがでしょうか。 梱包する手間も省けます。主な処分方法は以下の通りです。

・粗大ごみとして回収してもらう
・リサイクルショップに売る
・オークションサイトやフリマアプリを利用して、出品する
・不用品回収業者に処分を依頼する
・引っ越し業者に処分してもらう など

大きな家具や家電を購入先から転居先に直接送ってもらう

これから一人暮らしを始める場合、新たに購入することも多い家具や家電。旧居ではなく新居に送ってもらうことで、荷物の量を減らすことができます。

家具・家電付きの物件を選ぶ

物件によっては、テレビや電子レンジ、冷蔵庫、照明器具、テーブルなどの家具・家電付きの部屋もあります。 あらかじめついていることで、出費が嵩む家具や家電の購入費用、輸送費用が抑えられます。

単身者の平均的な荷物量と引っ越し料金の相場

次に、単身者が引っ越しをする場合の荷物の量と引っ越し料金の相場について確認していきます。

単身者の平均的な荷物量

引っ越しで必要となるダンボールの個数は、人によって大きく異なります。ただ、単身者の平均的な荷物量は、ダンボール10~15箱程となっています。 ダンボールは、Sサイズ(3辺合計100cm程度)でだいたい本50冊程度が入ります。

単身の引っ越し料金相場

単身における引っ越し料金の目安は、繁忙期(3月~4月)と通常期(5月~2月)でそれぞれ次の通りです。

繁忙期の目安

距離 荷物(少) 荷物(多)
~15km未満(市区町村内) 36,207円 47,506円
~50km未満(都道府県内) 39,788円 49,591円
~200km未満(同一地方内) 53,678円 60,373円
~500km未満(近隣地方) 48,848円 74,459円
500km~(長距離) 61,178円 81,935円
※価格は平均
※参考:価格.com「引越し費用・料金相場」https://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/

通常期の目安

距離 荷物(少) 荷物(多)
~15km未満(市区町村内) 28,413円 37,715円
~50km未満(都道府県内) 33,896円 40,398円
~200km未満(同一地方内) 43,784円 51,028円
~500km未満(近隣地方) 53,070円 63,379円
500km~(長距離) 54,673円 70,157円
※価格は平均
※参考:価格.com「引越し費用・料金相場」https://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/

単身の引っ越しにおすすめの『引越本部長』

我々、引越本部長では、単身者が安心して安く引っ越しできるおすすめのプランを用意しています。 自信をもっておすすめできる理由は、以下の3つ。

オプション別の料金設定なので本当に必要なサービスだけを選べる

通常のプランでは、自分には必要ないオプションが付いてくることもありませんか?オプションは最低限で良いからできるだけ安く抑えたい…そうお考えの方には引越本部長の料金プランがぴったり! 通常の料金プランには必要最低限のサービスしか含まれません。

たとえば、お伺いするスタッフも一名のプランもあるのです。本当に必要なサービスだけを選ぶことができるのが、引っ越しを格安にする秘密です。

不用品の処分もオプションで依頼できる

引っ越し業者によっては不用品の処分に対応しておらず、別途処分に時間やお金が発生する場合があります。引越本部長では、オプションで不用品の処分を承っております。※別途追加料金を頂戴致します。

作業を手伝うと、より安くなるプランがある

お客様の中には、一円でも費用を安くしたいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方にぴったりのプランもご用意しています。ただし、お客様に作業のお手伝いをお願いしております。 もちろん、メインの運搬作業は我々スタッフが行いますので、手伝っていただく作業は簡単なものです。手伝っていただく代わりに費用はお安くなっています。

プラン例(爆安75プラン)

荷物の量が少なく、近距離へ引っ越しする方へおすすめの激安プランです。その料金はなんと7,500円!宅配便よりも安く速くお引っ越しできます。

エリア 23区内同士、または隣接する市部へのお引越し
スタッフ 1名
お荷物量 段ボール20個以内
料金 7,500円
※表示価格は全て税抜価格です。別途消費税がかかります。

この他にも、お客様に合った格安のプランを多数ご用意しています!

単身の引っ越しを安く抑えるためには業者やプラン選びがカギ!

単身の引っ越しを安く抑えるためには、さまざまな方法がありますが、引っ越し業者によって値段が大きく異なるので、業者選びは非常に大切です。

我々引越本部長では、東京都内のお引っ越しで単身かつ近距離であれば、最低価格7,500円で提供させていただきます。 もちろん、価格だけではなく、お客様の気持ちに寄り添った懇切丁寧な作業を心掛けています。まずはお気軽にお問合せくださいませ。

引っ越し本部長
お電話でお見積もり
フリーダイヤル
0120-918-808
HOURS:11:00〜20:00
かんたん無料WEB自動見積

たったの7項目!1分で即回答!

お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり

荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
ちょっと面倒ですが、大抵の場合さらに安くなります!

閉じる