引っ越し方法の選び方とトラックを手配するときのポイント

引越本部長
引っ越し方法の選び方とトラックを手配するときのポイント

引っ越しを安くあげるとなると『レンタカーを借りて友人に手伝ってもらう』という考えを持ちがちですが、本当にそうでしょうか。最近は引っ越し業者でも単身者向けの格安プランを用意している場合があります。

どちらにするかは自分の引っ越しがどの程度大変なのかを理解しなければなりません。そこで、実際に当日の支払いにどれだけ必要なのか、レンタカーを借りた場合と安さで定評のある「引越本部長」との比較などでご紹介してみましょう。

目次

引っ越し業者とレンタカーを使った引っ越しの違い

引っ越し業者に依頼する場合

作業量

引っ越し業者に依頼する場合は、業者への依頼や梱包作業などが必要であり、オプションなどの付帯サービスを選ぶことで、梱包作業を依頼できる業者もあります。

また、荷物の運搬は引っ越し業者に行ってもらうため、レンタカーで引っ越しをする場合に比べると労力は少なくなります。

引っ越し作業のクオリティ

引っ越しに慣れた作業員に手伝ってもらえるため、運搬に慣れていない人が搬出作業をすることによって生じる、家具や家電に傷が付くリスクを最小限に抑えることができます。つまりクオリティの高い作業が可能になります。

引っ越し料金

引っ越し料金は、業者の規模や荷物の量、移動距離によって見積もりの料金が変わります。

また、業者によっては単身者向け、近距離に引っ越す人向けに安価なプランを用意している場合もあり、このようなプランは非常にお得なので一人暮らしの方には最適です。 そして、単身の引っ越しなどで荷物が少ない場合や、近距離で引っ越す場合などは、レンタカーで引っ越したほうが安く済むケースもあります。

レンタカーを使って引っ越しをする場合

作業量

レンタカーを利用した引っ越しの場合、レンタカーの手配、梱包作業、荷物の運搬、運転などが必要で、荷物量が少なくても一人で作業するのは難しいので、無理をせず友人などの手伝いを呼んだほうが良い場合があります。

当然、引っ越し業者に依頼する場合に比べて労力がかかるのは覚悟しなければなりません。

引っ越し作業のクオリティ

引っ越し作業のクオリティは当然下がります。家具や家電、部屋の内装や畳を傷つけたり、マンションやアパートの教養部分などを損傷したり汚するおそれもあります。

また、引っ越し作業に慣れた人が少ない場合、荷物の運搬に手間取り時間もかかることになります。

引っ越し料金

レンタカー代の実費の他、とガソリン代、梱包資材代、台車代などが必要です。

レンタカーを借りる費用としては、軽トラックであれば、相場は6000円程度から借りられるところもありますが、もともと用意される軽トラックは少なく、加えて繁忙期や土日の予約は数か月前から埋まっていて借りられないこともあります。

また、1トントラックやハイエースなどのワゴンタイプは1万円を超えます。代車、荷台のシート、ロープなども有料オプションになります。

引っ越し方法の選び方とトラックの手配のポイント

引っ越し方法の選び方

引っ越し業者に頼むか、自分でレンタカーを借りて引っ越すかの目安としては、自分で作業する量を少なくし、安全に引っ越したいなら引っ越し業者がベストです。 食器棚や洗濯機など重たい物の運搬や、冷蔵庫やベッドなど、運び方に注意が必要なものもプロに任せられ、慣れない車の運転などをする必要がないので安心できますし、時間も早く終わります。

引っ越し料金を抑えたい場合はレンタカーでの引っ越しも検討してもいいでしょう。

しかし、慣れない作業でレンタル時間が延長してしまったり、移動距離、荷物量によっては割高になる可能性もあるため、引っ越し業者に依頼する場合と比較してみた方が良いでしょう。 例えば「引越本部長」なら、最安で7500円から引っ越しが可能ですから、これ以上安く費用を押さえられるのなら良いのですが、軽トラック1台借りるのに6000円支払う事を忘れないでください。

トラックを手配するときのポイント

引っ越し業者に依頼する場合、レンタカーを借りる場合、どちらにしても手配する前に確認したほうが良い点があります。それは荷物量と距離、レンタカーなら掛かる時間。そして日程です。

荷物量の目安と引っ越す距離を確認

荷物の量によって、手配すべきトラックの種類が変わります。ダンボールが何個必要か、大型家具や家電は何があるか、その高さや幅など見積もりの時に正しく判断する必要があります。

そして、現住所から新居までの引っ越しの距離を把握しておくことも必要になります。必要なら基本料金に加えてオプションを選ぶことになります。

これらは引っ越し業者に依頼するときは、料金に影響することになり、レンタカーを借りる場合は、レンタル時間に影響するので事前にどのくらいかかるか調べる必要があります。 最近ではPCやスマホのアプリで距離と所要時間を性格に調べることも出来るので利用することをおすすめします。

現住所と引っ越し先の道路状況を確認

周辺の道路の状況や駐車可能なスペースを確認しておく事は重要で、トラックの大きさによっては進入できない場合や住居の前に駐車するスペースがない場合があるためです。

また、引っ越し当日に道路規制がないかも確認します。これは新居についても同じです。

引っ越しの希望日は複数用意

引っ越しが多い時期には、希望が通らない場合があります。特に3~4月は引っ越しをする人が多いので、引っ越し業者に依頼する場合もレンタカーを借りる場合も同じことが言えます。

引っ越し業者の予約が取れないからレンタカーをと思っても状況は同じで、その逆も同様です。

引越本部長の料金プランと用意しているトラックの種類

引越本部長の料金プラン

都内の単身引っ越しでは業界最安の価格を誇る「引越本部長」には、大手と異なり「爆安75プラン」「超節約プラン」「標準プラン」というプランが設定されており、家族の人数やご自身のタイプに合う料金を確認できます。

また、オプション別に料金が設定されているので、本当に必要なサービスやスタッフの人件費だけを選べるなど前もって自分で計算できます。

「爆安75プラン」単身の方向けのプラン

当日までに荷造りが出来る単身の方におすすめのプランです。23区内同士、または隣接する市部へのお引越しで、スタッフは1名となります。

このプランの適用条件としては、ご自分で用意した高さ・幅・奥行の3辺の和が120センチ以内で、1個当たりの重量が10キロ以内の段ボール20箱以内のみで、1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドアの運搬。 部屋の中の移動などはお客様のお手伝いをお願い致します。

エリア 東京23区内及び近接エリア間
荷物量 段ボール20個以内
料金 7,500円~

「超節約プラン」安い料金で引越したい方向け格安パック・プラン

超節約プラン は、自分でできる作業を手伝うことで、相場よりも安い料金で引越したいと方にピッタリの格安パック・プランです。

スタッフが1名伺い、荷物量は段ボール約50個相当(容積4.6㎥)とあります。ご自分で用意した高さ・幅・奥行の3辺の和が120センチ以内で、1個当たりの重量が10キロ以内の段ボール20箱以内のみで、1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドアの運搬。 部屋の中の移動などはお客様の手伝いが必要になります。

エリア 東京23区内及び近接エリア間
料金 10,500円~
エリア 20Km以内へのお引越し
料金 11,500円~
荷物量 段ボール約50個相当(容積4.6㎥)

「標準プラン」大きな家具や電化製品がある方に最適

標準的な引っ越しのプランで、引越し用段ボールの荷造りと荷解きは、お客様ご自身で行っていただきますが、大型家具や家電類の荷造りは、専門スタッフが担当します。

スタッフ2名~3名が伺い、段ボール約90個~120個前後の荷物が運搬可能となります。 大きな家具や電化製品がある、例えば2LDKにお住いの3人家族の方などに最適なプランです。

エリア 20Km以内
スタッフ 2名
荷物量 段ボール約90個相当(容積8.4㎥)
料金 14,500円~
エリア 20Km以内へのお引越し
スタッフ 3名
荷物量 段ボール約120個相当(容積10.5㎥)
料金 24,500円~

上記のプランは平日の基本料金ですので、積み地や降ろし地、またはお客様の希望などで必要なオプションを加えることが出来ます。 また、繁忙期には特別料金となるために事前の問い合わせが必要です。

※参考:https://honbucho.com/plan.html

引越本部長で用意しているトラックの種類

引越本部長では、引っ越しの荷物に応じて様々な大きさと積載量の車種を用意しています。

ロイヤル号

容積4.6立方メートルの荷台にダンボール50箱相当を積載できる特殊車両で、2トン車の半分強の荷物量を載せられるサイズになっています。

「爆安75プラン」や「超節約プラン」などの引っ越しプランや、や荷物の少ない引っ越しに向いているなどで使用されます。 また、2トン車などのトラックが入れない道幅でも入っていける特徴があります。

2トン車標準

容積8.4立方メートルの荷台にダンボール90箱相当を積載でき、大型家具や家電も安心して運べるなど、「爆安75プラン」や「超節約プラン」で使用される他、ロイヤル号では積みきれない引っ越しに使用されます。

2トンロング車

2トンの標準車より荷台の長さと幅があり、10.5立方メートルの荷台にダンボール120箱程度の荷物を積載できるため、大型家具や家電も安心して運べるなど、2トン標準車では積みきれない場合に使用します。 「標準プラン」で利用するトラックです。

※参考:https://honbucho.com/plan.html#SETSUYAKU

レンタカーを使った引っ越しの注意点

旧居の掃除と新居の準備

今のアパートに入る時には荷物といってもダンボールが数個程度で、乗用車でも運べる程度の荷物量でも、住んでいるとベッドやテレビ、テレビ台、電子レンジ、衣装ケース、布団やそれらを詰めた布団袋など、荷物はかなり増えているはずです。

また、手伝ってくれる友人が2人4人と多ければ楽ですが、その分気を使い物が壊れても強く言えないとか、食事なども出さざるを得ません。 また、レンタカーは時間貸しなので時間通りに返却しないと延長料金も発生します。そのため、けっして安くは上がらないのです。

レンタカーの使用について補足すると、料金の安い軽トラックを予約しがちですが、レンタカーで幌を備えた軽トラックは多くはありません。 いわゆる平ボディの状態がほとんどで、1トン車2トン車ともに状況は同じです。平ボディだと荷物を積み上げることが出来ないので思ったより積めません。

そこで煩忙期にはあらかじめ幌を装備しておくレンタカー店が多くなるのですが、幌はオプション扱いなのでプラス3000円ほどかかります。 また、雨が降っても対応できるように、出来ればハイエースクラスのライトバンにすることをお勧めします。ただし費用は倍近く支払うことになります。

全体のまとめ

「引越本部長」なら7500円から単身者の引っ越しが可能で、時間を気にしてレンタカーを利用するより結果的に安く済みます。当然プロのスタッフが作業を行うので、頭数だけ多い友人よりずっと頼りになります。

安く引っ越しするためにも、安心して引っ越すためにも、余計な手間や気を使わないで済むプロの引っ越し業者に頼むことを考えてみてください。ただし、くれぐれも予約は早めにお願いします。

引っ越し本部長
お電話でお見積もり
フリーダイヤル
0120-918-808
HOURS:11:00〜20:00
かんたん無料WEB自動見積

たったの7項目!1分で即回答!

お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり

荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
ちょっと面倒ですが、大抵の場合さらに安くなります!

閉じる