引越し方法の選び方とトラック手配時のポイント、必要な車種の目安

営業時間:11:00〜20:00
0120-918-808
お見積もり

引越し方法の選び方とトラック手配時のポイント、必要な車種の目安

引越し費用を安くしたい場合、『レンタカーを借りて友人に手伝ってもらう』と考えがちです。ですが、最近は引越し業者でも単身者向けの格安プランを用意している業者が増えています。

いずれの方法でも、荷物量によってはトラックを手配することになります。間取りや家族の人数別で、引越しで必要になるトラック大きさ、台数が異なります。

そこで今回は、レンタカーを借りて自力で引越しする場合と、「引越本部長」などに依頼する場合とでは、どれだけ費用が変わってくるのかご紹介します。

宅配便より安い 爆安75パック 7,500円
レンタカーよりお得 超節約パック 最安10,500円
単身引越し東京最安 標準プラン 平均15,500円
メールと電話のみで成約OK 訪問見積もり無し!
ゴキブリ・悪臭・雑菌対策 期間限定 特価2,600円
引越し代は借りられます! 敷金・礼金・家具・家電
目次
  • 無料WEB自動見積り

引越し業者の利用と、
レンタカーを使った引越しの違い

引越し業者を利用する場合と、レンタカーを使って自力で引越しする場合とでは、以下のような違いがあります。

引越し業者に依頼する場合

引越し業者に依頼する場合、ほとんどの作業を業者側のスタッフに一任できるメリットがあります。ここでは、引越し業者に依頼するメリット・デメリットについてお話しします。

作業量

引越し業者に依頼する場合、依頼主個人の作業量は少なくなります。業者によっては、付帯サービスを利用することで、梱包作業なども一任できます。

また、荷物の運搬は引越し業者に行ってもらうため、レンタカーで引越しをする場合に比べると労力が少ないです。

引越し作業のクオリティ

引越しに慣れた作業員に手伝ってもらえるため、運搬に慣れていない人が搬出作業をすることによって生じる、家具・家電に傷が付くリスクを最小限に抑えられます。

個人で作業する場合に比べ、クオリティの高い作業が期待できます。

引越し料金

引越し料金は、業者の規模や荷物の量、移動距離によって見積もりの料金が変わります。

また、業者によっては単身者向け、近距離に引っ越す人向けに安価なプランを用意している場合もあります。このようなプランは非常にお得で、一人暮らしの方に最適です。

レンタカーを使って引越しをする場合

レンタカーを使って自力で引越しをすることも可能です。以下、個人作業による引越しのメリット・デメリットについてお伝えします。

作業量

レンタカーを利用した引越しの場合、レンタカーの手配、梱包作業、荷物の運搬、運転などが必要です。

荷物量が少なくても一人で作業するのは大変ですし、友人などの手伝いを呼んだほうが楽になります。当然、引越し業者に依頼する場合に比べて労力がかかるのは、覚悟しなければなりません。

引越し作業のクオリティ

作業クオリティは当然下がります。搬入・搬出時に家具や家電、部屋の内装や畳を傷つけたり、マンションやアパートの共用部分などが損傷したり、汚れたりするおそれもあります。

また、引越し作業に慣れた人が少ない場合、荷物の運搬に手間取り時間もかかることになります。

引越し料金

レンタカー代の実費の他、とガソリン代、梱包資材代、台車代などが必要です。

レンタカー代の目安は、軽トラックなら1日あたり6000円程度です。レンタカー会社によりますが、取り扱っている軽トラックが少なく、加えて繁忙期や土日の予約は、数か月前から埋まっていて借りられないこともあります。 いずれにしても、早めの予約をおすすめします。

また、1tトラックやハイエースなどのワゴンタイプは、1日あたり1万円前後のレンタル代がかかります。さらに代車、荷台のシート、ロープなども有料オプションになります。

レンタカーを時間制料金で借りる場合、時間通りに返却しないと延長料金が発生するため注意してください。 さらに、引越しが長距離となる場合は、レンタカー返却時に乗り捨て料金が必要になります。乗り捨て料金とは、レンタカーを借りた店舗とは別の系列店舗に返却する際にかかる費用です。

トラックの運転中に事故を起こす可能性もあるため、必ず保険に加入しておく必要があります。通常、レンタカー料金に保険の料金は含まれていますが、事前に内訳を確認してください。

引越し方法の選び方と
トラックの手配のポイント

業者に依頼すべきか、自力で引越しをすべきか、最適な方法は人それぞれです。また、引越し時にトラックを手配する際にも、知っておきたいポイントがあります。

引越し方法の選び方

自身の作業量を減らし、安全かつ確実に引越ししたいなら、専門業者を利用すべきです。 食器棚や洗濯機などの家具・家電、運び方に注意が必要な物の運搬もプロに任せられます。また、慣れない軽トラックなどの運転をする必要もありません。

とにかく引越し料金を抑えたい場合は、レンタカーでの引越しも視野に入ります。

ですが、慣れない作業でレンタル時間が延びたり、移動距離、荷物量によっては割高になったりする可能性もあります。実際にどれだけの費用がかかるのか、引越し業者に依頼する場合と比較するべきです。

たとえば「引越本部長」なら、7,500円の引越しプランをご利用いただけます。 これ以上費用を安く抑えられるなら別ですが、軽トラック1台借りるのに、6,000円以上支払うことを考えると、どちらがお得なのかはいうまでもありません。

トラックを手配するときのポイント

引越し業者に依頼する場合、レンタカーを借りる場合……どちらにしても、手配前に確認すべきポイントがあります。それは、荷物量と移動距離、レンタカーの場合は掛かる時間、日程です。

荷物量の目安と引っ越す距離を確認

荷物量によって、手配すべきトラックの種類が変わります。ダンボールが何枚必要か、大型家具・家電は何台あるのか、その高さ・幅はどれほどなのか、見積もり段階で判断する必要があります。

そして、現住所から新居までの移動距離を把握してください。必要なら基本料金に加え、オプションを選ぶことになります。 引越し業者を利用する場合、移動距離は料金に影響します。

レンタカーを借りる場合は、レンタル時間に影響するので、事前にどのくらいかかるか調べてください。最近では引越し時の移動距離、所要時間を正確に調べるアプリなどが登場してします。必要に応じて活用してください。

レンタル料金は、レンタル期間や走行距離によって規定されています。規定を超えた場合、追加料金が発生するため注意が必要です。

現住所と引越し先の道路状況を確認

周辺の道路の状況や駐車可能なスペースを確認しておく事は重要で、トラックの大きさによっては進入できない場合や住居の前に駐車するスペースがない場合があるためです。

また、引越し当日に道路規制がないかも確認します。これは新居についても同じです。

引越しの希望日は複数用意

引越しの繁忙期などには、希望日が通らない場合があります。特に3~4月は引越しをする人が多いので、引越し業者に依頼する場合もレンタカーを借りる場合も同じことが言えます。 引越し業者の予約が取れないからレンタカーをと思っても状況は同じで、その逆も同様です。

運転免許を確認

借りる車両の種類によっては、特別な免許が必要になることがあります。 例として、2トントラックの場合、平成29年3月12日以降に取得した普通免許(普通自動車第一種運転免許)では運転できません。準中型免許以上が求められます。

このほかにも、普通免許では運転できない場合があるため、車両ごとに必要な免許を事前に確認しておいてください。

  • 通勤・通学の移動中に1分で簡単入力!
  • 1分で簡単入力!
  • 無料WEB自動見積り

引越しに必要なトラックの目安

荷物の量によって小型トラックを選ぶべきか、中~大型トラックを選ぶべきかが変わります。おおよその荷物量は、新居の間取りや家族構成から判断可能です。

【間取り別】必要なトラックの目安

間取りが広くなるほど、荷物の量は増えやすい傾向にあります。以下、一人暮らしの世帯を想定した、間取りごとの必要なトラックの目安です。 家族の人数が増えると、必要なトラックサイズは大きくなる可能性があります。

ワンルーム、1K 軽トラック
1DK 軽トラック~2トントラック
1LDK 1.5トン~2トントラック
2K 1.5トン~2.5トントラック
2DK、2LDK 2トンロングトラック~2.5トントラック

【家族の人数別】必要なトラックの目安

間取りと同様に、家族の人数も荷物量に影響します。家族の人数が増えるに従い、荷物の量は増えていきます。 以下、家族の人数ごとに必要なトラックの目安です。家族は多い場合、最大で4トンのトラックが必要になります。

単身者 荷物が少ない場合は軽トラック、多めの場合は1.5トン~2トントラック
家族2人 2トンロングトラック~2.5トントラック
家族3人 3トントラック
家族4人 4トントラック

引越本部長の料金プランと
用意しているトラックの種類

引越本部長」は引越しサービスをお求めやすい価格で提供しています。また、複数の種類のトラックを用意し、さまざまな荷物の量に対応しています。

引越本部長の料金プラン

都内の単身引越しでは業界最安の価格を誇る「引越本部長」には、大手と異なり「爆安75プラン」「超節約プラン」「標準プラン」というプランが設定されており、家族の人数やご自身のタイプに合う料金を確認できます。

また、オプション別に料金が設定されているので、本当に必要なサービスやスタッフの人件費だけを選べるなど前もって自分で金額を計算できます。 ご自身でできる作業がある方や、引越し費用を少しでも下げたい方は、オプションの選択でご調整ください。

「爆安75プラン」単身方向け

当日までに荷造りが出来る単身の方におすすめのプランです。同一区内、または隣接する区へのお引越しで、スタッフは1名となります。

このプランの適用条件としては、ご自分で用意した高さ・幅・奥行の3辺の和が120センチ以内で、1個当たりの重量が10キロ以内のダンボール20箱以内のみで、1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドアの運搬。部屋の中の移動などはお客様のお手伝いをお願い致します。

「超節約プラン」安い料金で引越しをしたい人向け

超節約プラン は、自分でできる作業を手伝うことで、相場よりも安い料金で引越ししたいと方にピッタリの格安プランです。

弊社スタッフが1名伺い、高さ・幅・奥行の3辺の合計が120センチ以内のダンボール約50個相当(容積4.6㎥)の荷物量に対応します。 原則、元の住まいから新居の1階玄関までの「ドア・ツー・ドア」による運搬です 室内への運搬には、お客様のお手伝いが必要になります。

「標準プラン」大きな家具や電化製品がある人向け

標準的な引越しのプランで、引越し用ダンボールの荷造りと荷解きは、お客様ご自身で行っていただきますが、大型家具や家電類の荷造りは、専門スタッフが担当します。

引越本部長で用意しているトラックの種類

引越本部長では、引越しの荷物に応じて様々な大きさと積載量の車種を用意しています。

ロイヤル号

容積4.6立方メートルの荷台にダンボール50箱相当を積載できる特殊車両で、2トン車の半分強の荷物量を載せられるサイズです。

こちらは「爆安75プラン」や「超節約プラン」などの引越しプラン、荷物の少ない引越しに向いている車両です。 また、2トン車などのトラックが入れない道幅でも入っていける特徴があります。

2トン車(標準)

容積8.4立方メートルの荷台にダンボール90箱相当を積載でき、大型家具や家電も安心して運べるなど、「爆安75プラン」や「超節約プラン」で使用されるほか、ロイヤル号では積みきれない引越しに使用されます。

2トンロング者と区別するために、「ショート」と呼ぶことがあります。2トンロング車よりも少し小さいサイズの荷台が特徴です。

2トンロング車

2トンの標準車より荷台の全長と横幅があり、10.5立方メートルの荷台にダンボール120箱程度の荷物を積載できるため、大型家具や家電も安心して運べるなど、2トン標準車では積みきれない場合に使用します。 「標準プラン」で利用するトラックです。

  • 通勤・通学の移動中に1分で簡単入力!
  • 1分で簡単入力!
  • 無料WEB自動見積り

レンタカーを使った
引越しの注意点

引越しにレンタカーを使う場合、いくつかの注意点を意識しておく必要があります。具体的な注意点についてご紹介します。

荷物量は前回の引越しよりも増えていることが多い

住んだ年数に応じて荷物量が増えるのは当然。家具や衣類などの生活用品だけではなく、捨てられない思い出の品や趣味のアイテムが増えていくものです。

大量のダンボールに加え、ベッドやテレビ、テレビ台、電子レンジ、衣装ケース、布団やそれらを詰めた布団袋などもあります。前回の引越し時に比べ、荷物量が増加している人は少なくありません。

増えた荷物は処分して、荷物量を減らせば引越し費用を抑えることができます。ネットオークション、リサイクルショップを利用すると売却できる場合があります。近年は、フリマアプリなども便利です。

仮に売却できなくても、処分に費用がかかる大型家具・家電に関しては、知人などへの譲渡も考えるがおすすめです。無料で譲渡する場合も、処分費用が浮くと考えればメリットです。

ソファ、ダイニングテーブル、本棚、全自動洗濯機、タンス、自転車、シングルベッド、ドラム式洗濯機といった大型の家具・家電は、処分費用が大きいため、積極的に売却・譲渡を検討してください。

手伝ってくれた人には配慮が必要

手伝ってくれる友人が2~4人と多ければ楽ですが、その分だけ気を遣うものです。物が壊れても強くいえなかったり、食事なども出さざるを得なかったりします。そのため、思いのほか出費がかさむのです。

手伝ってくれる有人の人数が増えるほど、業者を利用するよりもかえってお金がかかります。結果的に裏目に出ることがあるため、事前に費用をシミュレーションし、どちらがお得か判断してください。

幌のある軽トラックは少ない

レンタカーの使用について補足すると、料金の安い軽トラックを予約しがちですが、レンタカーで幌を備えた軽トラックは多くはありません。 いわゆる平ボディの状態がほとんどで、1トン車2トン車ともに状況は同じです。平ボディだと荷物を積み上げることができず、思ったより積めません。

そこで繁忙期にはあらかじめ幌を装備しておくレンタカー店が多くなるのですが、幌はオプション扱いなので、基本料金にプラス3,000円ほどかかります。 また、雨が降っても対応できるように、出来ればハイエースクラスのライトバンにすることをお勧めします。費用は倍近く支払うことになります、その方が安心です。

引越しの規模に応じて
最適なサイズのトラックを利用

荷物の量に応じて、引越しに必要なトラックは変わってきます。今回の内容を参考に、ベストなトラックを選んでください。 ただし、トラックを自分で用意する場合は、レンタル料金などに注意が必要です。また、予想外に引越しに時間がかかり、時間内にレンタカーを返却できないケースも少なくありません。

引越本部長」なら7,500円から単身者の引越しが可能で、時間を気にしてレンタカーを利用するより結果的に安く済みます。 当然プロのスタッフが作業を行うので、頭数だけ多い友人より頼りになります。

安く引越しするためにも、安心して引っ越すためにも、余計な手間や気を使わないで済むプロの引越し業者に頼むことを考えてみてください。ただし、くれぐれも予約は早めにお願いします。

引越本部長

\ お急ぎの方は /フリーダイヤル0120-918-808

営業時間:11:00 〜 20:00

かんたん無料WEB自動見積

\ メールで見積なら /

たったの8項目、1分で即回答いたします。1分で即回答いたします

お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
※カレンダーからの選択のみ有効です。
スマホキーボードから文字を入力したデータは送信されません。
※カレンダーからの選択のみ有効です。
スマホキーボードから文字を入力したデータは送信されません。
お名前
フリガナ
メールアドレス ※【hotmail】【gmail】【ヤフーmail】を使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号 ※半角数字以外のハイフンや文字は入力できません。
低価格のひみつ

東京の単身引越しなら業界最安をお約束。 なぜこんなに安い見積もり額を叩き出せるのか?それは"私たちが無名だから"です。 テレビCMなど高額な広告を打たず、その分、お客様の引越し費用を抑えます。

さらに"訪問見積もりは致しません"。 これにより営業部隊の人件費・営業車両の購入価格や駐車場代を無くし、格安を維持しています。 その価格は他社と比較すれば一目瞭然

創業より引越し"ひとすじ" 実績24万件、安心・安全な引越を実現する私たち"引越本部長"を是非、ご指名ください!



ゴキブリ・悪臭・雑菌対策 期間限定 特価2,600円
引越し代は借りられます! 敷金・礼金・家具・家電
短時間で引越し 素早くスピーディーな作業 積込開始〜完了まで平均1.5時間

HONBUCHO Corp, All Rights Reserved.