自力で引越しする方法とメリット|デメリットに対処するには?

営業時間:11:00〜20:00
0120-918-808
お見積もり

自力で引越しする方法とメリット
デメリットに対処するには?

「自力で引越しできる?」「自力引越しは安いって本当?」「自力引越しのメリット・デメリットは?」

引越し費用を安く抑える方法の一つに自力引越しがあります。業者を使わずにレンタカーを借りて友人らに手伝ってもらって、ご自身で引越しする方法です。 確かに大手業者による引越しよりも費用をだいぶ抑えられますが、手間や時間がかかり破損・事故のリスクなどもあります。

今回は自力引越しに必要な準備と方法、メリットやデメリットをまとめてご紹介していきます。

メールと電話のみで成約OK 訪問見積もり無し!
宅配便より安い 爆安75パック 7,500円
レンタカーよりお得 超節約パック 最安10,500円
短時間で引越し 素早くスピーディーな作業 積込開始〜完了まで平均1.5時間
殺菌・害虫・悪臭対策 ウイルス・雑菌を殺菌 ゴキブリ忌避・強力脱臭
お約束 1:必要以外の電話はかけません 2:しつこいセールスいたしません
口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。
引越本部長 × CrowdLoan クラウドローン 低金利の引越しローン 敷金・礼金等の初期費用や家具・家電など多目的に使える!

低価格のひみつ

東京の単身引越しなら業界最安をお約束。 なぜこんなに安い見積もり額を叩き出せるのか?それは"私たちが無名だから"です。 一切のCMや広告を打たず、その分、お客様の引越し費用を抑えます。

さらに"訪問見積もりは致しません"。 これにより営業部隊の人件費・営業車両の購入価格や駐車場代を無くし、格安を維持しています。 その価格は他社と比較すれば一目瞭然。

創業より引越し"ひとすじ" 実績24万件、安心・安全な引越を実現する私たち"引越本部長"を是非、ご指名ください!

通勤・通学の移動中に1分で簡単入力!当社は訪問見積もりナシ!お気軽にどうぞ!
引越本部長 × CrowdLoan クラウドローン 低金利の引越しローン 敷金・礼金等の初期費用や家具・家電など多目的に使える!
目次

自力で引越しをする方法と必要なもの

自力引越しでは業者依頼と違って必要なものを全部自分で用意しなくてはいけません。 ここでは自力引越しで必要となるものをご紹介していきます。

自力で引越しをする方法

自力で引越しをする方法で代表的なものはレンタカーを利用したものです。

トラックやバンなどをレンタルして、友人・知人らに運搬作業を手伝ってもらい引越しをする方法です。 かかる費用は一般的な大手引越し業者の料金よりも安く抑えられることがほとんどです。

もちろん、マイカーや友人の車を利用すればレンタカー代がなくなるのでさらに安く抑えられるでしょう。 単身引越しなど、荷物が少ない場合は引越し業者を使わずに宅配便を利用する方法もあります。 荷造りしたダンボールを宅配便で送ってもらい、大きな家具や家電は新居のある地域で購入すれば引越し費用は大幅に削減可能です。

自力で引越しする際に必要なもの

業者に依頼する引越しと違って、自力引越しではさまざまなものを用意する必要があります。

まず用意すべきは運搬に使用する車両です。これはレンタカーでもいいですし、マイカーや友人らから借りるのでもOKです。 荷物量によっては2tトラックが必要になることがありますので、事前にどれくらいの荷物になるか確認しておきましょう。

ダンボールやガムテープなどの梱包材も自分で用意します。 ネット通販やホームセンターなどで購入できる他、コンビニやスーパーなどで余ったダンボールをもらうという方法があります。 ちなみに新聞紙や発泡スチロールなどの緩衝材もできれば用意しましょう。

自力引越しでは人員の確保も必要です。 特に冷蔵庫などの大型家具・家電がある場合は1人で運ぶのは困難です。 また、引越し作業はかなりの重労働なので女性の自力引越しであれば男性のお手伝いもほしいところ。力のある男性にぜひお願いしてみてください。

自力で引越しをするメリット

自力引越しは必要なものを揃えられればさまざまなメリットがあります。実際にどのようなメリットがあるのかいくつかご紹介していきます。

引越しにかかる費用を抑えられる

自力引越し最大のメリットは引越し業者に支払う分の料金が浮くことです。

自力引越しで必要な費用としては主にレンタカー代、ガソリン代、梱包資材代、手伝ってくれた人への謝礼となります。 中でももっとも高いのがレンタカー代でだいたい1万円くらいが目安です。

もちろん移動距離や荷物量によってレンタルする車両サイズが変わり、料金も異なってきます。 それでも、同条件であれば多くの場合は業者に頼むよりも引越し費用を安く抑えられるでしょう。

自分の都合の良いスケジュールで引越しができる

自分の都合の良いスケジュールで引越せるのも自力引越しのメリットです。 引越し業者に依頼する場合、引越し日時が希望通りにならない場合が少なくありません。

特に3月~4月、9月~10月あたりは引越し業者の繁忙期にあたるため、スケジュールが埋まっていてほぼ希望通りにはいかないケースも少なくありません。 また、午前中や縁起の良い日(大安など)も埋まりやすいため業者依頼では自由度が低い傾向にあります。

自力引越しであれば引越し日はもちろん時間帯も自由に設定できるのでスケジュールを決めやすく、計画通りに引越しできるメリットがあります。

自力で引越しをするデメリットと対処法

自力引越しには費用を安く抑えられるメリットがある反面、いくつかのデメリットがあります。 ここでは、自力引越しのデメリットとその対処法についてご紹介していきます。

自力で引越しをするデメリット

家具等の破損リスクとその修理費

自力引越しでもっとも大きなデメリットとなるのが大型家具・家電の搬送です。 業者と違って荷物の運搬に慣れていない素人が行うため、落下による破損事故が起こる可能性があります。

また、集合住宅の共用部分の壁や床に家具をぶつけて傷つけてしまうなどのリスクもあります。 このようなトラブルが発生した場合、修繕費などがかかるためせっかく安く抑えたつもりでも余計に費用がかかる可能性があります。

大幅な手間や時間がかかる

引越し作業は想像以上に重労働であるため、業者に依頼したときと比べて自力引越しは手間や時間が大幅にかかるというデメリットがあります。

たとえば引越し準備の際にはレンタカーや梱包資材、手伝ってくれる人の手配まですべて自分で行わなくてはいけません。 スケジュールが差し迫っているのにすべてを準備しきれず、引越し予定日をずらさなくてはいけないなどのリスクも考えられます。

引越し経験者や女性だけの引越しは大変

引越し当日は重い荷物を自分で運び、車の運転も自分でしなくてはいけません。

部屋と車を何往復もしてダンボール箱や重たい家具・家電を運ぶのはかなりの肉体労働です。 男性であればまだましですが、女性の自力引越しの場合はかなり大変です。

また、車の運転は大型になればなるほど慣れが必要です。 普段乗用車しか運転していない、またはほぼペーパードライバーという方にとっては神経をすり減らす作業になります。

対処法

このような自力引越しのデメリットを最小限に抑えるためのコツをいくつかご紹介していきます。

緩衝材や養生を活用

まず、荷物の破損を防ぐには緩衝材を用いましょう。 割れ物であれば発泡スチロールダンボールに敷き詰めて運搬時の衝撃を和らげます。 食器類は新聞紙でくるむことでお互いが干渉して破損するリスクを抑えられます。

集合住宅の共用部分を傷つけないためには養生をしっかり行いましょう。 床面はもちろん、曲がり角部分の壁に布や緩衝材を貼り付けておけば万が一衝突・落下しても傷つけずに済みます。

また、大きい家具でどうしても運び出すのが難しい場合は引越し業者に運んでもらいましょう。 冷蔵庫やタンスなど大型家具・家電のみを運搬するサービスならば費用も安く抑えられます。

引越し業者に依頼するとしたら?

もちろん、引越し業者に思い切って依頼してしまうのも方法の一つです。 実は多くのサービスをオプションで選べる『引越本部長』のような業者であれば、自力引越しよりも安く済ませられる可能性があります。

たとえば『引越本部長』は近距離の単身引越しであれば業界最安クラスで、『超節約プラン』ならばレンタカーによる自力引越しよりも安い可能性が高いです。 実際に、ダンボール箱50箱以内の近距離引越しであれば10,500円から引越しできます。 これはレンタカー代とほぼ同等で、人件費を含めれば自力引越しよりも安い価格です。

『超節約プラン』は依頼者の手伝いが必要で梱包資材は自分で用意し養生はなし、が基本です。 しかし、格安のサービスオプションを選択できるので、必要があれば養生もプロが手早くやってくれます。

このように、基本料金が安く必要なサービスのみをカスタマイズできる引越し業者ならば、自力引越しと同等ないしそれよりも安い費用で引越し可能です。 近距離の単身引越しであればぜひ『引越本部長』をご検討ください。

メリットとデメリットを比較してから自力引越しを検討すべき

今回は自力引越しをするために必要な準備や方法、メリット・デメリットについてご紹介しました。

自力引越しは業者に頼む引越しと比べて費用をかなり安く抑えられますし、自分都合でスケジュールを立てられるメリットがあります。 その一方で荷物の破損リスクや手間と時間がかかるというデメリットがあり、女性の単身引越しにはあまり向きません。 男性であっても、引越し作業のすべてを自分でこなすのはかなり大変で、仕事の都合を考えると現実的でない面もあるはずです。

少しでも費用を抑えつつ、快適・安心に引越しをするならば引越本部長のような格安業者を使うのもおすすめです。単身・近距離であれば自力引越しをするまえにぜひご検討ください。

引越し本部長

\ お急ぎの方は /フリーダイヤル0120-918-808

営業時間:11:00 〜 20:00

かんたん無料WEB自動見積

\ メールで見積なら /

たったの8項目、1分で即回答いたします。1分で即回答いたします。

お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※【hotmail】【gmail】【ヤフーmail】を使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号

HONBUCHO Corp, All Rights Reserved.