近距離の引っ越しの料金相場|自分で運ぶor業者へ依頼、おすすめは?

引越本部長
近距離の引っ越しの料金相場|自分で運ぶor業者へ依頼、おすすめは?

同じ市内や一駅先といった移動距離の短い近場の引っ越しをする場合、なるべく安く引っ越し料金を押さえたいと思いますよね。 でも、遠くても近くても引っ越しの手間は同じだから結局同じ料金になるのでしょうか。むしろ自分たちで軽トラックをレンタルして引っ越したほうがいいのかも?

そこで、近距離引っ越しの相場や、自分で引っ越す際の注意点、引っ越し料金を抑えるコツやおススメ業者など、近距離引っ越しの疑問にお答えしてみましょう。

目次

近距離で引っ越しするときの2種類の方法

近距離の引っ越しをする場合には、「自分で引っ越しする」「引っ越し業者に依頼する」という2種類の方法があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

自分で引っ越しする

自分で当日にレンタカーや自家用車を用いて引っ越しする方法は、誰でも思いつくと思います。 メリットは引っ越し業者に料金を払わなくていいという事です。自分一人で行うことや家族や友人に協力を頼んで引っ越しする人も多いでしょう。 知り合いや会の同僚、先輩から声がかかることが多いですね。

引っ越し費用を安く抑えたい人が選ぶ手段の一つですが、それでは全て無料かというとそうではありません。 レンタカー代やガソリン代、手伝ってくれた友人への謝礼や食事など、一定の費用は必要になります。 また、荷物の運搬を素人が行うと家具を壊したり、自宅を傷付けてしまったりする可能性もあります。 そんな場合でもわざわざ手伝いに来てくれたのですから、強く言えないなど、気を遣わなければなりません。

引っ越し業者に依頼する

引っ越し業者に依頼すれば作業をプロに任せられ、作業スピードも速く、重量のある大型家具や冷蔵庫、洗濯機でも運搬もスムーズに行えます。 また、建物が傷付かないよう養生して荷物を運び出してくれるので安心できます。 そして、ダンボールなどの梱包資材を用意してもらうことができるので、あちこちにもらいに行く手間も省けます。 さらに、オプションサービスでエアコンの取り外しや設置を依頼できる業者もあるので引っ越しにかかわることを全て頼めるというのは最大のメリットといえるでしょう。

しかし、業者に頼むということは、その料金を支払うという事になります。 引っ越し作業以外にも、梱包材料、オプションの数々も全て有料であるということが、安く引っ越しを行いたい人にとってはデメリットといえるかもしれません。

近距離の引っ越しの料金相場

単身引っ越しの場合の料金相場

引っ越し料金は家族の人数で荷物量が大きく異なり、使用するトラックのサイズ、そして作業スタッフの人数によって金額も増えることになります。 また、新居までの距離が近距離か長距離かでも料金は変わります。 近距離で荷物が少ない単身者などの場合は 28,000円~34,000円、少し荷物が多めなら37,000円~40,000円というところが平均的な引っ越し料金の目安になります。

※参考:価格.com「引越し費用・料金相場」https://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/

自分で引っ越しした場合(30km圏内)

新居まで30km圏内の距離で、自分でレンタカーを使って引っ越しした場合にかかる費用としては、単身の合計は約24,900円、家族3人では約37,800円というのが料金の目安になります。 その内訳を見てみましょう。レンタカー代以外にも様々な費用がかかっています。

単身引っ越しの場合は、レンタカーは軽トラックか軽バンで可能だとすれば料金は7,000円程度、ガソリン代と高速代を含めると3,000円は必要となるでしょう。 そして、荷造りに必要な段ボール20箱ほどと、ガムテープ代 は1巻きとして300円とすれば合計4,900円。 さらに謝礼として一人分10,000円は考えておくとすれば、引っ越しにかかるおおよその目安として24,900円となります。

家族引っ越しの場合はそれぞれ割高になり、レンタカーは大きめになり約15,000円、ガソリン代と高速代も5,000円、梱包用の段ボールとガムテープも多めとなって11,500円。 そして謝礼も3人分として 30,000円用意するとすれば、合計61,500円というのが目安となります。

引っ越し業者に依頼した場合(~15km未満)

引っ越し業者に依頼した場合の料金は、通常期(5月~2月)と繁忙期(3月~4月)で料金が異なるのがポイントとなります。 引っ越し業者が忙しく、予約もなかなか取れないほど込み合う繁忙期のほうが割高になります。

通常期

単身引っ越しの平均価格な価格は荷物が少なめな場合は28,686円、荷物が多めなら38,054円。
家族引っ越しで、2人家族の荷物なら64,488円、3人家族なら76,456円、4人家族なら97,219円、そして5人以上の家族の荷物の場合は114,670円~というのが通常期の引っ越し料金となります。

繁忙期

繁忙期では単身引っ越しは36,176円、荷物が多めなら46,946円。
家族引っ越しで、2人家族の荷物なら80,041円、3人家族なら93,704円、4人家族なら115,774円、そして5人以上の家族の荷物の場合は136,566~というのが繁忙期の引っ越し料金となります。

近距離の引っ越しで料金を安く抑えるコツ

引っ越し業者に依頼すると、まだ引っ越し料金は「高いなー」とお思いの場合は、料金を安く抑えるコツがありますのでご紹介しましょう。

引っ越しの開始時間を午前中にしない

引っ越し業者の多くが作業開始時間帯に合わせて3つのプランを用意しています。料金の高い順では、午前中に作業開始する「午前便」、午後に開始する「午後便」、開始時間が指定できない「フリー便」となります。

特に遅い時間にに作業完了となる可能性の高い時間帯の「午後便」「フリー便」は最も割り引かれます。 しかし、同じ区内などの短距離であれば、移動時間が短くて済むため、意外と早めに引っ越しを終わらせることができる場合がありますので、料金を気になさる方には狙い目です。

複数の業者に見積もりを依頼する

引っ越し料金は業者によって金額に大きく差が出ることもあり、費用を安く抑えるためには、複数社から見積もりをもらって比較することで費用をより安くすることが出来ます。
そのためにはスマホやPCで必要事項を入力する、一括見積もりサービスを利用するのが比較的簡単に出来る方法です。

料金が安い時期を選んで引っ越しする

引っ越しまでの日程に余裕がある場合は、なるべく引っ越し料金が安くなる時期を選ぶのも良い方法です。 3~4月の繁忙期を避けて比較的すいている5~2月にしたり、繁忙期でなくても土日、祝日は混雑しやすいので平日などに日にちを調整するのも効果的です。

また、月末、月初も引っ越しが集中しやすいので、退去する住居の家賃が日割りで大丈夫か確認しておいてからなら、月中を選ぶことも割安な料金になる可能性があるので考えるべきです。

一部の大型荷物だけを運んでもらう

1人でも運べるダンボールなどの荷物は自分で運び、タンスなど大型サイズの家財や家電のみ、引っ越し業者に輸送してもらう方法もあります。
大事な家具を傷付けることなく搬出と搬入、そして移動してもらえるので安心しておまかせでき、業者に運んでもらう荷物の量が減らせるため、引っ越し費用が安くなることが多いのでおススメ出来ます。

近距離の引っ越しプランを用意している業者を選ぶ

業者が指定する日に引っ越しすることで、料金を抑えるプランや、営業地域を限定することで、引っ越し料金を抑えている業者もあります。 そのような業者は近距離や単身引っ越しの取り扱いに慣れているため、よりリーズナブルなプランが設定されています。

近距離の引っ越しにおすすめの「引越本部長」

近距離の引っ越しには、首都圏とその隣接エリアにサービスを絞ることで、格安な引っ越し料金を実現した「引越本部長」がおすすめです。
では、その「引越本部長」にはどのような特徴があるのかをご紹介しましょう。

引越本部長の特徴

「引越本部長」の特徴としては、引っ越しエリアを限定し一件あたりの作業時間を短縮することで、一日に複数の引っ越しを受注できるためコストを削減、さらに下請け業者も使用しておらず、無駄なコストは極力カットしています。

そのため、低価格の設定が可能になり、低コストと高い満足度を両立している点が上げられます。では、具体的な料金プランを見てみましょう。

引越本部長の料金プラン

「引越本部長」の料金プランには、爆安75プラン、超節約プラン、標準プランという3つのプランがあり、予算や希望によって選ぶことが出来ます。

爆安75プラン 料金:7,500円

爆安75プランは7,500円~という「引越本部長」だからこそ実現できた単身の方におすすめの格安プランです。 23区内同士、または隣接する市部へのお引越しで、スタッフは1名となります。

条件としては、当日までに荷造りが出来ることと、ご自分で用意した段ボール20箱以内の荷物量で、1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドアの運搬ですが作業スタッフは1名のみなので、部屋の中の荷物の移動を手伝っていただくことが必要となります。 梱包も自力でやっていただきますが、宅配便を利用するような気持で利用できる料金は最大の魅力と言えます。

超節約プラン 料金:10,500円

爆安75プランと同じ条件ですが、爆安75プランでは積みきれない、ちょっと多めの荷物量の方にピッタリのプランです。
スタッフが1名伺い、荷物量は段ボール約50個相当(容積4.6㎥)で、料金は東京23区内及び近接エリア間で10,500円~、20Km以内なら11,500円~となります。

標準プラン 料金:14,500円

家族での引っ越しに最適なプランで、20Km以内で荷物量が段ボール約90個相当(容積8.4㎥)の場合、スタッフが2名伺って、14,500円~、荷物量が段ボール約120個相当(容積10.5㎥)の場合、スタッフが3名伺って、24,500円~となっており、大型家具や家電類の荷造りは、引越本部長の専門スタッフが担当します。
「標準」といってもこの安さが「引越本部長」の魅力となります。

上記のプランは基本料金ですので、積み地や降ろし地の状況、希望内容によっては、必要なオプションを加えることが必要になります。 また、3月~4月は繁忙期で特別料金となるため、事前に問い合わせておきましょう。

※参考:https://honbucho.com/plan.html

自分で引っ越すのは本当にお得かどうか考えてみましょう

引っ越し業者に頼むと料金が高いから自分でやろうと思うのは間違いではありませんが、思ったより費用がかかるのが現状です。 本当に荷物が少なくて自分の乗用車がつかえ、なおかつ時間に余裕があるなら、何往復化すれば可能ですが、そうでなければ引っ越し業者に頼んだ方が良いでしょう。
手間や時間が節約できて、引っ越しにかかわる他の諸手続きをすることも出来ます。 そのように、引っ越し料金だけを考えず、引っ越し全体を考えることで、何が得で何が無駄なのかを判断できます。

全体のまとめ

「引越本部長」のように単身での近距離引っ越しを得意とする業者を知っておくと、引っ越しの考えが変わると思います。 少しの荷物だから自分でレンタカーでと思っても、レンタカーを借りに行って荷物を運んでレンタカーを返すまで半日程度はかかるはずです。
そのレンタカー会社から新居へまた戻るのですからほぼ一日仕事です。

「引越本部長」の爆安プランなら7,500円で終わりです。

時間もあっという間ですからあとの時間でゆっくりと荷物の整理が出来ます。 そろそろ引っ越しをと計画されている方は「引越本部長」を利用することをおススメします。

引っ越し本部長
お電話でお見積もり
フリーダイヤル
0120-918-808
HOURS:11:00〜20:00
かんたん無料WEB自動見積

たったの7項目!1分で即回答!

お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり

荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
ちょっと面倒ですが、大抵の場合さらに安くなります!

閉じる