近距離での引越し料金の相場比較とよくある疑問|おすすめ業者は?

営業時間:11:00〜20:00
0120-918-808
お見積もり

近距離での引越し料金の相場比較と
よくある疑問|おすすめ業者は?

同じ市内や一駅先といった移動距離の短い近場の引越しをする場合、なるべく安く引越し料金を抑えたいもの。 自分たちで軽トラックをレンタルして引越したほうがいい……そう考える方もいます。

そこで今回は、近距離引越しの相場や、自分で引越す際の注意点、引越し料金を抑えるコツやおすすめ業者など、近距離引越しの疑問にお答えします。

メールと電話のみで成約OK 訪問見積もり無し!
宅配便より安い 爆安75パック 7,500円
レンタカーよりお得 超節約パック 最安10,500円
短時間で引越し 素早くスピーディーな作業 積込開始〜完了まで平均1.5時間
殺菌・害虫・悪臭対策 ウイルス・雑菌を殺菌 ゴキブリ忌避・強力脱臭
お約束 1:必要以外の電話はかけません 2:しつこいセールスいたしません
口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。
低金利の引越しローン 敷金・礼金等の初期費用や家具・家電など多目的に使える!
低価格のひみつ

東京の単身引越しなら業界最安をお約束。 なぜこんなに安い見積もり額を叩き出せるのか?それは"私たちが無名だから"です。 一切のCMや広告を打たず、その分、お客様の引越し費用を抑えます。

さらに"訪問見積もりは致しません"。 これにより営業部隊の人件費・営業車両の購入価格や駐車場代を無くし、格安を維持しています。 その価格は他社と比較すれば一目瞭然。

創業より引越し"ひとすじ" 実績24万件、安心・安全な引越を実現する私たち"引越本部長"を是非、ご指名ください!

通勤・通学の移動中に1分で簡単入力!当社は訪問見積もりナシ!お気軽にどうぞ!

低金利の引越しローン 敷金・礼金等の初期費用や家具・家電など多目的に使える!
目次

近距離で引越しするときの
2種類の方法

近距離の引越しをする場合には、「自分で引越しする」「引越し業者に依頼する」という2種類の方法があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

自分で引越しする

自分で当日にレンタカーや自家用車を用いて引越しする方法です。 メリットは引越し業者に料金を払わなくていいということ。家族や友人、知人、もしくは会社の同僚などに手伝いを頼むケースも少なくありません。

引越し費用を安く抑えたい人が選ぶ手段の一つですが、それでは全て無料かというとそうではありません。 レンタカー代やガソリン代、手伝ってくれた友人への謝礼や食事など、一定の費用は必要になります。

また、荷物の運搬を素人が行うと家具を壊したり、自宅を傷付けてしまったりする可能性もあります。 そんな場合でもわざわざ手伝いに来てくれたのですから、強く言えないなど、気を遣わなければなりません。

引越し業者に依頼する

引越し業者に依頼すれば作業をプロに任せられ、作業スピードも速く、重量のある大型家具や冷蔵庫、洗濯機でも運搬・配置をスムーズに行えます。 また、建物が傷付かないよう養生して荷物を運び出してくれるので安心できます。 エレベーターがない物件などで2階以上に引越しする場合なども安心です。

そして、ダンボールなどの梱包資材を用意してもらうことが出来るので、あちこちにもらいに行く手間も省けます。 さらに、オプションサービスでエアコンの取り外しや設置を依頼できる業者もあるので引越しにかかわることを全て頼めるというのは、大きなメリットです。

しかし、業者に頼むということは、その料金を支払うということになります。 引越し作業以外にも、梱包材料、オプションの数々も全て有料であるということが、安く引越しを行いたい人にとってはデメリットになります。

近距離の引越し料金の相場

近距離の引越し料金は自分で引越した場合、業者を利用した場合、通常期、繁忙期など条件によって異なります。 それぞれの料金相場についてお話しします。

引越し料金は家族の人数で荷物量が大きく異なり、使用するトラックのサイズ、そして作業スタッフの人数によって金額も増えます。 また、新居までの距離が近距離か長距離かでも料金は変わります。

近距離で荷物が少ない単身者などの場合は 28,000円~34,000円、少し荷物が多めなら37,000円~40,000円というところが平均的な引越し料金の目安になります。

自分で引越しした場合(30km圏内)

新居まで30km圏内の距離で、自分でレンタカーを使って引越しした場合にかかる費用としては、単身の合計は約24,900円、家族3人では約37,800円というのが料金の目安になります。 レンタカー代以外にも様々な追加料金がかかるのです。

単身引越しの場合は、レンタカーは軽トラックか軽バンで可能だとすれば料金は7,000円程度、ガソリン代と高速代を含めると3,000円は必要です。

そして、荷造りに必要なダンボール20箱ほどと、ガムテープ代は1巻きとして300円とすれば合計4,900円。 さらに謝礼として1人分10,000円は考えておくとすれば、引越しにかかるおおよその目安として24,900円となります。

家族引越しの場合はそれぞれ割高になり、レンタカーは大きめになり約15,000円、ガソリン代と高速代も5,000円、梱包用のダンボールとガムテープも多めとなって11,500円。 そして謝礼も3人分として 30,000円用意するとすれば、合計61,500円というのが目安となります。

引越し業者に依頼した場合(~15km未満)

引越し業者に依頼した場合の料金は、通常期(5月~2月)と繁忙期(3月~4月)で料金が異なるのがポイントとなります。 引越し業者が忙しく、予約もなかなか取れないほど込み合う繁忙期のほうが割高です。

通常期

単身引越しの平均価格な価格は荷物が少なめな場合は約29,000円、荷物が多めなら約38,000円。

家族引越しで、2人家族の荷物なら約64,000円、3人家族なら約76,000円、4人家族なら約97,000円、そして5人以上の家族の荷物の場合は約115,000円~というのが通常期の引越し料金となります。

繁忙期

繁忙期では単身引越しは約36,000円、荷物が多めなら約47,000円。

家族引越しで、2人家族の荷物なら約80,000円、3人家族なら約94,000円、4人家族なら約116,000円、そして5人以上の家族の荷物の場合は137,000円~というのが繁忙期の引越し料金となります。

近距離の引越しで
料金を安く抑えるコツ

引越し業者に依頼すると、まだ引越し料金は「高いな」とお思いの場合は、料金を安く抑えるコツがありますのでご紹介します。

引越しの開始時間を午前中にしない

引越し業者の多くが作業開始時間帯に合わせて3つのプランを用意しています。 料金の高い順では、午前中に作業開始する「午前便」、午後に開始する「午後便」、開始時間指定が出来ない「フリー便」となります。

特に遅い時間に作業完了となる可能性の高い時間帯の「午後便」「フリー便」は最も割り引かれます。 しかし、同じ区内などの短距離であれば、移動時間が短くて済むため、意外と早めに引越しを終わらせることが出来る場合がありますので、料金を気になさる方には狙い目です。

複数の業者に見積もりを依頼する

引越し料金は業者によって金額に大きく差が出ることもあり、費用を安く抑えるためには、複数社から見積もりをもらって比較することで費用をより安くすることが出来ます。

そのためにはスマホやPCで必要事項を入力する、一括引越し見積もりサービスを利用するのが比較的簡単に出来る方法です。

料金が安い時期を選んで引っ越しする

引越しまでの日程に余裕がある場合は、なるべく引越し料金が安くなる時期を選ぶのも良い方法です。 3~4月の繁忙期を避けて比較的すいている5~2月にしたり、繁忙期でなくても土日、祝日は混雑しやすいので平日などに引越し日を調整するのも効果的です。

また、月末、月初も引越しが集中しやすいので、退去する住居の家賃が日割りで大丈夫か確認しておいてからなら、月中を選ぶことも割安な料金になる可能性があるので考えるべきです。

一部の大型荷物だけを運んでもらう

1人でも運べるダンボールなどの荷物は自分で運び、タンスなど大型サイズの家財や家電のみ、引越し業者に輸送してもらう方法もあります。

大事な家具を傷付けることなく搬出と搬入、そして移動してもらえるので安心して任せられ、業者に運んでもらう荷物の量が減らせるため、引越し費用が安くなることが多いのでおすすめ出来ます。

自分で運べない荷物については処分してしまうのも一つの選択肢です。 引越しは断捨離のタイミングでもあります。しばらく使っていないものがあれば、引越しを機会に処分するのも手です。

近距離の引越しプランを用意している業者を選ぶ

業者が指定する日に引越しすることで、料金を抑えるプランや、営業地域を限定することで、引越し料金を抑えている業者もあります。 そのような業者は近距離や単身引越しの取り扱いに慣れているため、よりリーズナブルなプランが設定されています。

近距離の引越しでよくある疑問

近距離の引越しで、多くの方が疑問に感じる点をまとめました。これから近距離の引越しを予定している方は、参考としてお読みください。

近距離の引越しでも方位に吉凶はある?

近距離の引越しでも方位の吉凶を意識すべきか。結論から言うと、近距離でも方位の影響は受けると考えるのが一般的です。 縁起が良いとされる「吉方位」と、逆の「凶方位」があります。

方位の算出方法には、風水や九星気学など多数あります。さらに、流派などにより算出方法が異なるので、自分が信頼できる先生や書籍を参考にしてください。

引越し先が凶方位の場合は「方違え」をするのがおすすめです。

「方違え」は、いったん凶方位とは別の方角に向かって、改めて目的地の方角へ向かうことで、禁忌をやり過ごす方法です。 仮住まいに宿泊する必要があるとする説、引越し前に立ち寄るだけでOKとする説など流派によって解釈が異なります。 こちらも、信頼できる先生や書籍を参考にしてください。

引越しの日数が当日で終わる距離の目安は?

引越しが1日以内で終わる距離は、一般的に最大200km以内です。移動だけで3~4時間ほどかかるため、これ以上の距離になると1日で引越しを終わらせるのが大変になります。

東京~静岡、名古屋~京都・大阪、大阪~岡山といった都市間の引越しであれば、1日で終わらせることが可能です。

自分で近距離の引越しを行うのはお得?

引越し業者に頼むと料金が高いから自分でやろうと思うのは間違いではありませんが、思ったより費用がかかるのが現状です。 本当に荷物が少なくて自分の乗用車が使え、なおかつ時間に余裕があるなら、何往復かすれば可能ですが、そうでなければ引越し業者に頼むのが無難です。

手間や時間が節約できて、引越しにかかわる他の諸手続きをすることも出来ます。 そのように、引越し料金だけを考えず、引越し全体を考えることで、何が得で何が無駄なのかを判断できます。

自分での引越しで必要になる主な費用は、自分の引越しで必要になる主な費用は、レンタカー代、ガソリン代などの交通費、梱包資材代、手伝ってくれた人へのお礼などです。

特に、レンタカー代とお礼の金額が大部分を占めます。 レンタカーを乗り捨てる場合は、別途乗り捨て料金が発生します。

お礼は手伝ってくれる人数によって変動するため、事前に用意しておくと安心です。 荷物運搬だけではなく、運搬時の見張りも必要なため、一般的には2人以上の手伝いを募ります。一度、かかる金額を算出してみてから比較してください。

近距離の引越しにおすすめの
「引越本部長」

近距離の引越しには、首都圏とその隣接エリアにサービスを絞ることで、格安な引越し料金を実現した「引越本部長」がおすすめです。 では、その「引越本部長」にはどのような特徴があるのかをご紹介します。

引越本部長の特徴

「引越本部長」の特徴としては、引越しエリアを限定し1件あたりの作業時間を短縮することで、1日に複数の引越しを受注できるためコストを削減しています。 さらに下請け業者も使用しておらず、大手と比較して無駄なコストは極力カットしています。

そのため、低価格の設定が可能になり、低コストと高い満足度を両立している点が挙げられます。

現在は、対応エリアを首都圏の一部に限定し、荷物の少ない一人暮らしの方の対象としてサービスを行っています。 具体的な対応エリアは、東京23区、多摩地区、埼玉県と神奈川県の一部です。

引越本部長の料金プラン

「引越本部長」の料金プランには、『爆安75プラン』『超節約プラン』『標準プラン』という3つのプランがあり、予算や希望によって選ぶことが出来ます。

首都圏の単身引越しで業界最安クラスの引越し料金を実現していますので、お安い業者を探している方はぜひご利用ください。

爆安75プラン 料金:7,500円

爆安75プランは7,500円~という「引越本部長」だからこそ実現できた単身の方におすすめの格安プランです。 23区内同士、または隣接する市部へのお引越しで、スタッフは1名となります。

条件としては、当日までに荷造りが出来ることと、ご自分で用意したダンボール20箱以内の荷物量で、1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドアの運搬ですが作業スタッフは1名のみなので、部屋の中の荷物の移動を手伝っていただくことが必要となります。梱包も自力でやっていただきますが、宅配便を利用するような気持で利用できる料金は最大の魅力と言えます。

超節約プラン 料金:10,500円

爆安75プランと同じ条件ですが、爆安75プランでは積みきれない、ちょっと多めの荷物量の方にピッタリのプランです。

スタッフが1名伺い、荷物量はダンボール約50個相当(容積4.6㎥)で、料金は東京23区内及び近接エリア間で10,500円~20km以内なら11,500円~となります。

標準プラン 料金:14,500円

お荷物の多い引越しに最適なプランで、20km以内で荷物量がダンボール約90個相当(容積8.4㎥)の場合、スタッフが2名伺って、14,500円~となります。 荷物量がダンボール約120個相当(容積10.5㎥)の場合、スタッフが3名伺って、24,500円~となっており、大型家具や家電類の荷造りは、引越本部長の専門スタッフが担当します。

「標準」といってもこの安さが「引越本部長」の魅力となります。

上記のプランは基本料金ですので、積み地や降ろし地の状況、希望内容によっては、必要なオプションを加えることが必要になります。 また、3月~4月は繁忙期で特別料金となるため、事前にお問い合わせください。

優良な業者を利用して近距離の引越しを安く

「引越本部長」のように単身での近距離引越しを得意とする業者を知っておくと、引越しの考えが変わります。 少しの荷物だから自分だけで……と思っても、レンタカーを借りに行って荷物を運び、レンタカーを返すまで半日はかかるもの。 その後、レンタカー会社から新居へまた戻るのですから、ほぼ1日作業しなければなりません。

「引越本部長」の爆安プランなら、7,500円の出費で簡単に引っ越せます。

時間もあっという間ですからあとの時間でゆっくりと荷物の整理が出来ます。そろそろ引越しをと計画されている方は「引越本部長」を利用することをおすすめします。

引越本部長

\ お急ぎの方は /フリーダイヤル0120-918-808

営業時間:11:00 〜 20:00

かんたん無料WEB自動見積

\ メールで見積なら /

たったの8項目、1分で即回答いたします。1分で即回答いたします。

お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※【hotmail】【gmail】【ヤフーmail】を使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号

HONBUCHO Corp, All Rights Reserved.