繁忙期の引っ越しで費用を安く抑えるコツは?おすすめのプランを紹介

引越本部長
繁忙期の引っ越しで費用を安く抑えるコツは?おすすめのプランを紹介

引っ越し業界には、依頼が殺到する繁忙期と、比較的依頼の少ない閑散期があります。 それぞれの時期でメリットがあればデメリットもありますが、繁忙期に引っ越しをする場合、基本的に料金相場が高くなる傾向があります。

そのため、複数の業者さんに見積もりを依頼して一番値段の安い業者を利用したり、なかには値引き交渉を行ったりする人もいるのではないでしょうか。 ここでは、繁忙期の引っ越しで費用を安く抑えるための方法やポイント、また、おすすめのプランなどについてご紹介します。

目次

引っ越し業者の繁忙期と閑散期

引っ越し費用は、誰でも安く抑えたいと思いますよね。そこで重要となるのが、引っ越しをする時期。同じ条件であっても、時期によって料金がガラリと変わってきます。
まずは、料金相場が高くなる繁忙期と、比較的安くなる閑散期がいつ頃なのかを確認していきましょう。

繁忙期は引っ越しが集中する3~4月

一年の中でもっとも引っ越しの依頼が集中する繁忙期は、3月下旬から4月上旬頃。 これは、新年度が始まる4月初旬は、多くの企業や学校の入社、入学があり、必然的に転居する人が多くなるためです。 この時期は価格設定が高く、また、黙っていても予約が入るので、引っ越し業者も値段交渉になかなか応じない可能性があります。 就職先や進学先が決まり、物件を探し始める2月頃から依頼が増えだし、4月の月末頃には落ち着く傾向にあります。

また、夏休みの始まる7月から8月にかけても引っ越し件数が比較的多くなり、9月から10月にかけては大学の秋入学や企業の人事異動などの関係で❝第二の繁忙期❞と呼ばれる時期に突入します。 11月は一段落しますが、12月は冬休みに入る年末の時期に再度引っ越し件数が多くなります。

閑散期は引っ越しが少ない5~2月

一方、5月から2月にかけては比較的引っ越し件数が少なく閑散期と言えます。 なかでも11月は、就職や転勤、入学に関わる大きなイベントがないので、1年でもっとも安く引っ越しできる時期と言われています。

さらに、梅雨の時期に入り天候が不安定な6月や、お正月の三が日が過ぎた1月4日頃から2月の上旬頃までも引っ越しの依頼件数が少なく、狙い目です。 トラックの空きを埋めるために料金が安くなりやすく、また、希望の日時が通りやすくなったり、家賃が安くなったりする可能性もあります。 ただし、引っ越し業者によっては、年始は休業の場合もあるので、事前にホームページなどで営業日を確認することをおすすめします。

繁忙期でも引っ越し料金を安く抑えるには?

引っ越し費用を安く抑えるためには、閑散期を選ぶのが一番です。

ただ、入社や転勤、入学などの理由で引っ越す場合は、どうしても繁忙期に引っ越しせざるを得ないことも多々ありますよね。 そこで、繁忙期でも引っ越し料金を安くするための方法やポイントについてご紹介します。

ピークや土日祝日の引っ越しを避ける

まず、繁忙期の中でも特にピークとなる時期を避ける方法です。 前述の通り、ピークは3月下旬頃。可能であればこの時期からズラし、比較的落ち着く4月下旬頃を選びましょう。 ただし、ゴールデンウィークに入ると高くなる可能性がありますのでご注意ください。

多くの社会人や学生の休日である土日・祝日も引っ越しが集中しやすく、料金が高く設定されていることがあります。 そのため、平日を選択すると、料金をある程度抑えることができます。 また、引っ越しは人生における一大イベント。縁起の良し悪しを気にする人も世の中にはいます。

そのため、「大安」は人気の日取りとなっており、逆にすべてにおいて凶とされる「仏滅」や正午のみ凶とされる「赤口」に引っ越しをすると、安くなる場合もあります。 このようなことから、繁忙期における引っ越しの狙い目は、4月下旬の平日で縁起が悪いとされる六曜の日です。

時間指定をしない

引っ越しの時間を指定しないのも費用を安く抑えるための一つの手です。 初めて引っ越しをする場合や荷物の量が多い場合、引っ越し作業にどのくらい時間がかかるのかが見えないので、早めに作業を始めてもらいたいと思いますよね。

また、その日のうちに必要最低限のダンボールを荷解きして、寝床を確保したいと思う人も多いのでではないでしょうか。 そのため、引っ越し開始時間は指定されることが多く、なかでも、午前中からの引っ越しが人気です。 午後便を利用するか、業者によっては用意している開始時間を指定しないプランを利用するのも良いでしょう。

移動距離が短かったり荷物の量が少なかったりする場合は、このプランを活用することで料金を安く抑えられることがあります。 ただし、引っ越し作業が夕方以降に始まることもあり、その場合、すべての荷物を搬入し終わるのが深夜になってしまう可能性もあるので注意が必要です。

料金が最も安い引っ越し業者を選ぶ

繁忙期と一口に言っても、引っ越し業者によって料金は変動します。 そのため、まずは早めに見積もりを依頼して、引っ越し費用を比較することをおすすめします。

引っ越し業者が料金の目安がわかる引っ越しカレンダーを作成している場合は、予め確認してみるのも良いでしょう。 繁忙期はスタッフの人手不足により臨時のアルバイトで人員を補っている場合もあり、業者選びは慎重に行っていきたいところです。

「引越し本部長」の引っ越しプランと料金

我々、引越本部長では、安く安心して引っ越ししていただくために、お客様それぞれに応じたプランをご用意しています。 一円でも費用を安く抑えたいという方には自信をもっておすすめできます。ここでは、主な引っ越しプランを紹介します。

主な引っ越しプラン

爆安75プラン

荷物の量が少なく、近距離へ引っ越しする方へおすすめの激安プランです。 その料金はなんと、7,500円!宅配便よりも安く速くお引っ越しできます。

エリア 23区内同士、または隣接する市部へのお引越し
スタッフ 1名
お荷物量 段ボール20個以内
料金 7,500円
※表示価格は全て税抜価格です。別途消費税がかかります。

超節約プラン

自分でできる作業を手伝う代わりに、相場よりも安い料金で引っ越したいと考える方にぴったりのプランです。移動距離によって料金が変わってきます。

エリア 同一区内、または隣接する区へのお引越し
使用車両 ロイヤル号
スタッフ 1名
お荷物量 段ボール約50個相当(容積4.6㎥)
料金 10,500円
エリア 20Km以内へのお引越し
使用車両 ロイヤル号
スタッフ 1名
お荷物量 段ボール約50個相当(容積4.6㎥)
料金 11,500円
※表示価格は全て税抜価格です。別途消費税がかかります。
※こちらの料金表は、「平日であること」「低層階から低層階へのお引越しであること」が条件となります。
※土日、祝日、月末や3月中旬からの繁忙期は上記金額とは異なってまいります。詳しくはお問い合わせくださいませ。直ちにお見積り致します。

標準プラン

お引越し用ダンボールの荷造りと荷解きはお客様ご自身で行っていただきますが、大型家具や家電類の荷造りは、引越本部長の専門スタッフが担当するプランです。

エリア 同一区内、または隣接する区へのお引越し
使用車両 2トン車標準
スタッフ 2名
お荷物量 段ボール約90個相当(容積8.4㎥)
料金 13,500円
エリア 20Km以内へのお引越し
使用車両 2トン車標準
スタッフ 2名
お荷物量 段ボール約90個相当(容積8.4㎥)
料金 14,500円
エリア 20Km以内へのお引越し
使用車両 2トンロング車
スタッフ 3名
お荷物量 段ボール約120個相当(容積10.5㎥)
料金 24,500円
※表示価格は全て税抜価格です。別途消費税がかかります。
※こちらの料金表は、「平日であること」「低層階から低層階へのお引越しであること」が条件となります。
※土日、祝日、月末や3月中旬からの繁忙期は上記金額とは異なってまいります。詳しくはお問い合わせくださいませ。直ちにお見積り致します。

サービスオプション

基本の料金プランに加え、以下の項目に該当する場合は、別途料金を頂戴しますので、あらかじめご了承ください。

休日(土曜日) 合計金額に30%加算
休日(日曜日・祝日) 合計金額に15%加算
階段での4Fへの搬出入 2,000円
階段での5Fへの搬出入 5,000円
距離増し(21km~100kmまで) 2,500円/10km毎(例:31㎞なら25,000円)
距離増し(101km以上) 1,500円(10km毎)
横持ち 1,000円/10m毎(車両から玄関までの距離です)
時間指定 3,000円〜5,000円
当日今すぐ便 15,000円
作業員1名追加 10,000円〜
※表示価格は全て税抜価格です。別途、消費税を頂戴しますので、ご了承ください。

引っ越しは、業者選びがカギ! 繁忙期における引っ越しは、我々引越し本部長にお任せください!

引っ越し料金が高くなりやすい繁忙期。 少しでも費用を安く抑えるためには、ピークを避ける、時間を指定しないなどの方法がありますが、業者選びも重要なポイントとなります。

我々引越し本部長では、他社に負けないリーズナブルな価格でご提供させていただきます。 引っ越しを少しでも安く済ませたいとお考えなら、ぜひ引越し本部長にお任せください!まずは、直ちにお見積もりいたします。気軽にお問い合わせください。

引っ越し本部長
お電話でお見積もり
フリーダイヤル
0120-918-808
HOURS:11:00〜20:00
かんたん無料WEB自動見積

たったの7項目!1分で即回答!

お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり

荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
ちょっと面倒ですが、大抵の場合さらに安くなります!

閉じる