レンタカーで引越しをするメリットと料金相場、起こりやすいトラブル

営業時間:11:00〜20:00
0120-918-808
お見積もり

1. レンタカーで引越しをするメリットと
料金相場、起こりやすいトラブルル

毎年引越しのシーズンになると、レンタカーのトラックを借りて、自分で引越しをしようと考えている方も少なくないと思います。 特に、荷物の少ない単身の方は、引越し業者に頼むより気楽で良いと思いがちですが、実際のところは意外に知られていません。

そこで、レンタカーによる引越しと、引越し業者による引越しの両方の料金の比較から、レンタカーによる引越しの特徴やメリットとデメリットを解説します。

メールと電話のみで成約OK 訪問見積もり無し!
宅配便より安い 爆安75パック 7,500円
レンタカーよりお得 超節約パック 最安10,500円
短時間で引越し 素早くスピーディーな作業 積込開始〜完了まで平均1.5時間
殺菌・害虫・悪臭対策 ウイルス・雑菌を殺菌 ゴキブリ忌避・強力脱臭
お約束 1:必要以外の電話はかけません 2:しつこいセールスいたしません
口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。
低金利の引越しローン 敷金・礼金等の初期費用や家具・家電など多目的に使える!
低価格のひみつ

東京の単身引越しなら業界最安をお約束。 なぜこんなに安い見積もり額を叩き出せるのか?それは"私たちが無名だから"です。 一切のCMや広告を打たず、その分、お客様の引越し費用を抑えます。

さらに"訪問見積もりは致しません"。 これにより営業部隊の人件費・営業車両の購入価格や駐車場代を無くし、格安を維持しています。 その価格は他社と比較すれば一目瞭然。

創業より引越し"ひとすじ" 実績24万件、安心・安全な引越を実現する私たち"引越本部長"を是非、ご指名ください!

通勤・通学の移動中に1分で簡単入力!当社は訪問見積もりナシ!お気軽にどうぞ!

低金利の引越しローン 敷金・礼金等の初期費用や家具・家電など多目的に使える!
目次

レンタカーで引越しを行うメリット

レンタカーでの引越しは一人暮らしの方におすすめの方法で、業者利用よりも「費用が安く」「自分のペースで」「プライバシーを守れる」というメリットがあります。 それぞれのメリットについて具体的にご紹介いたします。

引越し料金の総額を抑えやすい

引越し業者を利用せず、自力でレンタカーを使って引越しした方が費用総額を抑えやすい傾向にあります。 引越し業者を利用するとプロの作業員を手配しなくてはいけませんが、自力ならばすべて自分で作業を行います。 つまり、作業員の人件費分、レンタカー引越しのほうが安くなりやすいのです。

ただし、自力引越しでも友人や知人に手伝ってもらった場合は、謝礼が必要となるのがほとんどです。 プロの作業員を雇うよりは安いものの、交通費や食事代くらいの出費はあると考えておきましょう。

マイペースに引越しできる

レンタカーによる自力引越しはマイペースに進めやすいというメリットがあります。

たとえば繁忙期などは引越し需要が高く予約がなかなか取れず、こちらの都合の良い日に引越しできるとは限りません。 しかしレンタカー利用であれば業者を通す必要がないので自由な時間に引越しができます。

また、急な転勤等で引越しを余儀なくされた場合でも、レンタカーによる自力引越しならば事前予約せずに思い立ったときに引越しが可能です。 もちろん自分の都合でスケジュール変更も容易にできますので、自力引越しはかなり自由度が高いです。

プライバシーを確保しやすい

レンタカーによる自力引越しは友人・知人、または家族など仲間内だけで引越し作業ができるため、プライバシーを確保しやすいです。

たとえ引越し業者であっても新居を知られたくない、他人に見られたくない荷物がある、そういった場合でも自力引越しならば安心です。 女性の一人暮らしやお子さんのいるご家庭でプライバシーを守りたいという方は特にそのメリットを享受できます。

レンタカーで引越しをするときの流れ

レンタカーを利用した引越しの流れをご紹介します。当然ながらレンタカーの予約や荷運びなど、自分ですべてを行わなければなりません。

レンタカーを予約する

レンタカーで引越しをするときには、まず引越し予定日に合わせたレンタカーの予約からスタートします。 レンタルする車種は、荷物の量を想定して選ぶことになりますが、オートマ限定など、取得している免許で運転できるトラックを選ぶ必要があります。

また、軽トラックはレンタル料金が安く運転もしやすいので人気があります。 しかし、荷台は広くないので積み込みはコツがいるので、幌をオプションで頼むか、バンを選ぶことをおすすめします。 また、ハイエースバンなどのクラスなら、荷室も広く積載量も多いので安心できます。

荷造りをする

新居ですぐ使うからと、いい加減な梱包をするとうまく積み上げることができず、積み残したり荷崩れをおこしたりと事故につながります。 ダンボールや衣装ケースなどで、きちんとした梱包をすることが重要です。

引越し当日に作業を行う

当日の作業では、荷物を運び出し借りてきたレンタカーに積み込みますが、荷物はもちろん、部屋やレンタカーを傷つけないよう養生することも大切です。

特に部屋のクロスはダンボールの角がこすれただけで簡単に剥がれてしまうので注意が必要です。 養生は、玄関に毛布などをしいたり、ドアの周囲を粘着力の弱い養生テープとダンボールを利用して保護をしたりすることをおすすめします。

新居では同じように部屋や共用部分のロビーや廊下、特にエレベーターなどに傷をつけないように注意し、必要なら養生を行います。 荷ほどきにおける注意点としては、一時的に荷物を置く場所を決めて、とにかく部屋に運び込むことを優先します。

すべての荷物を運んだ後に荷ほどきするようにしましょう。

レンタカーを返却する

一通り荷物を運び入れたら、返却時間によっては荷ほどきより先にレンタカーを返却する必要があります。

また、近場なら問題ないのですが、新居までの移動距離が長距離におよぶ場合は、乗り捨てサービスのあるレンタカー会社を利用します。 そうすれば新居の近くの営業所に返却ができます。 または、友人などが手伝ってくれている場合は、帰りに乗って行ってもらい、借りた店舗に返す方法もあります。

レンタカーと引越し業者の
料金相場を比較

気軽に借りられて便利なレンタカーによる引越しは、料金では引越し業者に支払う料金を節約できます。 代わりに、レンタカーの代金やその他の費用もかかることがポイントになります。

レンタカーを利用した引越しにかかる費用の内訳

レンタカーを利用した場合の総額の目安は、単身者の引っ越の場合で24,900円ほど、家族での引越しでは61,500円ほどかかります。

レンタル費用以外にも多くの費用がかかるので、総額ではこのくらいかかってしまいます。 この金額と後でお伝えする引越し業者に頼んだ場合の料金相場とを比較してみましょう。

レンタカー代

レンタカーを借りる料金は単身者なら軽自動車のとトラックかワンボックスで7,000円、家族での使用なら2トンロング車で15,000円程度で、いずれも12時間借りた場合の相場となります。

また、2tトラックを利用する場合、中型免許以上を持っている運転手を手配する必要があります。

高速・ガソリン代

30km圏内を想定した場合、単身者で3,000円、家族で5,000円が目安で、距離によって異り、高速料金がかかる場合も考えておきましょう。

ダンボール代(新品)

梱包で使用するダンボールは、単身者なら20箱で4000円、家族なら50箱で1万円が目安ですが、スーパーやドラッグストア、コンビニなどで廃棄予定のダンボールを無料で分けてもらって節約することもできます。 その場合は、サイズが小さかったり、引越しに向いていなかったりする仕様のものもあるので注意が必要です。

さらに、使用済みのものは耐久力が低くなっているので、重い荷物には向かないことも覚えておきましょう。 また、養生用に巻きダンボールをホームセンターなどで買っておくと役に立ちます。m単位で売っています。

布テープ代

ダンボールをとじる際などに使用するガムテープは、1個300円として単身者なら3巻900円、家族なら5巻1,500円が相場ですが、量販店やネットなどで安く購入することもできます。

あわせて、粘着力の弱い養生テープも用意しておきましょう。価格は通常の布テープと同じ程度です。

謝礼

友人に手伝ってもらってもタダという訳には行きません。謝礼は1人あたり1万円が相場で、単身者なら1名で1万円、家族なら3名で3万円が目安になります。

引越しに協力してくれた人へのお礼という他に交通費や食事代を含む事になります。

引越し業者を利用した場合の費用相場

価格.com「引越し費用・料金相場」を見てみると、引越し料金の相場は次のようになっています。 単身引越しの場合と、家族での引越し分けて表示してありますので、ご自分のケースに当てはみてみてください。

単身引越しの場合の料金相場

距離 荷物(少) 荷物(多)
~15km未満(市区町村内) 36,573円 48,416円
~50km未満(都道府県内) 40,520円 49,667円
~200km未満(同一地方内) 51,455円 59,870円
~500km未満(近隣地方) 51,070円 75,265円
500km~(長距離) 59,430円 81,378円

家族引越しの場合の料金相場

距離 荷物量の目安(2人分) 荷物量の目安(3人分) 荷物量の目安(4人分) 荷物量の目安(5人分)
~15km未満(市区町村内) 82,417円 96,597円 11,5439円 13,4763円
~50km未満(都道府県内) 85,266円 102,594円 114,887円 143,105円
~200km未満(同一地方内) 111,570円 137,624円 154,599円 120,111円
~500km未満(近隣地方) 120,833円 181,169円 202,122円 290,000円
500km~(長距離) 167,607円 188,400円 209,874円 264,268円

レンタカーで引越しをする場合に
起こりうるトラブル

レンタカーによる引越しでは、慣れない作業のために思わぬトラブルも発生します。代表例をご紹介します。

荷物が積み切れない

引越しの荷物が想定よりも多くなる可能性があります。 また、車には十分余裕があっても、車両に荷物を詰める経験が少ないと、入れる順番やスペースを間違いやすく、積み残す結果になりがちです。

コツとしては重いものを下に積むようにすることや、大型の家具や布団などは、最後に積み込むと荷物が荷崩れしないで済みます。 また、引越し先へ小な荷物を先に運ぶと、大型の家具の運搬時に邪魔になるので、降ろすときに大型の荷物が先に出せるように、最後に積むことがコツです。

荷物や建物、レンタカーを破損する

引越しのプロが行う作業とは、作業への慣れだけでなく使用する道具も異なります。 家具や家電など大型の荷物を運び入れる際は、どんなに注意をしていても、うっかり破損する可能性が高いことを念頭に置いておく必要があります。

特に5ドアの冷蔵庫やドラム洗濯機などは取り扱いが難しく、物によっては100kgを超える重量のものもあります。 無理して自力で運ばないことをおすすめします。

予定日に引越し作業が終わらない

引越し作業は段取りが悪いと時間が予定以上にかかるものです。 その結果、レンタカーの返却が遅くなり、延長等の追加料金がかかる場合があります。 なるべく余裕を持った時間指定で借りたほうが、結果的に安くあがります。

場合によっては24時間借りたほうが、延長料金を支払うよりも安く上がることもあります。

レンタカーを停めるスペースがない

駐車スペースを十分に確保していないと、荷入れ、荷出しをしにくくなりますので、旧居、新居の付近で前もって駐車スペースを確認しておく必要があります。 長時間の停車は通行する車の邪魔になり、余計なトラブルや駐車違反キップを生むこともあります。

場合によっては、運転できる人を一人決めて、ドライバーをとして車に待機させるのがおすすめです。

引越し業者を利用したほうが良い場合と、料金を安く抑える方法

引越し業者を利用したほうが良い場合

レンタカー使用でのトラブルを避けたいとき

引越し作業は慣れない力仕事ですし、気も使いますから体の疲労も大きなものになります。 そして、さまざまな用意や段取り、予期せぬトラブルと苦労は絶えません。

自力引越しにおけるトラブルを避けたい人は引越し業者の利用がおすすめです。 慣れたスタッフが事前に荷物量を確認した上で車両を用意すること、荷入れ、荷出しなどの作業もスピーディーに行うため、作業が滞ることもありません。 また、破損しないように養生することで、余計なトラブルが発生するリスクを避けられます。

引越し業者は、荷物の積み下ろしのノウハウがある以外にも、破損してしまった場合の保証サービスを備えている業者も多いので、安心して作業を任せられます。 また、車両を停めるスペースについても、あらかじめ確認があるので任せておいて大丈夫です。

単身者で荷物量が少ないとき

レンタカーを利用して引越しを自分で行う最大の理由は引越しにかかる費用を節約するためです。 しかし単身者で首都圏エリアの荷物量の少ない人の引越しでは(良質な格安業者が存在するため)レンタカーのほうが割高になる可能性があります。

しかも、手伝ってくれる人への謝礼などを考えると、気が付くと引越し業者に頼んだほうが安上がりだったなどということも。 さらに、引越し当日以外にも荷造りや各種手続きなど、やることはたくさんあります。よほど引越しに慣れている人以外は引越し業者に頼むのがおすすめです。

料金を抑えて引越し業者を利用する方法

引越し料金は繁忙期などで高い金額になることもありますが、近距離や荷物量の少ない単身者の引越しに限っては格安プランを用意する引越し業者が存在します。 レンタカーを使う場合とあまり変わらない料金で引越しすることが可能になっています。

繁忙期の引越しを避ける

3月、4月の繁忙期は引越しをする人が多いために、閑散期の倍近い値段に設定する引越し業者がほとんどとなります。 できればこの時期を避けて引越すことで、料金を節約できます。

不用品を事前に処分する

新居に合わない家具や家電は事前に処分し、荷物を極力減らしておくと、トラックのランクを下げたり、作業員の人数を減らしたりするので料金が安くなる場合があります。

作業の開始時間を指定しない

引越し業者の予約は、引越しが終わった後に荷ほどきをする時間を確保するため午前中に引越しを希望する人が多く、作業開始時間の予約料金が割高になる傾向があります。

逆に、引越し業者の都合に合わせて午後や、時間フリーの引越しをすると、料金が格安になる場合があります。

地域密着型の格安引越し業者を利用する

引越し業者の中には地域密着型で引越し可能エリアを限定し、独自の企業努力やサービスによって引越し費用を安く抑えている業者があります。

たとえば、都内の単身引越しであれば、都内最安値クラスの引越し料金プランを提供している「引越本部長」がおすすめです。 引越本部長はさまざまな企業努力により業界最安クラスの低料金を実現しています。

たとえば、引越し可能エリアを都内近郊に絞り、最小限のスタッフで効率良く、1日に多くの件数をこなしています。 人件費を削減し細かく利益をあげる仕組みができあがっているわけです。 また作業スタッフは下請け業者を使わず自社スタッフのみなので、余計な中間マージンをカットしています。

さらに、引越し料金プランは無駄を徹底的に削ぎ落としてその分、オプションを豊富にしています。 ユーザーにとって本当に必要なサービスのみを選べるので、引越し費用総額が大手よりも安くできます。

このように、引越本部長のような企業努力をしている地域密着型引越し業者であれば、自力引越しよりも安く・安全に・スピーディーに引越しすることができます。 レンタカーでの引越しに不安がある方、なるべく費用を安く抑えたい一人暮らしの方は、ぜひご検討ください。

単身者・近距離引越しならばレンタカーよりも引越し業者がおすすめ

一人暮らしや単身者の方、ご家族のいる世帯でも近距離引越しであるならば、地域密着型の格安引越し業者の利用がおすすめです。

レンタカーによる自力引越しはメリットもたくさんありますが、力仕事による疲労、荷物の破損・車の事故などの危険性、その他各種トラブル発生のリスクもあります。 引越し業者を利用すればプロのスタッフが安全・スピーディーに作業をしてくれますし、破損・事故なども保険に入っているので安心できます。

たとえば「引越本部長」ならば、専用のトラックを用意し、荷物の運搬はプロがお手伝い、新居までの運転も任せた上で「7,500円」から依頼可能です。 この料金はレンタカー料金と同じですから、プロの人件費を考えたらレンタカーよりもお得です。

大変でリスクも多いレンタカーでの自力引越しの前に、ぜひ引越本部長の「簡単WEB見積もり」をお試しください。

引越本部長

\ お急ぎの方は /フリーダイヤル0120-918-808

営業時間:11:00 〜 20:00

かんたん無料WEB自動見積

\ メールで見積なら /

たったの8項目、1分で即回答いたします。1分で即回答いたします。

お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※【hotmail】【gmail】【ヤフーmail】を使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号

HONBUCHO Corp, All Rights Reserved.