引越し料金を安く済ませる方法と、業者に頼んでも費用を抑えるコツ

営業時間:11:00〜20:00
0120-918-808
お見積もり

引越し料金を安く済ませる方法と
業者に頼んでも費用を抑えるコツ

新しい生活を始めるにはさまざまな費用がかかります。そのために引越し料金をなるべく安く抑えたいと誰もが思うものです。

しかし、引越し業者に見積もり依頼すると、とても高額だったり、逆に思いのほか安かったりします。ただ、業者選びが上手な人ほどトータルコストを抑え、お得に引っ越している傾向があります。

そこで今回は、引越し料金を休ませる方法や、最適な引越し業者を選ぶコツをご紹介します。

メールと電話のみで成約OK 訪問見積もり無し!
宅配便より安い 爆安75パック 7,500円
レンタカーよりお得 超節約パック 最安10,500円
短時間で引越し 素早くスピーディーな作業 積込開始〜完了まで平均1.5時間
殺菌・害虫・悪臭対策 ウイルス・雑菌を殺菌 ゴキブリ忌避・強力脱臭
お約束 1:必要以外の電話はかけません 2:しつこいセールスいたしません
口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。
低金利の引越しローン 敷金・礼金等の初期費用や家具・家電など多目的に使える!
低価格のひみつ

東京の単身引越しなら業界最安をお約束。 なぜこんなに安い見積もり額を叩き出せるのか?それは"私たちが無名だから"です。 一切のCMや広告を打たず、その分、お客様の引越し費用を抑えます。

さらに"訪問見積もりは致しません"。 これにより営業部隊の人件費・営業車両の購入価格や駐車場代を無くし、格安を維持しています。 その価格は他社と比較すれば一目瞭然。

創業より引越し"ひとすじ" 実績24万件、安心・安全な引越を実現する私たち"引越本部長"を是非、ご指名ください!

通勤・通学の移動中に1分で簡単入力!当社は訪問見積もりナシ!お気軽にどうぞ!

低金利の引越しローン 敷金・礼金等の初期費用や家具・家電など多目的に使える!
目次

引越し時にかかる賃貸契約の
初期費用を安く抑えるには?

賃貸契約には初期費用が発生します。余裕のある新生活を送りたければ、初期費用を少しでも安く抑えることが大切です。ここでは、初期費用を下げるポイントをご紹介します。

そもそも初期費用とは?

初期費用とは、賃貸物件を借りる際にかかる費用のことです。具体的には、「敷金」「礼金」「契約月の日割り家賃と前家賃」「仲介手数料」「火災保険料」「鍵交換費用」「保証料」などが挙げられます。

敷金は、大家さん担保として預けておくお金です。退去時に原状回復費用として使用され、差額は返金されます。礼金は大家さんへの謝礼金として慣習的に支払われているお金であり、請求されない場合もあります。

契約時には、契約月の日割り家賃と前家賃を一括で支払うのが一般的です。前家賃とは、翌月分の家賃として当月中に支払うお金を意味します。なお、仲介手数料は、不動産会社へ報酬として支払う料金です。

火災保険料は火災保険の加入料であり、賃貸物件の契約では加入が義務付けられています。 鍵交換費用は、前の住人が使用できないように、鍵交換一式にかかる費用のこと。保証料は、契約時に保証会社を利用する場合に必要な利用料金であり、保証人がいる場合は発生しません。

どれぐらいの初期費用が発生するかは、不動産会社や契約する賃貸物件によって異なります。目安としては、契約する物件の5~6カ月分程度です。

初期費用を安く抑えるには?

賃貸契約の初期費用を安く抑えるには、まずは引越しの繁忙期を避け、閑散期を狙うのがポイントです。具体的には、5月後半~8月が狙い目です。

この時期は、敷金や礼金が下がっていたり、大家さんが家賃交渉に応じてくれたりします。というのも、大家さんは所有物件の空室を防ぎたいため、需要が低下するこの時期に賃貸契約の条件を緩和し、成約を狙っています。

また、仲介手数料が安い不動産会社を利用するのもおすすめです。通常、仲介手数料は家賃1カ月分ですが、半分の仲介手数料を設定している不動産会社もあります。

フリーレント物件も初期費用が安い物件として人気です。フリーレント物件とは、一定期間の家賃が無料になる賃貸住宅です。

引越し業者を使わずに料金を安く済ませる方法

まず、引越し業者に頼むと高い値段になるなら、いっそ自力で引越しするのも手です。 ただ、結論としては、自力で引越ししても、最低限の費用がかかります。場合によっては、引越し業者に依頼した方が、お得になる可能性もあるのです。

宅配便を利用する

ダンボール10箱ほどの引越しであれば、宅配便を利用すれば比較的安く済む可能性があります。

しかし、家具・家電の運搬はオプション料金にしている宅配業者が多くみられます。 結果、大型家具・家電がある引越しの費用が割高になりがちなので、宅配便ではなく、引越し業者を利用するのがおすすめです。逆に数個のダンボール箱で済む引越しなら、宅配便が安く済みます。

自分で荷物を運ぶ

新居が近隣であり移動距離も短く、搬入する荷物も大量でなければ、業者に頼むより安くなる場合もあります。そのためにはレンタカーで運ぶことになり、別途レンタカー代がかかります。

レンタカー代の相場としては、12時間レンタルで、単身向けのワンボックスカーなら約7,000円、家族向けの2tトラック(ロング)なら約1万5,000円です。

さらに新居の場所によっては、ガソリン代・高速道路料金などがかかります。引越し先が30km圏内で、ワンボックスカーなら約3000円、2tトラック(ロング)なら約1万円がそれぞれの目安です。

また、2tトラックは中型免許以上の免許を持っている運転手を手配する必要があるので注意してください。

梱包資材を用意する

コンビニやスーパー、ドラッグストアなどで不要のダンボールを分けてもらえれば、資材費用を節約できます。 ただし、サイズが大きすぎたり強度が弱すぎたりするダンボールは引越しに不向きです。梱包資材を選ぶときにも、注意が必要です。

準備の段階では、梱包に必要なダンボールを調達し、引越し当日までに荷造りしなければなりません。 新品のダンボールは割と費用がかかり、1箱200円として、単身者なら20箱4,000円、家族の場合は50箱1万円が目安となります。

自分や友人の車を使う

自家用車で運ぶ方法もあります。都合よくワンボックスタイプの車を所有していればいいのですが、普段使用している車に荷物を積むとなると、思いのほか荷物を積めません。

荷物一度に積みきれず、旧居と新居を往復する可能性があります。また、新居の場所によっては引越し作業が1日で終わらなかったり、車内に傷がついたりするリスクもあります。

レンタカーを利用する場合、延滞による追加料金や破損の賠償金は、想定費用よりも多くなることがあります。さらに、慣れない作業により部屋や建物に傷をつけるリスクもあります。 これを防ぐためには養生が必要です。養生にはそれ専門の資材があり、養生範囲が広ければ、それだけ購入費がかさみます。

一人暮らしで友人の車を使ったり、作業を手伝ってもらったりした場合は、心付けとして金銭などを実費で支払う必要があります。 金額は気持ち程度でかまいませんが、多くの友人に手伝ってもらった場合、引越し業者に依頼した場合よりも、費用がかさむことがあるため注意してください。

引越し業者を利用する
メリットと料金相場

自分で引越しをするのは大変ですし、思いのほか費用がかかります。単身かつ近場への引越なら、基本料金の安い引越し業者を利用するのがおすすめです。 ここでは、引越し業者を利用するメリットや、料金相場についてご紹介します。

引越し業者を利用するメリットは?

引越し業者の料金は、スタッフの人件費や配送料も含めた料金となっています。 引越しのノウハウがあるスタッフに作業を一任でき、引越しの段取りもスムーズで、オプションサービスで家具や家電の取り付けも依頼できるメリットもあります。

料金相場を知る方法とそのメリット

引越し料金は業者によって異なりますが、相見積もりすることで不当に高い悪質業者を見分けられ、値引き交渉の材料にもなり得ます。 また、見積もり金額の相場を知っておくことでより最安値の業者を選ぶことができます。

料金相場を知るには、複数社に相見積もりを依頼し、比較するのが基本です。相見積もりの際は営業マンから、即決価格を提示されることがあります。

即決価格とは、その場で引越し会社を決めた場合の特別な割引価格です。明らかに魅力的な料金設定であれば、即決価格で引越し会社と契約するのもおすすめです。 そのほか、一括見積もりサイトや比較サイトも便利なので、活用してください。

なお、引越し料金には定価が存在しません。それにもかかわらず、業者ごとに見積もり金額が異なる理由はさまざまあります。

たとえば、通常期と引越しが集中する繁忙期では、基本料金が大きく異なります。家族構成によって荷物量が変動し、使用トラックのサイズ、そして作業員の人数によっても料金は変わります。 また、新居までの移動距離も、最終的な金額を左右する要因です。

繁忙期(3~4月)の引越し料金相場

引越し業界では3~4月が繁忙期となり、引越し料金が高くなります。家族の場合、単身引越しよりも荷物量が増加するため、引越し料金が高くなるケースが一般的です。単身の場合は約35,000円が下限です。

参考までに、価格.com「引越し費用・料金相場」を元に平均的な引越し料金の相場をご紹介します。

単身引越しの場合の料金相場

距離 荷物(少) 荷物(多)
~15km未満(市区町村内) 36,768円 48,272円
~50km未満(都道府県内) 40,562円 49,691円

通常期(5~12月、1~2月)の引越し料金相場

繁忙期に対し、5~12月、1~2月は通常期となり、引越し料金が落ち着きます。

単身引越しの場合の料金相場

距離 荷物(少) 荷物(多)
~15km未満(市区町村内) 30,292円 39,227円
~50km未満(都道府県内) 35,492円 42,384円

引越し業者を利用して
料金を安く抑えるコツ

引越し業者を利用するメリットはわかっても、とにかく料金を安く抑えたい人のために、そのコツをご紹介します。

引越し時期を調整する

まずは時期ですが、3月と4月の繁忙期を避けることで、引越し料金を抑えられる可能性があります。 この時期は年度の変わり目です。引越しする人が多く、業者の依頼が集中するため、料金も割高になります。

一番混み合うのは、3月末から4月の第1週目ですが、場合によっては他の月でも繁忙期となるため注意してください。これらの時期を避けるだけでも、引越し費用はかなり抑えられます。 可能であれば、閑散期となる6月あたりのタイミングを狙ってください。

また、通常期でも土日や祝日に引越しする人が多くみられます。おすすめは、平日に引っ越すことです。 さらに家賃や水道光熱費などの契約関係で、月末や月初めに引越しする人が多いことから、月の中旬も引越し料金が安くなる傾向にあります。

同じ月でも日にち、曜日の選び方で引越し料金に差が出てきます。カレンダーをチェックし、可能な限り引越し費用を抑えられるスケジュールに調整してください。

不用品は事前に処分する

荷物量を減らすことで、いわゆる格安プランを利用できます。新居に合わない家具・家電は事前に処分することが重要です。服や保存食もかさばりやすいため、必要最低限の量に留めてください。

引越しは、不要な物を捨てる断捨離のチャンスにもなります。 処分し損ねた服や本、小物などは、フリマアプリやインターネットオークション、リサイクルショップ、新古書店などで処分すると、お小遣いが得られ、引越し費用の足しにもできます。

エアコンなどの家電も、古くなっている場合は引越しのタイミングで買い替えるのが一般的です。使わなくなった家具・家電、食器などがあれば、誰かに譲ることも検討してください。

たとえお金にならなくても、粗大ごみの処分費用を節約できるのは大きなメリットです。友人や知人、地元密着型の掲示板(コミュニティアプリ)で知り合った人に譲ることをおすすめします。

作業時間を指定しない

作用時間を指定せず、業者の都合に合わせて引越しをすると、料金を安くできます。

なぜなら、傾向的に午前便を利用する人が多いためです。午後になると作業スタッフの手が空いて余裕が出るため、引越し料金を安く抑えられます。

中には、相場の半額近くになるプランも。「時間指定なし」「おまかせ便」などと呼ばれているプランです。時間帯ひとつで費用が大きく変わるため、依頼業者に格安プランがないか確認してください。

早めに申し込む

引越しの日程が決まり次第、業者を手配すると料金が安く済む場合もあります。

これは早いタイミングでスケジュールが確定すれば、業者側の日程調整、トラック・人員の手配がしやすくなるためです。 結果、値引き交渉などにも応じてくれる可能性があります。その際、キャンセル料は予定日の2日前から必要になることが多いので、注意が必要です。

また、申し込みが早い場合、帰り便や混載便など割安な運送方法を業者が提示してくれる場合があります。 帰り便は、目的を果たした帰りのトラックの、開いたスペースで荷物を運ぶ方法です。混載便は複数の荷主の荷物を同じトラックで運ぶ運送方法であり、コスト削減につながります。

料金を安く抑えられる
「引越本部長」とは?

都内の引越しや単身者の引越しが安く済むと好評の「引越本部長」ですが、同業他社よりなぜ安くできるのか。その理由について、詳しく解説していきます。

引越本部長の料金が安い理由

引越本部長の料金が安い理由は、オプション別の料金設定のため、本当に必要なサービスだけを選べることが挙げられます。 大手を中心に、他社では無料提供となっているダンボールですが、実はこれにも原価はかかっています。ダンボールもオプション化することで、その分、価格を安くしている仕組みです。

また、電話やWebサイトで必要事項を入力する見積もりを行う事で「訪問見積もり」をせず、無駄なコストをカットしているのも理由のひとつです。

お問い合わせ専用フリーダイヤル
0120-918-808

さらに、引越し作業に見合ったトラックを用意し、ガソリンもセルフで給油したり、下請け業者を利用せず、中間コストをカットしたりしています。 あらゆる方法で安さを追求しているのが、引越本部長の特徴であり、魅力でもあります。

最後に、「引越本部長」最大の特徴である3つの引越プランをご紹介します。

爆安75プラン 単身の方向けのプラン

荷物量・料金 段ボール20箱以内・東京23区内及び近接エリア間 7,500円~

当日までに荷造りが出来る単身の方におすすめのプランです。23区内同士、または隣接する市部へのお引越しで、スタッフは1名となります。

本プランの適用条件としては、ご自分で用意した高さ・幅・奥行の3辺の和が120センチ以内で、1個当たりの重量が10キロ以内のダンボール20箱以内のみです。

1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドアの運搬となります。作業スタッフは1名のみなので、部屋の中の荷物移動を自分も手伝うことが必要です。

超節約プラン 安い料金で引越したい方向け格安パック・プラン

荷物量・料金 段ボール20箱以内・東京23区内及び近接エリア間 10,500円~
荷物量・料金 段ボール20箱以内・20Km以内 11,500円~

超節約プラン は、自分でできる作業を手伝うことで、相場よりも安い料金で引越したいという方にピッタリの格安パック・プランです。

スタッフが1名伺い、荷物量はダンボール約50個相当(容積4.6㎥)とあります。適用条件は、自分で用意した高さ・幅・奥行の3辺の和が120センチ以内、1個当たりの重量が10キロ以内のダンボールで20箱以内です。

1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドアの運搬です。作業スタッフは1名のみなので、部屋の中の荷物移動はお手伝いいただきます。

標準プラン 大きな家具や電化製品がある方に最適

20Km以内・荷物量・料金 スタッフ2名・段ボール約90個相当(容積8.4㎥) 14,500円~
20Km以内・荷物量・料金 スタッフ3名・段ボール約120個相当(容積10.5㎥) 24,500円~

標準的な引越しのプラン。引越し用ダンボールの荷造りと荷解きは自分で行いますが、大型家具や家電類の荷造りは、引越本部長の専門スタッフが担当するため安心です。

スタッフ2名~3名で、ダンボール約90個~120個相当の荷物が運搬可能となります。大きな家具や電化製品がある場合に最適なプランです。

上記のプランは平日の基本料金ですので、積み地や降ろし地の状況、または希望内容によっては、必要なオプションを加えることになります。 また、3月~4月は繁忙期で特別料金となるため、事前に問い合わせてください。

いくつかのポイント・工夫を
意識すれば引越し料金を
安く抑えることは可能

繁忙期には引越しが集中します。運送業界の人手不足と高齢化などもからんで引越しできる件数の上限を超えてしまい、希望の日に引っ越せない「引越難民」が問題視されています。

しかし引越しが集中する繁忙期といっても、実は件数が集中するのは、土日などの休日、大安などの限られた日だけ。あらかじめ混み具合を予測し、平日のスケジュールを空けておけば、スムーズかつ安く引っ越せます。

引越しの予約は早めに済ませることで、希望日を抑えやすくなります。たとえ繁忙期に引っ越すことになっても、月末や週末を避け、引越し業者の都合に合わせて希望日を変動させれば、難なく引越しできます。 荷物の少ない単身者なら、時間も業者におまかせのフリープランを選ぶことで、なお予約は取りやすくなります。

何かと手間のかかる引越しですが、その負担を少しでも軽くするのが引越し業者の仕事です。女性の場合は力仕事を回避できるため、業者を利用するメリットが特に大きくなります。 また、転勤などで急に決まった引越しもスムーズに行えます。

いずれにしても、引越しは業者選びがもっとも重要です。慣れていない方は、「価格.com地域密着ランキング」で上位の引越し会社を選んでください。 おすすめはランキングTOP5常連の「引越本部長」。首都圏エリアを管轄とし、料金の安さに定評がある引越し業者です。

引越本部長

\ お急ぎの方は /フリーダイヤル0120-918-808

営業時間:11:00 〜 20:00

かんたん無料WEB自動見積

\ メールで見積なら /

たったの8項目、1分で即回答いたします。1分で即回答いたします。

お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※【hotmail】【gmail】【ヤフーmail】を使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号

HONBUCHO Corp, All Rights Reserved.