引っ越し料金を安く済ませる方法|業者に頼んでも費用を抑えるコツ

引越本部長
引っ越し料金を安く済ませる方法|業者に頼んでも費用を抑えるコツ

新しい生活を始めるには様々な費用がかかります。そのために引っ越し料金をなるべく安く抑えたいと誰もが思っているはずです。

しかし、引っ越し業者に見積もり依頼すると、高い金額にびっくりすることもあります。逆に非常に安く引っ越しをする人もいます。 その人たちが実践した引っ越しを安く済ませる方法とはどんなものなのでしょうか?

そこで、引っ越し業者に頼む際に、どうやったら安くできるのか、その方法と条件などをご紹介してみましょう。

貴方の引っ越し、無駄はありませんか?

目次

引っ越し業者を使わずに料金を安く済ませる方法

まず、引っ越し業者に頼むと高い値段になるなら、いっそ自分で引っ越ししようという場合を考えてみましょう。

結論としては自分で引っ越ししてもけっしてタダではないということです。

宅配便を利用する

ダンボール10箱ほどの引っ越しであれば、宅配便を利用すれば比較的安く済む可能性があります。

しかし、家具や家電の運搬はオプション料金にしている業者が多いので、結果として家具や冷蔵庫などの大型家電がある引っ越しの場合は費用が高くなりやすくなります。 したがって、ダンボール数個で済む本当に少量の場合のみ有効な方法と言えます。

自分で荷物を運ぶ

新居が近隣であり移動距離も短く、荷物も大量でなければ、業者に頼むより安くなる場合もあります。ただし、そのためにはレンタカーで運ぶことになり、当然レンタカー代がかかります。

レンタカー代の相場としては、12時間レンタルで、単身向けのワンボックスカーなら約7000円、家族向けの2tトラック(ロング)なら約1万5000円です。 さらに、新居の場所によってはガソリン代・高速道路料金などがかかります。30km圏内で、ワンボックスカーなら約3000円、2tトラック(ロング)なら約1万円を目安にする必要があります。

また、2tトラックは中型免許以上の免許を持っている運転手を手配する必要があります。

引っ越し前の準備

さらに、準備の段階では、梱包のために必要な段ボールを調達し、引っ越し当日までに荷造りしなければなりません。 新品のダンボールは割と費用がかかり、1箱200円として、単身者なら20箱4000円、家族の場合は50箱1万円が目安となります。

でも、コンビニやスーパー、ドラッグストアなどで不要のダンボールを分けてもらうことができればお金は節約できます。 ただし、サイズが大きすぎたり強度が弱いダンボールなど引っ越しに向いていないものも多いので、選ぶときには注意が必要です。

自分や友人の車を使う

自家用車で運ぶ方法もあります。都合よくワンボックスタイプの車を所有していればいいのですが、普段使用している車に荷物を積むとなると、意外に積むことができません。 荷物が積みきれずに旧居と新居を往復する可能性が高く、新居の場所によっては1日で終わらなかったり、車内に傷がつくリスクもあります。

もし使用した車がレンタカーであった場合、延滞や破損の賠償金は想定した費用よりも多くなることがあります。 さらに、慣れない作業により部屋や建物に傷をつけるリスクもあり、これを防ぐためには養生が必要です。養生にはそれ専門の資材があり、養生範囲が広ければ、それだけ購入費もかさみます。

※参考:価格.com「引越し費用・料金相場」:https://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/

引っ越し業者を利用するメリットと料金相場

自分で引っ越すのは大変だし、意外と費用もかかります。 そこで、格安な料金であれば引っ越し業者に頼んだ方が良いと思うところですが、さて引っ越し業者に頼むメリットや、料金の相場はどうなのでしょうか。

引っ越し業者を利用するメリットは?

引っ越し業者の料金は、スタッフの人件費や配送料も含めた料金となっています。 そのため、引っ越しのノウハウがあるスタッフに依頼できるため、引っ越しの段取りがスムーズで、オプションで家具や家電の取り付けも依頼できるメリットもあります。

料金相場を知るメリット

引っ越し料金は業者によって異なりますが、相見積もりすることで不当に高い悪質業者を見分けられ、値引き交渉の材料にもなり得ます。 また、相場を知っておくことでより最安値の業者を選ぶことが出来ます。

料金相場を知る方法

料金相場を知るには、複数の業者に見積もりを依頼して比較すること以外でも、一括見積もりサイトや比較サイトを利用すると便利です。 ここで参考までに、価格.com「引越し費用・料金相場」を元に平均的な引っ越し料金の相場をご紹介しましょう。

ポイントは通常期と、引っ越しが集中する繁忙期の料金の差です。 そして、家族での引っ越しの場合は家族の人数で荷物量が大きく異なり、使用するトラックのサイズ、そして作業員の人数も変わり金額も増えることになります。 また、新居までの距離が近距離か長距離かでも料金は変わります。

繁忙期(3~4月)の引っ越し料金相場

単身引っ越しの場合の料金相場

距離 荷物(少) 荷物(多)
~15km未満(市区町村内) 36,288円 47,562円
~50km未満(都道府県内) 39,801円 49,725円
※価格は平均
※参考:価格.com「引越し費用・料金相場」https://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/

家族引っ越しの場合の料金相場

距離 荷物量の目安(2人分) 荷物量の目安(3人分) 荷物量の目安(4人分) 荷物量の目安(5人分)
~15km未満(市区町村内) 80,860円 92,633円 115,575円 138,115円
~50km未満(都道府県内) 81,780円 100,015円 114,034円 122,071円
※価格は平均
※参考:価格.com「引越し費用・料金相場」https://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/

通常期(5~12月、1~2月)の引っ越し料金相場

単身引っ越しの場合の料金相場

距離 荷物(少) 荷物(多)
~15km未満(市区町村内) 28,495円 37,958円
~50km未満(都道府県内) 34,004円 40,465円
※価格は平均
※参考:価格.com「引越し費用・料金相場」https://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/

家族引っ越しの場合の料金相場

距離 荷物量の目安(2人分) 荷物量の目安(3人分) 荷物量の目安(4人分) 荷物量の目安(5人分)
~15km未満(市区町村内) 64,417円 76,411円 97,508円 114,447円
~50km未満(都道府県内) 67,752円 77,818円 91,837円 103,782円
※価格は平均
※参考:価格.com「引越し費用・料金相場」https://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/

引っ越し業者を利用して料金を安く抑えるコツ

引っ越し業者を利用するメリットはわかっても、なんとか料金を安く抑えたい人のために、そのコツをご紹介しましょう。

引っ越し時期を調整する

まずは時期ですが、3月と4月の繁忙期を避けることで引っ越し料金が安くなりやすいということがあります。 この時期は年度の変わり目で引っ越しする人が多いため引っ越しが集中するので、料金も割高になります。 一番混みあうのはは3月末から4月の第1週目あたりですが、場合によっては他の月でも繁忙期となることがあるため注意が必要です。これらの時期を避けるだけでもかなり安く抑えられます。

また、通常期でも土日や祝日に引っ越しする人が多いために、おすすめは平日に引っ越すことで、料金が安くなる傾向があります。 さらに、家賃や水道光熱費などの契約関係で、月末や月初めに引っ越しする人が多いため、月の中旬も引越し料金が安くなる傾向があります。

同じ月でも日にちや曜日の選び方ひとつで引っ越し料金に差が出てきます。

不用品は事前に処分する

荷物量が少ないほうが比較的安い引っ越しプランを使いやすくなるので、新居に合わない家具や家電は事前に処分することが重要です。 服や保存食もかさばりやすいため、必要最低限にしておくと良いでしょう。また、引っ越しは余分なものを捨ててシンプルな生活をする断捨離のチャンスでもあります。

日頃したくても処分し損ねた服や本などは、フリマアプリやインターネットオークション、リサイクルショップ、新古書店などを利用するとお小遣いも得られ、引っ越し費用の足しにもできます。

作業時間を指定しない

さらに、引越作業の開始時間を指定せず、業者に合わせて引っ越しをすると安くなる傾向があります。

これは、引っ越しを午前中に予約する人が多いためで、午後になると作業の手が空き余裕が出るので、引っ越し料金も安く抑えられ、中には半額近くになるプランもあります。 時間帯ひとつで簡単に割り引かれるので、そのようなプランがあるのか確認するとよいでしょう。

早めに申し込む

引っ越しの日程が決まり次第、業者を手配すると料金が安く済む場合もあります。

これは業者側で日程調整やトラック・人員の手配に余裕が生まれるためで、早くに予約してもらうことは大変ありがたいため、値引きなどの定時も受けやすくなります。 その際、キャンセル料は予定日の2日前から必要になることが多いので注意が必要です。

料金を安く抑えられる「引越本部長」とは?

都内の引っ越しや単身者の引っ越しが安く済むと好評の「引越本部長」ですが、同業他社よりなぜ安いのでしょうか?また、具体的にはどのような料金なのでしょう。

引越本部長の料金が安い理由

引越本部長の料金が安い理由は、オプション別の料金設定のため、本当に必要なサービだけを選べることがあります。 大手を中心に他社では無料提供となっているダンボールですが、実はこれにも原価はかかっているため、ダンボールもオプション化してその分、価格を安くしています。

また、電話やWebサイトで必要事項を入力する見積もりを行う事で「訪問見積もり」をせず、無駄なコストをカットしているのも大きな要因となっています。

お問い合わせ専用フリーダイヤル
0120-918-808
HOURS:11:00〜20:00

さらに、引っ越し作業に見合ったトラックを用意し、ガソリンもセルフで給油したり、下請け業者を利用しないため、中間コストもカットできるなど、あらゆる方法で安さを追求しています。

その結果可能となった「引越本部長」最大の特徴である3つの引越プランをご紹介しましょう。

爆安75プラン 単身の方向けのプラン

荷物量・料金 段ボール20箱以内・東京23区内及び近接エリア間 7,500円~

当日までに荷造りが出来る単身の方におすすめのプラン。23区内同士、または隣接する市部へのお引越しで、スタッフは1名となります。

このプランの適用条件としては、ご自分で用意した高さ・幅・奥行の3辺の和が120センチ以内で、1個当たりの重量が10キロ以内の段ボール20箱以内のみ。1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドアの運搬です。作業スタッフは1名のみなので、部屋の中の荷物移動を自分も手伝うことが必要です。

超節約プラン 安い料金で引越したい方向け格安パック・プラン

荷物量・料金 段ボール20箱以内・東京23区内及び近接エリア間 10,500円~
荷物量・料金 段ボール20箱以内・20Km以内 11,500円~

超節約プラン は、自分でできる作業を手伝うことで、相場よりも安い料金で引越したいと方にピッタリの格安パック・プランです。

スタッフが1名伺い、荷物量は段ボール約50個相当(容積4.6㎥)とあります。適用条件は、自分で用意した高さ・幅・奥行の3辺の和が120センチ以内、1個当たりの重量が10キロ以内の段ボールで20箱以内。1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドアの運搬です。作業スタッフは1名のみなので、部屋の中の荷物移動を自分も手伝うことが必要です。

標準プラン 大きな家具や電化製品がある方に最適

20Km以内・荷物量・料金 スタッフ2名・段ボール約90個相当(容積8.4㎥) 14,500円~
20Km以内・荷物量・料金 スタッフ3名・段ボール約120個相当(容積10.5㎥) 24,500円~

標準的な引っ越しのプラン。引越し用段ボールの荷造りと荷解きは自分で行いますが、大型家具や家電類の荷造りは、引越本部長の専門スタッフが担当します。

スタッフ2名~3名で、段ボール約90個~120個相当の荷物が運搬可能となります。大きな家具や電化製品がある場合に最適なプランです。

上記のプランは平日の基本料金ですので、積み地や降ろし地の状況、または希望内容によっては、必要なオプションを加えることになります。 また、3月~4月は繁忙期で特別料金となるため、事前に問い合わせておきましょう。

※参考:引越本部長 料金パック・プラン https://honbucho.com/plan.html

引越難民にならないためには

繁忙期には引っ越しが集中します。運送業界の人手不足と高齢化などもからんで引っ越しできる件数の上限を超えてしまい、希望の日に引っ越せない「引越難民」が問題視されていますね。

しかし引っ越しが集中する繁忙期といっても、実は件数が集中するのは、その中でも土日や大安など限られた日だけ。 あらかじめ予測を立てて平日のスケジュールを空けておけば、後で「引っ越せない!」と慌てる必要もなく、「引越難民」になることもないのです。

もちろん予約は早くしたほうが希望の日が取りやすいのは言うまでもありません。 ですが繁忙期に急に引っ越すことになっても、月末や週末を避け、引っ越し業者の都合に合わせて希望日を変動させることで、引っ越せる場合が多いのです。

さらに荷物の少ない単身者なら、時間も業者にお任せのフリープランを選ぶことで、なお予約は取りやすくなるでしょう。

全体のまとめ

何かと手間のかかる引っ越しですが、その負担を少しでも軽くできるのが引っ越し業者です。

そのために料金は支払わなければならないのですが、重い荷物を集中力を切らさず安全にそしてスピーディーに運ぶ様子を見れば、料金が高いとはけっして思えないはずです。 それでも安いに越したことはない!という人は迷わず価格.com地域密着ランキングで上位の引っ越し会社を選びましょう。

ランキングTOP5常連で、首都圏エリアを管轄とする引っ越し会社は「引越本部長」です。

引っ越し本部長
お問い合わせ専用フリーダイヤル
0120-918-808
HOURS:11:00〜20:00
お電話でお見積もり
フリーダイヤル
0120-918-808
HOURS:11:00〜20:00
かんたん無料WEB自動見積

たったの7項目!1分で即回答!

お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり

荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
ちょっと面倒ですが、大抵の場合さらに安くなります!

閉じる