12月の引越し料金相場は?年末ならではの特徴と各種手続きの注意点

営業時間:11:00〜20:00
0120-918-808
お見積もり

12月の引越し料金相場は?
年末ならではの特徴と各種手続きの注意点

年末であり、正月の用意やクリスマスなどのイベントもあり、ただでさえ忙しい師走。そんな忙しい時期ではあっても12月にあえて引越しせざるを得ない人も多いと思います。

そんな12月の引越し料金の相場はどうなっているのでしょうか。 前後の1月や11月などの通常期と比較したら割高なのでしょうか、その理由は?それらの疑問と年末ならではの引越しの特徴と各種手続きの注意点をまとめて解説をします。

メールと電話のみで成約OK 訪問見積もり無し!
宅配便より安い 爆安75パック 7,500円
レンタカーよりお得 超節約パック 最安10,500円
短時間で引越し 素早くスピーディーな作業 積込開始〜完了まで平均1.5時間
殺菌・害虫・悪臭対策 ウイルス・雑菌を殺菌 ゴキブリ忌避・強力脱臭
お約束 1:必要以外の電話はかけません 2:しつこいセールスいたしません
口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。
引越本部長 × CrowdLoan クラウドローン 低金利の引越しローン 敷金・礼金等の初期費用や家具・家電など多目的に使える!

低価格のひみつ

東京の単身引越しなら業界最安をお約束。 なぜこんなに安い見積もり額を叩き出せるのか?それは"私たちが無名だから"です。 一切のCMや広告を打たず、その分、お客様の引越し費用を抑えます。

さらに"訪問見積もりは致しません"。 これにより営業部隊の人件費・営業車両の購入価格や駐車場代を無くし、格安を維持しています。 その価格は他社と比較すれば一目瞭然。

創業より引越し"ひとすじ" 実績24万件、安心・安全な引越を実現する私たち"引越本部長"を是非、ご指名ください!

通勤・通学の移動中に1分で簡単入力!当社は訪問見積もりナシ!お気軽にどうぞ!
引越本部長 × CrowdLoan クラウドローン 低金利の引越しローン 敷金・礼金等の初期費用や家具・家電など多目的に使える!
目次

12月の引越しの特徴

急な転勤など、仕事の都合でどうしても12月中に引っ越さなければならない、新居の完成がずれ込んだけどようやく完成したので新居で新しい年を迎えたいなど、12月に引っ越す事情は様々です。
まずは12月の引越しの特徴から解説します。

前半と後半で状況が異なる

12月上旬は引越しの閑散期といえます。引越し需要が低く、ほかの時期に比べて料金が安くなりやすいので狙い目ともいえるでしょう。

逆に12月下旬は上旬と状況が異なり、料金が上がりやすくなります。学校の冬休みや企業の休みといった連休が重なり、家族の都合を合わせやすいことで引越し件数が増える傾向にあるためです。 そして、どうせ引っ越すのなら、「引越し作業は年内に終えたい」「新年は新居で迎えたい」と考える人もいるからです。

引越し業者に年末年始の休業がある

大晦日や正月三が日など、引越し業者も年末年始休業に入る場合が多いので、月末は引越し需要が増えるにもかかわらず、業者の営業する稼働日が少ないという12月特有の事情もあります。

そのため、予約する時期が遅いと、希望する日程に引越しが集中し予約できない可能性があるので、日程が決まっているなら1~2カ月前から予約しておくとよいでしょう。 また、年末年始に稼働している業者もいますが、社員やアルバイトの手当てが発生するため、特別料金となる場合が多いことも要チェックです。

道路状況を予想しにくい

雪などの冬場特有の気象により、中~長距離のように移動距離の長い引越しの場合、スケジュール通りに搬送できない可能性があります。

また、帰省ラッシュやUターンラッシュなどの渋滞に巻き込まれやすいため、時間通りに到着できない可能性も考えておく必要があります。 また、近距離の引越しでも車が通れないような積雪の可能性もあります。

12月の引越し料金の相場と
安く抑えるコツ

そんな引越しにはとても向かないような12月であっても、少しでも引越し料金を安くする方法はあります。まずは12月の引越し料金の相場と3月の料金相場を比較してみましょう。

なお、平均相場なので、条件が異なれば料金が大きく変動するので、実際の料金を保証するものではありません。

12月の引越し料金の相場

単身:4万9,698円(3月の料金相場8万3,939円)

2人家族:7万7,597円(3月の料金相場2人家族14万1,885円)

3人家族:8万8,708円(3月の料金相場3人家族15万7,217円)

上記は12月の平均金額で、繁忙期(3月)の相場と比べて約3万5000円~7万円安くなっています。また、12月前半と後半では後半のほうが高くなる傾向にありますが、いずれにしても3月よりはかなり安いことがわかります。

12月の引越し料金を安く抑えるポイント

他の時期に比べて特殊な12月ですが、それでも引越し料金を安く抑えるポイントはあります。

土日祝日や午前中、年末など、人気の時期を避ける

土日祝日や午前中などは、引越しがどうしても集中してしまうので、平日で時間指定をしないケースなら料金が下がりやすい傾向にあります。 また、大安や天赦日など縁起の良いとされる日も根強い人気があるので、気にされない方は他の日の方が安く予約を取れるかもしれません。

さらに、最安値を狙うのなら、午後から作業を始める「午後便」や、時間帯を指定せず引越し業者の都合に合わせる「フリー便」を設定している業者もあり、それらを利用すると料金を安く抑えられる可能性もあります。 荷物が多い引越しでは終了時間が遅くなることもあるので、そのため荷物の少ない方におすすめです。

荷物量を減らす

荷物が多いと使用するトラックが大型化したり、スタッフの人数が多くなったりして引越料金が高くなるので、不用品は市区町村の収集センターなどで早めに処分しておくとよいでしょう。 状態の良い不用品は、リサイクルショップやネットオークション、フリマアプリなどを利用して売ることで、処分と同時にちょっとした小銭が手に入り、一石二鳥となります。

複数の引越し業者から見積もりを取る

業者ごとに忙しさは様々であり、それぞれ独自の料金プランを展開しているため、引越し業者によって料金も異なります。 したがって、複数の引越し業者から見積もりを取ることが必要となります。また、一括見積もりサイトで大体の相場がわかりますので、利用されてみてはどうでしょう。

そんな中で「引越本部長」は、大手と異なり、荷物の少ない短距離引越しにお得なプランを用意していることで、今注目されています。

爆安75プラン

エリアは23区内同士、または隣接する市部へのお引越しで、荷物量はお客様で用意した20箱以内の段ボールのみですが、料金は7,500円という宅配便以下の爆安価格です。 スタッフは1人なので手伝っていただくことで作業がスムーズに進みます。

超節約プラン

荷物量は爆安75プランより多い段ボール約50個相当(容積4.6㎥)の荷物量で、同じくスタッフ一1人で、同一区内、または隣接する区へのお引越しでは爆安75プランより3,000円だけ上乗せの10,500円~で、20Km以内へのお引越しでは11,500円~となり、コストパフォーマンスが非常に高く、多くの単身引越しに対応しています。

標準プラン

荷物量は段ボール約90個相当(容積8.4㎥)~段ボール約120個相当(容積10.5㎥)と家族引越しにも十分対応し、エリアは同一区内、または隣接する区へのお引越し、または隣接する区へのお引越しから、20Km以内へのお引越しまで対応しています。 荷物量に応じてスタッフが2~3人で伺い、料金は13,500円~24,500円となり、家族引越しでありながら、単身引越し並みの非常に格安な料金となっています。

12月の引越し手続きで
注意すべきポイント

ただでさえ大変な引越しに必要な各種手続きも、さらに12月特有の注意点があります。

インフラ事業会社の年末年始休業期間に注意する

電気、水道、ガスなどのインフラ関係の開通手続きは年内に済ませておくことが重要です。

手続きを忘れて各事業会社が年末と年始の休暇に入ると、インフラが使えない期間が発生してしまいます。 同様にエアコンの工事も早めに手配しておくことも必要なので、慌てないように確認をしておきましょう。

年賀状など郵便物の転送手続きを忘れずに行う

役所への住所変更手続きだけでなく、郵便局で郵便物の転送手続きも済ませておきます。特に12月の引越しの場合、年賀状が旧居に届く可能性が高いため、できれば中旬ぐらいまでに転送してもらう手続きをしましょう。

年末調整の手続きは新住所を記入する

12月中に引っ越す場合、住民税の年末調整の書類を提出する際には、新住所を書くよう注意する必要があります。

税金では住民税は翌年1月1日時点の住所がある市区町村に納付するため、引っ越す日程が翌年1月2日以降にずれ込む場合は、前日の1月1日時点の住所である旧住所のままでよいことになっています。

引越そのものよりも
大変な12月の引越し

12月の引越しでは引越しそのものだけでなく、それ以外の手続きや準備が忙しくなりますので、少しでも早くスムーズに行う必要があります。 各機関や役所の営業カレンダーをチェックしておかないと、手続きが年をまたぐことになるので、ものによっては余分な支払いが発生することもあります。

とにかく、全てが20日過ぎたらカウントダウンが始まってしまい、最終週では間に合わないぐらいなので、荷造りよりも優先させるくらいのつもりで行う必要があります。 最も重要なのは旧居の退去に関することで、賃貸物件の場合は早めに連絡を入れて退去日を決め、日割り家賃などの精算をしなければなりません。

さらに、通常の月なら月末最終日を建物の退去期限に出来ますが、12月は年内の管理会社の営業日に間に合わせないといけません。

全体のまとめ

新しい年を新居で迎えるためにバタバタしてしまうのが12月の引越しです。 できれば11月に余裕を持って引越しをしておくか、改めて1月にしたいと思いますが、様々な事情で12月に引っ越す人は非常に多いのです。

そして、急に引越しが決まる率が高いのが12月の特徴でもあります。

そんな時、「引越し本部長」の「しっかり見積もり」を利用すれば、日中忙しく出ていても、夜にゆっくりと見積もりを依頼することができ、格安料金で引っ越すことができるのです。

引越し本部長

\ お急ぎの方は /フリーダイヤル0120-918-808

営業時間:11:00 〜 20:00

かんたん無料WEB自動見積

\ メールで見積なら /

たったの8項目、1分で即回答いたします。1分で即回答いたします。

お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※【hotmail】【gmail】【ヤフーmail】を使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号

HONBUCHO Corp, All Rights Reserved.