引っ越しの見積もり費用相場|料金の内訳や依頼するときのコツは?

引越本部長
引っ越しの見積もり費用相場|料金の内訳や依頼するときのコツは?

人によってその理由は様々ですが、繁忙期には新生活にむけて多くの人が引っ越します。時期によってはあちこちで引っ越し作業を見ることもありますが、それらの引っ越しはいったいいくらかかるのでしょう。

もし、自分で引っ越すとなると最も気になるのがこの引っ越し費用です。その料金はどのように決められ、その内訳がどうなっているかを知ることで、実際に引っ越し会社に依頼する時の注意するべきポイントも知ることができます。

そこで今回は、引っ越しの見積もり費用の相場と料金の内訳や依頼するときのコツを解説します。

目次

引っ越し料金は何で構成されている?

引っ越し業者が設定している料金の基本構成

引っ越し業者が設定している料金は、基準運賃と実費、そして付帯サービス料から構成されています。引っ越し業務を行う全ての運送会社が、この3つの料金を組み合わせて利用者に引っ越し料金として請求します。

通常、見積書を作成してもらうと、これらが詳細に分かれているはずです。しかし、見てもよくわからないのではないでしょうか。 引っ越し会社から見積もりに訪れる営業マンも、あまり細かい説明はしません。
双方とも合計金額の数字のみに目がいってしまいますが、項目の詳細な内容を知っているか知っていないかで、料金が適切かどうか、節約できる部分はどこかを判断することができます。

そこで、概要だけでも覚えてもらいたいと思い以下に説明することにしました。

基準運賃

引っ越し料金の一番のもととなる基準運賃は、一般的に国土交通省が設定した時間制運賃と距離制運賃という2種類の基準によって計算されています。

時間制運賃は、引っ越しにかかる作業時間を基準にした料金の計算方法で、基礎時間の4時間または8時間を超過するごとに追加料金が生じるとされています。つまり、すぐに終わる作業なら安く、時間のかかる作業はその分高い料金となります。

これに対して距離制運賃では、荷物を運搬する移動距離を基準にした料金の計算方法で、基礎距離を超過すると追加料金が生じます。一般の貨物輸送と同様に、近場なら安くすみ、遠くなるほど料金も高くなるのです。

実費

実費は、実際の引っ越しにかかる費用が加算される仕組みとなります。作業員の人件費、トラック代、梱包費用、搬出、搬入費用など実費に該当します。

トラック代、そして搬出、搬入費用などは基準運賃として合計して提示されることが多く、人件費は作業員何名というような提示の仕方になります。

付帯サービス料

割増料金

引っ越し業者が設定している条件によって割増料金が加算される場合があります。繁忙期や土日祝日、そして規定以外の作業開始時間などの対応する日時などによる割増料金です。

オプション料金

引っ越し作業の基本は家財の搬出と移動、そして搬入ですが、それ以外の作業は引っ越し業者が設定しているオプションサービスを利用する場合に料金が発生します。エアコンの移設費用や不用品の処分、家具の組み立て費などが該当します。

引っ越し業者によって見積もり料金が異なる理由

企業規模に差がある

引っ越し業者によって見積もり料金が異なるのには様々な要因がありますが、例えば大手引っ越し業者の場合は費用が高くなりやすいとされています。

大手では安全性の高さやサービス内容の充実度を売りにしているところが多く、対して中小規模の引っ越し業者は、料金が安く設定されているところもありますが、その代わり、サービス内容はシンプルになる傾向があります。 また、大手は多くの車両と人員を閑散期でも自社で常に確保しているので、その維持費は膨大になり、料金に反映させざるを得ないという理由もあります。

料金設定が異なる

では引っ越し料金は引っ越し業者の勝手に決められるのかというとそうではありません。基準運賃の割増や割引が一定まで認められているだけで、実費が引っ越し業者ごとに異なる金額で設定されていることなどで料金に差が付いているのです。

プランが異なる

引っ越し業者によって独自のプランやキャンペーンが展開されていることも、料金に差が出る要因となっています。

キャンペーンによっては、引っ越し料金が通常より安くなることもあり、引っ越し件数が少なくなる閑散期や通常期、平日や午後の時間帯などで車両や作業員を遊ばせないために行われます。

予約状況が異なる

引っ越しをしたい日が混雑具合によって料金が変動することもあります。引っ越し作業のために引っ越し業者では予想される件数にあわせて事前にトラックや作業員を確保する必要があります。

そのため、業者が想定している予約数に満たない日の場合、料金を安く提示する可能性が出てきます。トラックの費用や作業員の人件費は仕事があってもなくても決められたコストがかかるため、値段を下げてでも引っ越しをさせなくてはならないからです。

こちらで選ぶわけにはいきませんが、事前にもし安くなるなら日にちを変更して良い旨伝えて置けば、連絡が来て思わぬ安い料金で引っ越せるかも知れません。

引っ越しの見積もり費用相場

単身引っ越しの場合の料金相場

距離 荷物(少) 荷物(多)
~15km未満(市区町村内) 28,495円 37,958円
~50km未満(都道府県内) 34,004円 40,465円
~200km未満(同一地方内) 43,868円 51,206円
~500km未満(近隣地方) 52,552円 63,510円
500km~(長距離) 54,270円 70,101円
※価格は平均
※参考:価格.com「引越し費用・料金相場」https://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/

家族引っ越しの場合の料金相場

距離 荷物量の目安(2人分) 荷物量の目安(3人分) 荷物量の目安(4人分) 荷物量の目安(5人分)
~15km未満(市区町村内) 64,417円 76,411円 97,508円 114,447円
~50km未満(都道府県内) 67,752円 77,818円 91,837円 103,782円
~200km未満(同一地方内) 75,894円 91,774円 129,584円 145,489円
~500km未満(近隣地方) 109,277円 122,234円 115,847円 164,833円
500km~(長距離) 115,199円 132,491円 146,880円 142,857円
※価格は平均
※参考:価格.com「引越し費用・料金相場」https://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/

引っ越し業者に見積もりを依頼するときのコツ

複数の業者に見積もりを依頼する

見積もりを依頼するときのコツとしては、業者によって引っ越し料金が異なるため、料金を比較することで、自身の状況に応じ、お得なプランを利用できる引っ越し業者が見つかることがあります。 比較する時には、単身の場合、同一区内の引っ越しの場合など、同じ条件で比較します。

そして、その料金の場合の条件の荷物量、移動距離、作業員の人数などを比較します。とにかく安いところか、少し高くても特別なサービスがあるかなど、細かな点にも注目しましょう。

引っ越しの予定日に幅を持たせる

引っ越しの予定日が決まっていない場合、ある程度自由になるのなら、平日や業者指定の日時に合わせて引っ越しができるようにすると、費用が割安になることもあります。

土日や繁忙期、時間指定などを行うと引っ越し料金は高くなりがちですが、「日にちは〇〇〜〇〇の間ならいつでもいいので、安くできる日はありますか?」などと見積もりの際に引っ越し会社の営業マンに聞いたり、電話で問い合わせれば、業者が是非この日の引っ越し件数を値引きしてでも増やしたい、という日を勧めてくれる場合があります。

「引越本部長」の引っ越しプランと対応エリア』

引越本部長の料金プランの特徴

引越本部長の料金プランには「爆安75プラン」「超節約プラン」「標準プラン」があり、それぞれ自分に合ったプランの料金がわかるシステムになっています。

自身でできる作業を行うことにより、相場よりも安く引っ越しできるプランが「爆安75プラン」「超節約プラン」。スタッフに運搬作業を手伝ってもらえるプランが「標準プラン」となります。

また、オプション別の料金設定なので、本当に必要なサービスだけを選べるなど、見積もり前に自分で料金が把握できるのが特徴です。

オプションの例

引っ越し本部長の特徴は豊富な各種オプション料金です。これらを各プランに加えることで、引っ越し費用の全体像がわかります。そして、どの部分が節約できるかを検討する指針にもなります。

例えば作業員1名を追加すると7,500円〜、時間指定では2,000円〜5,000円、階段での4Fへの搬出入は人員追加1名につき追加8,500円〜など、料金が詳しく分かる仕組みです。その他にも、移動距離や横持ち料金など多岐にわたるオプションが用意されています。

※参考:https://honbucho.com/option.html

爆安75プラン

当日までに荷造りが出来る単身の方におすすめのプランです。23区内同士、または隣接する市部へのお引越しで、スタッフは1名となります。

このプランの適用条件としては、ご自分で梱包した段ボール20箱以内のみで、1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドアの運搬。部屋の中の移動などはお客様のお手伝いをお願い致しています。

料金は東京23区内及び近接エリア間で7,500円~となります。荷物は少ないのでとにかく安くしたいという単身者には最適なプランです。

超節約プラン

超節約プラン は、自分でできる作業を手伝うことで、相場よりも安い料金で引越したいと方にピッタリの格安パック・プランです。 スタッフが1名伺い、荷物量は段ボール約50個相当(容積4.6㎥)。1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドアの運搬となります。爆安プランと同じく部屋の中の移動などはお客様の手伝いが必要になります。

料金は東京23区内及び近接エリア間で10,500円~、20Km以内では11,500円~となっています。爆安プランよりも多めの荷物量であっても格安料金で、思ったより荷物が増えてしまった方にお勧めのプランです。

標準プラン

標準的な引っ越しのプランで、引越し用段ボールの荷造りと荷解きは、お客様ご自身で行っていただきますが、大型家具や家電類の荷造りは、引越本部長の専門スタッフが担当します。
荷物量に応じてスタッフ2名~3名が伺い、段ボール約90個~120個相当の荷物が運搬可能となります。大きな家具や電化製品がある方に最適なプランです。 料金は20Km以内で、スタッフ2名・段ボール約90個相当(容積8.4㎥)で14,500円~、スタッフ3名・段ボール約120個相当(容積10.5㎥)24,500円~となります。

ここで荷物量の目安となっている段ボール箱は、高さ・幅・奥行の3辺の和が120センチ以内で、1個当たりの重量が10キロ以内となっています。宅配便の規格と同じ程度と考えてください。

※参考:https://honbucho.com/plan.html

引越本部長の対応エリア

引越本部長の対応エリアは東京都23区内、東京都多摩地区の稲城市、清瀬市、小金井市、小平市、狛江市、調布市、西東京市、東久留米市、東村山市、府中市、三鷹市、武蔵野市。
埼玉県の、朝霞市、川口市、志木市、戸田市、新座市、和光市、蕨市。神奈川県では川崎市高津区、川崎市多摩区、川崎市宮前区となっています。

市町村の境など対応するかどうか判断が付かない場合は直接「引っ越し本部長」にお問い合わせください。

※参考:https://honbucho.com/area.html
引っ越し本部長お問い合わせ専用フリーダイヤル
0120-918-808
HOURS:11:00〜20:00

引っ越しにかかる費用は全体で安くするのもコツ

引っ越しを安くあげるには、最安値の引っ越し業者を見付けるだけではありません。極力荷物量を減らす工夫をしたり、段ボール箱は業者から買うのではなく近くの店でもらってきたりと、引っ越しにかかわる費用を節約することも重要となります。

また、1LDK 程度の広さの一人暮らしなら荷物量も少ないはずですから荷造りも自分で出来るはずです。さらに、新居で使う予定の家電などは引っ越しが終わってから購入するようにすれば、荷物を増やさないで済みます。

このように様々な方法で引っ越し費用全体を抑えることが大切になります。

安くするために忘れてはならない事

引っ越しを行う場合、旧居からの退去の手続きが遅れると、新居と合わせて家賃を両方払うことになって、5万円6万円と余分な出費になって、せっかく安い値段で引っ越しが出来ても台無しになりかねませんので注意しましょう。
また、契約期間内に退去すると違約金を払わなければならないかも知れません。これは駐車場なども同じことです。

退去予定のどのくらい前までに手続きしなくてはならないか、どのような契約になっているかは、契約書で確認するか、直接不動産会社や大家さんに確認しておきましょう。

全体のまとめ

繁忙期の引っ越しは、予約ですぐいっぱいになるからと諦めなくても、平日なら意外と空いています。家族の引っ越しなどは、ご主人が休みの時を利用したいので土日や祝祭日に集中します。

逆に平日は最後まで予定が埋まらない傾向にあります。また、土曜に積み込んだ長距離便が日曜の午前中に降ろし作業を終えることから、午後は比較的人員や車両が開いていることがあるので、時間指定なしのプランは狙い目です。

引っ越し本部長
お問い合わせ専用フリーダイヤル
0120-918-808
HOURS:11:00〜20:00
お電話でお見積もり
フリーダイヤル
0120-918-808
HOURS:11:00〜20:00
かんたん無料WEB自動見積

たったの7項目!1分で即回答!

お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり

荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
ちょっと面倒ですが、大抵の場合さらに安くなります!

閉じる