引越しの初期費用を払えない場合の対処法|ローンを借りるには?

営業時間:11:00〜20:00
0120-918-808
お見積もり

引越しの初期費用を払えない場合の対処法
ローンを借りるには?

引越しで大きなネックになるのが、初期費用の負担です。 一時的に大きな額を支払わなければならないため、お金の事情を理由に引越しをあきらめてしまう方は少なくありません。

しかし、初期費用を分析してみると、費用を抑えるための対策が見えてきます。

こちらでは、費用の問題から引越しを先送りにしている方のために、引越しの初期費用の概要や、費用を削減し少しでも負担を軽減するためのワンポイントアドバイスをご紹介します。

メールと電話のみで成約OK 訪問見積もり無し!
宅配便より安い 爆安75パック 7,500円
レンタカーよりお得 超節約パック 最安10,500円
短時間で引越し 素早くスピーディーな作業 積込開始〜完了まで平均1.5時間
殺菌・害虫・悪臭対策 ウイルス・雑菌を殺菌 ゴキブリ忌避・強力脱臭
お約束 1:必要以外の電話はかけません 2:しつこいセールスいたしません
口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。
低金利の引越しローン 敷金・礼金等の初期費用や家具・家電など多目的に使える!
低価格のひみつ

東京の単身引越しなら業界最安をお約束。 なぜこんなに安い見積もり額を叩き出せるのか?それは"私たちが無名だから"です。 一切のCMや広告を打たず、その分、お客様の引越し費用を抑えます。

さらに"訪問見積もりは致しません"。 これにより営業部隊の人件費・営業車両の購入価格や駐車場代を無くし、格安を維持しています。 その価格は他社と比較すれば一目瞭然。

創業より引越し"ひとすじ" 実績24万件、安心・安全な引越を実現する私たち"引越本部長"を是非、ご指名ください!

通勤・通学の移動中に1分で簡単入力!当社は訪問見積もりナシ!お気軽にどうぞ!

低金利の引越しローン 敷金・礼金等の初期費用や家具・家電など多目的に使える!
目次

引越しにかかる初期費用の種類

引越しの初期費用として、どういったお金がかかるのかを見てみます。まずは、基本的な知識として、引越しにかかる初期費用の種類や内訳をご紹介します。

そもそも引越しにかかる初期費用とは?

そもそも、「引越しにかかる初期費用」とはなんなのでしょうか?

一般的には賃貸住宅を借りるために最初に支払う費用のことです。または、引越し時にかかる費用の総額を指すこともあります。 代表的な例が、賃貸物件の初期費用、引越し費用、家具家電の購入費用などです。

通常は、合計で引越し先の家賃の6カ月分前後がかかると考えられています。

引越しにかかる初期費用の主な種類

引越しにかかる初期費用の主な種類についてご紹介します。

賃貸物件の初期費用

賃貸物件にかかる初期費用は、大家さんや管理会社に支払う費用、不動産会社に支払う費用、保険会社に支払う費用、保証会社に支払う費用に大別されます。

大家さんや管理会社に支払うのは、敷金礼金前家賃日割り家賃鍵交換費用などです。 敷金は退去時に賃貸物件を入居者がいない空室の状態に復帰させるための保証金として、礼金は大家さんへの謝礼金として支払います。

入居時には、契約日に応じた家賃の日割りのほか、前家賃として翌月家賃の支払いが必要です。防犯の観点から、鍵交換も必須となります。

不動産会社に支払う費用として、発生するのが仲介手数料です。仲介手数料は、新たな住まいを紹介してくれた不動産会社に仲介の対価として支払う手数料です。 家賃の1カ月分程度が相場となっています。

賃貸契約では、火災保険への加入が求められます。通常は、契約時に火災保険に加入し、保険料が請求されます。 また、保証人を立てない場合は保証会社を利用することになるため、そのための料金も必要です。

引越し費用

引越し業者を利用する場合は、引越し代金が発生します。

主に、車種によって異なる運賃、実費として発生する人件費・梱包資材費・交通費、付帯サービス料の3要素から構成され、細かな額は引越し業者によって変わってきます。 通常は作業日に支払いますが、後払いに対応している業者もあります。

引越し業者を利用せずに自分で引越しをすることも可能ですが、その場合も費用は発生するため注意が必要です。 代表的な費用として、レンタカー代、ガソリン代、梱包資材代、手伝ってくれた人への謝礼などが挙げられます。

家具家電の購入費用

部屋の間取り、ライフスタイルの変化によって、家具家電の買い替えが必要になることがあります。 古い家電の場合、使い勝手が悪く、劣化が進んでいます。また、基本的に新しいモデルのほうが消費電力が低いため、引越しを機に買い替えたほうが節約につながります。

引越しにかかる初期費用を払えない場合にすべきこと

貯金がない状態で決まった急な引越しなど、上述した引越しの初期費用を払えない場合もあります。 以下では、そんな状況でおすすめの解決策をご紹介します。

初期費用を減らせるよう節約する

ご紹介した初期費用は、工夫しだいで減らすことも可能です。

賃貸物件の初期費用の節約

選ぶ賃貸物件によっては、初期費用を節約できます。

「ゼロゼロ物件」と呼ばれる敷金や礼金が無料の物件や一定期間の家賃が無料になるフリーレント物件、キャンペーンで仲介手数料が無料・割引になる物件、一般的に敷金・礼金がかからず家賃が安いシェアハウス、家賃補助が出る特定優良賃貸住宅などを検討してください。

引越し費用の節約

お金がない場合は引越し費用の節約を考えてみます。 引越し料金は引越し需要の多さによって変わるため、可能であれば料金が高くなる繁忙期(3~4月)のタイミングを避けてください。

また、複数の業者から相見積もりを取って、各社の料金を比較してみるのもおすすめです。他社の見積もりを提示して、値下げ交渉することもできます。 人件費や運賃が抑えられるため、なるべく運ぶ荷物の量を減らすこともコツのひとつです。

家具家電の購入費用の節約

フリマアプリやネットオークションでは、まだ使える家具家電が安価で提供されています。 安く家具家電を揃えたい場合は狙い目です。また、家具家電付きの物件を選べば、新たに購入する必要はありません。

引越しを見直す

引越しについて冷静に見直すことも重要です。初期費用は家賃に応じて高くなります。 家賃が高すぎる場合は、物件を選びなおすのも大切です。 一般的に、無理がなく生活できる家賃の目安は、月々の給料の手取りの25~30%だと考えられています。

「生活費が足りない……」といった苦労を避けるため、基本的には、この家賃未満の物件を見つけてください。

また、引越し先の地方時自治体に引越しの助成金制度がないか確認してください。助成金制度の利用には条件があります。 自分が適用条件に合致する自治体があれば、引越し先として優先的に候補にしてください。

初期費用に必要な金額を借りる

借り入れをするのも選択肢のひとつです。まとまった金額がなくても引越しできますが、金融機関などから借りる場合は金利があるため、利息の分、返済額増えるのが注意点です。

借り入れの代表的な方法がローンです。銀行やカード会社、消費者金融に申し込んで、審査に通ればお金を借りられます。 相談できる場合は、親や親族など、近親者から借りることも検討してください。

クレジットカード払いが認められている場合は、クレジットカードの分割払いやリボ払いを利用することも可能です。 利用枠に不安がある場合は、クレジットカード会社に申請することで一時的に限度額を増やすことも可能です。

ただし、一般的に大家さんや不動産会社は現金の一括払いしか受け付けていません。

引越しにかかる初期費用を払えない場合のローンの基礎知識

引越しの初期費用を工面する方法のひとつがローンです。ローンを利用する場合に知っておいていただきたい基礎知識をご紹介します。

ローンを借りる方法

ローンを利用したい場合は、銀行やクレジットカード会社に必要書類を提出して申し込みます。

銀行に申し込む場合は、フリーローンがおすすめです。使い道は自由なので、引越し以外でも利用できます。 引越し用に作られているローンもあるため、そちらも探してください。

クレジットカード会社でカードローンを借りる方法もあります。一般的に銀行の多目的ローンよりも審査に通りやすい反面、金利は高めです。 最短で即日融資可能な場合があるため、急ぎでお金が必要な場合や、忙しく時間がない場合に適しています。

カードローンも、多目的ローンと同様に使い道は自由な点がメリットです。

ローンで審査される主な項目

ローンを利用するためには、審査を通過する必要があります。ローンで審査対象となる代表的な項目をご紹介します。

年収

返済能力を判断するため、年収は必ず確認されます。収入と借入希望額の比率(返済負担率)が適切でないと判断された場合、審査通過は難しくなります。

他社の債務状況

すでに他社から多額のローンを組んでいる場合、審査の通過は困難です。返済負担率のチェックを行う際は、他社からの借金額も含めて考えます。 金融機関は信用情報機関に照会を行うことで、申し込み者の債務状況を確認します。

信用情報

過去に金融事故などを起こしている場合は、審査において大きなマイナスポイントになります。 債務状況と同じように、信用情報も信用情報機関に照会すること確認可能です。そのため、金融機関は信用情報機関に照会を行います。

具体的には、返済の延滞履歴や、破産の有無のなどが確認されます。 ローンの申し込み履歴も照会され、短期間のうちに頻繁に申し込んでいる場合は、審査に落とされやすくなってしまいます。

これは、お金に困っていて返済能力に支障があると見なされるためです。最近になってローンを頻繁に申し込んでいる場合は、審査に通過しない可能性があります。

引越しの初期費用を払えない人に『引越本部長』がおすすめの理由

引越し初期費用の支払いが難しいと感じている場合は『引越本部長』にご相談ください。

独自の引越しローンを用意している

引越本部長では、引越し費用だけではなく、賃貸物件の初期費用や家具家電の購入費用にも利用できる独自の引越しローンを用意しています。 来店不要でスマホだけで借りることが可能なため、忙しい方にもおすすめです。

現在の希望条件を登録しておくことで、金融機関からローンプランの提案が来ます。 金融機関が先に条件を確認しているため融資の成功確率が高い点が特徴です。 従来のローンは多くの金融機関に申し込みすると履歴が残り、信用毀損のリスクがありますが、『引越本部長』のローンは一度に仮審査を行うため信用情報に傷が残りません。

そもそも引越し費用が安い

初期費用の支払いが難しい状況のお客様に配慮し、引越し費用を抑えています。

コストカットを徹底することで、首都圏の単身者向け引越しで業界最安値を実現しました。 訪問見積もりしない、各種サービスをオプション化、エリアを制限して作業効率を向上、下請け業者を使わない、といった取り組みで、料金を下げています。

お安く引越しが可能な引越本部長のプランをご紹介します。

爆安75パック

爆安75パックは最安7,500円で引越しができます。場合によっては、宅配便よりも安く引越しができるため、お金がない方におすすめです。

荷物量はダンボール20箱以内、引越しエリアは東京23区内および近接エリア間に制限させていただいております。ご利用前に、各種ご利用条件をご確認ください。

超節約パック

超節約パックでは、最安10,500円で引越しサービスを提供します。一人暮らしの方にも利用しやすいプランです。

対象エリアは同一区内、隣接区、または20km以内の引越し先です。また、荷物量はダンボール50箱以内に制限させていただきます。

標準パック

標準パックは最安13,500円でご利用いただける標準的なプランです。

対象は、同一区内、隣接区、および20km以内のお引越しとなります。 お荷物はダンボール90箱以内となりますが、料金の割り増しで最大ダンボール120箱相当のお引越しにも対応可能です。 アパートにお住まいの方だけではなく、マンションにお住いの荷物が多いお客様にも最適なプランとなっています。

初期費用が払えない場合も工夫しだいで引越しは可能

引越しの初期費用に関する知識や、初期費用が払えない場合の対策についてご紹介しました。 初期費用の支払いが難しい場合も、工夫をすれば引越しできるケースがあります。

貯金なしだからといって簡単にあきらめず、引越しプランを見つめなおし、初期費用が抑えられないか検討してみてください。

低金利の引越しローン 敷金・礼金等の初期費用や家具・家電など多目的に使える!

\ お急ぎの方は /フリーダイヤル0120-918-808

営業時間:11:00 〜 20:00

かんたん無料WEB自動見積

\ メールで見積なら /

たったの8項目、1分で即回答いたします。1分で即回答いたします。

お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※【hotmail】【gmail】【ヤフーmail】を使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号

HONBUCHO Corp, All Rights Reserved.