東京都内で単身の引越しをするときのコツ|料金の相場はどれくらい?

営業時間:11:00〜20:00
0120-918-808
お見積もり

東京都内で単身の引越しをするときのコツ
料金の相場はどれくらい?

「どうすれば引越し費用を安く済ませられる?」
「東京都内での引越しだから自分でやるほうが良いの?」
「激安の引越しセンターの利用も考えるけど、実際にどのくらいの費用なのだろうか?

こんな疑問を持つ方が、新生活を始める機会の多い3月~4月には増えてきます。 そこで、引越しをなるべく安く済ませる方法と、実際の料金相場をご紹介します。 最後までご覧になれば、あなたの引越しはいくらかかるのかがわかります。

メールと電話のみで成約OK 訪問見積もり無し!
宅配便より安い 爆安75パック 7,500円
レンタカーよりお得 超節約パック 最安10,500円
短時間で引越し 素早くスピーディーな作業 積込開始〜完了まで平均1.5時間
殺菌・害虫・悪臭対策 ウイルス・雑菌を殺菌 ゴキブリ忌避・強力脱臭
お約束 1:必要以外の電話はかけません 2:しつこいセールスいたしません
口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。
低金利の引越しローン 敷金・礼金等の初期費用や家具・家電など多目的に使える!
低価格のひみつ

東京の単身引越しなら業界最安をお約束。 なぜこんなに安い見積もり額を叩き出せるのか?それは"私たちが無名だから"です。 一切のCMや広告を打たず、その分、お客様の引越し費用を抑えます。

さらに"訪問見積もりは致しません"。 これにより営業部隊の人件費・営業車両の購入価格や駐車場代を無くし、格安を維持しています。 その価格は他社と比較すれば一目瞭然。

創業より引越し"ひとすじ" 実績24万件、安心・安全な引越を実現する私たち"引越本部長"を是非、ご指名ください!

通勤・通学の移動中に1分で簡単入力!当社は訪問見積もりナシ!お気軽にどうぞ!

低金利の引越しローン 敷金・礼金等の初期費用や家具・家電など多目的に使える!
目次

都内で単身引越しをするときのコツ

単身者や近距離専用のプランを利用する

都内に単身で引越しをするときのコツとしては、各引越し会社が設定している単身者や近距離専用のプランを利用する方法があります。 これらの単身者向けや同一区内で引越しする人向けの専用のプランは、ほかのプランと比較すると料金がお得になるケースが多い傾向にあります。 そのため、何よりも安さを重視する一人暮らしの方にはピッタリのプランです。

また、引越し業者によって用意されている料金パックやプランはさまざまです。 たとえば専用のコンテナに荷物を積んで運送するプランでは、決められた大きさのコンテナでまとめて荷物を運ぶため、荷物量も把握しやすく手間も省けるため料金が安いという特徴があります。

ほかには、荷物の量に応じて軽トラックや1トン積のトラックなど、車両の大きさが変わるプランなどもあります。

荷物は少なくまとめる

引越しをするときのコツとしては、事前に不要なものは処分して荷物量を減らしておくということが挙げられます。 方法としては、市町村の大型ゴミの回収に出したり、使用可能なものであればフリマアプリで売ったりするなどがあります。

また、新品の家具や洗濯機や冷蔵庫などの家電は引越し先で購入するか、購入先から引越し当日に新居に届けてもらうように依頼しておくのもおすすめです。 特に大型の家具・家電の引越しでの運搬を少なくすると、引越し費用をさらに抑えられることになるので、見積りまでに要/不要を判断しておきます。

オプションでサービスを選べる業者にする

引越し料金を安くするには、なるべくシンプルなサービスと料金設定の引越し業者を選ぶのも大切です。 すべてを作業員に任せると人員が増えて料金もその分増えます。

たとえば自分で運べるものは運ぶなど、条件に応じたオプションサービスを依頼できる引越し業者を選ぶことが重要です。

都内の単身引越し料金の相場

都内の単身引越し料金の相場【繁忙期】

距離 荷物(少) 荷物(多)
~15km未満(同一市区内) 平均36,573円 平均48,416円
~50km未満(都内) 平均40,458円 平均49,667円

この表からもわかるように、繁忙期における都内の単身引越し料金の相場は3万円台後半から5万円前後です。 都内というエリアに絞った場合、距離による料金差はそれほど大きくありませんが、荷物量による料金差が大きくなっていることがわかります。

引越し費用をなるべく抑えたいならば荷物量はできる限り減らすのが賢い方法です。

都内の単身引越し料金の相場【通常期】

距離 荷物(少) 荷物(多)
~15km未満(同一市区内) 平均30,259円 平均39,061円
~50km未満(都内) 平均35,442円 平均42,359円

繁忙期と比べると、通常期の都内単身引越し料金は5,000円~9,000円ほど安くなる傾向にあります。 繁忙期と同様に移動距離よりも荷物量のほうが料金に与える影響が大きいことが表からわかります。

とはいえ、元の金額が下がっているので、金額差そのものはやや抑えられている傾向にもあります。 そういった意味では、荷物量が多く今以上の不用品処分が難しい場合は通常期が狙い目です。

都内の単身引越しに
おすすめの「引越本部長」

引越本部長」が業界最安クラスの料金を実現できる理由

引越本部長」の特徴は、都内の単身引越しでは業界最安の価格を誇る引越しセンターであることです。

東京23区と埼玉県南部に特化しエリアを限定、作業効率を最大限にまでアップできるため多くの件数をこなせます。 これが、業界最安クラスの価格を実現できる理由のひとつです。

また、引越本部長は余分なサービスを徹底的にカットし、ご提供しているパックは基本的な引越し作業のみとしています。 その分、細かく豊富なオプションをご用意し、お客様が本当に必要だと思うサービスだけを選べるように配慮した結果です。 格安なだけでなく、お客様自身が必要な分だけサービスをカスタマイズし、細かな料金が明示されていることでお客様が安心して引越し作業を任せられるシステムとなっています。

ほかにも引越本部長は自社スタッフのみで構成されている点も特徴です。 下請けがいないことで余分なコストをカットした文を、格安価格としてお客様にご提供しています。

引越本部長の料金プラン

引越本部長には「爆安75プラン」「超節約プラン」「標準プラン」という3つの基本プランがあり、ご自分の荷物量に応じて選ぶことが可能になっています。

また、これらの基本プランにプラスしてさまざまなオプションプランから必要なものを基本プランに加えることで、引越し料金が自分で見積もることも可能になっています。 例えばマンションなどで、階段で5階まで上がらなければいけない場合、車から玄関まで距離がある場合、または大型サイズの家具や冷蔵庫などがあり、作業員を1人増やしてもらいたい場合などです。

ほかにも引越しに伴うエアコン移設工事の費用も、引越本部長が格安でお引き受けできます。 エアコン移設工事の基本料金は「取り外し工事:5,000円」「取付工事:7,000円」ですので、お気軽にお申し付けください。

次から、実際に各プランの内容と料金をご紹介します。

「爆安75プラン」 料金:7,500円

当日までに荷造りができる単身の方におすすめのプランです。23区内同士、または隣接する市部へのお引越しで、スタッフは1名となります。

このプランの適用条件はとしては、ご自分で用意した高さ・幅・奥行の3辺の和が120センチ以内で、1個当たりの重量が10キロ以内のダンボール20箱以内のみ。 かつ、1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドアの運搬になります。

東京23区内及び定めた近接地区間の引越しで、部屋の中の移動などはお客様のお手伝いをお願いします。

「超節約プラン」 料金:10,500円~

自分でできる作業を手伝う代わりに、相場よりも安い料金で引越ししたいという方に、ピッタリのお安いパック・プランです。

料金としては同一区内または隣接する区へのお引越しであれば10,500円~、20km以内のお引越しであれば11,500円~となっています。

スタッフが1名伺い、荷物量はダンボール約50個相当(容積4.6㎥)となります。 条件は、ご自分で用意した高さ・幅・奥行の3辺の和が120センチ以内で、1個当たりの重量が10キロ以内のダンボール20箱以内のみで、1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドアの運搬です。

東京23区内及び20Km以内に限られ、部屋の中の移動などはお客様のお手伝いをお願いします。

「標準プラン」 料金:14,500円~

引越し用ダンボールの荷造りと荷解きは、お客様ご自身で行っていただきますが、大型家具や家電類の荷造りは、引越本部長の専門スタッフが担当します。 料金と条件は以下です。

・スタッフ2名、ダンボール90個相当(容積8.4立方メートル)なら14,500円~
・スタッフ3名、ダンボール120個相当(容積10.5立方メートル)なら24,500円~

標準プランではスタッフ2名~3名が伺い、ダンボール約90個~120個相当の荷物が運搬可能となります。距離は20Km以内で、大きな家具や電化製品がある方に最適なプランです。

上記のプランは平日の基本料金ですので、積み地や降ろし地、またはお客様の希望などで必要なオプションを加えることになります。 また、繁忙期には特別料金となるために事前に問い合わせる必要があります。

「引越本部長」で都内の引越しを見積もる際のポイント

最適な見積もり方法を選ぶ

引越本部長」の見積もり依頼方法は、かんたん無料WEB自動見積、電話、そしてしっかり見積もりから選べます。

かんたん無料WEB自動見積りでは、用意された項目に入力するだけで具体的な金額を把握できます。 また、お急ぎの場合はフリーダイヤルで対応してくれます。 そうすれば、荷物量や移動距離などを伝えることで見積もりができます。

ダンボール箱の個数で荷物量を判断する

単身の引越しでは、荷物が少ないために荷物の把握が実は難しい場合があります。 プロなら一目で荷物量を推測できますが、一般の方には実際のトラックの大きさが推測できないことで判断がつかないことも多いようです。

そこで、引越本部長のプランのようにダンボール箱で荷物量を計ることをおススメします。 実際にいくつか梱包してみて、あとどの程度、最大でいくつのダンボール箱が必要になるのかがわかりやすくなるので、是非実践してみてください。

都内の単身引越しで気になる疑問

引越し後の近所へのあいさつ回りは必要?

引越し後のあいさつ回りは新生活スタート後のご近所付き合いを円滑にする、周辺の雰囲気を掴むといった意味合いからしておくと望ましいものです。 とはいえ、近年は「必ずしなくてはいけないもの」という考えは薄れてきているのも事実です。

実際に、都内の単身引越しの場合は近所へのあいさつ回りをしないのが一般的になりつつあります。 また、女性の一人暮らしの場合は防犯上の理由からあいさつ回りを避けたほうが良いという考え方が主流です。

ただし例外として、新居の大家さんが近所に住んでいる場合はあいさつをしておくほうが無難です。 あいさつ回りをする際に手土産を相手に渡す場合、高価な品は控えるようにしましょう。 そもそも、相手がどのような嗜好を持っているかわかりませんし高すぎるものは逆に負担を感じさせる可能性があります。

そういったことから、あいさつ回りの手土産には気軽に食べられるお菓子や消耗品であるタオルなど無難で安価なものがベターです。

引越し中に選挙があった場合は投票できる?

タイミングによっては旧居または新居の地域で選挙が行われていることもあります。 かなり稀なケースなだけに、投票できるのかどうか疑問に思われる方も多いはずです。

誰でも成人であれば選挙権を持ちますが、選挙人名簿に登録されるのは「同じ住所に3ヶ月以上住んでから」となります。 そのため、住み始めてから3ヶ月経過していない場合は、旧住所で投票するケースがほとんどです。 細かく選挙別で見ていくと、国政選挙に関しては旧住所にて投票することになります。 これは国という大きな枠組みでの選挙であり、日本人として選挙人名簿に登録されているからです。

地方選挙の場合は、引越し先が同じ都道府県内であればそのまま知事選・都道府県会議員選の投票が可能です。 異なる都道府県へお引越しされた場合は複雑で、3ヶ月以上経過していない場合は新住所・旧住所ともに投票ができない形になります。 市区町村長・市区町村議会議員選挙も同様で、該当地域に3ヶ月以上住んでいないため、選挙人名簿に登録されていないことが理由となります。

都内近郊エリアの引越しなら業界最安値の「引越本部長」!

東京都内というエリアに限定した場合、自分で引越しするよりも作業に慣れたプロに任せてしまったほうが時間も費用もかからず楽に進められます。 繁忙期を避け、荷物を少なくまとめて、単身者・近距離専用プランを活用すれば思っていたよりも安く済むことも少なくありません。

さらに、「引越本部長」のようなエリアを限定して格安プランを提供している引越し業者であれば、レンタカーを借りて自力引越しするよりも格段に安く済ませられます。 また、「引越本部長」ならば必要なサービスだけを選んでカスタマイズできるので料金だけでなく、クオリティ面でも満足いただけるはずです。

まずは一度「引越本部長」のサイトをご覧ください。きっとあなたの予算と都合に最大限に近いプランが見つかります。

引越本部長

\ お急ぎの方は /フリーダイヤル0120-918-808

営業時間:11:00 〜 20:00

かんたん無料WEB自動見積

\ メールで見積なら /

たったの8項目、1分で即回答いたします。1分で即回答いたします。

お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※【hotmail】【gmail】【ヤフーmail】を使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号

HONBUCHO Corp, All Rights Reserved.