小さな引越しのメリットと注意点、実現のポイント、おすすめの業者

営業時間:11:30〜20:30
0120-918-808
お見積もり

小さな引越しのメリットと注意点、実現のポイント、おすすめの業者

引越本部長の成田 連です。引越し作業員歴4年、見積もりや配車などの引越し営業事務歴3年。僕自身も引越し魔です。色々な土地に住むのが楽しすぎて、なんと現在までに10回以上、引越しをしています(笑)。

引越本部長の部門管理者として、かつ引越しの1ユーザーとして【これから引越しを予定される方へ、少しでもタメになる記事】を書こうと思います!

※ こういうテーマで書いて欲しい~というネタがありましたら、ぜひ引越本部長のお問い合わせフォームにて、教えてくださいね。お待ちしております!

小さな引越しとは荷物量が少ない引越しのことで、単身赴任の社会人や学生の新生活などに多い引越しの形です。

「荷物が少なくても引越し業者に頼める?」
「小さな引越しで安く抑えるコツは?」
「小さな引越しで注意すべき点はある?」

今回は、小さな引越しのメリットや注意点、小さな引越しを理想的に行うためのポイント、首都圏エリアで小さな引越しをするのにおすすめの業者についてご紹介します。

宅配便より安い 爆安75パック 7,500円
レンタカーよりお得 超節約パック 最安10,500円
単身引越し東京最安 標準プラン 平均15,500円
メールと電話のみで成約OK 訪問見積もり無し!
ゴキブリ・悪臭・雑菌対策 期間限定 特価2,600円
引越し代は借りられます! 敷金・礼金・家具・家電
目次
  • 無料WEB自動見積り

小さな引越しを行うメリット・注意点

小さな引越しでは荷物量が少ないため料金が安くなりやすいなどのメリットがあります。逆に通常プランよりも条件が厳しくなるケースもあるため注意が必要です。

小さな引越しを行う際に覚えておきたいメリットと注意点をまとめていきます。

メリット

荷物量の少ない小さな引越しでは以下のようなメリットがあります。

引越し料金を安く抑えやすい

引越しは荷物量が少ないと料金を安く抑えやすくなります。使用する車両のサイズが小さくり、作業時間の短縮や配置する作業スタッフの人数も減るためです。

また、不用な荷物を売却できれば、引越しや新生活費用に充てることもできます。たとえば、不用品が新古品やプレミアのついている物であるならば、フリマアプリやネットオークションに出品してみてください。 ただし、フリマなどへ出品する場合、やり取りに時間がかかることもあるため、スピーディーに売却したいのであれば買取業者などに買取を依頼するのも良い方法です。

荷造りや荷解き作業が楽になる

荷物が少ないため荷造りや荷解き作業が楽になるのも小さな引越しのメリットです。

引越しにおいて荷造り・荷解きは大きな手間となります。荷物が多ければ多いほど作業時間も必要になるため、仕事で忙しい方には面倒な作業となります。

しかし小さな引越しであれば荷物も少なく、荷造り・荷解き作業にそれほど時間を取られません。また、ダンボールやその他梱包材もたくさん用意する必要がないため、費用を抑えられます。

好きなタイミングで引越ししやすい

小さな引越しは好きなタイミングで引越しをしやすい点がメリットとなります。引越し業者で予約が取れなかったとしても、荷物が少なくレンタカーによる自力引越しや宅配便を利用した引越しが可能であるためです。

また、荷物が少ないため荷造り作業の時間もそれほどかかりません。そのため、自分のペースで引越し準備を進められます。

新居を広く使える

新居を広く使えるのも小さな引越しのメリットです。荷物量が少ないため、引越先のお部屋を物で圧迫させないためです。

たとえば荷物が多い場合、荷解き後に整理整頓したとしても新居は狭く感じてしまうかも。しかし荷物が少なければ圧迫感を感じることはありません。

さらに新居を広く使うためには、インテリアのレイアウトを工夫したり、不用品をなるべく処分したりするのがおすすめです。

注意点

小さな引越しを行う際には以下のようなことに注意してください。

通常プランより条件の厳しいサービスが多い

小さな引越しに適したサービスを利用する場合、通常の料金プランよりも厳しい条件が設定されているケースが多いため注意が必要です。 小さな引越しを想定したプランは料金が安く設定されています。通常プランよりも料金を安く抑えるため条件が厳しくなる傾向にあるのです。

たとえば、荷物量や移動距離、派遣される作業スタッフ人数、時間指定の有無など制限される事例も少なくありません。

このような制限があると、予定していた荷物を運びきれなかったり、希望の時間に引越しできなかったりとする可能性があります。事前に依頼する引越し業者のホームページや担当者に依頼条件を確認してください。

自分で運ぶ場合はかえって料金が高くなる可能性がある

小さな引越しを自力で行う場合、逆に引越し費用が高くなる場合もあります。レンタカー代などの費用が意外とかかってしまうためです。

たとえば、荷物が極端に少なくてベッドなど大型家具がなく、ダンボール箱5箱~10箱程度であれば宅配便を利用したほうが安くなる可能性があります。 自力で行う場合、レンタカー代やガソリン代、手伝ってくれた知り合いへの謝礼などが必要です。荷物が極端に少ないにも関わらず、数万円かかる可能性があるわけです。

自力で小さい引越しを行うかどうかは引越し業者が提供するプランの料金や宅配便の料金と、レンタカー代などの料金を比較して決めてください。

必ず見積もりを取る必要がある

各引越し業者で提供している小さな引越しプランでは見積もりが必要であることがほとんどです。これは荷物量など依頼者の引越し条件により料金が異なるためです。

引越し業者の見積もりでは荷物量だけでなく移動距離、希望日時などを担当者が確認して料金を提示します。たとえば、専用BOXがどれくらい必要かなどをチェックしているわけです。 小さな引越しプランではBOXの数によって料金が大きく変動しますので重要なポイントとなるのです。

小さな引越しを実現するポイント

小さな引越しをなるべくリーズナブル・安全・スムーズに行うために覚えておきたいポイントをご紹介します。

業者選びにこだわる

荷物量が少ないのであれば、小さな引越しに適したプランを提供している業者を選ぶようにしてください。少ない荷物を運ぶ場合、通常の引越しプランでは料金が割高になってしまうためです。

以下で、引越し業者・軽貨物運送業者・宅配便など小さな引越しに適したプランを提供している業者について解説していきます。

引越し業者

引越し業者は荷物の少ない方に向けた引越しプランを提供していることが多いです。たとえば、単身パック・単身プラン・ミニ引越しなどがあります。

単身パック: 単身パックでは1台のトラックで複数の依頼者の荷物を同時に運ぶ混載便を採用することで、コストカットを行っています。 人件費やガソリン代などが抑えられるため引越し料金も安くなります。 単身パックでは専用ボックスやコンテナに入る荷物量のみが依頼可能であり、大きな家具や家電は運べないケースが少なくありません。 そのため、荷物量が少なく大型の荷物もない一人暮らしの学生や単身赴任の社会人などにおすすめです。

単身プラン: 単身プランは依頼者の荷物量に合わせてトラックのサイズを選べる単身者向けサービスです。 荷物量がすくなければ小さな車両を選べるため、引越し料金を抑えられます。また、単身パックと比べて運べる荷物量を調整しやすいため、大型の荷物であっても運んでもらいやすいのが特徴です。

ミニ引越し: ミニ引越しは荷物量とともに移動距離を限定して引越し料金を安く抑えられるプランです。 たとえば、荷物量が少なくて近距離への引越しを計画している場合におすすめです。 引越し業者によっては大型家具や大型家電のみ輸送するプランを提供しているため、細かい荷物は宅配便等で別途運搬してからミニ引越しを利用する、という方法も可能です。

軽貨物運送業者

軽貨物運送業者は専門的な引越し業者よりも価格がリーズナブルであるため、小さな引越しをするならば検討の余地がある業者です。

軽貨物運送業者は個人事業主でスタッフが基本1人であり、使用している車両も軽トラックなど小さいサイズであることがほとんどです。 そのため、人件費やガソリン代などのコストがかからず、引越し料金が安くなる傾向にあります。

しかし、軽貨物運送業者はスタッフが少ないため依頼者が荷物の運搬を手伝うことがほとんどです。 また、車両サイズも小さいため荷物量が多かったり大型の家具・家電があったりする場合は運べない可能性があります。 どうしても運搬したい場合は往復することとなり、料金が割増になることがあるため注意してください。

宅配便

荷物が少ない引越しであれば宅配便も料金を抑えられる方法です。大型家具・家電がなく、荷物量がダンボール箱10箱以内程度であれば引越し業者に依頼するよりも安く収まる可能性があります。

ただし、宅配業者では配送できるダンボールの大きさ・重さが制限されています。大きすぎたり重すぎたりするダンボール箱は配送を断られてしまうため注意してください。

レンタカーを活用する

荷物量が少ない場合は引越し業者に依頼せず、レンタカーを利用して自力で引越しすることもできます。

自力引越しを行う場合は軽トラなどをレンタルし、知人に手伝いを依頼して荷物を運搬します。 プロのスタッフに依頼しないため人件費などを安く抑えられ、引越しも好きなタイミングで行えるのがメリットです。

ただし、レンタカー代やガソリン代、梱包資材代や知人への謝礼などといった費用がかかります。 また、プロのスタッフが作業をするわけではないため、思ったよりも引越しに時間がかかる可能性もあります。 さらに、荷物の落下による破損や建物の共有スペースに傷をつけてしまった場合などは、自分で対応しなければいけません。車の運転も自分で行うため、事故にも注意が必要です。

時間に余裕を持って引越し準備を始める

引越し専門業者、軽貨物運送業者、レンタカーでの自力引越しいずれの場合でも時間に余裕を持って準備を進めることが大切です。

たとえば引越し業者に依頼している場合、引越し当日までに梱包が済んでいなければ運搬作業が遅れてしまいます。 かかった時間の分だけ追加費用を請求される可能性があるので注意してください。もちろん自力引越しであっても事前準備は大切です。準備が遅れればレンタカーを借りる時間も長くなるため費用が増加していくためです。

また、焦って荷造りしてしまうと荷解きする時に、「大切な荷物をどのダンボールに入れたか忘れてしまった…」「荷物がぐちゃぐちゃで片付けが滞る」といった事態を避けられます。ぜひ余裕を持って引越し準備を進めてください。

  • 通勤・通学の移動中に1分で簡単入力!
  • 1分で簡単入力!
  • 無料WEB自動見積り
東京都内で単身の引越しをするときのコツ|料金の相場はどれくらい? 引越しはいつまでに連絡すればいい?タイミングと退去の流れを解説 転居にかかる費用の種類|引越し料金を安く抑えるコツとは? 全ての記事を見る

小さな引越しにふさわしい「引越本部長」のサービス

首都圏エリアで荷物の少ない小さな引越しを行うならば引越本部長がおすすめです。なぜ『引越本部長』にすべきなのか、その理由をご紹介します。

『引越本部長』とは?

引越本部長は東京都を中心にした首都圏で単身引越しを提供している引越し業者です。

引越本部長の特徴は「リーズナブルな引越し料金」にあります。たとえば『爆安75プラン』は定額7,500円で利用でき、宅配便を利用した引越しよりも安くなる場合があります。 かなり安く小さな引越しに向いているプランですが、適用には条件があるので必ず確認してください。

「爆安75プラン」適用条件

・荷物量はダンボール20箱以内
・引越エリアは東京23区内・近接エリア間運搬のみ
・1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドア運搬
・依頼者の手伝いが必要

超節約プラン』も小さな引越しに向いているプランです。1万500円から利用できてプロのスタッフが作業をお手伝いします。 レンタカーによる自力引越しよりも安く抑えられる可能性がありますし、何より素人の作業ではないためスムーズに引越しを進めることが可能です。超節約プランにも適用条件があるので必ず確認してください。

「超節約プラン」適用条件

・ダンボール50個相当、同一区内・隣接区であれば10,500円から
・ダンボール50個相当、20km以内であれば11,500円から
・ドア・ツー・ドア運搬で依頼者の手伝いが必要
・平日であること

標準プラン』は引越本部長でも人気の高いプランで、リーズナブルながら通常の荷物量の引越しまで対応することが可能です。 ダンボール90箱相当であれば1万3,500円から、120箱相当なら2万4,500円から利用でき、多少荷物が多くても余裕を持って引越しできるのが魅力です。 標準プランにも適用条件があるため必ず確認してください。

「標準プラン」の適用条件

・ダンボール90箱相当で同一区内、隣接区であれば13,500円~
・ダンボール90箱相当で20km以内であれば14,500円~
・ダンボール120箱相当で20km以内であれば24,500円~
・平日であること
・低層階から低層階への引越しであること

引越本部長は面倒な訪問見積もりなしで、すぐ依頼できる

引越本部長では面倒な訪問見積もりがありません。メールと電話のみで見積もりできてすぐに引越しを依頼できます。

引越本部長のホームページにある専用フォームからたった8項目のみを入力するだけですぐに見積り金額が提示されます。 入力内容は利用したいプランや引越し希望日などです。専用フォームから入力するだけなので、荷物が少なくて、すぐに引越しをしたいとお考えの方にとっては便利なサービスです。

また、引越本部長では見積もり後にしつこいセールスを行ったり、勧誘の電話をしたりといった迷惑行為を行っていません。気軽に見積を取れるため、引越しを検討している方にとって引越本部長は安心できる業者です。

小さな引越しでは業者選びが何よりも大切です

小さな引越しは荷物が少なく、通常の引越しよりも費用を安く抑えられます。荷造り・荷解き作業も楽に行え、新居も広く使えるため快適な引越しができます。

ただし、引越し業者が提供している小さな引越し向けのプランは条件が厳しいことも多く、必ず見積もりを取る必要もあるため業者を選ぶ際にはやや面倒臭さを感じてしまいます。 また、自力にて引越しする場合はかえって引越し費用が高くつくこともあるので注意が必要です。

引越本部長』は首都圏エリア最安クラスの引越し業者です。爆安75プランを始め、小さな引越しになりやすい単身者に向いているプランが複数あるためぜひ検討してみてください。

低金利の引越しローン 敷金・礼金等の初期費用や家具・家電など多目的に使える!
東京都内で単身の引越しをするときのコツ|料金の相場はどれくらい? 引越しはいつまでに連絡すればいい?タイミングと退去の流れを解説 転居にかかる費用の種類|引越し料金を安く抑えるコツとは? 全ての記事を見る

\ お急ぎの方は /フリーダイヤル0120-918-808

営業時間:11:30 〜 20:30

かんたん無料WEB自動見積

\ メールで見積なら /

たったの8項目、1分で即回答いたします。1分で即回答いたします

お引越しタイプ
『爆安プラン』の方は
電話にて承りますフリーダイヤル0120-918-808

営業時間:11:30 〜 20:30

現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※【hotmail】【gmail】【ヤフーmail】を使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号 ※ハイフン不要。半角数字のみご記入ください。


ゴキブリ・悪臭・雑菌対策 期間限定 特価2,600円
引越し代は借りられます! 敷金・礼金・家具・家電
短時間で引越し 素早くスピーディーな作業 積込開始〜完了まで平均1.5時間

HONBUCHO Corp, All Rights Reserved.