引っ越しで冷蔵庫だけ業者に運んでもらうメリットと、必要な準備は?

引越本部長
引っ越しで冷蔵庫だけ業者に運んでもらうメリットと、必要な準備は?

単身者など荷物量量の少ない引っ越しの場合、ほとんどは自分で運ぶことが出来ても、最後に残る冷蔵庫はどうしても自分では運べないことがあります。 小型の小さいものならともかく、2ドアや3ドアの冷蔵庫など容量の大きいものとなると運ぶのが大変なだけではなく、高さのない乗用車では積むことが出来ません。 家族の引っ越しとなれば大型冷蔵庫があるかもしれません。

そこで、冷蔵庫だけをを業者に運んでもらうとなるとその具体的なメリットはどんなものがあるのでしょうか?そして何か準備する必要はあるのでしょうか?

目次

冷蔵庫だけを業者に運んでもらうメリット

冷蔵庫だけを業者に運んでもらうメリットと、自力で運搬する場合のデメリットを見てみましょう。

引っ越し料金を安く抑えられる

料金や相場は、時期や地域、配送距離によって差があるため、見積もりを取る必要がありますが、運ぶ荷物を冷蔵庫だけにすることで、基本的には金額を抑えることができます。

また、冷蔵庫以外で自力の運搬が難しい洗濯機などもあわせて運搬してもらうとより楽になるので、これも検討してみた方が良いのですが、費用が余分にかかる場合もあるので注意しましょう。

自力での運搬はデメリットが多い

自分で軽トラックを借りたとしても、冷蔵庫は重くて大きく、しかもモーターなどの機械部分があってバランスが偏っている構造の為、よほど小さいサイズのものでない限りは1人では運べません。 最低でもあと一人協力者が必要になります。また、引っ越しに不慣れな場合、冷蔵庫を壊したり、住宅を破損したりするおそれがあるので簡単ではなく、養生をしたりと注意が必要です。

さらに、冷蔵庫は横向きで運ぶと故障の原因となる可能性があるので、軽トラック以上のトラックを借りなければならず、レンタカーの料金や、協力者への謝礼も発生することを考えると、業者に頼むのと比較して、リスクの割には自分で運んでも安くならない場合が多く、おすすめできません。

冷蔵庫だけ運んでもらう業者を探す方法

タンスなどの家具や冷蔵庫だけなど、単品だけの運送を受けてくれる業者もあります。次に、それらの業者のことを調べてみましょう。

専用プランを表示している引っ越し業者に相談する

冷蔵庫などの大型家具・家電だけを運んでくれる引っ越し業者も多くあり、運搬から建物への搬入、そして設置作業まで行ってくれる業者もあります。 また、そのような専用プランのない引っ越し業者でも、大抵の場合は対応できるので、まずは問い合わせてみることが必要です。

引っ越し業者以外の業者に頼む

宅配業者も運搬は可能です。ただし、梱包作業が必要な場合があったり、荷物の重量やサイズに制限があったり、さらには通常の宅配便とは料金体系が異なるので、事前に確認することが必要です。 また、繁忙期には対応できなかったり、混載便になる場合もあります。

また、便利屋さんにに頼むこともできます。しかし、引っ越しの専門家ではないため、冷蔵庫や新居が破損した場合の保証がない場合が多かったり、遠距離などの運搬方法に対応していないケースもあります。

冷蔵庫を引っ越しで運ぶときの事前準備

実際に冷蔵庫を運ぶ時、事前にやっておく事や注意点にはどんなものがあるのでしょうか。これは、自分で運ぶ時も業者に依頼する場合も同じ事になりますので覚えておきましょう。

食材の購入や消費に関する計画を立てる

まず、冷蔵庫を運び出すまでに、冷蔵保存が必要な食材をすべて使いきっておくことが理想的です。 電源を抜く前までに食材を使いきれるように、引っ越しの1週間くらい前から計画を立てて、食材の購入する量を前もって調節するようにします。

そして、使いきれなかった食材はクーラーボックスに入れて保管して運ぶか、宅配業者のクール便などを利用して新居に郵送することになります。また、場合によっては処分することも考えるべきでしょう。

引っ越しの2日前から冷蔵庫の電源を抜く

冷蔵庫の霜取りや水抜き、清掃などを行うために電源を抜く必要があります。 これは、起こりや霜が溶けて水になり、近距離で移動距離が短くても運んでいる最中に他の荷物を濡らしたり、本体の故障にもつながるのを防ぐためです。

また、季節によったり、状況によっては時間がかかるので、引っ越しの2日前には電源を抜いておくのがコツです。

冷蔵庫の霜取りと水抜きを行う

冷蔵庫内の霜を溶かし、溶けた水を捨てる作業が必要です。一般的な手順としては冷蔵庫の電源を抜いておきます。 そして、溶けた霜が冷蔵庫内の蒸発皿に溜まるまで放置し、蒸発皿に溜まった水を捨てます。 また、電源を抜くときに、製氷機内の氷や給水タンクの水も捨てておくことも忘れずに行いましょう。

冷蔵庫のメーカーや機種によっては方法が異なるため、蒸発皿の場所や抜き方ががわからない場合は、作業を行う前に取扱説明書をチェックしたり、メーカーのサイトなどで調べておきましょう。

冷蔵庫内を清掃する

冷蔵庫の電源を抜いて空の状態にした後、掃除を行うことも大切です。 冷蔵庫内の汚れを拭き取るには、エタノールや漂白剤を使用して消毒・消臭などを行い、常温状態で匂いが発生するのを防ぎ、隅々まできれいにしておくことで、新居に引っ越した後も気持ちよく使用できるます。

また、不要な食材や調味料は処分し、引っ越し前のごみの日までに食材の整理をしておくと処分がしやすいでしょう。

洗濯機を運搬する場合も事前準備を行う

洗濯機の運搬を頼む場合にも、前日に水抜きをしておきます。 一般的な手順としては、洗濯機の内部を空にするために、給水栓を閉じて洗濯コースか洗浄コースを起動し、30秒ほど動かしたら電源を切り、給水ホースを外しホース内の水を抜きます。 そして、脱水コースを起動し、終了したら、洗濯槽内の水分を拭き取った上で、最後に排水ホースを抜き、ホース内の水を抜きます。

ただし、洗濯機のメーカーや機種によっては方法が異なるので、作業を行う前に取扱説明書をチェックすることが必要です。

冷蔵庫も運んでもらえる「引越本部長」の料金プラン

単身引っ越しを相場より圧倒的な格安料金で提供する、「引越本部長」の料金体系とそのプランをご紹介しましょう。もちろん冷蔵庫単品でも可能です。

引越本部長の料金プランの特徴

料金プランは「爆安75プラン」「超節約プラン」「標準プラン」の3種類があり、それぞれの事情に合わせて選ぶことが出来ます。 そのうち「超節約プラン」と「標準プラン」は、冷蔵庫だけでなく洗濯機を始め、ほかの荷物を一緒に運んでもも料金は変わりません。
ただし、運搬する階や日時、距離によってはオプション料金が発生する場合がありますので、問い合わせで確認してください。

「超節約プラン」10,500円~

このプランでは、ダンボール50箱分程度の容積が目安で、単身用家電製品とダンボール40箱分の荷物量にほぼ等しい容量まで積み込むことが出来ます。作業員1名で伺うので、お手伝いしていただくこ都が条件となります。

「標準プラン」13,500円~

ダンボール90箱分相当の容積が目安で、家電製品とダンボール60箱分の荷物量にほぼ等しい荷物の引っ越しが可能となります。 また、作業員が2名が伺いますので、大きな冷蔵庫もまかせれられるので安心です。そのかわりダンボールなどは室内での移動などのお手伝いをお願いしています。

※参考:https://honbucho.com/plan.html

全体のまとめ

生活する上で、なくてはならない家電製品の冷蔵庫や洗濯機を持ってない人は少ないと思います。でも、いざ引っ越すとなると、この二つが大きなネックとなってしまいます。 これさえなければダンボールと衣装ケースぐらいしかなくて、簡単に引っ越せるのにと思うのではないでしょうか。

無理して移動すれば部屋の壁やドア、そして階段など共用部分も傷付けかねません。そんな時のために「引っ越し本部長」のような最安値の業者があるのです。 自分にとって一番メリットがあるのはどの方法なのか良く考えてみましょう。

引っ越し本部長
お電話でお見積もり
フリーダイヤル
0120-918-808
HOURS:11:00〜20:00
かんたん無料WEB自動見積

たったの7項目!1分で即回答!

お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり

荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
ちょっと面倒ですが、大抵の場合さらに安くなります!

閉じる