東京の引越し費用の見積もり相場と、単身におすすめの引越し業者

営業時間:11:00〜20:00
0120-918-808
お見積もり

東京の引越し費用の見積もり相場と、
単身におすすめの引越し業者

引越本部長の成田 連です。引越し作業員歴4年、見積もりや配車などの引越し営業事務歴3年。 僕自身も引越し魔です。色々な土地に住むのが楽しすぎて、なんと現在までに10回以上、引越しをしています(笑)。 引越本部長の部門管理者として、かつ引越しの1ユーザーとして、【これから引越しを予定される方へ、少しでもタメになる記事】を書こうと思います!

このページでは、東京の引越し費用の見積もり相場と、単身におすすめの引越し業者について、ご説明しますね! 東京の引越しでは、まず費用の見積もり相場をしっかり確認することがおすすめです。

実は引越し料金は時期によってまったく違い、単身者の場合でも数万円変わってくるケースがあります。また、利用するサービスや業者によっても便利さや料金が大きく異なるため、慎重に選んでください。 今回は、通常期と繁忙期における東京の引越し費用の見積もり相場、費用を安く抑えるコツ、東京エリアでの単身引越しにおすすめのお得な引越し業者をご紹介します。

メールと電話のみで成約OK 訪問見積もり無し!
宅配便より安い 爆安75パック 7,500円
レンタカーよりお得 超節約パック 最安10,500円
短時間で引越し 素早くスピーディーな作業 積込開始〜完了まで平均1.5時間
殺菌・害虫・悪臭対策 ウイルス・雑菌を殺菌 ゴキブリ忌避・強力脱臭
お約束 1:必要以外の電話はかけません 2:しつこいセールスいたしません
口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。
低金利の引越しローン 敷金・礼金等の初期費用や家具・家電など多目的に使える!
低価格のひみつ

東京の単身引越しなら業界最安をお約束。 なぜこんなに安い見積もり額を叩き出せるのか?それは"私たちが無名だから"です。 一切のCMや広告を打たず、その分、お客様の引越し費用を抑えます。

さらに"訪問見積もりは致しません"。 これにより営業部隊の人件費・営業車両の購入価格や駐車場代を無くし、格安を維持しています。 その価格は他社と比較すれば一目瞭然。

創業より引越し"ひとすじ" 実績24万件、安心・安全な引越を実現する私たち"引越本部長"を是非、ご指名ください!

通勤・通学の移動中に1分で簡単入力!当社は訪問見積もりナシ!お気軽にどうぞ!

低金利の引越しローン 敷金・礼金等の初期費用や家具・家電など多目的に使える!
目次

東京の引越し費用の見積もり相場

まずは東京の引越し費用の見積もり相場をご紹介します。通常期と繁忙期で大きく料金が異なるので、事前に確認してください。

通常期(5~2月)

15km未満

単身者の場合、荷物が少なめならば平均2万7,314円、荷物が多めならば平均3万4,722円です。2人家族では平均6万4,893円で、3人家族だと平均8万7,606円となります。

このように、大まかなイメージとしては15km未満の場合は1人あたり3万円前後かかると考えてください。

50km未満

単身者の場合、荷物が少なめならば平均3万1,850円、荷物が多めならば平均3万9,227円です。2人家族ならば平均7万761円、3人家族ならば平均7万5,622円となっています。

このように、東京の引越しで50km未満の場合は1人あたり4万円弱の費用が必要になることがわかります。

200km未満

単身者の場合、荷物が少なめならば平均4万3,554円、荷物が多めならば平均5万7,241円です。2人家族ならば平均7万8,375円、3人家族ならば平均8万8,666円となっています。

このように、東京の引越しで200km未満の場合は1人あたり4万円~5万円程度の費用が必要になることがわります。

500km未満

単身者の場合、荷物が少なめならば平均5万421円、荷物が多めならば平均6万9,489円です。2人家族ならば平均12万8,411円、3人家族ならば平均12万6,077円となっています。

このように、東京の引越しで500km未満の場合は1人あたり6万円程度の費用が必要になることがわります。 ちなみに3人家族で費用が抑えめとなっているのは、お子さんの荷物がそれほど多くないということが関係している可能性があります。

繁忙期(3~4月)

15km未満

単身者の場合、荷物が少なめならば平均3万4,674円、荷物が多めならば平均4万6,270円です。2人家族ならば平均7万8,783円、3人家族ならば平均11万1,905円となっています。

通常期と比べると、単身者は1万円前後高くなり、2人家族では1万4,000円、3人家族では2万3,000円ほど高くなっていることがわかります。

50km未満

単身者の場合、荷物が少なめならば平均3万8,807円、荷物が多めならば平均5万1,133円です。2人家族ならば平均9万6,755円、3人家族ならば平均12万5,729円となっています。

通常期と比べると、単身者は約7,000円~約1万5,000円高くなり、2人家族では約2万円、3人家族では約3万円高くなっていることがわかります。

200km未満

単身者の場合、荷物が少なめならば平均4万5,013円、荷物が多めならば平均6万4,419円です。2人家族ならば平均13万1,308円、3人家族ならば平均12万5,737円となっています。

通常期と比べると、単身者は約2,000円~約7,000円高くなり、2人家族では約5万円、3人家族では約3万5,000円高くなっていることがわかります。 この距離の場合、2人家族の方が通常期と比べて、より費用が高くなりやすい傾向にあります。

500km未満

単身者の場合、荷物が少なめならば平均5万71,88円、荷物が多めならば平均8万9,830円です。2人家族ならば平均16万3,333円、3人家族ならば平均21万9,257円となっています。

通常期と比べると、単身者は約1万4,000円~約2万円高くなり、2人家族では約3万5,000円、3人家族では約9万3,000円高くなっていることがわかります。

東京の引越し費用の見積もりを安く抑えるポイント

東京の引越し費用の見積もりは、工夫次第で安く抑えられます。混載便やコンテナ便、地元密着型の引越し業者を活用して、お得に引越しをしていきましょう。

長距離の引越しとなる場合、混載便やコンテナ便を利用する

混載便は複数世帯の引越し荷物を1台のトラックで運ぶ方式のことです。引越しだけでなく、宅配便でも利用されている方式で、まとめて運ぶことで」費用を安く抑えられます。

混載便のデメリットとしては、同じ方面へ引越しする世帯が一定数集まらなければいけない、という点です。 しかし、首都である東京は引越し希望者も多いですから、よほど閑散とした状態でも無い限りは混載便でも埋まりやすく、日時がそれなりにスムーズに決まるはずです。

また、混載便には帰り便というものもあります。帰り便とは別の引越しで荷物を降ろしたあとに出発地へと戻るトラックを利用して引越し荷物を運ぶ方式です。通常の引越しや混載便と比べて安くなります。

帰り便がなければ依頼できませんが、東京や近隣の主要都市間の引越しは需要も高いため、手配しやすいと言えます。

コンテナ便は貨物列車を利用して引越し荷物を運搬する方式です。まとめて運ぶことができ、料金も比較的安くなります。 ちなみに、用意されるコンテナのサイズは引越し業者によって異なるため、事前にサイズを確認して積み込める量を見ておいてください。

都内や首都圏など近距離の場合、地域密着型の引越し業者も検討する

東京は日本でもトップクラスに引越し需要の高い地域です。そのため、多くの引越し業者が営業していますし、競争が激しいことから選べるプランも豊富にある点が特徴です。

全国展開している大手引越し業者は確かに安心感がありますが、地域密着型の中小引越し業者は、お得なプランを用意しているところもたくさんあります。 実際に、大手に対抗するべくさまざまなコストカットをした上で、独自の格安料金プランを用意しているところがほとんどです。

ちなみに、一括見積りサイトを利用すると、中小の引越し業者もまとめて料金プランの比較がしやすいためおすすめです。

東京近郊の引越し見積もりが業界最安レベルの「引越本部長」

引越本部長」は東京近郊の引越し見積もりが業界最安レベルです。引越本部長がおすすめである理由をご紹介していきます。

東京近郊の引越しに引越本部長がおすすめの理由

東京近郊の引越しであれば、首都圏単身者向け引越しで業界最安クラスの料金を誇る「引越本部長」がおすすめです。

引越本部長ではテレビCMなどを行わず広告費用を節約し、その分を格安料金へと還元しています。また、訪問見積もりを行っていないので人件費・車両維持費などの無駄なコストもしっかりカットしています。

他にも梱包資材の提供を始めとした細かいサービスはすべてオプション化。利用者ごとに違うニーズに合わせて対応できるとともに、無駄を省いた基本サービスのみにすることで、費用を安く抑えることにつながっています。

引越本部長は首都圏エリアを中心に活動し、都内近郊の引越しではエキスパートといえる業者です。約24万軒の引越し実績があり、首都圏エリアに限定することで効率よく多くの件数をこなしています。

爆安75プラン(7,500円)

業界最安クラスの引越本部長の中でも最も安い料金プランとなるのが「爆安75プラン」です。 7,500円の定額で、場合によっては宅配便を利用するよりも安くなります。費用をとにかく抑えたい、という単身引越し希望の方におすすめです。

ただし、利用には以下の条件を満たす必要があります。

ダンボール20箱以内の荷物量 引越エリアは東京23区内・近接エリア間運搬のみ 1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドア運搬で、利用者の手伝いが必要

かなりお安くお得なプランなので、条件が適用できればぜひご検討ください。

超節約プラン(10,500円~)

超節約プラン」も、1万500円から依頼できるリーズナブルなプランです。金額的にはレンタカーを借りた自力引越しと同等か、それよりも安くなる可能性があります。

料金的なメリットだけでなく、自力と違ってプロがサポートするので安心して引越し作業を進められます。

お得な料金プランを適用するには「平日であること」「低層階から低層階への引越しであること」が条件となりますので、平日引越しができるのであればぜひご検討ください。

標準プラン(1万3,500円~)

引越本部長が提供するリーズナブルかつ安心・安全・スムーズな引越しプランが「標準プラン」です。3種類のプランの中でも最も人気があり、利用者様もたくさんいます。

ダンボールの荷造り・荷解きは利用者が行いますが、大型家具・家電は引越本部長のスタッフがスムーズに進めてくれます。また2t車がきますので、荷物がやや多い方でも安心です。

「平日であること」「低層階から低層階への引越しであること」がお得な料金の適用条件となります。

東京の引越し費用の見積もりは相場を確認して上手に安く抑えましょう

東京の引越し費用の見積もり相場は通常期と繁忙期で、単身者でも数万円の違いが出ることがあります。 タイミングによってはまとまった費用を用意しなければいけませんので、見積もり前に相場をしっかり確認しておきたいものです。

また、東京は引越し需要の高い地域なので、混載便やコンテナ便の利用で安く抑えられます。 また、大手だけでなく中小の引越し業者が数多く存在しているため、格安な料金でサービスを提供する業者を見つけることもできるはずです。

そこでおすすめなのが首都圏エリアで業界最安値クラスの引越し料金を誇る「引越本部長」です。 「爆安75プラン」を始めとしたさまざまなお得プランがあります。安くて・安全・スピーディーな引越しをするならぜひご検討ください。

低金利の引越しローン 敷金・礼金等の初期費用や家具・家電など多目的に使える!

\ お急ぎの方は /フリーダイヤル0120-918-808

営業時間:11:00 〜 20:00

かんたん無料WEB自動見積

\ メールで見積なら /

たったの8項目、1分で即回答いたします。1分で即回答いたします。

お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※【hotmail】【gmail】【ヤフーmail】を使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号

HONBUCHO Corp, All Rights Reserved.