3月の引越しの特徴|繁忙期の費用の相場と安く抑える方法は?

営業時間:11:00〜20:00
0120-918-808
お見積もり

3月の引越しの特徴|繁忙期の費用の相場と安く抑える方法は?

引越本部長の成田 連です。引越し作業員歴4年、見積もりや配車などの引越し営業事務歴3年。僕自身も引越し魔です。 色々な土地に住むのが楽しすぎて、なんと現在までに10回以上、引越しをしています(笑)。

引越本部長の部門管理者として、かつ引越しの1ユーザーとして、【これから引越しを予定される方へ、少しでもタメになる記事】を書こうと思います!

※ こういうテーマで書いて欲しい~というネタがありましたら、ぜひ引越本部長のお問い合わせフォームにて、教えてくださいね。お待ちしております!

3月は、4月の新生活スタートに向けて引越し業界が繁忙期となるシーズンです。そのため、他の月に比べると比較的に引越し費用も高くなる傾向にあります。

「3月の引越しの特徴は?」「引越し費用相場はどれくらい?」「3月の引越しを安く済ませるコツはある?」などは、よく聞かれるお悩みの声です。 そこで今回は、多くの方が気になっている3月の引越し費用の相場や安く抑える方法、おすすめの引越し業者などをご紹介します。

宅配便より安い 爆安75パック 7,500円
レンタカーよりお得 超節約パック 最安10,500円
単身引越し東京最安 標準プラン 平均15,500円
メールと電話のみで成約OK 訪問見積もり無し!
ゴキブリ・悪臭・雑菌対策 期間限定 特価2,600円
引越し代は借りられます! 敷金・礼金・家具・家電
目次
  • 無料WEB自動見積り

3月の引越しの特徴

4月の新生活スタート直前であり、その準備期間となるのが3月です。 引越し業界において3月はかなり特別なタイミングであり、価格の上昇傾向を始めさまざまな特徴を持っています。

3月の引越しで知っておきたい特徴をまとめましたので、ご覧ください。

引越し費用が高くなりやすい

3月は、引越し業界において繁忙期にあたる時期です。新入生や新社会人、また異動・転職など新生活をスタートさせる方が多いタイミングであり、引越しの需要が高まるためです。

引越し料金には定価が存在せず、引越し需要が高まればそれに比例して費用も高くなる傾向にあります。 というのも引越し業者は高まった需要に合わせスタッフやトラックを増やし、過密なスケジュールを処理しなければならずコストが増加してしまうためです。

これらの理由から、3月は引越し費用が高くなる傾向にあります。

引越し業者を予約しにくい

3月は、引越し業者を予約しにくい時期です。

3月は新生活を迎えるタイミングのため引越し需要が高く、たいていの引越し業者はスケジュールが詰まっています。そのため、直前に引越しを予約しようとしても、ほとんどの場合は埋まっているのです。

閑散期であれば直前でも対応してくれる引越し業者は珍しくありませんが、繁忙期の3月は早い段階で引越し業者に依頼しないと予約が取りにくくなるので注意が欠かせません。

3月の引越し費用の相場

単身(荷物少なめ) 単身(荷物多め) 2人家族 3人家族
3月上旬 46,700円 55,500円 90,000円 110,000円
3月中旬 58,200円 75,000円 120,000円 130,000円
3月下旬 88,000円 106,300円 150,000円 170,000円

こちらの表は3月における「15km未満の近距離から500km以上の長距離まで」の引越し費用全平均を荷物量(家族数)ごとにまとめたものです。

ここからわかるように、3月下旬が最も費用が高くなる傾向にあります。3月上旬と比べると、およそ1.5~2倍の費用になる場合もあります。4月の新生活に向け、引越し需要が3月下旬に高まっていることが大きな要因です。

  • 通勤・通学の移動中に1分で簡単入力!
  • 1分で簡単入力!
  • 無料WEB自動見積り
東京都内で単身の引越しをするときのコツ|料金の相場はどれくらい? 引越しはいつまでに連絡すればいい?タイミングと退去の流れを解説 転居にかかる費用の種類|引越し料金を安く抑えるコツとは? 全ての記事を見る

3月の引越し費用を安く抑える方法

新生活スタート直前ということもあり、引越し費用が高くなっている3月。この時期の引越し費用を安く抑えるためにはどのような工夫が望ましいか、いくつかその方法をご紹介いたします。

3月上旬に引越しするか、引越し時期をずらす

単身(荷物少なめ) 単身(荷物多め) 2人家族 3人家族
2月下旬 45,360円 54,000円 77,500円 87,280円
4月上旬 50,000円 65,000円 102,340円 120,000円

こちらの表は2月下旬および4月上旬における「15km未満の近距離から500km以上の長距離まで」の引越し費用全平均を荷物量(家族数)ごとにまとめたものです。

4月上旬は、前出の表でまとめた3月上旬の引越し費用を少し上回る相場となっています。2月下旬については、やや低めの相場です。

これらの相場価格をふまえた場合、3月中に引越す必要がなければ2月下旬や4月上旬に転居時期をずらすと費用を安く抑えられます。新生活に支障がなければ、引越し日程の変更を検討するのはおすすめです。

「公益社団法人全日本トラック協会」が発表している「平成30年引越繁忙期」でも、4月上旬までが混雑予想時期に含まれており、協会も分散引越しへの強力を呼びかけています。

荷物の量を減らす

越しの時に運搬する荷物量を減らすと、引越し費用を安く抑えるのに効果的です。

荷物が多いとスタッフの増員や作業時間の長期化、より大型のトラックが必要となるなど、引越し業者のコスト増につながります。 結果的に引越し料金の増加となるため、荷物量をなるべく減らすことが費用を抑えるポイントとなります。

引越しを機会に、不用品はできる限り処分するのが得策です。粗大ごみに出すだけでなくリサイクルショップやネットでのフリマやオークションを活用すると、さらにコストを下げられます。

平日に引越しする

平日は休日・祝日よりも引越し料金が安いため、費用を抑えやすいです。

多くの方が会社・学校を休む休日・祝日は、引越し需要が高まるため料金も上昇します。逆に平日は引越し需要がそこまで高くないため、休日・祝日と比べて料金が安くなります。

費用をなるべく抑えた引越しを行うならば、平日がおすすめです。

複数の引越し業者に見積もりを依頼する

複数の引越し業者に見積り依頼をする「相見積もり」で、費用を安くできる可能性があります。

相見積もりをすれば、それぞれの料金を比較できるため安い引越し業者を見つけやすくなります。 比較検討すると引越し費用相場や各社のサービスも肌感覚でわかるようになるので、サービス内容の良し悪しを把握できるうえ高すぎる業者を排除できるのもメリットです。

また引越し業者が相見積もりされていると理解すれば、業者間の競争をうながし料金を安くできる可能性もあります。

費用はもちろん、サービス内容や担当者の人柄などを比較するためにも複数業者に見積もりを依頼する相見積もりは賢明な方法です。

引越し業者を早めに予約する

早い段階で予約をすれば、「早期予約割引」などで引越し費用が安くなる可能性があります。

引越し業者にとって、早い段階から予定が決まっているとスケジュールを調整しやすく、急な人員募集をかける必要もないことからコストを抑えられます。 また将来的な利益が確定すれば資金計画も立てやすくなり、業者にとってはメリットです。

このように引越し業者にとって数々のメリットがあり、早期予約をした顧客には引越し料金の割引などのサービスを行うことが多くあります。

割引率やどの程度早く予約すれば適用されるのかなどは、引越し業者によって違います。詳細を確認のうえ条件を満たせそうであれば、ぜひ早期予約をお試しください。

3月の引越しに
おすすめの『引越本部長』

繁忙期のため引越し費用が高い傾向にある3月でも、激安定額プランやお得格安プランを提供している『引越本部長』ならば、お得な引越しを実現できます。

3月の引越しに『引越本部長』がおすすめの理由を、ご紹介いたします。

『引越本部長』とは?

『引越本部長』は、低価格にて首都圏の単身向け引越しサービスを提供している引越し業者です。業界でもトップクラスのリーズナブルな引越し価格を実現できている背景には、徹底したコストカットがあります。

中間コストのカットや基本的サービス以外のオプション化、訪問見積もりのカットなど、さまざまな企業努力や工夫によって低価格の引越しを実現しているのが『引越本部長』です。

3月の引越しに引越本部長がおすすめの理由

引越し費用がお得

3月の引越しは、需要の高まりに合わせて引越し費用も上昇する傾向にあります。

しかし、引越本部長には「爆安75プラン」といういつでも定額7,500円で利用できる引越しプランが存在しています。 7,500円という価格は荷物量などによっては宅配便よりも安くなる場合があり、多くの手間もかからない利便性とお得さを兼ね備えたプランです。

ただし、爆安75プランには
・「ダンボール20箱以内の荷物量」
・「引越エリアは東京23区内・近接エリア間運搬のみ」
・「1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドア運搬で、利用者の手伝いが必要」

などの適用条件がありますので、利用前に引越本部長に確認しておくと安心です。

1万500円から依頼できる「超節約プラン」も、3月の引越しで費用を抑えやすいプランです。レンタカーを借りて行う自力引越しと同等かそれよりも安いため、費用を抑えつつ移転できます。

「平日であること」
「低層階から低層階への引越しであること」

が条件となりますので、適用可能であれば検討の余地ありです。

リーズナブルかつ標準的なプロの引越しを求めるならば、「標準プラン」もおすすめです。 ダンボールの荷造り・荷解きは依頼者本人が行うものの、大型家電・家具の梱包・運搬は引越本部長のスタッフが標準作業として行うためスムーズに引越しを進められます。

「平日であること」
「低層階から低層階への引越しであること」

これらを満たせるのであれば、検討する価値は十分にあります。

若いのに経験豊富なスタッフが多い

引越本部長の特徴は、リーズナブルな引越し料金だけではありません。

若くて体力のあるスタッフが多いため、短時間でスムーズに作業を進められる点も引越本部長が選ばれている理由です。

また、若さだけでなく経験が豊富である点も見逃せません。エリアを絞って数多くの引越しをこなすことで、引越しに関する経験・知識も豊富です。

リーズナブルかつ、安心・安全・スムーズな引越しを求める方には引越本部長がおすすめです。

大型の家具・家電の設置場所も相談可能

引越本部長ならば、大型家具・家電の設置場所についても気軽に相談できます。経験・知識豊富なスタッフたちが、依頼者の意向を理解したうえで家具・家電を希望する場所に設置してくれます。

後々、大型家具・家電を自分で位置調整あるいは再び移動する手間が省けるのも引越本部長ならではです。

3月の引越しを
お得にするためにも
ちょっとした工夫をう

3月は引越し繁忙期であるため、どうしても費用が高くなります。そんなタイミングでもなるべく安く引越しを行うためには、ちょっとした工夫が大切です。

引越し時期をずらす、荷物量を減らす、平日を狙う、相見積もりを行う、早期予約をする、今回ご紹介したようなさまざまな工夫でお得に引越しをして、晴れやかに新生活のスタートダッシュを切ってください。

また、首都圏での引越しならば「爆安75プラン」など単身向け低価格を実現する「引越本部長」がおすすめです。ぜひ、ご検討ください。

東京都内で単身の引越しをするときのコツ|料金の相場はどれくらい? 引越しはいつまでに連絡すればいい?タイミングと退去の流れを解説 転居にかかる費用の種類|引越し料金を安く抑えるコツとは? 全ての記事を見る
引越本部長

\ お急ぎの方は /フリーダイヤル0120-918-808

営業時間:11:00 〜 20:00

かんたん無料WEB自動見積

\ メールで見積なら /

たったの8項目、1分で即回答いたします。1分で即回答いたします

お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
※カレンダーからの選択のみ有効です。
スマホキーボードから文字を入力したデータは送信されません。
※カレンダーからの選択のみ有効です。
スマホキーボードから文字を入力したデータは送信されません。
お名前
フリガナ
メールアドレス ※【hotmail】【gmail】【ヤフーmail】を使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号 ※半角数字以外のハイフンや文字は入力できません。


ゴキブリ・悪臭・雑菌対策 期間限定 特価2,600円
引越し代は借りられます! 敷金・礼金・家具・家電
短時間で引越し 素早くスピーディーな作業 積込開始〜完了まで平均1.5時間

HONBUCHO Corp, All Rights Reserved.