5月の引っ越しのメリットとは?日程選びで気をつけるポイント

引越本部長
5月の引っ越しのメリットとは?日程選びで気をつけるポイント

引っ越しをするにはどの時期を選べばいいのでしょうか。3月や4月の繁忙期には引っ越しが集中してしまうため、春に引っ越すのなら5月がもっともおススメとなります。

しかし、5月にはゴールデンウィークがあるため、混雑するのではないかと予想されます。では、繁忙期のように予約が取れない可能性があるのでしょうか。そして料金はどうなるのでしょうか。

そこで、ここでは5月がもっともおススメな理由とその注意点を、料金の比較を含めてご紹介しましょう。

目次

5月に引っ越しをするメリット

3~4月よりも引っ越ししやすい

5月に引っ越しをするメリットとしては、5月は春の繁忙期を過ぎ、落ち着いた頃合いであることから、繁忙期よりも引っ越しの依頼が少なく、業者も余裕があり、予約を取りやすいということがあげられます。 したがって、引っ越しの日程など、融通が利きやすくなります。また、引っ越しの料金も繁忙期より安くなっているので狙い目と言えるでしょう。

ただし、曜日にもよるので、土日祝は平日に比較して時間帯によっては込み合う事もあり、早めの予約が必要です。

物件も探しやすい

新居の物件探しにおいても同じことが言えます。不動産会社の繁忙期は12~3月なので、5月は、繁忙期に比べて不動産会社に相談に乗ってもらったり、要望に応えてもらったりしやすくなる傾向があります。

また、3月末~4月上旬に退去する人が多く、4月中旬以降に内見できる状態になる物件が多くなります。そして、敷金や礼金などの初期費用を安く設定する物件や、フリーレントの物件が出てくるのもこの時期です。 費用の面でも、場合によっては、大家さんが値下げ交渉に応じてくれたりする可能性もあります。

5月に引っ越しをするときの注意点

ゴールデンウィークは避けたほうが良い

5月初旬はゴールデンウィークになるため、この期間を利用して引っ越しをする人が多く、繁忙期同様に料金が高い傾向にあります。 中でも、ゴールデンウィークの前半は、後半に片付けができるため、特に家族での引っ越しでは人気が高くなります。

また、ゴールデンウィークは道路も混みやすく、特に移動距離の長い引っ越しでは、トラックの到着や荷物の搬入、そして自身の移動が遅れる可能性があるので注意が必要です。 とりわけ2019年のゴールデンウィークは10連休となることが決定しており、この間の休みを利用して引っ越す人が多くなり、通常期より混雑するのは確実です。

ゴールデンウィーク中に引っ越しを検討するのであれば、後半以降の日程がおすすめになるのでカレンダーを確認しながら予定を立てることがポイントです。

5月の狙い目はゴールデンウィーク明けの平日

通常期でも、土日祝日は料金が高めに設定されているため、平日の方が平均して安く、さらに、平日でも、仏滅を選ぶとさらに料金が安い場合があります。 いわゆる六曜でいうところの仏滅は、縁起が悪いイメージから、引っ越しを依頼する人が少なく、引っ越しの予約も大安にあたる日が先に埋まってしまいます。

また、時間指定なしのプランにすると、割引されて、より引っ越し料金を抑えられる場合があるので、見積金額が高いと思った時や、価格を押さえたいのなら時間指定なしのプランがおススメです。

「引越本部長」の引っ越しプランと料金の目安

通常期の引っ越し料金相場

分かりづらいといわれる引っ越しの料金ですが、ここで、一般的な引っ越し料金の相場と「引っ越し本部長」の料金を比較してみましょう。

単身引っ越しの場合の料金相場

距離 荷物(少な目) 荷物(多め)
~15km未満(市区町村内) 28,387円 37,934円
~50km未満(都道府県内) 34,007円 40,380円
~200km未満(同一地方内) 43,814円 51,168円
~500km未満(近隣地方) 52,893円 63,381円
500km~(長距離) 54,673円 70,157円
※価格は平均
※参考:価格.com「引越し費用・料金相場」https://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/

家族引っ越しの場合の料金相場

距離 荷物量の目安(2人分) 荷物量の目安(3人分) 荷物量の目安(4人分) 荷物量の目安(5人分)
~15km未満(市区町村内) 64,526円 76,469円 97,042円 114,996円
~50km未満(都道府県内) 67,577円 77,135円 92,024円 104,181円
~200km未満(同一地方内) 75,660円 91,515円 137,382円 145,489円
500km未満(近隣地方) 109,528円 120,832円 115,847円 164,833円
500km~(長距離) 114,112円 138,906円 146,880円 145,378円
※価格は平均
※参考:価格.com「引越し費用・料金相場」https://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/

引越本部長の料金プランの特徴

引っ越し本部長「爆安75プラン」 料金:7,500円

荷物は、ご自分で用意した20箱以内の段ボールのみで、1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドアの運搬になります(お手伝い必要)。段ボールのサイズ・重量の目安は、高さ・幅・奥行の3辺の和が120センチ以内で、1個当たりの重量が10キロ以内。 また、自分でできる作業を手伝う代わりに、相場よりも安い料金で引越したいとお考えの方に、ピッタリのお安いプランです。

特に単身者で荷物量の少ない場合の、50㎞未満の近距離での引っ越しの安さが目立ちます。それ以外遠距離でも、平均価格より割安です。

エリア 23区内同士、または隣接する市部へのお引越し
スタッフ 1名
荷物量 段ボール20個以内

引っ越し本部長「超節約プラン」 料金:10,500円~

エリア 同一区内、または隣接する区へのお引越し
料金 10,500円~
エリア 20Km以内へのお引越し
料金 11,500円~
使用車両 ロイヤル号
スタッフ 1名
荷物量 段ボール約50個相当(容積4.6㎥)

引っ越し本部長「標準プラン」 料金:13,500円~

エリア 同一区内、または隣接する区へのお引越し
使用車両 2トン車標準
スタッフ 2名
荷物量 段ボール約90個相当(容積8.4㎥)
料金 13,500円~
エリア 20Km以内へのお引越し
使用車両 2トン車標準
スタッフ 2名
荷物量 段ボール約90個相当(容積8.4㎥)
料金 14,500円~
エリア 20Km以内へのお引越し
使用車両 2トンロング車
スタッフ 3名
荷物量 段ボール約120個相当(容積10.5㎥)
料金 24,500円~
※表示価格は全て税抜価格です。別途消費税がかかります。
※上記の価格は「低層階から低層階へのお引越しであること」が条件となっています。それ以外の条件については下記のオプション料金が加算されます。
※参考:https://honbucho.com/plan.html

サービスオプション

引越本部長の料金プランの特徴は、シンプルで分かりやすい料金設定です。

オプション別の料金設定なので、自分の引越しがどのような条件なのかによって見積もりを設定でき、本当に必要なサービスだけを選べることで、無駄な出費が節約できて、他の引っ越し料金より安い費用で引っ越しが出来ます。

休日(土曜日) 合計金額に30%加算
休日(日曜日・祝日) 合計金額に15%加算
階段での4Fへの搬出入 2,000円
階段での5Fへの搬出入 5,000円
距離増し(21km~100kmまで) 2,500円/10km毎(例:31㎞なら25,000円)
距離増し(101km以上) 1,500円(10km毎)
横持ち(※) 1,000円/10m毎(車両から玄関までの距離です)
時間指定 3,000円〜5,000円
当日今すぐ便 15,000円
作業員1名追加 10,000円〜
※横持ち:玄関前まで引越し車輌が通行できない場合の玄関から車輌までの手持ち・台車運搬作業の事
※表示価格は全て税抜価格です。別途消費税がかかります。
※参考:https://honbucho.com/option.html

引っ越しに大事な人件費

引越し料金の増加に大きく影響のが人件費です。引越し業者の作業員が増えれば1人あたり10,000円~15,000円程度の増額となります。 多くの業者から見積もりを取る場合、その料金の違いのもっとも大きな差が人件費、その人数です。荷物量に対して適切な人数であるのか、自分が手伝えば安くなるのかなどの確認も必要となります。

「引越本部長の料金プラン」には様々なオプション料金が明記されており、担当者のアドバイスを聞きながら、自分の引っ越しに最適なプランを作ることが出来ます。

全体のまとめ

引っ越し料金は時期や個々の条件次第で変わってくることから定価というものが存在しません。 したがって、少しでも安い金額で引っ越しを行うには、高い見積金額や相場で我慢せず、段ボールの数や荷物量などを考えつつ、需要の少ない閑散期を狙えば安くなる可能性があります。

また、引っ越しが集中する午前中をさけて、午後の時間帯を狙うといった方法を考えれば一番良いということも覚えておきましょう。

引っ越し本部長
お問い合わせ専用フリーダイヤル
0120-918-808
HOURS:11:00〜20:00
お電話でお見積もり
フリーダイヤル
0120-918-808
HOURS:11:00〜20:00
かんたん無料WEB自動見積

たったの7項目!1分で即回答!

お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり

荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
ちょっと面倒ですが、大抵の場合さらに安くなります!

閉じる