単身の引越しで見積もりを依頼する方法と料金相場、安い業者の特徴

営業時間:11:00〜20:00
0120-918-808
お見積もり

単身の引越しで見積もりを依頼する方法と料金相場、安い業者の特徴

一人暮らしの単身者引越しは、荷物も少なく大きなサイズの家電や家具もないことから、比較的安い費用で引越しができます。

しかし、安いといっても基本料金は業者ごとに異なりますし、割引料金にならないケースも散見されます。業者選びに失敗した結果、「思ったほど安くない……」とがっかりする人もいます。

そこで今回は、単身者による引越しを中心に、見積もりの依頼方法や料金相場、引越し費用を抑えるポイントをご紹介します。基本料金が安い業者の特徴にも触れるので、ぜひ参考にしてください。

宅配便より安い 爆安75パック 7,500円
レンタカーよりお得 超節約パック 最安10,500円
単身引越し東京最安 標準プラン 平均15,500円
メールと電話のみで成約OK 訪問見積もり無し!
ゴキブリ・悪臭・雑菌対策 期間限定 特価2,600円
引越し代は借りられます! 敷金・礼金・家具・家電
目次
  • 無料WEB自動見積り

単身の引越しで
重視したいポイント

ここでは、単身引越しの業者選びで重視したいポイントを解説します。

費用の安さ

単身の引越しで重視したいのはやはり、料金の安さです。

引越し料金は時期や作業員の人数、荷物の量、高さ・奥行きによって異なるため、一人分の荷物量に合わせた、無駄のないプランを選ぶことが大切です。 そして、その望むプランをかなえるためにも、引越しが決まった段階で早めに見積もりを依頼するのがおすすめです。

特に3月~4月の繁忙期は見積もり依頼しても、日程によってはすでに受け付けてもらえない、高い料金プランしか選べない、といった事態が発生する恐れもあります。 そのため、早い時期での依頼によって、費用を安く抑えられるのです。

3~4月は、入学や就職、転勤などによって新生活が始まるタイミングのため、引越し会社の繁忙期となります。 この時期は引越しの需要が非常に高く、料金が高騰するほか、スケジュールの面でも不自由になりがちです。

レンタカーを使うとどうなる?

引越しにお金をかけたくないからと、レンタカーを頼んで自分で運ぶつもりでも、繁忙期は数か月前から予約が埋まっていることがあります。

特に引越しで使えそうなトラックやバンタイプは、もともと用意できる台数が少ないこともあり、普段の時期でも土日は早くから予約が埋まりがちです。

友人に手伝ってもらうと安くなる?

クルマを持っている友人に手伝ってもらうとしても、相手に気を遣ったり、荷物の配置で部屋を傷つけられても強くいえなかったりと、不便な面がみられます。

また、せっかくの休みに来てもらえばタダというわけにはいきませんし、新居が遠ければ気軽に頼むことも難しくなります。 友人に手伝いを依頼する場合は、こうしたデメリットについても知っておく必要があります。

手間や労力の少なさ

単身の引越しは一人で転居の準備を行う場合が多いと思います。 新居の物件の内見・契約、転居に関する手続き、ダンボールや梱包資材の購入・確保、荷造り、そして粗大ごみの処分など、全てを自分で行わなければなりません。

そこで、無理をせず、必要に応じて業者に作業を依頼したほうが、引越しの手間や労力を少なくできることもあるので、予算とバランスを見ながら検討すると良いと思います。

いくら自分では出来ないからといっても、荷物が少ないのに梱包を依頼したり、大きな家財がないのにスタッフを一人増やしたりといった無駄は避けるべきです。

単身の引越しで
見積もりを依頼する方法と注意点

経験がない方であれば、見積もりの方法がわからないかもしれません。単身引越しで見積もりを依頼する方法と注意点とご紹介します。

見積もりを依頼する方法

引越しの見積もりを依頼する際には、スマホやパソコンでネット検索したり、直接電話で依頼したりするのが一般的です。

最近はWebサイト上で自動見積もりを行っている業者や、一括で多数の引越し業者の見積もりを提示しくれるWebサイトもあるので、簡単に見積もり依頼が出来ます。

しかし、それぞれの業者の特徴や価格の条件など、より詳しい情報は各社のホームページを見たり、直接問い合わせたりしてください。

見積もりを依頼するときの注意点

引越しの詳細がある程度決まった段階で見積もりを依頼します。 引越し希望日や引越し先、そして運んでもらう荷物の量や種類などで計算することになりますが、ダンボール箱がいくつ、カラーボックスがいくつ、ベッド・ソファがあるかないか、食器・衣類の多さ、自転車の有無、電子レンジ、冷蔵庫などの家電の処分予定等、伝える情報が多ければ多いほど、具体的な料金の見積もりを出してもらえます。業者によっては、訪問見積もりを行っています。

また、複数の会社に見積もりを依頼するのも基本です。比較検討ができるほか、価格交渉の材料にもなります。ただ、見積もりが多すぎても混乱しやすいため、連絡する業者は3社程度に留めてください。

  • 通勤・通学の移動中に1分で簡単入力!
  • 1分で簡単入力!
  • 無料WEB自動見積り

単身の引越し見積もり料金の相場

ここでは、単身引越し見積もり料金の相場をお伝えします。

繁忙期(3~4月)の単身の引越し料金相場

繁忙期の単身の引越し料金相場は、同市町村内(~15㎞)までで荷物の量が少なめの場合は平均36,768円、荷物の量が多めの場合は48,272円となります。

同様に都道府県内(~50㎞)では平均40,562円~49,691円、同一地方内(~200km未満)は平均51,194円~59,425円、 近隣地方(~500km未満)は平均51,277円~75,240円、そして長距離(500km~)では平均59,430円~81,532円となっています。

通常時(5~2月)の単身の引越し料金相場

通常時の単身の引越し料金相場は、同市町村内(~15㎞)までで荷物の量が少なめの場合は平均30,292円、荷物の量が多めの場合は39,227円となります。 同様に都道府県内(~50㎞)では平均35,492円~42,384円、同一地方内(~200km未満)は平均45,983円~52,866円、 近隣地方(~500km未満)は平均53,573円~67,603円、そして長距離(500km~)では平均56,902円~75,826円となっています。

全体的に低価格な単身の引越し料金ですが、3~4月の繁忙期と通常の時期とを比較すると明らかに繁忙期は高くなっており、金額としては8,000円~1万円程度ですが率にして15~22%高というかなりの上昇率となっています。少しでも安くしたい単身者にとっては大きな負担となります。これらはあくまで目安で実際の見積もり金額とは異なるかも知れませんが、繁忙期と通常期の価格の違いを知る目安にはなると思います。

単身者向けの料金が
安い引越し会社の特徴

引越し会社にはそれぞれ特徴があります。単身者向けの料金が安い引越し会社をお探しであれば、以下のような特徴を持つ会社を探してください。

単身者向けサービスを用意している

荷物の少ない単身者向けのリーズナブルなプランを用紙している引越し会社はおすすめです。「単身パック」「単身プラン」といったプランが安価なプランとして普及しています。

単身パックは、コンテナボックスに荷物を詰め込み、混載便で運搬することで料金を安く抑えている料金プランです。単身プランは荷物の量を制限して運搬することでコストダウンするプランを指します。「シングルパック」と呼ばれることもあります。

地域密着型で効率化している

地域密着型の引越し会社も、安い引越し料金が期待できます。 荷物を運ぶ地域や、荷物の量を制限することで効率化し、料金を抑えているためです。大手の引越し会社ではなく、中小の規模の会社であることが一般的です。近距離の引越しであれば、こうした業者でも十分対応できます。

実際の作業は軽貨物運送業者が行う

単身向けの引越しサービスは、軽貨物運送業者が行っているケースが少なくありません。通常の引越し会社と比較して使用する車両が小さく作業員が少ないため、料金を安く抑えやすいのです。

通常は、軽貨物車両(軽トラック)を使用し、引越し作業を担当するスタッフはドライバー1名です。 また、軽貨物運送業者は料金の相談にも柔軟に応じてくれる場合があります。これは、個人事業主が多いことが理由です。予算の問題や特別な希望がある場合は、交渉してみるのも手です。

  • 通勤・通学の移動中に1分で簡単入力!
  • 1分で簡単入力!
  • 無料WEB自動見積り

単身の引越し費用を
安く抑えるコツ

単身の引越しでは、いくつかのコツをしっておくと費用を安く抑えることができます。具体的なコツをご紹介します。

引越しの日時を調整する

少しでも安く引越しをするには、引越し業者の繁忙期である3月~4月を避けて引っ越すと良く、さらに土日祝日よりも平日の引越しのほうが、料金が安く設定されている場合が多いので平日を狙えばより安くなります。

また、午後便や時間を指定しないプランなどを選ぶと、料金が割引する引越し業者もあります。

荷物の量を減らしておく

引越し料金を安くするコツは、事前に荷物量を減らすことです。 そこで、不要な家具・家電・小物は旧居で事前に処分したり、不用品回収、フリマ出品などを利用したりして、極力少なくコンパクトにすることで、料金ランクをひとつ下げることも可能になるかもしれません。

また、布団などをただ布団袋に入れるのではなく、圧縮バッグでつぶすのも効果的です。

運搬などの作業を自分で行う

荷物の梱包作業を有料サービスに設定する業者もいます。多人数での引越しでは、非常に助かるのですが、単身引越しでは荷物量も少ないので梱包作業を頼まず、自力で作業すると安くなります。

また、依頼人本人が運搬作業を手伝うことにより、料金が安くなるプランを用意している引越し業者もあり、大きな家財がない限りは部屋の中の移動など、無理のない範囲で作業を手伝うことが求められます。

「引越本部長」の
料金プランと見積もり方法

関東で単身の引越しをご検討中であれば、ぜひ「引越本部長」の引越しサービスをご利用ください。 安価な料金設定で、満足いただける引越しサービスを提供しています。

当社の料金プランとサービス内容、見積もり方法についてご案内します。

引越本部長の料金プランの特徴

引越本部長の料金プランは非常にわかりやすく行う作業をパックした「爆安75プラン」「超節約プラン」「標準プラン」があり、それぞれ自分に合ったプランの料金がわかるシステムになっています。

また、オプション別の料金設定なので、本当に必要なサービスだけを選べるなど、見積もり前に自分で料金が把握できるのが最大のメリットとなります。

尚、記載するプランは平日の基本料金ですので、積み地や降ろし地、またはお客様の希望などで必要なオプションを加えることになります。 また、繁忙期には特別料金で算出となるために事前に問い合わせれば、丁寧な対応で、説明してもらえます。

爆安75プラン 荷物の少ない単身者向け

当日までに荷造りが出来る単身の方におすすめの業界最安値のプランです。同一区内、または隣接する区へのお引越しで、スタッフは1名となります。

このプランの適用条件としては、ご自分で用意した高さ・幅・奥行の3辺の和が120センチ以内で、1個当たりの重量が10キロ以内のダンボール20箱以内のみで、1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドアの運搬。部屋の中の移動などはお客様のお手伝いをお願い致します。

荷物量・料金 段ボール20箱以内・同一区内、または隣接する区へのお引越し 7,500円~

超節約プラン 安い料金で引越ししたい人向け

超節約プランは、自分でできる作業を手伝うことで、相場よりも安い料金で引越したいという方にピッタリの格安パック・プランです。 スタッフが1名伺い、荷物量はダンボール約50個相当(容積4.6㎥)となります。

ご自分で用意した高さ・幅・奥行の3辺の和が120センチ以内で、1個当たりの重量が10キロ以内のダンボール20箱以内のみで、1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドアの運搬。部屋の中の移動などはお客様の手伝いが必要になります。

荷物量・料金 段ボール20箱以内・東京23区内及び近接エリア間 10,500円~
荷物量・料金 段ボール20箱以内・20Km以内 11,500円~

標準プラン 大きな家具や電化製品がある方に最適

標準的な引越しのプランで、引越し用ダンボールの荷造りと荷解きは、お客様ご自身で行っていただきますが、大型家具や家電類の荷造りは、引越本部長の専門スタッフが担当します。

スタッフ2名~3名が伺い、ダンボール約90個~120個相当の荷物が運搬可能となります。冷蔵庫や洗濯機、そしてタンスなどの大型家具がある方に最適なプランです。

20Km以内・荷物量・料金 スタッフ2名・段ボール約90個相当(容積8.4㎥) 14,500円~
20Km以内・荷物量・料金 スタッフ3名・段ボール約120個相当(容積10.5㎥) 24,500円~

引越本部長で利用できるサービスオプション

『引越本部長』特徴は豊富な各種オプション料金です。これらを上記のプランに組み込むことで追加料金が算出され、引越し費用の全体像がわかります。

そして、どの部分が節約できるか検討する指針にもなりますので、自分の住んでいるところと新居の状況を確認しておくことも必要になります。

階段での4Fへの搬出入 人員追加1名につき追加8,500円〜
※繁忙期及び作業条件やお荷物量によっては、料金が異なる場合が御座います。
距離増し(35km〜70km) 基本料金と同額分を追加
※繁忙期及び作業条件やお荷物量によっては、料金が異なる場合が御座います。
距離増し(70km〜) お問い合わせください。
横持ち(※注) 10m毎 1,000円
時間指定 2,000円〜5,000円
作業員追加 平日:¥7,500/人
土日祝:¥8,500/人
繁忙期:¥10,000/人

引越本部長の無料見積もり

『引越本部長』では、フリーダイヤルもしくはWebサイト上のフォームから情報を入力し見積もりを依頼できるようになっています。 見積もりフォームでは、引越しプランのタイプ、積み地の住所と引越し先の住所、引越し希望日などを記入します。

不明点があれば電話で直接対応してくれるので安心です。

お問い合わせ専用フリーダイヤル
0120-918-808

営業時間:11:00 〜 20:00

見積もりが安い
引越し会社を探しているなら
ポイントを意識することが大切

引越し料金の内訳は、使用するトラックの大きさと作業するスタッフの人数で決まります。そこに新居までの移動距離や諸条件が加味されて金額が決定します。これはワンルームや1LDKにお住まいの方でも一軒家の場合でも同じです。

どんなに少量でもトラック一台と運転するスタッフ1名分の人件費がかかることになるのです。したがって、どんなに割引サービスを利用して安くなっても千円、2千円という金額になることはありえません。

「引越本部長」の爆安プランでは条件さえ合えば7,500円という低価格が設定されていますが、もし、翌日に届く宅配便で20個送ったらいくらになるのか、を考えると、当日にそのまま直接配送するこのプランが、いかに安いかがご理解いただけると思います。

なるべく安く引越しをしたいと思うのは誰でも共通した考えですが、特に単身者の場合はその思いが強い傾向にあります。例えば1万円安くなればスマホの月々の支払いに充てられ、食費なら一週間分ですから切実です。

そのためには荷物を極力減らすということを提案しましたが、引越しが迫ってから急に片付けようとしても無理なので、日にちに余裕を持って少しずつ片付け、また荷物を増やさないように生活することも大切です。

引越本部長

\ お急ぎの方は /フリーダイヤル0120-918-808

営業時間:11:00 〜 20:00

かんたん無料WEB自動見積

\ メールで見積なら /

たったの8項目、1分で即回答いたします。1分で即回答いたします

お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
※カレンダーからの選択のみ有効です。
スマホキーボードから文字を入力したデータは送信されません。
※カレンダーからの選択のみ有効です。
スマホキーボードから文字を入力したデータは送信されません。
お名前
フリガナ
メールアドレス ※【hotmail】【gmail】【ヤフーmail】を使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号 ※半角数字以外のハイフンや文字は入力できません。
低価格のひみつ

東京の単身引越しなら業界最安をお約束。 なぜこんなに安い見積もり額を叩き出せるのか?それは"私たちが無名だから"です。 テレビCMなど高額な広告を打たず、その分、お客様の引越し費用を抑えます。

さらに"訪問見積もりは致しません"。 これにより営業部隊の人件費・営業車両の購入価格や駐車場代を無くし、格安を維持しています。 その価格は他社と比較すれば一目瞭然

創業より引越し"ひとすじ" 実績24万件、安心・安全な引越を実現する私たち"引越本部長"を是非、ご指名ください!



ゴキブリ・悪臭・雑菌対策 期間限定 特価2,600円
引越し代は借りられます! 敷金・礼金・家具・家電
短時間で引越し 素早くスピーディーな作業 積込開始〜完了まで平均1.5時間

HONBUCHO Corp, All Rights Reserved.