単身の引っ越しで見積もりを依頼する方法と料金の相場

引越本部長
単身の引っ越しで見積もりを依頼する方法と料金の相場

一人暮らしの単身者引っ越しは、荷物も少なく大きなサイズの家電や家具もないことから、比較的安い料金とされています。

しかし、安いといっても引っ越し料金は業者によって大きく異なったり、自分では少ないと思ってても割引料金にならないなど、思ったほど金額が安くならない事もあります。

そこで、単身者による引っ越しを中心に、引っ越し料金はどうやったら安くなるかを解説します。

目次

単身の引っ越しで重視したいポイント

費用の安さ

単身の引っ越しで重視したいポイントはやはり、引っ越し料金の安さです。

引っ越し料金は時期や作業員の人数、荷物の量によって異なるため、一人分の荷物量に合わせた、無駄のないプランを選ぶことが理想です。そして、その望むプランをかなえるためにも、引っ越しが決まった段階で早めに見積もりを依頼すると良いでしょう。

特に3月~4月の繁忙期は見積もり依頼しても、日程によってはすでに受け付けてもらえなかったり、高い料金プランしか受けてもらえないといったこともあるので、早急に依頼することも、安さにつながるはずです。

レンタカーを使うとどうなる?

また、引っ越しにお金を変えたくないからと、レンタカーを頼んで自分で運ぶつもりでも、繁忙期は数か月前から予約が埋まっていることがあります。

特に引っ越しで使えそうなトラックやバンタイプはもともと用意されている台数が少ないこともあり、普段の時期でも土日は早くから予約が埋まってしまいがちです。

友人に手伝ってもらうと?

また、クルマを持っている友人に手伝ってもらうとしても、気を使ったり荷物や部屋を傷つけられても強く言えないなど、かえって高くついてしまうケースもあるようです。

また、せっかくの休みに来てもらえばタダというわけにはいきませんし、新居が遠ければ気軽に頼むことも難しいでしょう。

手間や労力の少なさ

単身の引っ越しは一人で転居の準備を行う場合が多いと思います。新居の物件の内見・契約、転居に関する手続き、ダンボールや梱包資材の確保、荷造り、そして粗大ごみの処分など、全てを自分で行わなければなりません。

そこで、無理をせず、必要に応じて業者に作業を依頼したほうが、引っ越しの手間や労力を少なくできることもあるので、予算とバランスを見ながら検討すると良いと思います。

いくら自分では出来ないからといっても、荷物が少ないのに梱包を依頼したり、大きな家財がないのにスタッフを一人増やしたりといった無駄は避けた方がよいでしょう。

単身の引っ越しで見積もりを依頼する方法と注意点

見積もりを依頼する方法

引っ越しの見積もりを依頼する際には、スマホやパソコンでネット検索したり、直接電話で依頼するのが一般的です。
最近はWebサイト上で自動見積もりを行っている業者や、一括で多数の引っ越し業者の見積もりを出してくれるWebサイトもあるので、簡単に見積もり依頼が出来ます。

しかし、それぞれの業者の特徴や価格の条件など、より詳しい情報は各社のホームページを見たり、直接問い合わせた方が確実です。

見積もりを依頼するときの注意点

引っ越しの詳細がある程度決まった段階で見積もりを依頼します。

引っ越し希望日や引っ越し先、そして運んでもらう荷物の量や種類などで計算することになりますが、ダンボール箱がいくつ、カラーボックスがいくつ、ベッドがあるかないか等、伝える情報が多ければ多いほど、具体的な料金の見積もりを出してもらえます。

単身の引っ越し料金の相場

繁忙期の単身の引っ越し料金相場

繁忙期の単身の引っ越し料金相場は、同市町村内(~15㎞)までで荷物の量が少なめの場合は平均36,288円、荷物の量が多めの場合は47,562円となります。
同様に都道府県内(~50㎞)では平均39,801円~49,725円、同一地方内(~200km未満)は平均53,465円~平均60,317円、 近隣地方(~500km未満)は平均48,848円~平均74,459円、そして長距離(500km~)では平均61,875円~平均81,935円となっています。

※参考:価格.com「引越し費用・料金相場」 https://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/

通常時の単身の引っ越し料金相場

通常時の単身の引っ越し料金相場は、同市町村内(~15㎞)までで荷物の量が少なめの場合は平均28,495円、荷物の量が多めの場合は37,958円となります。
同様に都道府県内(~50㎞)では平均34,004円~40,465円、同一地方内(~200km未満)は平均43,868円~平均51,206円、 近隣地方(~500km未満)は平均52,552円~平均63,510円、そして長距離(500km~)では平均54,270円~平均70,101円となっています。

全体的に低価格な単身の引っ越し料金ですが、3~4月の繁忙期と通常の時期とを比較すると明らかに繁忙期は高くなっており、金額としては8千円~1万円程度ですが率にして15~22%高というかなりの上昇率となっています。少しでも安くしたい単身者にとっては大きな負担となります。これらはあくまで目安で実際の見積もり金額とは異なるかも知れませんが、繁忙期と通常期の価格の違いを知る目安にはなると思います。

※参考:価格.com「引越し費用・料金相場」 https://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/

単身の引っ越し費用を安く抑えるコツ

引っ越しの日時を調整する

少しでも安く引っ越しをするには、引っ越し業者の繁忙期である3月~4月を避けて引っ越すと良く、さらに土日祝日よりも平日の引っ越しのほうが、料金が安く設定されている場合が多いので平日を狙えばより安くなります。

また、午後便や時間を指定しないプランなどを選ぶとと、料金が割引されたり格安になる引っ越し業者もあります。

荷物の量を減らしておく

引っ越し料金を安くする一般手にな方法としては、運ぶ荷物が少ないことが挙げられます。

そこで、不要なものは旧居で事前に処分したり、不用品回収、フリマ出品などを利用して極力少なくコンパクトにすることで、料金ランクをひとつ下げることも可能になるかもしれません。

また、布団などをただ布団袋に入れるのではなく、圧縮バッグでつぶすのも効果的です。

運搬などの作業を自分で行う

荷物の梱包などのオプションサービスも設定する業者もあり、一般家庭の引っ越しでは非常に助かるのですが、単身引っ越しでは荷物量も少ないので梱包作業を頼まず、自力で作業するのが基本です。

また、依頼人本人が運搬作業を手伝うことにより、料金が安くなるプランを用意している引っ越し業者もあり、大きな家財がない限りは部屋の中の移動など、無理のない範囲で作業を手伝うことが求められます。

「引越本部長」の料金プランと見積もり方法

引越本部長の料金プランの特徴

引越本部長の料金プランは非常にわかりやすく行う作業をパックした「爆安75プラン」「超節約プラン」「標準プラン」があり、それぞれ自分に合ったプランの料金がわかるシステムになっています。
また、オプション別の料金設定なので、本当に必要なサービスだけを選べるなど、見積もり前に自分で料金が把握できるのが最大のメリットとなります。

尚、記載するプランは平日の基本料金ですので、積み地や降ろし地、またはお客様の希望などで必要なオプションを加えることになります。また、繁忙期には特別料金となるために事前に問い合わせれば、丁重な対応で、説明してもらえます。

※表示価格は全て税抜価格です。別途消費税がかかります。

爆安75プラン 単身の方向けのプラン

当日までに荷造りが出来る単身の方におすすめのプランで、他車と比較しても数段安く済むプランです。23区内同士、または隣接する市部へのお引越しで、スタッフは1名となります。

このプランの適用条件としては、ご自分で用意した高さ・幅・奥行の3辺の和が120センチ以内で、1個当たりの重量が10キロ以内の段ボール20箱以内のみで、1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドアの運搬。部屋の中の移動などはお客様のお手伝いをお願い致します。

荷物量・料金 段ボール20箱以内・東京23区内及び近接エリア間 7,500円~

超節約プラン 安い料金で引越したい方向け格安パック・プラン

超節約プランは、自分でできる作業を手伝うことで、相場よりも安い料金で引越したいと方にピッタリの格安パック・プランです。スタッフが1名伺い、荷物量は段ボール約50個相当(容積4.6㎥)となります。

ご自分で用意した高さ・幅・奥行の3辺の和が120センチ以内で、1個当たりの重量が10キロ以内の段ボール20箱以内のみで、1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドアの運搬。部屋の中の移動などはお客様の手伝いが必要になります。

荷物量・料金 段ボール20箱以内・東京23区内及び近接エリア間 10,500円~
荷物量・料金 段ボール20箱以内・20Km以内 11,500円~

標準プラン 大きな家具や電化製品がある方に最適

標準的な引っ越しのプランで、引越し用段ボールの荷造りと荷解きは、お客様ご自身で行っていただきますが、大型家具や家電類の荷造りは、引越本部長の専門スタッフが担当します。

スタッフ2名~3名が伺い、段ボール約90個~120個相当の荷物が運搬可能となります。冷蔵庫や洗濯機、そしてタンスなどの大型家具がある方に最適なプランです。

20Km以内・荷物量・料金 スタッフ2名・段ボール約90個相当(容積8.4㎥) 14,500円~
20Km以内・荷物量・料金 スタッフ3名・段ボール約120個相当(容積10.5㎥) 24,500円~

引越本部長で利用できるサービスオプション

引っ越し本部長の特徴は豊富な各種オプション料金です。これらを上記のプランに組み込むことで引っ越し費用の全体像がわかります。

そして、どの部分が節約できるか検討する指針にもなりますので、自分の住んでいるところと新居の状況を確認しておくことも必要になります。

階段での4Fへの搬出入 人員追加1名につき追加8,500円〜
※繁忙期及び作業条件やお荷物量によっては、料金が異なる場合が御座います。
距離増し(35km〜70km) 基本料金と同額分を追加
※繁忙期及び作業条件やお荷物量によっては、料金が異なる場合が御座います。
距離増し(70km〜) お問い合わせください。
横持ち(※注) 10m毎 1,000円
時間指定 2,000円〜5,000円
作業員追加 平日:¥7,500/人
土日祝:¥8,500/人
繁忙期:¥10,000/人
※表示価格は全て税抜価格です。別途消費税がかかります。
※参考:https://honbucho.com/option.html

引越本部長の無料見積もり

引っ越し本部長では、フリーダイヤルもしくはWebサイト上のフォームから見積もりを依頼できるようになっています。見積もりフォームでは、引っ越しプランのタイプ、積み地の住所と引っ越し先の住所、引っ越し希望日などを記入します。

不明点があれば電話で直接対応してくれるので安心です。

お問い合わせ専用フリーダイヤル
0120-918-808
HOURS:11:00〜20:00

宅配便より安いプランもある単身引っ越し

引っ越し料金の内訳は、使用するトラックの大きさと作業するスタッフの人数で決まります。そこに新居までの移動距離や諸条件が加味されて金額が決定します。これはワンルームにお住まいの方でも一軒家の場合でも同じです。

どんなに少量でもトラック一台と運転するスタッフ1名分の人件費がかかることになるのです。したがって、どんなに割引サービスを利用して安くなっても千円、2千円という金額になることはありえません。

「引っ越し本部長」の爆安プランでは条件さえ合えば7,500円という低価格が設定されていますが、もし、翌日に届く宅配便で20個送ったらいくらになるのか、を考えると、当日にそのまま直接配送するこのプランが、いかに安いかがご理解いただけると思います。

全体のまとめ

なるべく安く引っ越しをしたいと思うのは誰でも共通した考えですが、特に単身者の場合はその思いが強いでしょう。例えば1万円安くなればスマホの月々の支払いに充てられ、食費なら一週間分ですから切実です。

そのためには荷物を極力減らすということを提案しましたが、引っ越しが迫ってから急に片付けようとしても無理なので、日にちに余裕を持って少しづつ片付け、また荷物を増やさないように生活することも大切です。

引っ越し本部長
お問い合わせ専用フリーダイヤル
0120-918-808
HOURS:11:00〜20:00
お電話でお見積もり
フリーダイヤル
0120-918-808
HOURS:11:00〜20:00
かんたん無料WEB自動見積

たったの7項目!1分で即回答!

お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり

荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
ちょっと面倒ですが、大抵の場合さらに安くなります!

閉じる