引っ越しするのに必要な手続きとは?流れに沿ってチェック!

引越本部長
引っ越しするのに必要な手続きとは?流れに沿ってチェック!

引っ越しが決まると、次に様々な手続きがまっています。住んでいたところの退去手続きはもちろんのこと、学校や保育園に通うお子さんがいればその転校手続きも必要です。 また、ガスや水道といったインフラ、そして役所では転出、介護保険などを利用していればその手続きも必要です。

あまりにも多くの手続きがいるので忘れがちですが、ほっておけばいつまでも重複して支払うことになったり、新居での手続きが行えない事態になってしまいます。

ここでもう一度数々の手続きを見直して、流れに沿ってチェックしてみましょう。

目次

引っ越しすることが決まった後すぐに行う手続き

賃貸物件や駐車場の解約

引っ越しすることが決まった後すぐに行う手続きとしては、まず住居の退去する旨を、不動産会社や大家さんなどに伝えることから始めます。

新居が確定したら住んでいる場所の退去通知を行い、退去日を決めてから入居日や引っ越しの日程を決めると良いでしょう。賃貸物件の退去通知は退去の1カ月以上前まで、と定めている賃貸物件が多いので一番最初に行います。 契約内容を確認の上、決められた手順で解約し、もし駐車場を契約している場合は、別途解約が必要になります。駐車場もやはり1カ月前までにと定められることが多いです。

日割り計算してもらえる場合と、1日でも翌月にかかると丸々1カ月請求される場合があるので、賃貸契約書を良く確認することが重要です。

引っ越し業者に見積もりを依頼

次に引っ越し業者を調べ、見積もりを出してもらいます。繁忙期などはすぐに都合のいい日が埋まってしまうので、早く申し込んで引っ越し手続きをします。

そして見積もりの料金を確認し、業者を決定しますが、日にちの変更が何日前までなら可能かを確認しておくことも重要です。繁忙期は3月末~4月上旬の春休みの期間です。

その中でも土日やその前日、さらに大安などの日のいい日から予定が埋まり始めます。狙い時はその期間でも平日の火曜日から木曜日。あるいは春休みの初めころが比較的すく傾向になります。

転校や転園の手続き

もし、幼稚園や学校などに通っているお子さんがいる場合は、担任の先生に知らせて転校の手続きを進めておきます。公立校の場合は在学証明書や教科書給与証明書を発行してもらい、私立校であれば編入試験について編入先の学校へ問い合わせておきます。

引っ越しの日にちは学校の都合が優先されるので、年度代わりの春休み中になってしまい、どうしても繁忙期に入ることになります。したがって、とりあえず引っ越しすることが決まったら、春休み中の日にちを押さえることが急務となります。

インターネットプロバイダの解約・契約、CS放送などの住所変更

新居でインターネットを利用できるよう、Wi-Fiなどの開始手続きを行いつつ、現状の契約を解約します。工事が必要な場合もあるので、引っ越し予定日の1カ月前くらいに申し込みをして、必要な書面などを請求しておきます。

また、引っ越し先でもCS放送などを受信する場合は、住所の変更手続きを行う事が必要となります。また、一度解約する場合は、レンタル機器の変更や取り外し工事もあるので、手続き方法を確認しておきます。

粗大ごみや不用品の処分

粗大ごみの回収を依頼する場合は、早めに自治体に依頼しておくか、持ち込むと良いでしょう。3月~4月は引っ越す人が多く、希望の日程で捨てられない場合があります。

そこで、時間がある場合は、リサイクルに出したり、フリマアプリに出品したりする方法も検討してみましょう。 また、ごみの収集日に出せるごみも、引っ越しまでに何回あるか、引っ越しの当日に出たごみをどうするかも確認し、必要なら管理人や管轄する地区の次々回に相談してみましょう。

引っ越し業者によっては不用品や処分品の処分も別料金で取り扱う事もあるので、引っ越し料金の見積もり時に確認してみましょう。

引っ越しの1~2週間前に必要な手続きと準備

役所で行う手続き

転出・転居届

手続きでは、まず、住民票を引っ越し先に移す転出・転居届を行います。「転出届」はこれまでと異なる市区町村に引っ越す際に提出します。

これに対して「転居届」は、これまでと同じ市区町村に引っ越す際に提出する場合となります。各市町村役場やその地域センターで行えますので、早めに訪れてその他の手続きに関してもできることはまとめておきましょう。

国民健康保険の資格喪失

国民健康保険に加入している世帯が転居する場合は、市区町村役場での「転出届」の手続きが必要になります。 また、転居した日から14日以内に提出することになりますが、様々な事情で役場へ行けない人は、郵送での手続きや、転居前の事前手続きも可能となっています。

さらにこの時同時に、国民健康保険の資格喪失を行うため、世帯全員分の保険証を返却する必要があります。

印鑑登録の廃止

住んでいた市町村とは違う市町村に引っ越す場合には廃止の届け出を出します。

また、新しく住む市町村で手続きは行うことが出来、本人が廃止届を出して、新たに印鑑の登録を行いますが、代理人が手続きをする場合には委任状と代理人の印鑑も必要となります。

児童手当など、福祉手当に関連する手続き

同一の市区町村内に引越しをする場合は児童手当の受給元は変わらないので、「住所変更届」を提出すればいいだけですが、他の市区町村へ引越しをする場合は、現在のの市区町村役場に「児童手当受給事由消滅届」を提出したのち、引っ越し先の役場に「児童手当認定請求書」を提出するという流れになります。

各種福祉手当についても、 他の市区町村へ引越しをする場合は新たな資格申請を行なう必要もあるので、確認が必要です。

ライフラインの手続き

電気やガス、水道の使用停止・開始を申し込みます。ガス会社には使用開始の連絡があらかじめ必要であり、本人がそこにいることが条件になります。電気や水道の開通や開栓にともなって立ち会いが必要のため、それぞれ連絡します。

連絡先は請求書に記載されている他、ホームページ上にもありますのですぐに連絡が出来ますが、土日祝祭日はのぞく平日のみであり、作業も休みになるので引っ越し日が土日祝祭日の場合など調整が必要です。

住所変更手続き

郵便局に郵便物の転送を依頼することも必要です。最寄りの郵便局で行えます。さらに、固定電話や携帯電話、銀行口座、自動車保険や生命保険などの住所変更も並行して行います。

ネットで完結することも多いので活用すると良いでしょう。それぞれのサイトでは引っ越す場合の注意事項や必要な手続きが紹介されているので、参考にしてみてください。

新居のレイアウト決めや荷造り、清掃

新居での家具の配置などをあらかじめ決めておくと、引っ越しがスムーズに行えます。荷造りでは、梱包材を用意し、引っ越し前に荷造りを済ませておくと運びやすく破損しにくくなります。

また、掃除道具など引っ越す直前まで使うものや、引っ越し後すぐに必要なものはまとめておき、貴重品は自分で持ち出すようにします。引っ越し当日までに可能な限り清掃しておくことも必要です。

引っ越し当日に必要な手続き

旧居での手続き

退去する住居では、電気やガス、水道の使用停止を行います。必要に応じて作業に立ち会うこともありますので、事前に退去する冷や時間を伝えておきます。

退去の立ち会いでは不動産会社と共に、室内の傷や汚れを確認し、忘れ物がないのを確認したのちに鍵を返却します。必要な補修費用などは敷金から引かれるか、足りない場合は後で請求されることになります。

新居での手続き

新しい住居では、電気や水道の使用開始、ガスの開栓の立ち会いなどを行います。引っ越しの最中に電力会社やガス会社の担当者がくることもあるので注意しましょう。

そして、荷物の搬入完了後、降ろし忘れや不備がないことを確認したのち引っ越し料金を精算します。また、必要に応じて管理人や同フロアの住民にあいさつをしておくと、引っ越し荷物の搬入において、トラブルを避けることが出来ます。

引っ越し後に必要な主要手続

転入届の提出

旧居の住所と異なる市区町村へ引っ越した場合は、引っ越した日から14日以内に役所で手続きを行います。

転出届を行っていることが必要ですが、まだの場合は郵送での手続きも可能なので、役場の窓口で必要な書類をもらい依頼しましょう。転入届はその後のあらゆる手続きの元となるので、早急に行うことが望まれます。

住所変更

国民年金、福祉手当や母子手帳、各種の医療制度、マイナンバーなども届け出が必要となり、パスポート(氏名と本籍も変更となる場合は必要)、そして警察署での運転免許証も住所変更が必要です。

忙しさにかまけて後々にしておくと、いざという時あわてることになるのと、条例違反にもなる恐れがあるので、早急に手続きを終わらせておきましょう。また、預金通帳やカード会社、スマホのキャリア会社なども住所変更をすることが大切です。

印鑑登録

異なる市区町村へ引っ越した場合は、転入届提出後、新たに印鑑登録申請書を出す必要があります。

登録する印鑑と本人確認書類を持って本人が行うことになっていますが、委任状があれば家族など代理人でも可能です。その他の手続きで役場に来る際に済ませておきましょう。

優先順位を決めてスケジュール管理

転居するにあたってはたくさんの手続きがありますので、自分でチェックリストを造ってひとつひとつ潰していく方法をとることが望ましいとされています。 また、役場では、引っ越す場合の諸手続きなどを記載した冊子などが備えられていたり、ホームページ上で必要書類なども含めて紹介されていることもあるので、活用してみると良いかも知れません。

ポイントは手続きの優先順位です。重要なものより、差し迫ったものが上位になります。

また、賃貸住宅や駐車場の退去や解約手続きは、1カ月以上前から必要なので一番先に。引っ越し業者への依頼も同時期に行わないと全体のスケジュールが狂ってしまいます。 そして、役場での手続きはまとめて行い、電話で済むこと、パソコンで行うことなどもまとめて行うと見落としがなくてスムーズに進みます。

引っ越し業者の間では、段取り7割ともいわれ、事前に必要な準備が出来ていれば引っ越しは終わったようなもので、いかに準備が必要かを物語ってます。

全体のまとめ

引っ越しのメインとなるのはやはり業者による荷物の搬出と搬入です。ところが、見積もり依頼や契約が退去日ギリギリになることが意外と多いのです。

繁忙期など引っ越しが集中する時期にはかなり前から良い日から予定が埋まってしまうので、数社の見積もりを検討してる間にほとんどの日が埋まり、結局、都合の悪い日に高い料金で契約することになります。 そんなことのないように、引っ越しの依頼は少しでも早くすることが必要です。

単身者など荷物の少ない方は引っ越し料金の安さも気になりますが、「引っ越し部長」であれば料金を節約できるプランがあるので、一度サイトをご覧になっておくと良いでしょう。

引っ越し本部長
お問い合わせ専用フリーダイヤル
0120-918-808
HOURS:11:00〜20:00
お電話でお見積もり
フリーダイヤル
0120-918-808
HOURS:11:00〜20:00
かんたん無料WEB自動見積

たったの7項目!1分で即回答!

お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり

荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
ちょっと面倒ですが、大抵の場合さらに安くなります!

閉じる