日通で引越しする場合のプランと料金、サービスの特徴は?

営業時間:11:30〜20:30
03-6371-2890
お見積もり

日通で引越しする場合のプランと料金、サービスの特徴は?

引越本部長の成田 連です。引越し作業員歴4年、見積もりや配車などの引越し営業事務歴3年。僕自身も引越し魔です。色々な土地に住むのが楽しすぎて、なんと現在までに10回以上、引越しをしています(笑)。

引越本部長の部門管理者として、かつ引越しの1ユーザーとして【これから引越しを予定される方へ、少しでもタメになる記事】を書こうと思います!

※ こういうテーマで書いて欲しい~というネタがありましたら、ぜひ引越本部長のお問い合わせフォームにて、教えてくださいね。お待ちしております!

「日通にはどんな引越しプランがある?」
「日通の引越しサービスの特徴は?」
「日通より安い引越し業者ってある?」

日通は総合物流企業であり引越し業務も行っている会社です。日通は引越し専門業者と同様に引越しプランが豊富であり、総合物流企業の利点を活かしたサービスや、大手らしい質の高い作業を行うのが特徴です。

今回は日通が提供している引越しプランやその料金、サービスの特徴、リーズナブルで満足度の高い引越し業者について解説していきます。

日通の主な引越しプランと料金

大手業者である日通にはどのような引越しプランがあり、それぞれ料金はどれくらいなのかご紹介します。

単身の引越しの場合

単身パックS・L

「単身パックS・L」は日通にて用意されたボックスに入る荷物量であれば訪問見積もりが不要となるパックです。見積もりについては公式Webサイトから行えます。

単身パックSサイズは19,800円(税込)から、Lサイズは22,000円(税込)から利用できます。

運び出せる荷物量がボックスに入る量に限定され、リーズナブルな料金となるのが特徴です。そのため、荷物量の少ない単身者の引越しにおすすめの引越しプランです。

単身パック当日便

「単身パック当日便」はワンルーム~2DK程度の部屋にお住まいで一人分程度の荷物量の方に向いている引越しプランです。

「半日で終わる」ことが特徴で、旧居・新居の移動距離は車で30分程度が目安です。作業全体としては4時間以内に終わることが条件となるため、スムーズに引越しを進めたい方におすすめです。 単身パックS・Lとは異なり、ベッドやソファなど大型の荷物も運び出せます。

家族で引越しする場合

セルフプラン

「セルフプラン」は荷造りや新居での荷解き、清掃・片付けといった作業を利用者本人が行う基本的なプランです。 できることは自分で行うという内容であるため、荷造り等をスタッフに任せるプランよりも引越し費用を安く抑えられるのが特徴です。

荷造りの中で不用品の選別等を自分で行えるため、スケジュールを立てて自分のペースで準備できるのもこのプランのメリットです。

なお、荷造りに必要なダンボールなど梱包資材は日通が用意してくれます。

フルプラン

「フルプラン」は引越し前の衣類や食器などの荷造りから新居での荷解き・片付けまでをすべて日通のスタッフにお任せできるプランです。 小さいお子さんがいて準備がなかなか進まない、高齢者で重い荷物を詰めるのが大変、という方に向いています。

荷造り・荷解き・片付けまですべてスタッフが行うため、引越し前日まで普段どおりの生活ができ、引越し当日もプロが手早く作業をしてくれます。 引越しがとても楽にできるプランですが、料金がその分だけ割高になる点は注意してください。

ちなみに梱包資材については日通が用意してくれます。

ハーフプラン

「ハーフプラン」は引越し前の荷造りを日通のスタッフが行い、引越し後の荷解き・片付けについては利用者が行うプランです。

自分で荷造りする必要がないため、当日までは普段どおりに生活できます。忙しくて準備を進められないものの、荷解きは引越し後にゆっくりと行いたい方に向いたプランです。

引越し料金としてはセルフプランとフルプランの間であり、適度に楽をしつつ料金をそれなりに抑えたい、という方は検討の余地があります。

宅配便より安い 爆安75パック 7,500円

日通の引越しサービスの特徴

日通にはさまざまな独自サービスが存在しています。日通の引越しサービスの特徴について解説します

長距離の引越しに柔軟に対応できる

日通は引越し業だけでなく、さまざまな運搬を行う総合物流企業です。そのため、トラックだけでなく海上コンテナや鉄道コンテナといった長距離輸送に柔軟に対応できる強みがあります。

たとえば、転勤により遠くの他県へ移動しなければならないケースなどに、日通はとても便利です。また、荷物の一時預かりサービスもあるため、ケースに応じて利用方法を選べるのも日通の大きな特徴です

スタッフの技術や顧客対応レベルが高い

日通ではスタッフに対して独自の研修を行っており、一人ひとりが高いレベルの技術・顧客対応力を持っています。そのため、サービスもきめ細かく、適切に提供してくれるのが特徴です。

日通には全国各地に研修センターがあり、インストラクターも在籍。定期的に作業研修が行われ、高いレベルを維持するように努力を積み重ねています。 また、研修は引越し作業スタッフだけでなく、訪問見積もりを行う「引越しプランナー」にも行われているのが特徴です。

これにより、正確で適正な見積もりを行えるため、利用者も安心して見積もりを依頼できます。

オプションで車やバイクの輸送にも対応している

車やバイクの輸送にも対応しているのが日通の特徴です。通常、引越しの際には車やバイクは自分で運転して新居まで持っていきます。 しかしこれではガソリン代や有料道路代などにより費用がかかってしまうのが懸念点です。オプションを利用すれば、ガソリン代等の経費・手間を差し引いてもオプション代金の方がお得になります。

転勤先などですぐに車やバイクを利用したい、という方におすすめのオプションです。

オプションで盗聴器・盗撮器探査サービスを依頼できる

特にご家族や一人暮らしの女性の場合、集合住宅へのお引越しで心配ごとのひとつになるのが盗聴器・盗撮器です。日通ではこの不安を解消するために、盗聴器・盗撮器探査サービスも行っています。

サービスを行うのは人の出入りが落ち着く引越し直後の約1週間後で、日本情報安全管理協会認定の資格を持つ専門スタッフが探査を行います。 また、安全に暮らすために覚えておきたい防犯アドバイスなども行ってくれるため、新居での生活も安心です。

エコで効率性の高い梱包資材を独自開発している

日通ではエコと効率化を実現するために「えころじこんぽ」という梱包に関する理念を持っています。

日通で使われる梱包資材を独自開発し、何度も使えるように高機能かつ反復性の高いデザイン、材料にて制作されています。 また、家財に合わせて資材をデザインすることで収納性能が高く、緩衝材等のゴミも出ないように工夫されているため、後片付けも楽にできるのが特徴です。

さらに、繰り返し使える反復資材の使用で、梱包資材代を大幅に削減。そのコストカットは引越し料金への還元につながっています。

レンタカーよりお得 超節約パック 最安10,500円

首都圏の単身者向け引越しを検討中の人におすすめの格安引越し業者

首都圏の単身引越しであれば引越本部長がおすすめです。リーズナブルで満足度の高い引越しを実現できる引越本部長の特徴やプランをご紹介します。

『引越本部長』とは?

引越本部長』は首都圏の単身者向け引越しに特化した地域密着型の格安引越し業者です。

リーズナブルな引越し料金を実現している理由は無駄なコストをカットする企業努力にあります。 たとえば訪問見積もりを行わず不要な人件費や訪問時の移動コストを削減。メールと電話のみで見積もりを行えるため、コストに加えて時間も節約しています。

さらに、引越し作業を行うスタッフはすべて自社スタッフで揃え無駄な中間コストをカット。 梱包資材の用意や時間指定といったサービスもオプション化することで引越しの基本費用のスリム化に成功しています。 利用者が必要と感じるサービスは、リーズナブルなオプションから自由に追加可能です。

引越本部長の特徴

引越本部長では「爆安75プラン」「超節約プラン」「標準プラン」と3つの格安料金プランを用意しています。それぞれどのようなプランなのか、以下で具体的にご紹介いたします

爆安75プラン

爆安75プラン」はいつでも定額7,500円で利用できる引越本部長でも最安のプランです。宅配便よりも安く済ませることが可能であることはもちろん、引越し作業当日中に荷物が届くので時間的なロスもありません。

ただし爆安75プランを利用するには条件があります。

・荷物量:ダンボール20箱以内
・ダンボールのサイズ目安:高さ・幅・奥行の和が120cm以下かつ重さ10kg以内
・対応引越しエリア:同一区内または隣接する区へのお引越し
・運搬範囲:1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドア運搬
・利用者の作業:利用者による運搬のお手伝いが必要

超節約プラン

超節約プラン」は1万500円から利用できる引越しプランです。

レンタカーを借りて自力で引越しするよりもリーズナブルに引越しすることができます。また、引越本部長の経験豊富なスタッフが派遣されますので、自力で行うより安全・スピーディーである点も超節約プランの魅力です。

超節約プランの利用には以下の条件があります。

・ダンボール50個相当、同一区内・隣接区であれば10,500円から
・ダンボール50個相当、20km以内であれば11,500円から
・ドア・ツー・ドア運搬で利用者の手伝いが必要
・平日であること

標準プラン

標準プラン」は荷物量の多い引越しに向いています。ダンボール90箱相当であれば13,500円から、120箱相当ならば24,500円から利用可能です。

引越本部長の経験豊富なスタッフが2名(120箱相当なら3名)派遣され、2tトラックが配車されます。荷物が多くてもスムーズかつ安全に引越し作業を行えることから、引越本部長でも人気のプランです。

標準プランの利用には以下の条件があります。

・ダンボール90箱相当で同一区内、隣接区であれば13,500円~
・ダンボール90箱相当で20km以内であれば14,500円~
・ダンボール120箱相当で20km以内であれば24,500円~
・平日であること
・低層階から低層階への引越しであること

単身引越し東京最安 標準プラン 平均15,500円
口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。

引越しプランが豊富な日通以外にもリーズナブルな引越し業者があります

日通は総合物流企業という特徴を活かし、引越し業務もスムーズかつ丁寧に行える業者です。 単身者はもちろん2人以上の家族引越しにも対応でき、スタッフ研修を徹底するなどサービスの質も高いことが特徴です。

また、エコと効率性を目指した「えころじこんぽ」やバイク・車の運搬、盗聴器・盗撮器の探査などといったオプションサービスも日通ならではの魅力が詰まっています。

とはいえ、全国規模の大手引越し業者であるためにどうしても引越し料金は高くなる傾向にあります。費用を抑えつつ質が高く満足できる引越しをお望みならば『引越本部長』もおすすめです。

引越し本部長では荷物量に合わせて「爆安75プラン」「超節約プラン」「標準プラン」と3つの格安プランをお選びいただけます。また、リーズナブルでバラエティ豊かなオプションもありますので、思い描いた理想の引越しを引越本部長ならば実現できます。首都圏のお引越しはぜひ引越本部長をご検討ください。

低金利の引越しローン 敷金・礼金等の初期費用や家具・家電など多目的に使える!
東京都内で単身の引越しをするときのコツ|料金の相場はどれくらい? 引越しはいつまでに連絡すればいい?タイミングと退去の流れを解説 転居にかかる費用の種類|引越し料金を安く抑えるコツとは? 全ての記事を見る
  • 通勤・通学の移動中に1分で簡単入力!
  • 1分で簡単入力!
  • 無料WEB自動見積り
お引越しタイプ
『爆安プラン』の方は
電話にて承りますフリーダイヤル0120-918-808

営業時間:11:30 〜 20:30

現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※【hotmail】【gmail】【ヤフーmail】を使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号 ※ハイフン不要。半角数字のみご記入ください。


ゴキブリ・悪臭・雑菌対策 期間限定 特価2,600円
引越し代は借りられます! 敷金・礼金・家具・家電
短時間で引越し 素早くスピーディーな作業 積込開始〜完了まで平均1.5時間

HONBUCHO Corp, All Rights Reserved.