引っ越しは自分で行う?業者に頼む?選び方のポイントと料金相場比較

引越本部長
引っ越しは自分で行う?業者に頼む?選び方のポイントと料金相場比較

自分でトラックをでレンタルして引っ越しする人も多いのですが、実際に引っ越し業者に頼むよりも安くあがるのでしょうか?そして問題点や注意点にはどんなものがあるのでしょうか。

また、引っ越し業者の場合はどんな問題があるのでしょうか。最も気になる料金を始め様々な角度から比較してみましょう。

目次

2種類の引っ越し方法

引っ越しには自分で引っ越しをする方法と、業者に頼んで引っ越しをする方法の2種類があり、それぞれに特徴があります。

自分で引っ越しをする

レンタカーや自家用車を使って自分で引っ越しを行うには、引っ越しの準備から当日の運搬作業まで自分で行う必要があります。 業者に引っ越し料金を払わないで良いことから単身者の方を中心に、多くの方が一度は考えたことがあると思います。

そして、引っ越しを何度も経験して慣れていればいいのですが、そうでないと様々な困難が予想されます。

業者に頼んで引っ越しをする

専門業者に依頼して引っ越しを行う方法では、事前に業者に見積もりを依頼する必要があります。 プランによっては、運搬だけでなく荷造りから荷ほどきまで業者が行ってくれることも可能ですが、その分料金は高くなります。

しかし、自分で行う作業の多いプランなら、料金を安く抑えることもできるなど様々なプランを比較できます。

自分で引っ越しをするメリット・デメリット

自分で引っ越しをする場合と、業者に頼んで引っ越しをする場合、それぞれにメリットとデメリットがあります。
まずは 自分で引っ越しをするメリットとデメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

メリット

荷物が少なければ、業者に頼んだ場合に発生する運搬費や人件費、オプション費用などを抑えられるため、業者に頼むときと比べて費用を安く抑えられ、ある意味便利な場合が多いのがメリットといえます。

また、引っ越しの日時を業者の都合に合わせる必要がないため、自分のペースで引っ越しができるということもメリットにあげることもできます。

さらに、一人暮らしの女性や子どものいる家庭など、自宅に他人を上げたり、荷物を見たり触られることに抵抗がある場合はプライバシーが守られるのも、現代ならではのメリットといえるでしょう。

デメリット

デメリットとしては、自分で引っ越し作業を行うために、手間やがかかり体力も使う事があります。

簡単に見えるかも知れませんが、引っ越しでは不慣れな作業を行うため、思わぬ事故やけがをしてしまうおそれがあります。 また、家具や住宅を破損した場合に保証がないため、かえって出費が増えるリスクもあるのです。

また、レンタカーに傷をつける可能性もあり、冷蔵庫や洗濯機など、運搬や取り扱いが難しい家電もあります。 さらに、エアコンの取り外しや移設・運搬・固定、また洗濯機の排水ホース、コンセントの設置・など、工事を行う場合は自分ではできないので、業者に頼む必要があるのも忘れてはいけません。

業者に頼んで引っ越しをするときのメリット・デメリット

引越し業者に頼んで引っ越しをする場合にもメリットとデメリットがあります。それはどんなものなのでしょうか。

メリット

メリットとしては、引っ越しにかかる作業や準備の負担を減らせ、その他の手続きなど付随する作業を効率よく進めることが出来ます。

また、引っ越しに必要な道具を用意してくれる業者もあるので、ダンボールなどを集める労力もありません。

当然ですが、引っ越しに慣れているプロが作業するため、荷物を安全にスピーディに運搬できて機関にも余裕が出来ます。 また、万が一トラブルがあった場合でも保証サービスに加入していると適用されるケースがあるので安心です。

デメリット

引っ越すには業者に予約を入れなければなりません。しかし、繁忙期や土日に予約が取りづらいことがあるので、希望通りの日程で引っ越せない場合もあります。

また、自分で引っ越す場合と比べて料金が高くなりがちなのは最大のデメリットと言って良いでしょう。 ただし、荷物の量や移動距離、引っ越し希望日によっては自分で引っ越すより安くなるケースもあります。業者によってはレンタカー代金並みの激安プランを用意している場合もあります。

自分で引っ越しするときに必要なもの

自分で引っ越す場合は、準備のも自分で行わなければなりません。どんな物を準備すればいいのでしょうか。

荷物を運ぶ車

まず、引っ越し当日、荷物の運搬のためにレンタカーや自分や友達の自家用車を準備する必要があり、レンタカーを借りる場合は車のサイズを軽トラックにするかハイエースなどのワンボックスにするかなど、荷物の量や家具の大きさに合わせなければなりません。

また、繁忙期以外でも土日や大安など人気のある時期には希望する車種が取れないこともあります。

引っ越しに使う道具

荷造りや荷ほどき、荷物の運搬時に使うものは前もって準備しておくことも重要です。ダンボール、ハンガーボックス、ガムテープ、布団の圧縮袋、食器や割れ物を包む新聞紙などの梱包資材、や気泡緩衝材などは引越の前から使いますので、早めに準備します。

そして、引越当日には、さらに軍手や台車、ドアストッパーなどがあると作業が楽になり、家具類なども安全に荷運びすることが出来ます。 また、いらない毛布なども荷台の中で荷物を保護できるので、あると便利です。

引っ越しを手伝ってくれる人手

1人で運べない荷物があったり、作業が終わらなかったりする場合は、よほど荷物量がない場合以外では、友人や家族に手伝ってもらう必要があります。 そして、お手伝いをお願いする場合は、謝礼や食事を用意するのがマナーといえます。

自分で運ぶか、業者を使うか、引っ越し方法の選び方

自分で運ぶか業者を使うかの判断は、引っ越しの様々な状況で変わります。

引っ越し希望日で選ぶ

希望日が直近の場合は自分でレンタカーを借りて引っ越すほうが気楽に行いやすいことと、引越業者との日程調整が不要で、自分のスケジュール調整のみで引っ越しを行うことができると思います。 そして、引っ越しの希望日まで日数に余裕がある場合は業者に依頼しても良いでしょう。

また、平日や閑散期であれば予約が取りやすい場合もあります。ただし、レンタカー会社によっては土日祝日や3月~4月の繁忙期は予約が取りづらく、料金も高騰しやすいので注意が必要です。

荷物の量で選ぶ

単身で荷物が少ない人のほうが自分で引っ越しをしやすいので、レンタカーを用意して自分で引っ越しを行う方が良いかもしれません。 ただし、タンスやベットなど運搬しづらい大型家具などがある場合は、業者に頼んだほうが良いケースもあります。

また、業者によっては大型家具などだけを運んでくれるサービスもあるので利用しても良いのではないでしょうか。 さらに、荷物が多い場合は業者に頼んだほうがスムーズに引っ越しできる可能性が高いはずです。

レンタカーのサイズによっては旧家と新居を何度も往復する必要が出てくるため、距離がある場合も引っ越し業者に頼んで、適切な大きさのトラックを用意してもらう方が時間もかからずに終わるでしょう。

移動距離で選ぶ

遠距離へ引っ越す場合は時間がかかり、レンタカーの費用もその分金額がはることから、自分で運んでも業者に頼んでも総額にあまり差がなくなる場合が多くなります。 また、労力や負担の大きい荷物がある場合は、業者に頼む方が無難であると言えます。

しかし、近距離~中距離で引っ越す場合は自力で引っ越すほうが安くなりやすいこともあります。 それでも、業者によっては近距離の引っ越しのみ利用できるお得なプランが用意されているケースもあるので、比較する価値はあります。

リスクで選ぶ

引っ越しに関わるリスクが心配な場合は素人が手を出さず、プロの業者に依頼する方が安心です。 重量のある家具や家電はぶつけたり落としたりしてしまうと、キズになったり破損・故障しやすいことや、自力で運搬作業を行う場合、搬入の際に住宅を傷付けてしまうこともあります。

自分の荷物ならあきらめもつきますが、マンションの共有スペースや新居や旧居の部屋の床などを傷付けた場合は、修繕費を求められる可能性があるので注意が必要です。

そのため、物件によっては養生を求められることもあります。

自分で引っ越す場合と業者に頼む際の料金相場比較

具体的な料金の違いはどうでしょうか。自分で引っ越す場合はレンタカー料金がかかることはわかりますが、他にも必要なのでしょうか。

また、引っ越し業者の料金は実際のところどのくらいなのでしょうか。それぞれの相場を見てみましょう。

自力で引っ越す場合の引っ越し料金相場

新居まで30km圏内の距離で、単身の合計は約24,900円、家族3人では約37,800円というのがレンタカーを使った場合の料金の目安になります。 その内訳を見てみましょう。レンタカー代以外にもかなり費用がかかっています。

レンタカー代

レンタカーを借りる料金は単身者なら軽自動車のとトラックかワンボックスで7,000円、家族での使用なら2トンロング車で15,000円程度で、いずれも12時間借りた場合の相場となります。 また、2tトラックを利用する場合、中型免許以上を持っている運転手を手配する必要があります。

また、レンタカーの乗り捨てサービスは有料ですが、同じ都道府県内や近郊の場合は無料になる場合が多いようですが、それ以外は有料になったり、繁忙期は利用できない場合があります。 また、レンタカーは最寄りのガソリンスタンドでガソリンを入れてから返却する「満タン返し」が基本となります。

高速・ガソリン代

30km圏内を想定した場合、単身者で3,000円、家族で5,000円が目安で、距離によって異り、高速料金がかかる場合も考えておきましょう。

ダンボール代(新品)

梱包で使用するダンボールは、単身者なら20箱で4000円、家族なら50箱で1万円が目安ですが、スーパーやドラッグストア、コンビニなどで廃棄予定のダンボールを無料で分けてもらって節約することもできます。 その場合は、サイズが小さかったり、引っ越しに向いていなかったりする仕様のものもあるので注意が必要です。

さらに、使用済みのものは耐久力が低くなっているので、重い荷物には向かないことも覚えておきましょう。 また、養生用に巻きダンボールをホームセンターなどで買っておくと役に立ちます。m単位で売っています。

布テープ代

ダンボールをとじる際などに使用するガムテープは、1個300円として単身者なら3巻900円、家族なら5巻1500円が相場ですが、量販店やネットなどで安く購入することもできます。 あわせて、粘着力の弱い養生テープも用意しておきましょう。価格は通常の布テープと同じ程度です。

謝礼

友人に手伝ってもらってもタダという訳には行きません。謝礼は1人あたり1万円が相場で、単身者なら1名で1万円、家族なら3名で3万円が目安になります。 引っ越しに協力してくれた人へのお礼という他に交通費や食事代を含む事になります。

業者に頼む場合の引っ越し料金相場

価格.com「引越し費用・料金相場」を見てみると、引っ越し料金の相場は次のようになっています。自分がどの料金に該当するか確認してみてください。

単身引っ越しの場合の料金相場

距離 荷物(少) 荷物(多)
~15km未満(市区町村内) 28,495円 37,958円
~50km未満(都道府県内) 34,004円 40,465円
~200km未満(同一地方内) 43,868円 51,206円
~500km未満(近隣地方) 52,552円 63,510円
500km~(長距離) 54,270円 70,101円

家族引っ越しの場合の料金相場

距離 荷物量の目安(2人分) 荷物量の目安(3人分) 荷物量の目安(4人分) 荷物量の目安(5人分)
~15km未満(市区町村内) 64,417円 76,411円 97,508円 114,447円
~50km未満(都道府県内) 67,752円 77,818円 91,837円 103,782円
~200km未満(同一地方内) 75,894円 91,774円 129,584円 145,489円
~500km未満(近隣地方) 109,277円 122,234円 115,847円 164,833円
500km~(長距離) 115,199円 132,491円 146,880円 142,857円
※これは通常期の平均相場なので、煩忙期や土日などは割増料金になる場合があります。
※参考:価格.com「引越し費用・料金相場」https://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/

「引越本部長」の引っ越しプランと費用の目安

東京24区内を中心に、リーズナブルな料金設定の「引越本部長」の引っ越しプランをご紹介します。最安で7,500円からの引っ越しが可能になります。

引越本部長の料金プランの特徴

引越本部長の料金プランには「爆安75プラン」「超節約プラン」「標準プラン」があり、自分に合ったプランの料金がわかるシステムになっています。 また、オプション別の料金設定なので、本当に必要なサービスだけを選べます。

引っ越し本部長「爆安75プラン」 料金:7,500円

当日までに荷造りが出来る単身の方におすすめのプラン。23区内同士、または隣接する市部へのお引越しで、スタッフは1名となります。 このプランの適用条件としては、ご自分で用意した高さ・幅・奥行の3辺の和が120センチ以内で、1個当たりの重量が10キロ以内の段ボール20箱以内のみ。

1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドアの運搬です。作業スタッフは1名のみなので、部屋の中の荷物移動を自分も手伝うことが必要です。

超節約プラン 料金:東京23区内及び「引越本部長」が認めた近接エリア間 10,500円~20Km以内 11,500円~

自分でできる作業を手伝う代わりに、相場よりも安い料金で引越したいと方に、ピッタリのお安いパック・プランです。スタッフが1名伺い、荷物量は段ボール約50個相当(容積4.6㎥)とあります。

ご自分で用意した高さ・幅・奥行の3辺の和が120センチ以内で、1個当たりの重量が10キロ以内の段ボール20箱以内のみで、1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドアの運搬。 作業スタッフは1名のみなので、部屋の中の荷物移動を自分も手伝うことが必要です。

標準プラン 20Km以内

段ボール約90個相当(容積8.4㎥)/スタッフ2名 料金:14,500円~

段ボール約120個相当(容積10.5㎥)/スタッフ3名 料金:24,500円~

引越し用段ボールの荷造りと荷解きは、自分で行っていただきますが、大型家具や家電類の荷造りは、引越本部長の専門スタッフが担当します。

スタッフ2名~3名が伺い、段ボール約90個~120個相当の荷物が運搬可能となります。大きな家具や電化製品がある方に最適なプランです。

上記のプランは平日の基本料金ですので、積み地や降ろし地、または希望の必要なオプションを加え、その内容によって料金に加算されることになります。また、繁忙期には特別料金となるために事前に問い合わせる必要があります。

※参考:https://honbucho.com/plan.html

引越本部長のサービスオプションと費用目安

豊富なオプション設定は引越本部長の特徴です。そのため、自分が節約できるオプションと必要なオプションを選ぶことが出来ます。

休日(土曜日) 合計金額に30%加算
休日(日曜日・祝日) 合計金額に15%加算
階段での4Fへの搬出入 2,000円
階段での5Fへの搬出入 5,000円
距離増し(21km~100kmまで) 2,500円/10km毎(例:31㎞なら25,000円)
距離増し(101km以上) 1,500円(10km毎)
横持ち(※) 1,000円/10m毎(車両から玄関までの距離です)
時間指定 3,000円〜5,000円
当日今すぐ便 15,000円
作業員1名追加 10,000円〜
※横持ち:玄関前まで引越し車輌が通行できない場合の玄関から車輌までの手持ち・台車運搬作業の事 ※表示価格は全て税抜価格です。別途消費税がかかります。
※参考:https://honbucho.com/option.html

どちらが自分に適しているのか見定める

「レンタカーを借りて引っ越しをするほうが絶対安い!」あるいは、「自分や友人の車を使えば無料で引っ越すことが出来る」ということはありません。 そして荷物を移動するだけでも、大変な労力を使う事になる覚悟も必要になります。

逆に時期やプランをチェックすることで、引っ越し業者を頼んだ方が安く済む場合もあります。ただし、単身の場合など、荷物が少ない場合は段取り次第では安くなることもあります。

どちらが自分に適しているのか見定めることが重要になります。

全体のまとめ

レンタカーを利用した引っ越しの料金と、引越本部長の料金を比較すると、どちらが安く済むのか割ると思います。 もちろん、料金だけでなく、自分で引っ越しをする良さもあるとは思いますが、料金の比較という意味では自分で引っ越すメリットは薄れると思います。

プロが行う作業であることを含めるとメリットの多いことがよりはっきりしています。レンタカーを予約する前に一度「引越本部長」のサイトを見ることをおススメします。

引っ越し本部長
お問い合わせ専用フリーダイヤル
0120-918-808
HOURS:11:00〜20:00
お電話でお見積もり
フリーダイヤル
0120-918-808
HOURS:11:00〜20:00
かんたん無料WEB自動見積

たったの7項目!1分で即回答!

お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり

荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
ちょっと面倒ですが、大抵の場合さらに安くなります!

閉じる