9月の引っ越しの特徴|料金相場と費用を安く抑えるポイント

引越本部長
9月の引っ越しの特徴|料金相場と費用を安く抑えるポイント

引っ越し料金を少しでも安く押さえるにはその時期を選ぶのも良い方法です。 例えば、繁忙期はもっとも避けたい時期ですし、予約も取りずらいと聞きます。 であれば、煩忙期さえ避ければ安くなるのでしょうか?

引っ越しの繁忙期と言われる3月~4月は、引っ越し料金が高くなることは知られていますが、実はそれ以外でも繁忙期と同じように引っ越し料金が高くなる時期があります。 しかし、そんな時期でも少しでも安く料金を抑えるコツはあります。そこで今回は9月の引っ越しについて料金相場と費用をご説明しましょう。

目次

9月の引っ越しの特徴

閑散期ではあるが、下旬は引っ越し費用が高くなる傾向がある

一般的に3月~4月が引っ越し業界の繁忙期で5月~2月は引っ越し業界の閑散期とされています。 この閑散期は引っ越し業者への依頼が集中しづらいため、料金が安くなりやすいという次期でもあります。

ただし9月中旬から下旬は、会社での人事異動による転勤や大学生の新学期開始などで、繁忙期ほどではないとしても、引っ越し件数が増える傾向にあります。 これは同じ通常期の7月、8月や10月、11月にはない9月特有のものであり、引っ越し件数が増えるため料金は高くなるのも繁忙期と同じ理由です。

シルバーウィークのある年は料金が高騰しやすい

9月は敬老の日と秋分の日という祝日があります。通常は3連休が2回あるだけですが、年によっては大型連休となる場合があり、連休を利用しては引っ越しを検討する人が多く、料金が高くなりやすくなります。 他にも10月中旬の体躯の日がある週のように、土曜を含めた通常の3連休は同じ理由で平日よりは料金が高くなる傾向にあります。

また、月末も賃貸の場合は物件によって家賃の締めの関係で引っ越しが多くなります。

9月上旬は料金が安くなる傾向がある

正五九(しょうごく、しょうごくう)と呼ばれる、1月、5月、9月は引っ越しを避けるべきという風習があります。 1月、5月、9月は昔から神社や寺にお参りをすると良いとされる月で、田植えや稲刈りの時期でもあり忙しい月でもあるので、そういう時期に引っ越しして、周囲に迷惑をかけることを避けるために始まったとする説があります。

そのため、9月に引っ越しをしない人がいるため、9月全体の引っ越し料金は安くなりやすいとされていました。 ただし、下旬は前述の理由で引っ越し件数が増えるためとその風習の様な縁起ごと事態を知らない人も多くなったために、9月上旬のみ料金が安くなる傾向にあります。

9月の引っ越しは台風に注意する

台風は9月をピークに上陸する傾向にあるため、引っ越し当日と重なってしまった場合、引っ越し作業が遅れたり荷物が濡れたり、強風によって家具や家電が破損する可能性があることも注意しなければなりません。 台風でも、よほどのことがないかぎり、業者のほうから引っ越しを延期にすることはあまりありません。 中止しても業者には次の予定が詰まっており、延期時の引っ越しの予定が立てられないことが多いためです。 したがって、延期を申し出た場合、キャンセル料がかかることがあります。

そのため、天気予報で台風情報を確認しておくことが重要となり、荷物を破損や濡れから防ぐために、手厚く梱包しておくことや、業者にもその対策がされているかを確認しておきましょう。

9月の引っ越し料金相場

9月の引越しは実際どのくらいなのでしょうか?引越し侍「9月の引越し見積もり・費用相場」を参考にご紹介しましょう。あくまで平均なので、距離や条件、そして業者によって幅があることをご了承ください。

※参考:引越し侍「9月の引越し見積もり・費用相場」https://hikkoshizamurai.jp/price/month-september/

9月の引っ越し料金の費用相場としては、単身では51,073円、2人家族では83,336円、3人家族75,863円となっています。 家族の人数が増えれば部屋数も増え、荷物が増えることになるので使用する車両も大きく、スタッフの人数も増え料金も高くなります。

ただ、いくら荷物が少なくても最低限のコストはかかってしまうので、単身者の料金が家族での引っ越しと比べてあまり差がなく、特に大手の業者ではその傾向にあります。

引っ越し料金を抑えるためのポイント

引っ越しの集中しない時期に引っ越す

引っ越し料金の高い時期であっても、混雑する土日や祝日を避けて平日に行うと料金を抑えられます。

例えば、作業を開始する時間帯を希望者の多い午前中の引っ越しを避けて、午後便や業者の都合に合わせるフリー便にすると安くなる傾向にあり、六曜で大安の日は引っ越しが集中するため、仏滅などほかの日に引っ越すと値引きされたり、最大で半額程度に安くなる場合もあります。

複数の引っ越し業者を比較・検討する

引越料金を安く押さえるには、多くの引っ越し業者に見積もりを依頼して、料金を比較することが大切になります。

最も安い料金の引っ越し業者を選ぶことができるので、一括見積もりサービスを利用する方法も良いと思います。ほとんどの業者は見積もり費用は無料ですが、念のため確認もしておきましょう。

引っ越しの規模に合わせたプランを選ぶ

引っ越し料金は荷物の量や移動距離で変動しやすいので、適切なプランを選ぶことが大切です。 引っ越し業者によって特色やお得なプラン、サービスはさまざまなので、単身者がお得になりやすい引っ越し業者もあれば、家族向けプランが豊富なところもあります。

また、荷物の量が少なく、短距離で引っ越す人向けに特化してお得なプランを用意する業者もあるので、自分の引っ越しに合ったプランとともに自分に合う業者選びが一番必要になります。

短距離の引っ越しに特化した「引越本部長」のプランと相場

東京23区と隣接地区の短距離引っ越しに特化して、業界最安値の引っ越し料金を実現する「引越本部長」のプランと料金をご紹介しましょう。

引越本部長の料金プランの特徴と相場

引越本部長の料金プランでは、休日作業、高層階への階段搬出入、横持ち、時間指定などのサービスをオプション化することで料金を抑え、ダンボールなど梱包資材もオプションとなっているので、本当に必要なサービスだけを選べるのが特徴となります。

また、料金パックは「爆安75プラン」「超節約プラン」「標準プラン」があり、それぞれの適用条件から自分に合ったプランが選べます。

爆安75プラン:23区内同士、または隣接する市部 7,500円

23区内同士、または隣接する市部へのお引越しが対象で、スタッフは1名。荷物量は、ご自分で用意した20箱以内の段ボールのみとなります。

また、1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドアの運搬になりますので、部屋の中の移動などをお手伝いをお願いすることになります。 それにより、7500円という宅配便より安い爆安料金が可能になります。

超節約プラン 23区内同士、または隣接する市部 10,500円~/20Km以内 11,500円

同一区内、または隣接する区へのお引越しと、20Km以内へのお引越しに対応します。

専用車両のロイヤル号とスタッフ1名が伺い、荷物量は段ボール約50個相当(容積4.6㎥)までと、爆安75プランの倍以上が可能となりますので、単身者でも荷物が多めの方に最適のプランとなります。 こちらのプランも荷運びをお願いすることで、超のつく節約プランになっています。

標準プラン
段ボール約90個相当(容積8.4㎥):同一区内、または隣接する区まで 13,500円~/20Km以内 14,500円
段ボール約120個相当(容積10.5㎥):20Km以内 24,500円

同一区内、または隣接する区から20Km以内へのお引越しに対応し、荷物量は段ボール約90個相当(容積8.4㎥)~段ボール約120個相当(容積10.5㎥)まで幅広く対応します。

そのため、車両も2t標準車と2tロング車。スタッフも2名から3名と荷物量によって変わります。荷運びもお手伝いしていただきますが、大型の家具や電化製品などはスタッフが梱包し運びますので安心です。 家族引っ越しには最適のプランでありながらも、13,500円からという格安料金となっています。

引越本部長の「しっかり見積もり」で費用はさらに安くなる

引越本部長の見積もりは、無料で電話、もしくはWebサイト上のフォームから見積もりを依頼できるスピーディーな「簡単見積もり」と、荷物の数量や、新居・旧居の状況などを細かく指定する「しっかり見積もり」があります。 「しっかり見積もり」経由であれば、大抵の場合「簡単見積もり」よりさらに安くなる可能性があります。

その理由としては、大まかな見積もりだけでは、不測の事態に備えてあらかじめ荷物量を多く想定することがあるため、料金が高くなりがちなため、無駄のない「しっかり見積もり」のほうが安くなるのです。

※参考:『料金パック・プラン』https://honbucho.com/plan.html
※参考:『追加料金』https://honbucho.com/option.html
※参考:無料見積もり
『かんたん見積』https://honbucho.com/estim.html
『しっかり見積』https://www.ka-plus.jp/kacorp/budget_entry_form_hh.php
お問い合わせ専用フリーダイヤル
0120-918-808
HOURS:11:00〜20:00

繁忙期以外の情報も必要

9月の引っ越しが意外と割高だという事を知らない人も多いでしょう。これには様々な要因もありますが、3~4月の繁忙期をなるべく避ける人が増えているという事もあり、ひょっとすると第二の繁忙期になるかもしれません。

そうなると、年間を通していつが狙い目なのか、月の前半と後半、あるいは月別の値段など、どれだけ正確な情報を得るかというのも、これからの引っ越しには必要になるでしょう。

全体のまとめ

そうは言っても、会社の転勤や引越先の部屋の都合や空き物件が出たタイミングなど、様々なケースにより引っ越しの時期を動かせない事情がある人もいるはずです。 そんな時は、どんな時期でも他よりも格安な「引越本部長」を検討してみることをおすすめします。

また、注意点としては、1日も早めの予約することが重要になります。

お電話でお見積もり
フリーダイヤル
0120-918-808
HOURS:11:00〜20:00
かんたん無料WEB自動見積

たったの7項目!1分で即回答!

お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり

荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
ちょっと面倒ですが、大抵の場合さらに安くなります!

閉じる