4月の引っ越しを安く済ませるには?繁忙期でも費用を抑えるコツ

引越本部長
4月の引っ越しを安く済ませるには?繁忙期でも費用を抑えるコツ

4月に引っ越しようとすると、上旬は引っ越す人が多く、いざ申し込もうと思っても予約がいっぱいで、希望の日にちに引っ越せないという状況になります。そして、運良く予約できたとしても通常の月より非常に高い料金になってしまいます。

なぜこのようなことが起きてしまうのでしょうか?

そこで、なぜ4月に引っ越しが集中してしまうのか、どうして4月の引っ越し料金が高くなってしまうのかを、繁忙期でも費用を抑えるコツとともにご説明しましょう。

目次

4月の引っ越しの特徴とは?

4月の引っ越し料金の特徴

引っ越し業者は3~4月が繁忙期のため、どの業者も料金が高く設定される傾向にあり、特に3月下旬にピークを迎えることになります。また、4月は3月よりも料金が安くなりますが、通常期よりは高い相場になります。

それは、この時期に各引っ越し業者の受け入れの限界を超えるほど、引っ越しを希望する人が集中してしまうからです。需要が供給をはるかに超えてしまうために、料金は高くなってしまいます。

3~4月の引っ越し料金が高くなる理由

3~4月の引っ越し料金が高くなる理由としては、4月から新年度を迎えるため、入学や入社、転勤が集中しやすいことや、年度内に間に合うように新居が引き渡されることで、 3月中に引っ越す人が多く、引っ越しのピークを迎えるためです。 次いで、4月も引っ越し業者が忙しい時期となります。

この時期は、そして引っ越しの案件数の増加に伴い人手不足が発生し、人手が不足を解消するために短期アルバイトを多く雇うことで通常期よりも人件費がかかること。 さらに、値段が高くても引っ越しを依頼する人が多いことから、値上げする業者が多くなり、料金相場が閑散期に比べて高くなるのです。

4月の引っ越し料金を安く抑えるコツ

4月中旬以降で引っ越す

繁忙期にかかる4月ですが、4月初旬よりは、4月中旬以降のほうが安くなり、狙い目となります。理由としては、入社式や入学式は4月初旬が一般的で、その前までには引っ越しを完了したい人が多く、中旬はそれらが一段落するからです。

「公益社団法人全日本トラック協会」が発表している「平成30年引越繁忙期」でも、4月上旬までが混雑予想時期に含まれており、協会も分散引っ越しへの強力を呼びかけています。

※参考:公益社団法人全日本トラック協会『平成30年 引越繁忙期 ~分散引越にご協力をお願いします~

人気の曜日や時間帯を避けて引っ越す

このようにも、土日祝日のほうが料金は高くなりやすいのにかかわらず、引っ越しを依頼する人が多いのは、学校や会社に支障が出ないためと、土曜日に引っ越すと、翌日に片付けしやすいからなのです。

また、多くの人が利用する午前中の引っ越しは、午後に片付けができるために人気の時間帯なので、割高な傾向にあります。逆に、繁忙期の中であっても、時間指定しないプランを選ぶと料金を抑えられる業者もあります。 自分のスケジュールに都合が付くなら、このようなプランの利用を考えたほうが費用を節約できます。

「引越本部長」の引っ越しプランと料金の目安

繁忙期の引っ越し料金相場

3月~4月の繁忙期の引っ越し料金相場は、トラックや作業員が不足するため予約がとりにくく、引っ越し料金は通常期に比較して10,000円~100,000円程度割高になっています。

【繁忙期】単身者の引っ越しの料金相場

距離 荷物(少) 荷物(多)
~15km未満(市区町村内) 36,207円 47,562円
~200km未満(同一地方内) 53,334円 60,373円
~500km未満(近隣地方) 48,848円 74,459円
500km~(長距離) 61,178円 81,935円
※価格は平均
※参考:価格.com「引越し費用・料金相場」https://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/

【繁忙期】家族向け引っ越しの料金相場

距離 荷物量の目安(2人分) 荷物量の目安(3人分) 荷物量の目安(4人分) 荷物量の目安(5人分)
~15km未満(市区町村内) 80,860円 93,030円 115,575円 138,115円
~50km未満(都道府県内) 81,918円 100,163円 113,899円 123,575円
~200km未満(同一地方内) 104,663円 138,144円 150,819円 120,111円
~500km未満(近隣地方) 115,308円 181,333円 182,315円 318,571円
500km~(長距離) 148,302円 184,345円 205,932円 257,122円
※価格は平均
※参考:価格.com「引越し費用・料金相場」https://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/

引越本部長の料金プランの特徴

引越本部長の料金プランの特徴は、「爆安75プラン」「超節約プラン」「標準プラン」があることで、わかりやすい料金体系であることと、オプション別の料金設定なので、本当に必要なサービスだけを選べることなどがあります。

引越本部長【爆安75プラン】

料金 7,500円
エリア 23区内同士、または隣接する市部へのお引越し
スタッフ 1名
お荷物量 ご自分で用意した20箱以内の段ボールのみ

引越本部長【超節約プラン】

自分でできる作業を手伝う代わりに、相場よりも安い料金で引越したい方に、ピッタリのお安いプランです。

エリア/料金 同一区内、または隣接する区へのお引越し/10,500円~
エリア/料金 20Km以内へのお引越し/11,500円~
スタッフ 1名
お荷物量 段ボール約50個相当(容積4.6㎥)

引越本部長【標準プラン】

荷造りと荷解きは、ご自身で行いますが、大型家具や家電類の荷造りは、引越本部長の専門スタッフが担当します。

エリア/料金 同一区内、または隣接する区へのお引越し/13,500円~
エリア/料金 20Km以内へのお引越し/14,500円~
スタッフ 2名
お荷物量 段ボール約90個相当(容積8.4㎥)
エリア/料金 20Km以内へのお引越し/24,500円~
スタッフ 3名
お荷物量 段ボール約120個相当(容積10.5㎥)
※表示価格は全て税抜価格です。別途消費税がかかります。
※上記の価格は「低層階から低層階へのお引越しであること」が条件となっています。それ以外の条件については下記のオプション料金が加算されます。
※参考:https://honbucho.com/plan.html

サービスオプション

引越本部長は、上記の基本料金に必要なオプションを組み合わせます。

休日(土曜日) 合計金額に30%加算
休日(日曜日・祝日) 合計金額に15%加算
階段での4Fへの搬出入 2,000円
階段での5Fへの搬出入 5,000円
距離増し(21km~100kmまで) 2,500円/10km毎(例:31㎞なら25,000円)
距離増し(101km以上) 1,500円(10km毎)
横持ち(※) 1,000円/10m毎(車両から玄関までの距離です)
時間指定 3,000円〜5,000円
当日今すぐ便 15,000円
作業員1名追加 10,000円〜
※横持ち:玄関前まで引越し車輌が通行できない場合の玄関から車輌までの手持ち・台車運搬作業の事
※表示価格は全て税抜価格です。別途消費税がかかります。
※参考:https://honbucho.com/option.html

多くの人と同じ時期は避ける

時期によって料金が変わり、繁忙期はその料金が高くなる引っ越しですが、それでも繁忙期や土日に引っ越しを希望する人は多くなります。 荷物量をチェックして金額を決め、契約をする見積もりの予約段階からその傾向はあり、値引き交渉や割引が可能な時期をすすめても、仕事や学校の都合からどうしてもスケジュールを動かせないケースが多いのも事実です。

もし、一人暮らしで大きな家具もなく、荷物も少なくて、移動距離が短いのならこの時期を避けて、3月の早めの週や4月の中旬、あるいは時間指定無の引っ越しとすれば、一番安く引っ越しが出来ます。

全体のまとめ

新生活を新しい物件を探し、色々な業者を比較し、相見積もりを取ったり値引き交渉をしたりと、引っ越しにまつわる作業は非常に多いので、多くの時間と労力を必要とします。 自分の希望する日に引っ越しをするもっとも確実な方法は、出来るだけ早めの予約をすること。そしてもっとも安く引っ越しをするなら、他の人が希望する時間帯や曜日と避けることです。

このポイントを押さえれば、4月の引っ越しも無事終わらせることが出来ます。

引っ越し本部長
お問い合わせ専用フリーダイヤル
0120-918-808
HOURS:11:00〜20:00
お電話でお見積もり
フリーダイヤル
0120-918-808
HOURS:11:00〜20:00
かんたん無料WEB自動見積

たったの7項目!1分で即回答!

お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり

荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
ちょっと面倒ですが、大抵の場合さらに安くなります!

閉じる