引っ越しはいつまでに連絡すればいい?タイミングと退去の流れを解説

引越本部長
引っ越しはいつまでに連絡すればいい?タイミングと退去の流れを解説

引っ越しする時には忙しのあまり、必要なことを忘れがちになってしまいます。中には引っ越しのスケジュールが迫ってきてからでは間に合わないこともあるので注意しなくてはなりません。

特に退去するアパートなどは、退去する一か月以上前から連絡することが義務付けられていたり、ガス会社や水道そして電気なども余裕をもって早めに連絡しないと余計な手間や料金が発生します。

その他にも多くの手続きがありますので、ここで一度それらの連絡の時期や方法を確認しておきましょう。

目次

引っ越しの連絡はいつまでに必要?

退去の連絡は1カ月以上前に行う

現在住んでいる場所(賃貸物件)の退去告知の期日は、物件により異なるものの、一般的には退去日の1ヶ月前までとされていることが多いです。

契約する時の通知の方法も含め、契約書に書かれてあるので必ずを確認する必要があります。 万が一手続きが遅れると、新居と旧居の両方で二重に家賃を支払うことになるおそれもあるので、引っ越しが決まったらまず最初に連絡するつもりでいたほうが良いでしょう。

また、旧居を退去するのに手間取ったり、新居の契約後、入居までに時間がかかると、その間、新居の家賃も発生するという事態になります。

契約期間中の退去は違約金がかかることがある

物件によっては、契約期間の途中で解約すると、違約金が発生する場合もあります。これは短期間での解約を防ぐためであり、賃貸借契約書に記載されているはずです。 一般的な違約金は家賃1カ月分であり、敷金などで精算されることになります。

月の途中の解約が認められない場合もある

また、月の途中で解約する場合は、家賃を日割りで計算してくれるところが一般的です。

大家さんや不動産屋さんによっては、月の途中の解約が認められていないケースもあるので、これも賃貸借契約書を確認する必要があります。無駄な出費を防ぐためにも退去する日にちを調整することも考慮したほうがいいでしょう。

引っ越しをするときの退去の流れ

賃貸借契約書を確認し、退去を通知

引っ越し先が決まったら、賃貸借契約書を確認し、電話や書面などを利用し、退去通知を行うことになります。そして、必要な書類などを請求し、期日までに提出または送付します。 まだ引っ越す先の住所が不明だったり、引っ越し先が決まっていなくても、退去することが確実ならば、後から連絡することにしておいて、手続きを進めてください。

とりあえず決められた期日内に一報を入れておくことで、貸主とのトラブルや余計な出費を抑えることが出来ます。

退去日の決定後、入居日や引っ越しの日程を確定

賃貸住宅の場合は、入居日を調整し、賃料がが二重に発生しないようにするためには、退去通知後、退去日を決めてから入居日や引っ越し日を決めると良いと思います。

そして引っ越しの日程が決まったら、不動産会社へ連絡を入れるという段取りとなります。ただし、引っ越しの繁忙期や集中する時期などではこの限りではなく、引っ越し業者の予約が優先されることもあります。

電気や水道、ガスなどのライフラインを解約

電気や水道、ガスなどのライフラインについては、退去日決定後すぐに連絡を入れて転居手続きを行い、いつまで使うか、引っ越しのどのタイミングで解約するのか、料金の精算をどうするのかなどを決めることになります。

また、固定電話やケーブルテレビ、Wi-Fiなどの解約手続きも同じように、それぞれの業者に早めに連絡し、解約日を決めます。工事が必要であったり、レンタル機器の返却などもあるので注意しましょう。

これらはお部屋の解約と異なり2週間ぐらい前でも大丈夫ですが、忘れないためにも早めの連絡がおススメです。

退去の立ち会いと鍵の返却

賃貸住宅の場合は退去日に備え、掃除を済ませておくことが必要です。原状回復が原則なので、退去の立ち会いでは、不動産管理会社の担当者が立ち会いのもと、いっしょに部屋の傷や汚れをチェックします。このため、少しでも印象を良くすることが重要です。

そして、部屋の状態が良ければ、退去費用を抑えられる可能性がありますが、傷や破損、汚れが激しい場合は修理費や交換費用が敷金から引かれたり、足りない場合は後で請求されることになります。

最後にマスターキー(鍵の原本)と合鍵を返却して部屋の退去は完了です。

引っ越し費用を安くしたい人におすすめのプランと料金の目安

引越本部長の料金が安い理由

さて、引っ越しそのものの料金もなるべく抑えたいと誰もが思うはずです。 そして、数ある引っ越し業者の中でも「引越本部長」の料金が安いといわれる理由は、オプション別の料金設定なので本当に必要なサービスだけを選べるといったシステムがあるからです。

自分で出来ることはなるべく自分で行い、無理なことや時間が取れなくて手が回らないことだけを依頼することで、かなりの出費を抑えることが出来ます。

通常の引っ越し業者ですと、大まかなくくりだけで料金設定が高めになってしまったり、料金の詳細がわからないなどという事がありますが、「引越本部長」ならそれぞれの料金がはっきりしており、どこまで安くできるかが自分で把握できるのが特徴です。

引っ越しの予約が可能な期日

引越本部長では、トラックの枠が空いていれば当日など急な引っ越しでも対応可能ですが、その低価格を維持し、利用者の満足度を高めるためには、引っ越し件数の安定化が必要となります。 しかし一日の引っ越し件数には限りがあります。引っ越しが決まったらなるべく早めに見積もり依頼の連絡をしてください。

料金の目安

安いといってもなかなかイメージしにくいかも知れませんので、「引っ越し本部長」の各プランをご紹介しましょう。それぞれの特徴と条件を見てご自分にあったプランを見つけてください。

※表示価格は全て税抜価格です。別途消費税がかかります。

爆安75プラン 単身の方向けのプラン

当日までに荷造りが出来る単身の方におすすめのプランです。23区内同士、または隣接する市部へのお引越しで、スタッフは1名となります。

このプランの適用条件としては、ご自分で用意した高さ・幅・奥行の3辺の和が120センチ以内で、1個当たりの重量が10キロ以内の段ボール20箱以内のみで、1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドアの運搬。 部屋の中の移動などはお客様のお手伝いをお願い致します。

荷物量・料金 段ボール20箱以内・東京23区内及び近接エリア間 7,500円~

超節約プラン 安い料金で引越したい方向け格安パック・プラン

自分でできる作業を手伝う代わりに、相場よりも安い料金で引越したいと方に、ピッタリのお安いパック・プランです。スタッフが1名伺い、荷物量は段ボール約50個相当(容積4.6㎥)となります。

ご自分で用意した高さ・幅・奥行の3辺の和が120センチ以内で、1個当たりの重量が10キロ以内の段ボール20箱以内のみで、1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドアの運搬。部屋の中の移動などはお客様のお手伝いをお願い致します。

荷物量・料金 東京23区内及び当社が認めた近接エリア間 10,500円~
荷物量・料金 東京23区内及び当社が認めた近接エリア間 11,500円~

標準プラン 大きな家具や電化製品がある方に最適

引越し用段ボールの荷造りと荷解きは、お客様ご自身で行っていただきますが、大型家具や家電類の荷造りは、引越本部長の専門スタッフが担当します。

スタッフ2名~3名が伺い、段ボール約90個~120個相当の荷物が運搬可能となります。大きな家具や電化製品がある方に最適なプランです。

20Km以内・荷物量・料金 スタッフ2名・段ボール約90個相当(容積8.4㎥) 14,500円~
20Km以内・荷物量・料金 スタッフ3名・段ボール約120個相当(容積10.5㎥) 24,500円~

上記のプランは平日の基本料金ですので、積み地や降ろし地、またはお客様の希望などで必要なオプションを加えることになります。また、繁忙期には特別料金となるために事前にお問い合わせください。

※参考:https://honbucho.com/plan.html

引っ越し本部長のオプション料金

引っ越し本部長の特徴である各種オプション料金です。

階段での4Fへの搬出入 人員追加1名につき追加8,500円〜
※繁忙期及び作業条件やお荷物量によっては、料金が異なる場合が御座います。
距離増し(35km〜70km) 基本料金と同額分を追加
※繁忙期及び作業条件やお荷物量によっては、料金が異なる場合が御座います。
距離増し(70km〜) お問い合わせください。
横持ち(※注) 10m毎 1,000円
時間指定 2,000円〜5,000円
作業員追加 平日:¥7,500/人
土日祝:¥8,500/人
繁忙期:¥10,000/人
※表示価格は全て税抜価格です。別途消費税がかかります。
※参考:https://honbucho.com/option.html

全体のまとめ

退去するには、上記以外にも役所での手続きや提出など様々な期日があります。そして入居先でも同じことが言えます。

忘れたり、当日や前日になってあわてないためにも、引っ越しが決まったら退去時までに何をするか、スケジュール表を作っておくと便利です。

引っ越し本部長
お問い合わせ専用フリーダイヤル
0120-918-808
HOURS:11:00〜20:00
お電話でお見積もり
フリーダイヤル
0120-918-808
HOURS:11:00〜20:00
かんたん無料WEB自動見積

たったの7項目!1分で即回答!

お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり

荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
ちょっと面倒ですが、大抵の場合さらに安くなります!

閉じる