引っ越し費用の総額はいくら?業者の料金以外にかかる金額は?

引越本部長
引っ越し費用の総額はいくら?業者の料金以外にかかる金額は?

いざ引っ越すと思うと、単身であってもその費用が気になります。 新居の家賃や引っ越しそのものにかかる費用ばかりに気を取られがちですが、旧居の退去費用や新しく購入する家財の金額などもあります。 その費用総額は考えていたものを上回り、慌ててしまうかもしれません。

そこで、新しい生活を送るためにはどんなことが必要で、そのために必要な費用はどのくらいなのかを調べてみました。 引っ越しを検討する際にまずはこの記事をご覧になり、無理のない計画を立てて下さい。

目次

引っ越しにかかる費用の内訳

それでは、引っ越し代金以外に、どのような費用があるのかを具体的に見てみましょう。一軒家と集合住宅、賃貸物件と分譲物件によによって多少は違いがあります。

新居の契約にかかる初期費用

賃貸では新居の契約にかかる一番大きな費用としては、次月からの家賃に先立って前家賃が必要になります。 物件によっては日割り家賃になるので、入居日を良く考える必要があります。 また、管理費や共益費も家賃に加わり、5万円だと思った家賃も、月々の支払いでは6万円必要になりえるので確認しなければなりません。

また、敷金、礼金そして仲介手数料も契約には付きものとなります。 物件や管理会社によって2か月分や1カ月、もしくはゼロということもあり、上手に選ぶと初期費用を大幅に減額することが出来ます。 また、指定の火災保険にも加入することも求められたり、そうでなくても自分で加入しなければならないので、月払い、年払いなど支払い方法も含めて検討することになります。

その他では、新築物件でなければ鍵の交換費用もかかる場合もあります。そして、保証会社を利用する場合はその費用も必要なことも覚えておきましょう。

旧居の退去にかかる費用

新居だけではなく、旧居を退去するにも費用がかかります。解約日までの家賃は当然ながら、敷金を超える修繕費用も支払う必要があります。 また、汚れがひどいケースでは、ハウスクリーニング費用が必要な場合もあります。さらに、契約期間内などで退去すると解約金が発生する場合もあります。

引っ越し作業にかかる費用

引っ越し業者に支払う費用も考えておかなければなりません。業者を使わず自分で引っ越し作業を行う場合でも、レンタカー代などの費用はかかるので無視できません。 また、引っ越し代金とは別に、ダンボールなどの梱包材などにかかる費用も意外とかかります。

また、エアコンの取り外しや取り付けにも最大3万円ほど見なければならず、WiFiの解約や新規の解説が必要な場合も費用がかかるケースもあります。

新規に家具や家電を購入した場合の費用

引っ越し先の新居の広さや条件に応じて、家具、家電を新調する場合も多いのではないでしょうか。 しかし、その前に旧居の家具、家電の処分をする必要があり、その費用も無料ではありません。大きさや種類によって費用が異なるのでチェックしておきましょう。 また、新しい家具類は新居に配達してもらわないと、運ぶ荷物の量が増えて引っ越し料金が増す場合があります。

日用品代

家具や家電以外にも、日常的に必要なものも新たに買う事にもなり、タオルやトイレットペーパー、キッチン用品、洗濯・掃除用品など、新生活を始める上で、すぐに使うものはあらかじめ用意していないと困ることがあります。 特にトイレットペーパーは要チェックです。

近隣住民への手土産代

引っ越し先の近所へのご挨拶は新居で快適に住むためにも重要です。 一戸建ての場合は新居の両隣、前後、集合住宅の場合はフロア上下の方へも、菓子折りや日用品(タオルや洗剤など)を手土産にすれば、無用なトラブルを未然に防ぐことがあります。 余裕があれば旧居でも同様に行うと良いでしょう。

【時期別】引っ越し料金の相場

ところで引っ越し料金が時期によって異なるのをご存知でしょうか。引っ越し業者も保有する車両やスタッフには限りがあるため、引き受けできる作業には限界があります。 そのために引っ越しが集中する次期には予約も難しい状況になり、通常期と比較して自然と料金も割高になってしまうのです。

※参考:価格.com「引越し費用・料金相場」https://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/

繁忙期(3~4月)

3~4月の年度替わりの時期には引っ越しが集中するため、繁忙期と呼ばれています。 この時期にはトラックや作業員が不足するため予約が取りにくくなり、業者間でも取り合いになるのでコストも上昇して引っ越し料金が割高になる傾向があります。

単身者の場合、移動距離や荷物量に応じて、35,861円~81,848円というのが平均的な相場ですが、距離や荷物によっては追加料金が発生し、料金は高くなります。 また、2人家族の場合は80,570円~148,949円、3人家族の場合、92,999円~187,935円、4人家族の場合、116,332円~205,932円となります。

次に通常期の料金を見てみましょう。繁忙期との価格差がどのくらいあるのかがポイントになります。

通常期(5~2月)

5~2月は引っ越しが集中しない時期となり、トラックやスタッフに余裕があるため予約も取りやすく引っ越しの日程も自由に選べます。 また、もっとも作業件数が少ない平日などを選べば交渉次第で料金も安くなりやすいのも特徴です。

単身の場合の引っ越し料金は、28,686円~70,023円で、繁忙期と比べると10,000円近くも安くなります。 そして、2人家族の場合、64,493円~115,451円、3人家族の場合、76,456円~130,115円、4人家族の場合、97,219円~146,880円となり、単身世帯と同様、約15,000円~50,000円通常期のほうが安くなり、その額も荷物量が大きくなるほど料金の差額も高くなります。

引っ越し料金以外の費用の目安

上記で説明した引っ越し料金以外の費用について、具体的な金額をご紹介しましょう。 尚、一般的に掛かる費用の目安なので、実際かかる費用を補償するものではありませんので、実際の料金は個別に問い合わせが必要です。

旧居の退去にかかる費用

入居時に敷金を払っている場合は、敷金の範囲内で修繕費用やハウスクリーニング代は賄える場合が多いのですが、大きな損傷があり、原状回復に工事が必要な場合などは、敷金を超えた実費が必要になります。

また、解約日までの家賃は、新居の家賃と二重払い状態があまり起きないよう注意することが必要です。 そして、最低でも一か月前に退去する旨連絡を入れておかないと違約金や解約金が必要になるケースもあります。 賃貸契約の契約書で解約予告期間などが書いてあるので確認しておきましょう。

新居の契約にかかる費用

敷金、礼金は大家に払うもので、それぞれ家賃の1カ月分で、合計2カ月分となることが多く、敷金は退去時に戻ってくる可能性がありますが礼金は帰ってきません。 また、仲介手数料は不動産会社に払うもので、家賃1カ月分が目安で、施設の共同部分の維持管理に必要な、管理費と共益費も費用として徴収されます。
これらは家賃の5~10%であることが多く、一軒家、アパート、マンションなど物件によって大きな金額の差があり、3000円~15000円というところが平均となっています。 さらに火災保険料や、鍵の交換費用がかかり、これらも物件や構造によって異なってきます。

家具、家電の購入費用

引っ越しを機に、大型の家電や家具を買い替える場合には、あらかじめ新居の寸法を確認して選び、置き場所を決めておくと引っ越し作業がスムーズに進められます。 また、購入した店舗からの配送料が別途必要な場合や、搬入が困難で特殊な作業が必要な場合も追加費用を請求される可能性もあります。

近隣住民への手土産代

近隣住民への手土産代は1件あたり500円~1,000円程度のでものでよく、日持ちのする食品かタオルなどの日用品がおすすめです。

新居、旧居の両隣や上下あわせて8件回る場合4,000~8,000円程度として計算しておきましょう。また、引っ越し業者がオプションサービスで注文を受ける場合もあります。 その他には、新居までの交通費が必要と夏でしょう。

引っ越し費用の総額の目安と安く抑えるコツ

では、引っ越しにかかる費用の総額はいくらぐらいになるのでしょうか?また、少しでも安く押さえる方法にはどんなものがあるのでしょうか?

総額の目安

引っ越しにかかる費用の総額は、新居の家賃や旧居の退去時の状況、引っ越し料金によって異なりますが、一般的に「家賃の6カ月分」が目安と言われています。 新居の契約にかかる敷金・礼金と手数料、退去時にかかるクリーニング代などの費用、引っ越し代金とそれにまつわる梱包資材費、そして挨拶用の粗品台などが含まれた合計額です。

初期費用の少ない物件を選ぶ

まず最初に考えるのが、新居の家賃が抑えられないか検討することでしょう。 敷金、礼金、仲介手数料などは家賃と連動しているため、数千円の差がトータルでは大きな金額になります。

そのため、礼金は大家から戻ってくる可能性のないお金のため、礼金ゼロの物件を探すのが有効です。 また、一定の期間、家賃がかからないフリーレントの物件から選ぶということも大きな節約になります。

退去前に旧居の掃除を丁寧に行う

旧居では敷金が戻ってくる可能性があります。 経年劣化分は考慮されるので、原状回復はしなくても良いのですが、台所の油汚れ、水まわりのカビなど、きれいにできるところは掃除しておくことがポイントとなります。 部屋の傷や汚れが多いと、ハウスクリーニング代が発生する場合があるのと、程度によってハウスクリーニングも安くて済む場合もあります。

引っ越し料金を安く抑える

繁忙期の3~4月や土日や祝日などの休日、そして月末や大安などの人気があって引っ越しが集中しやすい時期を避けるだけで料金を安く抑えられる可能性が高くなります。 さらに、引っ越しの時間を午前中に限定しないで、「午後便」や時間指定できない「フリー便」を選ぶと安くなったり、割引をされる可能性もあります。

また、自分で引っ越し作業を行うことで料金を抑えることができる場合もありますが、運ぶ荷物量を少なくして引っ越し料金の安いプランを選ぶことも効果的と言えます。

必要なサービスだけを選べる「引越本部長」の引っ越しプラン

東京24区内とその隣接エリアを中心にするなど、エリアを絞った近距離引っ越しに特化することで、7,500円からの引っ越しが可能になるなど、格安な料金設定で評判の高い「引越本部長」の引っ越しプランをご紹介します。

引越本部長の料金プランの特徴

「引越本部長」の特徴としては、引っ越しエリアを限定し一件あたりの作業時間を短縮して一日に複数の引っ越しを受注できることでコストを削減するなど無駄なコストは極力カットしています。 また、用意されるプランは「爆安75プラン」「超節約プラン」「標準プラン」の3つがあり、各プランはいずれも必要最低限のサービスに特化することで、料金を安く抑えており、細かいオプション設定があるため、本当に必要なサービスだけを選ぶことが出来ます。 それでは、それぞれのプランの特徴や料金、そして適用条件などを見てみましょう。

爆安75プラン まさに安さを超えた爆安料金

爆安75プランは7,500円~という単身の方におすすめの格安プランです。 23区内同士、または隣接する市部への引越しに適用され、当日までに荷造りが出来ることと、荷物量は自分で用意した段ボール20箱以内で、1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドアの運搬が条件になります。 また、引っ越しスタッフは1名なので、部屋の中の荷物の移動などの手伝いが必要となります。

7,500円といえば12時間レンタカーを借りた場合や、ダンボール20個を宅配便で送るより安い、まさに爆安料金料金のプランです。

超節約プラン 節約志向の方の味方

爆安75プランと同じくスタッフ1名で、部屋の中の荷物の移動などの手伝いが条件となり、荷物量は段ボール約50個相当で、料金は東京23区内及び近接エリア間で10,500円~、20Km以内なら11,500円~となります。 違いは、爆安75プランでは積みきれない、多めの荷物量や新居まで少し距離のある方におすすめのプランということです。

料金は3千円ほどプラスになりますが、爆安75プランの倍以上の荷物量でも適用されるので単身者の多くの方に利用できるプランです。

標準プラン 家族向けの標準がこの安さは驚異的

家族での引っ越しはこのプラン。20Km以内で荷物量が段ボール約90個相当の場合ならスタッフが2名で14,500円~、段ボール約120個相当なら、スタッフ3名で24,500円~と格安。

しかも、家族引っ越しに付き物の大型家具や家電類の荷造りは、引越本部長の専門スタッフが担当するので安心です。 それでこの安さが標準となるので、オプション料金が加わってもその安さは驚異的です。

上記は基本料金ですので、積み地や降ろし地の状況、希望内容によっては、必要なオプションを加えることが必要になります。 また、3月~4月の繁忙期は特別料金となるため、事前に問い合わせが必要です。

※参考:https://honbucho.com/plan.html

次に、引越本部長の安さの特徴である各種オプションをご紹介しましょう。

引越本部長の主なオプション料金

これらの中から、必要なものだけをひとつ、あるいは複数の基本プランに加えることで、無駄のない引っ越し料金が可能になります。

梱包資材料金 段ボールセット M/Lサイズともに、5枚で3,500円、10枚で4,500円
休日料金(土日・祝) 合計金額に15~30%加算
階段での搬出入 2,000円~5,000円
距離増し(21km~100kmまで) 2,500円(10km毎)
横持ち(※注) 10m毎 2,500円
時間指定 3,000円〜5,000円
当日今すぐ便 15,000円
作業員1名追加 10,000円〜
(※)横持ちとは? 玄関前まで引越し車輌が通行できない場合の玄関から車輌までの手持ち・台車運搬作業の事。お安い設定で対応します。
※表示の価格は税抜です。別途、消費税を頂戴しますので、ご了承ください。
※参考:https://honbucho.com/option.html

汗をかいて節約するか、労力とサービスに支払うか

引っ越しには様々な費用が必要となりますが、考え方を変えればその数だけ節約する方法もあるのです。 ひとつひとつは微々たる金額ですが積もり積もれば大きな金額となります。 例えばダンボールを新品で購入すれば数千円かかるところが、スーパーや量販店などでもらえれば無料になります。
あるいは荷物を整理して荷物量を減らすことが出来れば引っ越しプランを下がることが可能になります。これだけで合計1万円近く安くなるのです。

もちろん、その分自分が汗をかくことになりますので楽ではありません。 したがって、時間がなかったり様々な事情でその通りうはいかない人は、引っ越し業者に料金を支払い、その労力とサービスを利用させてもらうことになります。 このどちらかという選択になります。

全体のまとめ

新居の料金はその人の経済状況によって大きく異なりますが、少しでも安い物件を真剣に探すと思います。

しかし、その他の費用に関してはそれほど深く考えない傾向にあります。新居が決まって退去する平均1か月前ぐらいになってようやくバタバタと考え始めるのではないでしょうか。 1か月前といっても仕事をされていれば、休みは多くて8日。4日しかない場合もあります。 そんな時でも引っ越し料金だけでもなるべく安くすることは可能です。

例えば、引っ越し本部長であればPCやスマホで見積もりや予約が出来ますし、電話でも可能です。 引っ越し料金を押さえたいのなら、ぜひ引越本部長に問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

引っ越し本部長
お電話でお見積もり
フリーダイヤル
0120-918-808
HOURS:11:00〜20:00
かんたん無料WEB自動見積

たったの7項目!1分で即回答!

お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり

荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
ちょっと面倒ですが、大抵の場合さらに安くなります!

閉じる