引越し費用が安い時期は?オフシーズンのメリットと月ごとの特徴

営業時間:11:30〜20:30
03-6371-2890
お見積もり

引越し費用が安い時期は?オフシーズンのメリットと月ごとの特徴

引越本部長の成田 連です。引越し作業員歴4年、見積もりや配車などの引越し営業事務歴3年。僕自身も引越し魔です。色々な土地に住むのが楽しすぎて、なんと現在までに10回以上、引越しをしています(笑)。

引越本部長の部門管理者として、かつ引越しの1ユーザーとして【これから引越しを予定される方へ、少しでもタメになる記事】を書こうと思います!

※ こういうテーマで書いて欲しい~というネタがありましたら、ぜひ引越本部長のお問い合わせフォームにて、教えてくださいね。お待ちしております!

無事に物件探しを終え、新居の契約が済んだら、いよいよお引越し開始です。引越しをする際、気になることの一つが料金ですよね。実は、引越しの値段は繁忙期(オンシーズン)か通常期(オフシーズン)かによって大きく変わってきます。また、引越し料金を抑えるためにはいくつかのコツがあります。

ここでは、引越し費用相場が一番安くなる時期や時間帯、曜日などのタイミングなど、料金が安い狙い目時期についてご紹介します。

また、オフシーズンに引越しをする際のメリットや注意点、さらに費用を安く抑えるコツなどについてもあわせて確認してください。

引越し費用が安い時期はいつ?

引越し費用は、選ぶ業者・プラン、また、移動距離によって変動します。当然、値段設定の高い業者もあれば低い業者もありますし、移動距離が長距離になればなるほど料金は高くなる傾向があります。それ以外に引越し費用に影響するのが、引越しをする時期です。

引越し費用が高い時期

一般的に、引越し業界の繁忙期と呼ばれるのは3月~4月上旬。入学や就職、転勤、異動などに伴う新生活を控え、引越し件数が多くなる季節です。特に3月中旬頃からはピークを迎え、引越し需要が急増。この時期は、希望の日時が通りづらくなります。

また、黙っていても予約や見積もり依頼が入るので、多くの引越し会社が料金を高めに設定しており、値下げ交渉にも応じてもらえない可能性が高くなります。4月下旬頃には落ち着き、引越し料金もピーク時に比べると安くなります。

また、連休や大学の秋入学、企業の人事異動などのイベントがある8月下旬~10月や、まとまった休みが取りやすい12月下旬頃も比較的引越し件数が多くなり、業者によっては料金を高く設定しています。

引越し費用が安い時期

一方、引越し費用が平均的に安くなるのは、「通常期」または「閑散期」と呼ばれる5月~2月です。中でも、引越し費用が最安値になるのは11月頃。前述の通り、10月が過ぎると引越し業界は一段落します。

さらに、引越し費用が安くなるタイミングは、平日。多くの社会人、学生の休日である土日・祝日に比べ、平日は引越し件数が少なくなるので、安くなることが期待できます。時間帯で言うと、早朝から午前中が人気です。

単身で荷物が少ない場合や移動距離が長距離でない場合は、午後からにするか、時間帯を設定しないプランを選ぶのも一つの手。希望日が通りやすく、料金も安くなる傾向があります。

ただし、世の中には結婚式などと同じように引越しでも縁起を気にする人もいるので、六曜の大安など縁起が良いとされる日は人気です。また、先勝は午前中の引越しは吉とされています。一方、仏滅などの日取りは避けられることが多く、業者によっては料金を低く設定している可能性があります。

宅配便より安い 爆安75パック 7,500円

繁忙期と通常期で引越し費用が変わる理由

引越し費用は繁忙期と通常期で大きく異なります。引越し需要が高まる繁忙期は引越し費用も高くなるため、リーズナブルに引越しをしたい方は引越し時をしっかり狙う必要があります。

また、引越し業者によってもサービス提供料金には違いがあります。実際にいくらかかるのか、お安い業者はどこなのかを知るためにも複数業者に見積を依頼してください。

ここでは繁忙期・通常期の費用について、引越し費用を抑えるコツをご紹介します。

繁忙期の引越し費用が高い理由

繁忙期は、入学や就職に伴う引越しが集中します。そのため人員が不足し、営業マンや引越しスタッフなどの人件費がかさみやすく、料金は高くなります。そのため、繁忙期は引越し業者側も料金の割引や値引きに応じ難く、交渉はしにくくなるのが特徴です。

引越し業者が値段を高めに設定しても需要があることも価格が上がる背景の一つです。一方、閑散期は引越し業者への依頼が格段に減ります。トラックの空きも増えるため、その空きを埋めるために料金を安くする可能性があります。

また、繁忙期は引越し作業だけでなく、それに付随するエアコンの取り外し・設置工事などの費用も高くなる傾向にあります。これは引越し需要の高さに比例して取り外し・取り付けの依頼件数が増加するためです。

引越し業者にはエアコンの取り付け・取り外しのオプションサービスがあります。もし利用しない場合は、別途電気工事会社へ連絡し予約を取り付けなくてはいけません。手続きの面やコスト面でやや割高になる可能性もあるのでご注意ください。

引越し費用を抑えるコツ

このような背景から、引越し費用をできるだけ抑えたいならば繁忙期よりも通常期を選ぶのが正解です。さらに、通常期を選ぶことに加えて、引越し料金を抑えるコツはいくつかあります。

たとえば、単身者パックは基本料金が安いためお得です。単身者パックと名前がついていますが、一人暮らしだけでなくさまざまなライフスタイルの方に対応可能です。カップルや2人以上の家族引越しでも荷物が少ないのであれば単身者パックを利用できるので検討してください。

不用品を処分するのも引越し料金を抑えるコツのひとつです。荷物量は引越し料金に大きく影響します。できる限り不用品を処分し、運搬する荷物を減らせれば料金もかなり安くなります。

複数社に相見積もりを依頼し、比較するのも忘れずに行うのが大切です。実は引越し会社によって引越し料金には差があります。大手はサービスが良い反面料金は比較的高く、反対に中小の引越し会社はコストカットを工夫して費用を抑えているケースも少なくありません。 リーズナブルな引越しをするならば必ず複数社の相見積もりを行ってください。

午後便や時間帯指定なしのフリー便を利用するのも引越し料金を抑えるコツです。というのも、実は午前中は引越し料金が高くなる傾向にあります。 これは午前中に荷物の運搬、午後から荷解きといった形で、引越し当日にすべての引越し作業を終えやすいため需要が高く料金も高くなっています。費用を抑えたいならば引越し業者に一任するフリー便が最もおすすめです。

レンタカーよりお得 超節約パック 最安10,500円

オフシーズンに引越しを行うメリット

就職や進学などにより引越しをする際は引越しをする時期を選ぶのは難しいですが、それ以外の場合は閑散期(オフシーズン)に引越しすることでいろいろなメリットがあります。

引越し費用を繁忙期よりも安く抑えられる

前述の通り、繁忙期よりも引越し費用が安く抑えられます。さらに引越し費用をやすく抑えたい場合は平日かつ時間帯をフリーにしたり、価格交渉をしたりすることでさらに安くなります。

希望する日程や時間帯で引越しできる可能性が高い

繁忙期はどの業者を選んでも予約で混み合っています。一方、閑散期は引越し件数が少なく、比較的希望の日時が通りやすいこともメリットとして挙げられます。また、女性の一人暮らしなどの場合、女性の作業スタッフを指定できるプランのニーズがあります。

しかし、そのようなプランを用意している業者は限られています。そのため、通常は予約を取りづらい傾向にありますが、閑散期は比較的利用できる傾向にあります。

引越し作業の品質が安定しやすい

スタッフの人手が不足する繁忙期。業者によっては、臨時のアルバイトで人員を補います。慣れないスタッフが作業を行うと、荷物や家具を壁にぶつけるなど新居にダメージが及ぶ恐れがあります。

特に、新築物件の場合は心配です。閑散期は人手が足りているためそのような懸念がほとんどありません。熟練したスタッフが作業することで作業品質が安定する傾向にあります。

敷金・礼金などの初期費用や家賃が安くなる場合がある

閑散期は、引越しの件数自体が少なく賃貸物件の入居者も減ります。そのため、不動産会社も大家さんも空き部屋を埋める対策として、家賃や敷金・礼金・仲介手数料の値引き交渉に応じる場合があります。

また、空き物件を作らない目的で、フリーレント物件を貸し出す大家さんもいます。フリーレントとは、入居後1~3カ月など、一定期間の家賃を無料にする賃貸契約方法です。

空き物件をなくしたい場合、賃料を下げるという選択肢ももちろんあります。しかし、家賃の値下げはすでに居住している他の人から不満が出る可能性があります。既存入居者からの値下げ要求を受ければ大家さんにとっては大きな痛手となります。 実際に一度賃料を下げると、定期的な収入が低くなってしまうため大きな問題となるためです。

しかしフリーレントならば賃料を下げずに募集することが可能です。既存入居者とのトラブルや全体的な家賃の値下げなどの問題解決策となるため、大家さんからしてもメリットのある方法となります。 このような理由から、敷金・礼金無料の物件を探したり仲介手数料値下げ交渉をしたりするだけでなく、こうしたフリーレント物件を探すのもおすすめです。

単身引越し東京最安 標準プラン 平均15,500円

オフシーズンに引越しを行うデメリット

オフシーズンの引越しは引越し需要が低くなるため、引越し料金も安くなるのがメリットです。また、工夫をすればさらに費用を抑えられます。

しかし、オフシーズンにはこの時期ならではの要注意すべきデメリットもいくつかあります。実際にオフシーズンにはどのようなデメリットがあるのかまとめましたのでご確認ください。

繁忙期に比べて出回る物件数が少なくなる

オフシーズンは市場に出回る物件数が、成約に繋がりやすい繁忙期に比べると大きく減る傾向にあります。もちろん閑散期に新しい物件や空室が出ることもありますが、何らかの理由で売れ残っている物件である可能性もあります。

月末の土日は引越し費用が高くなりやすい

繁忙期と比較すると閑散期の引越しは安くなりますが、それでも、引越しが集中するタイミングは割高になります。たとえば、引越しを希望する人が多い土日祝日はその傾向が強いです。平日に比べてこうした週末などは料金が高めになります。

また、月の中旬から月末にかけても引越し料金が高めに設定されていることがあります。 これは、賃貸物件の契約は月末までであり、契約内容によっては月の始めや途中で引越しすると、残りの家賃を支払う必要がでてくる場合があります。 このように家賃の二重支払いを避けて「なるべくお金を節約したい」と考える依頼者が多いため、中旬から月末にかけては引越し需要がやや高まり、料金も上がりやすいのです。

時間帯を指定すると費用が高くなる場合がある

時間帯で言うと、午後からの時間をダンボールの荷解きに充てられる午前中も人気です。午前中に時間指定すると、閑散期でも多少高くなる傾向があります。

引越し先が遠方の場合に費用が高くなりやすい

移動距離も引越しの料金を決めるうえでの重要な基準の一つです。閑散期であっても、長距離であればあるほど、費用は高くなる可能性があります。これはスタッフの人件費やトラックの燃料費などのコスト・お金が引越し業者側に必要となるためです。

引越し先の立地や建物の状況により費用が高くなることがある

繁忙期でも閑散期でも同じですが、選んだプランに含まれるサービス以外の作業が発生した場合も料金は高くなります。

たとえば、エレベーターがない物件で、1階以外の階層に引越しする場合や、玄関前にトラックを駐車できない場合など。オプションを追加すればするほど、必然的に料金は高くなります。費用を意識する上でも、旧居や新居がどのようなお住いであるかを事前に確認しておくのが肝心です。

宅配便より安い 爆安75パック 7,500円

【月別】引越し費用の特徴

引越し費用は引越し業者ごとに異なるものの、料金相場には月ごとにおおまかな傾向があります。 ここでは月別の引越し費用の特徴について一覧にしてまとめました。引越しをご検討される際には、カレンダーとともにこちらの一覧をご参考いただき、最もお得で最適な引越し日をお選びください

1月

引越し業者の繁忙期となる3月を見据え、実際に引越しする人はまだ少なく、比較的割安な時期です。一方で、不動産会社が繁忙期となりやすいため、4月からの新生活の場所が決まっている場合は、部屋決めを始めてください。

2月

引越しの需要はまだ増えていませんが、業者によってはこの時期から料金を上げ始めます。また、物件探しについてはピークを迎える時期です。競争が激しくなるため、物件が決まったらすぐに契約することをおすすめします。

3月

1年で最も業界が忙しくなることから、多くの引越し業者が料金を高く設定しています。また、需要の過密さから、希望のスケジュールで引越しができないケースも少なくありません。駆け込み需要により、不動産会社も忙しい時期です。

4月

4月前半は3月に引き続き多くの業者が料金を割増に設定しています。後半になると需要が落ち着き、料金も下がり始めるため、都合がつくのであれば後半を狙うのがおすすめです。部屋探しについても、後半から徐々に新しい物件が登場し始めます。

5月

需要は落ち着いているため、料金はそれほど高くありませんが、ゴールデンウィークには注意が必要です.連休に合わせて引越しする人が多いため、一時的に引越し業者の重要が高まります。調整できる場合は、ゴールデンウィーク期間中の引越しは避けるのが無難です。

6月

1年の中でも特におすすめできる時期です。引越し業者の閑散期に差し掛かるため、多くの業者が料金を低めに設定しています。また、単身向けの物件が空きやすい時期でもあります。一人暮らしを予定している場合は余裕を持って物件を探せるこの時期がおすすめです。

7月

引越し需要は少なく、料金は低く設定されています。ただし、気温の高さから、物件探しや荷造り・荷解きに苦労します。急ぎの引越しでなければ、インターネットでの情報収集に充てるのがおすすめです。

8月

引き続き引越し需要は少なく、料金面で言えばおすすめできる時期です。しかし、天候の不安定さから引越し時に苦労をすることもあります。引越しのタイミングをずらして差支えないようであれば、この時期を避けても構いません。

9月

10月は多くの企業で異動が多くなる時期です。そのため、9月は会社の転勤が重なり、一時的に引越し需要が高まります。3人家族程度であれば家族全体で引越しするケースもありますが、単身で転勤するのが一般的です。引越し業者の予約が取りにくくなるほか、料金も高く設定されているため、引越しを安く済ませたければ避けたほうが無難です。

10月

こちらも引越しの時期としておすすめです。閑散期にあたるため料金は低く設定されています。加えて、スケジュールの都合がつきやすい、涼しいため作業がしやすいといったメリットも。多くの業者が転勤の需要を見越しているため、物件の種類も豊富にあるのも特徴的です。

11月

10月以降からの閑散期が続いています。料金面では引き続きおすすめの時期です。ただし、物件については4月の新生活に向けてこの時期から探し始める人も多いため、少しずつ不動産会社が忙しくなります。年内の引越しを予定している場合、中旬までには物件の候補を絞ってください。

12月

依然として閑散期が続いています。料金の低さ、日程の融通の利きやすさから、引越しの時期としてひじょうにおすすめです。需要が高まり休業する引越し業者も多い年末を避ければ、引越し費用を大きく抑えられます。物件については年明けの引越しに向けて少しずつ競争率が高まっているため、早めに行動した方がお得です。

レンタカーよりお得 超節約パック 最安10,500円

「引越本部長」の引越しプランと料金の目安

引越本部長』は首都圏の単身引越しで業界最安クラスを誇る引越し会社です。他社と比べて格安であることはもちろん、他社以上の充実したサービス内容や作業品質をお届けしています。

お客様にとってメリットとなるリーズナブルな引越し料金をご提示することに自信を持っておりますので、ぜひ引越本部長をご検討ください。

ここでは引越本部長の特徴やお得なプラン内容・料金の目安をご紹介します。

引越本部長の料金が安い理由

引越本部長は首都圏の引越し料金が業界最安クラスの引越し会社です。複数の料金プランがございますので、安さにこだわって引越し会社を探している方におすすめです。引越本部長の引越しサービスの特徴やお得な理由についてお話しします。

オプション別の料金設定なので、本当に必要なサービスだけをお客様が選べる

オプションは最低限で良いからできるだけ費用を安く済ませたい…そうお考えの方には引越本部長の料金プランがぴったり!通常の料金プランには、必要最低限のサービスしか含まれません。

本当に必要なサービスを自分で選べるので、費用を安く抑えられます。

お客様が引越し作業を手伝うと、より安くなるプランがある

もちろん、メインの運搬作業は我々スタッフが行いますが、お客様に手伝っていただくことでお安くなるプランもあります。

手伝っていただく作業は簡単なものです。引越し費用を安くするためには労力を惜しまない…という方にはぴったりです。

通常期(オフシーズン)の料金の目安

オフシーズンは料金を低く設定できるため、お安く引越しを済ませたい方におすすめの時期です。『引越本部長』の通常期の料金がどのくらいかかるかを説明します。

爆安75プラン

荷物の量が少なく、近距離へ引越しする方へおすすめの激安プランです。その料金はなんと、7,500円!宅配便よりも安く速くお引越しできます。

エリア 同一区内、または隣接する区へのお引越し
スタッフ 1名
お荷物量 段ボール20個以内
料金 7,500円

超節約プラン

自分でできる作業を手伝う代わりに、相場よりも安い料金で引越しをしたいと考える方にぴったりのプランです。レンタカーを借りて行う自力引越よりもお安い可能性があるだけでなく、プロがお手伝いすることで安心・安全に引越しできます。

移動距離によって料金が変わってきますのでご確認ください。

エリア 同一区内、または隣接する区へのお引越し
使用車両 ロイヤル号
スタッフ 1名
お荷物量 段ボール約50個相当(容積4.6㎥)
料金 10,500円~
エリア 20Km以内へのお引越し
使用車両 ロイヤル号
スタッフ 1名
お荷物量 段ボール約50個相当(容積4.6㎥)
料金 11,500円~

標準プラン

お引越し用ダンボールの荷造りと荷解きはお客様ご自身で行っていただきますが、大型家具や家電類の荷造りは、引越本部長の専門スタッフが担当する、標準的な引越しプランです。

エリア 同一区内、または隣接する区へのお引越し
使用車両 2トン車標準
スタッフ 2名
お荷物量 段ボール約90個相当(容積8.4㎥)
料金 13,500円~
エリア 20Km以内へのお引越し
使用車両 2トン車標準
スタッフ 2名
お荷物量 段ボール約90個相当(容積8.4㎥)
料金 14,500円~
エリア 20Km以内へのお引越し
使用車両 2トンロング車
スタッフ 3名
お荷物量 段ボール約120個相当(容積10.5㎥)
料金 24,500円~

サービスオプション

基本の料金プランに加え、以下の項目に該当する場合は、別途料金を頂戴しますので、あらかじめご了承ください。

休日(土曜日) 合計金額に30%加算
休日(日曜日・祝日) 合計金額に15%加算
階段での4Fへの搬出入 2,000円
階段での5Fへの搬出入 5,000円
距離増し(21km~100kmまで) 2,500円/10km毎(例:31㎞なら25,000円)
距離増し(101km以上) 1,500円(10km毎)
横持ち(※注) 1,000円/10m毎
時間指定 3,000円〜5,000円
当日今すぐ便 15,000円
作業員1名追加 10,000円〜
単身引越し東京最安 標準プラン 平均15,500円
口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。

安い時期の引越しがおすすめ!ただし注意点も…

引越しは、移動する時期に制限がないのであれば、オフシーズンでの引越しがおすすめです。なぜなら、引越し料金が断然安くなるためです。日にちや曜日、時間帯なども考慮すれば、さらに安く抑えられる可能性もあります。

しかし、オフシーズンの引越しも良いことばかりではありません。繁忙期以外でも料金が高くなるタイミングはありますし、物件数が少なくて新居探しに苦戦するなどの注意点もあるためです。

お得に引越しをするのであれば、閑散期を狙って注意点を考慮した上で対策して進めていくことをおすすめします。

引越本部長』では、閑散期のお引越しでも繁忙期のお引越しでも、いつでも定額「爆安75プラン」など、お客様に応じたリーズナブルなプランを提供させていただきます。まずは簡単お見積もりのフォームに情報をご入力いただき、気軽にお問い合わせください。

低金利の引越しローン 敷金・礼金等の初期費用や家具・家電など多目的に使える!
東京都内で単身の引越しをするときのコツ|料金の相場はどれくらい? 引越しはいつまでに連絡すればいい?タイミングと退去の流れを解説 転居にかかる費用の種類|引越し料金を安く抑えるコツとは? 全ての記事を見る
  • 通勤・通学の移動中に1分で簡単入力!
  • 1分で簡単入力!
  • 無料WEB自動見積り
お引越しタイプ
『爆安プラン』の方は
電話にて承りますフリーダイヤル0120-918-808

営業時間:11:30 〜 20:30

現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※【hotmail】【gmail】【ヤフーmail】を使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号 ※ハイフン不要。半角数字のみご記入ください。


ゴキブリ・悪臭・雑菌対策 期間限定 特価2,600円
引越し代は借りられます! 敷金・礼金・家具・家電
短時間で引越し 素早くスピーディーな作業 積込開始〜完了まで平均1.5時間

HONBUCHO Corp, All Rights Reserved.