6月の引っ越しがおすすめの理由|梅雨どきならではの注意点は?

引越本部長
6月の引っ越しがおすすめの理由|梅雨どきならではの注意点は?

引っ越しがいくらぐらいかかるかが気になると思いますが、重要なのはその時期です。見積もりを取ったり値段交渉などで、安くする方法もありますが、何月に引っ越すかでほぼ決まってしまう事があります。

目次

6月の引っ越しがおすすめの理由

良い物件を見つけやすい

6月の引っ越しがおすすめの理由は、3月、4月、5月に比べて一人暮らし向けの物件に空きが出やすい傾向があるからです。

例えば、結婚する時期として多くの方たちが希望するジューンブライドで、6月に結婚するカップルも多く、そうするとそれまでの一人暮らし向けの物件から2人以上の世帯向け賃貸に引っ越すという事があります。 また、そのような需要を見込んで、カップルやファミリー向けの物件も出てきやすいこともあります。

さらに、全体としては閑散期のために、不動産屋さんによっては、入居日や家賃発生日を交渉できる場合があるので、繁忙期よりも賃貸物件では、敷金や礼金が下がっていたり、家賃が下がっていたりする状況もあります。

繁忙期に比べて引っ越し料金が安い

引っ越し業者が忙しいピークは3~4月上旬とされていますが、中旬やそれ以降は落ち着く傾向にあり、6月は通常期に当たり、繁忙期に比べて相場より料金が低く設定している引っ越し業者が多くなります。

また、ゴールデンウィークや大安など、通常期の中でも大安ではなく仏滅の日を選べなど、人気の日にちを避け、早めに予約をすれば、さらに料金を安く抑えられる可能性があります。

6月に引っ越しをするときの注意点

通常期でも人気の曜日や時間帯は料金が高くなる

通常期とはいえ、月末や土日は引っ越しの料金相場が高くなる場合があります。特に6月は祝日がないので月末や土日に集中する傾向があります。

しかし、そのような場合でも、時間帯指定なしのプランを選ぶと費用を抑えられる業者もあるので、午前中など人気の時間帯を選ぶケースが多いため、逆に午後多少遅くなっても時間帯指定なしのプランは狙い目といえます。

雨天時の引っ越し作業について確認しておく

引っ越しで気になるのは当日の天気です。

こればかりは事前に知ることは不可能なので、台風やゲリラ豪雨などの大雨でも引っ越し作業を決行するのか、雨天時のキャンセル料はかかるか、あるいは小雨の場合、業者による防水対策はどれくらい行われるのかなどを確認しておく必要があります。

引っ越し当日が雨天の場合は自分でも対策する

引っ越し当日が雨天の場合は、自分でも対策することも重要です。濡れたら困る家電製品などはビニールで保護しておいたり、ダンボールが濡れても大丈夫なように補強しておくことや、傘や水気を拭き取る雑巾などを使えるようにしておくことも重要です。

引っ越し作業の前後で湿気対策を行う

6月は梅雨の時季なので、お部屋や畳に湿気がこもりやすいため対策を行うこともおススメします。具体的には、引っ越し前にはエアコンで除湿しておいたり、クローゼットや押し入れなどの収納に除湿剤を置くなどが考えられます。

そして引っ越しの後では、作業当日が雨天の場合、搬入した荷物の水気を拭き取ったり、エアコンで除湿するか、翌日の天気が晴れなら換気することなどがあります。

「引越本部長」の引っ越しプランと料金の目安

分かりづらいといわれる引っ越しの料金ですが、ここで、一般的な引っ越し料金の相場と「引っ越し本部長」の料金を比較してみましょう。

通常期の引っ越し料金相場

単身引っ越しの場合の料金相場

距離 荷物(少) 荷物(多)
~15km未満(市区町村内) 28,495円 37,958円
~50km未満(都道府県内) 34,004円 40,465円
~200km未満(同一地方内) 43,868円 51,206円
~500km未満(近隣地方) 52,552円 63,510円
500km~(長距離) 54,270円 70,101円
※価格は平均
※参考:価格.com「引越し費用・料金相場」https://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/

家族引っ越しの場合の料金相場

距離 荷物量の目安(2人分) 荷物量の目安(3人分) 荷物量の目安(4人分) 荷物量の目安(5人分)
~15km未満(市区町村内) 64,417円 76,411円 97,508円 114,447円
~50km未満(都道府県内) 67,752円 77,818円 91,837円 103,782円
~200km未満(同一地方内) 75,894円 91,774円 129,584円 145,489円
~500km未満(近隣地方) 109,277円 122,234円 115,847円 164,833円
500km~(長距離) 115,199円 132,491円 146,880円 142,857円
※価格は平均
※参考:価格.com「引越し費用・料金相場」https://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/

引越本部長の料金プランの特徴

引っ越し本部長「爆安75プラン」 料金:7,500円

荷物は、ご自分で用意した20箱以内の段ボールのみで、1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドアの運搬になります(お手伝い必要)。段ボールのサイズ・重量の目安は、高さ・幅・奥行の3辺の和が120センチ以内で、1個当たりの重量が10キロ以内。 また、自分でできる作業を手伝う代わりに、相場よりも安い料金で引越したいとお考えの方に、ピッタリのお安いプランです。

特に単身者で荷物量の少ない場合の、50㎞未満の近距離での引っ越しの安さが目立ちます。それ以外遠距離でも、平均価格より割安です。

エリア 23区内同士、または隣接する市部への引越し
スタッフ 1名
荷物量 段ボール20個以内

引っ越し本部長「超節約プラン」 料金:10,500円~

エリア 同一区内、または隣接する区へのお引越し 料金:10,500円~
エリア 20Km以内へのお引越し 料金:11,500円~
使用車両 ロイヤル号
スタッフ 1名
荷物量 段ボール約50個相当(容積4.6㎥)

引っ越し本部長「標準プラン」 料金:13,500円~

エリア 同一区内、または隣接する区へのお引越し 料金:13,500円~
使用車両 2トン車標準
スタッフ 2名
荷物量 段ボール約90個相当(容積8.4㎥)
エリア 20Km以内へのお引越し 料金:14,500円~
使用車両 2トン車標準
スタッフ 2名
荷物量 段ボール約90個相当(容積8.4㎥)
エリア 20Km以内へのお引越し 料金:24,500円~
使用車両 2トンロング車
スタッフ 3名
荷物量 段ボール約120個相当(容積10.5㎥)
※表示価格は全て税抜価格です。別途消費税がかかります。
※こちらの料金表は、「平日であること」「低層階から低層階への引越しであること」が条件となります。
※土日、祝日、月末や3月中旬からの繁忙期は上記金額とは異なってまいります。詳しくは問い合わせの上確認が必要。
※参考:https://honbucho.com/plan.html

「引っ越し本部長」サービスオプション

引越本部長の料金プランの特徴は、シンプルで分かりやすい料金設定です。 オプション別の料金設定なので自分の引越しがどのような条件なのかによって見積もりを設定でき、本当に必要なサービスだけを選べることで無駄な出費が節約できて、他の引っ越し料金より安い費用で引っ越しが出来ます。

休日(土曜日) 合計金額に30%加算
休日(日曜日・祝日) 合計金額に15%加算
階段での4Fへの搬出入 2,000円
階段での5Fへの搬出入 5,000円
距離増し(21km~100kmまで) 2,500円/10km毎(例:31㎞なら25,000円)
距離増し(101km以上) 1,500円(10km毎)
横持ち(※) 1,000円/10m毎(車両から玄関までの距離です)
時間指定 3,000円〜5,000円
当日今すぐ便 15,000円
作業員1名追加 10,000円〜
※横持ち:玄関前まで引越し車輌が通行できない場合の玄関から車輌までの手持ち・台車運搬作業の事 ※表示価格は全て税抜価格です。別途消費税がかかります。
※参考:https://honbucho.com/option.html

ダンボールが必要な場合

その他、一般的な引っ越し料金では、段ボール箱などの梱包のための資材が無料で付いてくることが多いのですが、「引っ越し部長」ではあえて別料金のオプションとすることで基本料金を押さえている点も注目されます。 特に、単身の方など荷物量の少ない引っ越しでは、近所のスーパーなどで段ボールを譲ってもらえば足りるので、余分なお金を掛けなくて済みます。

段ボールセットはM/Lのサイズに関わらず5枚で3,500円/10枚で4,500円となります。

Mサイズ 幅33.3cm×奥行36cm×高さ34.5cm
Lサイズ 幅35.8cm×奥行51.5cm×高さ34.5cm
クラフトテープ 150円
※表示価格は全て税抜価格です。別途消費税がかかります。

全体のまとめ

引っ越し料金を安く抑えるポイントは、準備する時間や暇がとれるのか、どの程度まら自分で出来るか、どこを頼むのかということにつきます。 そして、引っ越しのスケジュールを含め、その選択肢や方法を多く揃えてくれる引っ越し業者を選ぶことです。

あれもこれもとサービス満載の引っ越しプランも、予算があるなら楽でいいのですが、少しでも節約したいなら「引っ越し本部長」の各種プランに、オプションを加えてみる方法がおススメです。 そして、引っ越しにかける予算を少なく抑えることで、新居での様々な準備にその差額を充てることが出来るので経済的です。

引っ越し本部長
お問い合わせ専用フリーダイヤル
0120-918-808
HOURS:11:00〜20:00
お電話でお見積もり
フリーダイヤル
0120-918-808
HOURS:11:00〜20:00
かんたん無料WEB自動見積

たったの7項目!1分で即回答!

お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり

荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
ちょっと面倒ですが、大抵の場合さらに安くなります!

閉じる