ワンルームの引っ越し料金相場はどれくらい?安く抑えるコツは?

引越本部長
ワンルームの引っ越し料金相場はどれくらい?安く抑えるコツは?

一人暮らしなどでワンルームの部屋に暮らす人が引っ越しをする場合、引っ越しにかかる料金はどのくらいになるかご存知ですか?

選ぶ引っ越し業者やプラン、そして移動距離や荷物の量などによっても大きく変わってきますが、ここでは、ワンルームの引っ越しでかかる料金の相場についてご紹介します。 あわせて、引っ越し費用を安く抑えるためのコツやポイントなどについても確認していきましょう。

目次

ワンルームの荷物量の目安と引っ越しプラン例

ワンルームの荷物量目安

一般的に、引っ越しで必要となるダンボールの個数は、一人当たり平均10個程度と言われています。
部屋のタイプや男性か女性かによっても変動し、ワンルームであれば、ダンボール10個程度、1K~1LDKになると、10~15個程が目安となります。 単身者向けの引っ越しサービスも、ダンボール10個前後を基準にしていることがあります。

引っ越しプラン例

ワンルームの引っ越しの場合、単身者向けの引っ越しサービスを利用するのが一般的です。ワンルーム向けの主なプランは3種類。

専用のコンテナボックスに積めるだけの荷物を運ぶプラン

このプランの特徴は、搬出できる荷物の量がコンテナボックスに積み込める量と決まっていること。 トラックを貸しきるより費用は安く抑えられるので、荷物の量が少ない人にはおすすめです。

コンテナボックスのサイズにもよりますが、積み込める荷物の量は「冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、衣装ケース3個、布団、スーツケース、ダンボール10箱」程度です。 コンテナボックスに荷物が入り切らなかった場合は、追加料金が発生します。

軽トラックを貸し切って荷物を運んでもらうプラン

折りたたみできないベッドや自転車など、コンテナボックスには入り切らないサイズの家具や家電がある場合は、軽トラックを1台貸し切って荷物を輸送してもらうのが一般的です。 コンテナボックスに積み込み輸送してもらうプランより費用は基本的に高くなりますが、荷物の量が多い人にとっては便利なプランです。

ダンボールの荷物だけ運んでもらうプラン

初めての一人暮らしなどで家具や家電を新たに購入する場合、購入先から新居へ直接搬送してもらうことで、大型の家具や家電の搬入を引っ越し業者に担当してもらう必要がなくなります。 このような場合、ダンボールの荷物だけを作業員に運んでもらうことも可能です。

ダンボールのみの搬送であれば、引っ越し業者のプランにも安いプランがありますし、なかには宅配便やレンタカーなどを利用して最安値で荷物を輸送する人もいます。

ワンルームの引っ越し料金相場と費用の抑え方

お願いする引っ越し業者によっても大きく変わってきますが、ワンルームの引っ越しにおける料金の相場は、繁忙期と繁忙期(3月~4月)と通常期(5月~2月)でそれぞれ次の通りです。
一般的に、荷物が多くなるほど、また、移動距離が長くなるほど、作業時間がかかり、その分料金は高くなります。

繁忙期の目安

距離 荷物(少) 荷物(多)
~15km未満(市区町村内) 36,207円 47,506円
~50km未満(都道府県内) 39,788円 49,591円
~200km未満(同一地方内) 53,678円 60,373円
~500km未満(近隣地方) 48,848円 74,459円
500km~(長距離) 61,178円 81,935円
※価格は平均
※参考:価格.com「引越し費用・料金相場」https://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/

通常期の目安

距離 荷物(少) 荷物(多)
~15km未満(市区町村内) 28,413円 37,715円
~50km未満(都道府県内) 33,896円 40,398円
~200km未満(同一地方内) 43,784円 51,028円
~500km未満(近隣地方) 53,070円 63,379円
500km~(長距離) 54,673円 70,157円
※価格は平均
※参考:価格.com「引越し費用・料金相場」https://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/

引っ越し費用を抑えるためのポイント

それでは、実際に引っ越し費用を安くするためには、どのようなことに気を付ければ良いでしょうか。 ワンルームに限ったことではありませんが、引っ越し料金を抑えるためにはいくつかのポイントがあります。

安い引っ越し業者を見つける

引っ越し業者によって、引っ越し料金はまちまち。そのため、料金の安い引っ越し業者を見つけてお願いすることが重要になります。 安い引っ越し業者を探すには、まずは複数の業者の見積もりを取ることがポイント。
各々の引っ越し業者に直接問い合わせをするか、「価格.com」など一括で複数の業者の見積もりが取れるサイトを利用するなどして、いくつかの業者の料金を比較したうえで安い業者を選ぶようにしましょう。

引っ越し業者によっては、荷物の少ない単身者向けの安いプランや、荷造りや梱包を自分で行うと割引がきくプランを用意している場合があります。
見積もりの際、そのようなプランが活用できないかを確認してみましょう。良さそうな業者を見つけたら、実際に訪問見積もりをお願いしてみるのも良いです。その際、ダメ元で値引き交渉してみるのも一つの手です。

引っ越す時期や時間帯などを選ぶ

引っ越しは、引っ越しをする月や日にち、曜日、時間帯によっても料金が大きく変わってきます。 これは、旅行業界などと同じで、一般的に繁忙期(依頼が集中する時期)は価格が高くなります。 月でいうと、新年度を控えた3月~4月頃が一年の中でもっとも引っ越しの依頼が殺到する繁忙期なので、その時期は必然的に料金が高騰します。

同じ月でいえば、中旬から月末は依頼が集中し、値段が高くなる傾向にあります。 これは、不動産の契約更新日が月末に設定されていることや、転勤先での仕事が1日から始まることなどが背景にあります。

曜日は、多くの社会人、学生の休日にあたる土日・祝日が人気です。平日に引っ越しをすることで、料金が安くなる可能性があります。
時間帯でいうと、早朝や午前中は依頼が多くなります。これは、午前中に引っ越し作業を済ませ、午後からは荷解きをしたいと考える人が多いからでしょう。時間帯を指定しないと安くなるプランを用意している業者もありますので、荷物が少なかったり移動距離が少なかったりする場合は、そのようなプランを活用するのも有効です。

荷物の量をできるだけ減らす

引っ越しをする際、料金を決める基準の一つが荷物の量。当然、荷物の量が少ないほうが料金は安くなります。 まずは、要らないものがないかあらためて家の中を見渡し、不用品があった場合は断捨離するのも良いでしょう。

不用品を処分する方法としては、リサイクルショップに持ち込む、オークションサイトやフリマアプリで売る、不用品回収業者に処分をお願いする、引っ越し業者に引っ越しとあわせて処分してもらうなどの方法があります。

不用品のサイズや状態などによっても、最適な処分方法が変わってきます。 品物の状態が良ければ、リサイクルショップやフリマアプリで売ることでお小遣いにもなりますが、状態が悪い場合などは、お金を払って処分をお願いするのが一般的です。
また、家具や家電を新調する場合は、購入先から新居へ直接輸送してもらうことで荷物の量を減らすことができます。大型の家具や家電の量は料金に影響するので、極力減らせるようにしたいですね。

ワンルームで荷物が少ない人におすすめの引っ越しプラン

我々、引越本部長では、単身者が安心して安く引っ越しできるおすすめのプランをご用意しています。

プラン例(爆安75プラン)

荷物の量が少なく、近距離へ引っ越しする方へおすすめの激安プランです。作業員兼ドライバーがお伺いして、お客様の大事なお荷物を運びます。 料金はなんと7,500円!宅配便よりも安く速くお引っ越しできます。

エリア 23区内同士、または隣接する市部へのお引越し
スタッフ 1名
お荷物量 段ボール20個以内
料金 7,500円
※表示価格は全て税抜価格です。別途消費税がかかります。

この他にも、格安のプランを多数ご用意しています!お客様それぞれに応じたプランを提案させていただきます。 不用品の処分などのオプションサービスも承っていますので、気軽にご相談くださいね。

ワンルームの引っ越しを安く抑えるには、時期選びと業者選びが大切!

ワンルームの引っ越しを安く抑えるためには、さまざまなポイントがありますが、なかでも引っ越しの依頼が集中する時期を避けることや安い業者にお願いすることがカギとなります。 引っ越しの依頼がピークになるのは、月は3月~4月、日にちは中旬~月末、曜日は土日・祝日。この時期を避け、さらに時間帯を指定しないことで料金が安くなることが期待できます。

業者選びをする際のコツは、できるだけ多くの業者の見積もりを取り、そのうえで安い業者を見極めること。 我々引越本部長では、特に東京都内の単身かつ近距離のお引っ越しであれば、格安で提供させていただきます。まずは、web入力またはお電話にて無料でできるお見積りから。気軽にお問合せください。

引っ越し本部長
お電話でお見積もり
フリーダイヤル
0120-918-808
HOURS:11:00〜20:00
かんたん無料WEB自動見積

たったの7項目!1分で即回答!

お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり

荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
ちょっと面倒ですが、大抵の場合さらに安くなります!

閉じる