引っ越しでやること 荷造りや荷ほどき、手続きを効率良く進める方法

引越本部長
引っ越しでやること 荷造りや荷ほどき、手続きを効率良く進める方法

引っ越すことが決まり、新居も契約すると安心してしまい、必要な準備がおろそかになりがちです。そして引っ越し直前になって、あわてて各種の手続きをしたり連絡をすることになってしまいます。

中には当日になって気が付くこともあり、余計な手間や費用がかかる事態になるケースも見受けられます。

そこで、安心して新居で新しい生活を送れるように、引っ越しまでの流れと、必要な準備と手続きをスケジュールにそって確認しておくことにしました。

目次

引っ越しの準備のタイミングと必要な作業

引っ越しの準備を始めるタイミング

引っ越しの準備にかかる期間は家族構成や荷物の量によって異なりますが、単身者で荷物が少ない場合は、1週間~2週間前から始める人もいます。

また、家族で引っ越しをする場合は、荷物の量も多くなりやすいので、1カ月以上前から家族で分担して準備を始める人もいます。どちらにしても、仕事や家事の合間に進めるため思ったより時間がかかるため、余裕を持って始めたほうが良いでしょう。

特に単身者の場合は休日しか時間が取れないので、各手続きが滞りがちですが、電話やネット、または郵送でできることもあるので、空いた時間にまとめて行うなどの工夫も必要となります。

引っ越しをする上で必要な作業

引っ越しをする上で必要な作業としては、新居の決定や引っ越し業者の選定と手配、そして荷物の整理以外にも、住所変更などの手続きや旧居の片付けなど、多くの作業があります。

必要な作業をリストアップしてそれぞれに優先順位を付けて早めに行うようにしましょう。市町村役場には、転出・転入のしおりなどがあるので、それらを利用するのも良いですね。

引っ越しが決まったらすぐにやること

退去を通知

引っ越し先が決まったら、賃貸物件では賃貸借契約書を確認し、すぐにでも退去通知を行う事が必要です。物件によって退去の通知を行う期日が異なるため、賃貸借契約書の内容を確認することが必須となります。

家賃の発生など余計なコストを抑えるためには、まず退去日を決めてから、新居の入居日を決めると良いでしょう。この手続きや連絡が遅くなると、家賃をもう一か月払う羽目になるので、細かい日時が決まっていなくても一報を入れておくことが肝心です。

引っ越し業者の手配

業者への依頼は引っ越しの1カ月~2週間前までに行うと、スムーズに手配できます。早めに見積もり依頼しておくと、日程やプランに関する希望が通りやすく、また複数の引っ越し業者で料金やサービスを比較する余裕もあります。

しかし、引っ越しの繁忙期はもっと早く依頼することが望まれ、業者の比較も長引かせず早めに契約することをおすすめします。

引っ越しに必要な物品の準備

引っ越しの準備を始める前に、荷造りや不用品の処分、掃除などに必要なものを用意します。

一般的に必要なものでは、ダンボール、紐、ガムテープ、緩衝材といった荷物の梱包に使う資材。ごみ袋、軍手、粗大ごみ処理券、雑巾や洗剤といった掃除用品。また工具類や油性ペンなども必要になるのでない場合は買い求めておきましょう。

ほとんどがホームセンターで用意できるはずです。

引っ越しの前に必要な手続き

ライフララインの使用停止・解約手続き

引っ越しの前に行う手続きとしては、電気、水道、ガスといったインフラ各社に停止の申し込みを行うこと、これらは電話やインターネットから申し込むことができます。

停止作業に立ち会いが必要な場合と、不在時に行ってくれるケースがあるので、作業日時などの確認が必要です。電気や水道は引っ越す最後の日まで利用したいので、停止日時には注意してください。

インターネット回線の解約・開通手続き

固定電話、インターネット回線やWi−Fiの開通工事は時間がかかります。新居でなるべく早くインターネットを利用するためには、事前の移転手続きが必須。引っ越しの1カ月前には申し込んでおくと良いでしょう。

異なる地区、サービス区域外へ引っ越す場合は解約となるので、レンタル機器の返却方法も調べておく必要があります。また、必要書類へ記入して返送するといった時間も考慮しておくことも重要となります。

転出・転居届の提出

住民票を引っ越し先に移すことも必要です。これまでと異なる市区町村に引っ越す場合は転出届で、同じ市区町村に引っ越す場合は転居届となります。いずれも市町村役場の窓口で必要書類に記入し、提出することができます。

また、全てに連絡がいかない場合もあるので、郵便物の転送手続きも忘れずに郵便局の窓口で行っておきましょう。新聞などは早めに解約しておいた方が良いです。

転園・転校の手続き

お子さんがいる場合は、転園や転校手続きが必要となります。

公立の小・中学校に転校する場合は役所や在籍校での手続きを行い、私立の学校に転校を希望する場合は編入試験についてなど、引っ越しが決定した段階で早めに問い合わせると良いでしょう。いずれにしても担任の先生に早めに話しておきます。

粗大ごみの収集依頼

引っ越しで出る粗大ごみの収集方法は自治体によって異なります。自治体のWebサイトなどで調べておきましょう。

引っ越しの多い3月〜4月は予約が取りづらくなります。予約が必要な場合は早期に申し込んでおいたほうが良いでしょう。あるいは自分で指定の処分場に持ち込む方法も検討してみましょう。

引っ越しの前日までにやること

旧居の掃除と新居の準備

いよいよ引っ越しの当日がせまってきたら、旧居の掃除を開始します。台所の油汚れや水まわりのカビなど、汚れは可能な限りきれいにすると、ハウスクリーニングなどの余分な請求をされない場合もあります。

新居の準備では、新居に置く家具の用意、具体的なレイアウトの決定、そして家具を搬入できるかどうかのチェックでは搬入口の広さに対して家具のサイズは大きすぎないかなどを確認する必要があります。

また、新居で使う大型の家具や電化製品は、引っ越し先で揃えるか引っ越し先に配達を依頼したほうが、引っ越し荷物が増えないで済みます。

不用品の処分

不用品の処分も引っ越しについてまわる作業です。これまで生活していた旧居には、その月日の分だけ多くの不用品が溜まっているはずです。

可能な限り不用品を減らしておくと、引っ越しの費用を抑えられる可能性があり、早めに不用品を処分しておくと、荷造りや片付けをスムーズに進めやすいといえます。また、粗大ごみとして出したり、不用品回収サービスに依頼したりするのも良い方法です。

最近はネットオークションやフリマアプリで売却する方も増えており、買取専門店に買取を依頼するなど様々な手段で不用品を処分できます。

荷物の整理

以上の粗大ごみや不用品の処分をするにも、必要なものと不要なものに分別する必要があります。必要なものは新居に持っていくのですが、季節用品などあまり使わないものからダンボールに詰めていくのが効率的です。

荷造りのコツについては後ほど『荷造りや荷ほどきをスムーズに行うコツ』で詳しく触れますのでそちらをご確認ください。

引っ越し当日にやること

旧居と新居の掃除

旧居は荷物の搬出後に隅々まで清掃を行うことが必要ですが、掃除用具は積み込まず自分で持って出るつもりで、あまり大きなものは残さないほうが良いでしょう。

新居は荷物の搬入前に清掃を行っておくため、新居の鍵を事前に受け取っている場合は、前日までに掃除を済ませておいたほうが良いでしょう。

引っ越し業者への指示

引っ越し当日は、先に積むもの、最後に積むものなど作業員へ指示を行う必要があります。

搬出時の段取りや搬入時の荷物の置き場所など、作業員に判断できないことを的確におこなうことで、作業がスムーズに進むだけでなく、引っ越しが終了した後の後片付けもやりやすくなります。

ちなみに通常はダンボールから積み、次に家具や冷蔵庫などの大型の電化製品。そして布団類を積み込み、最後はカーペットという順番です。自転車や植木類がある場合は事前にいっておかないと、積み込むスペースがなくなるので要注意です。

荷物や家財のチェック

引っ越し完了後、紛失したものや壊れてしまった家具がないかを確認することになります。また、ダンボールの数は合っているか家具に傷や破損した箇所はないかなどもチェックします。

もし、何らかの不備があった場合はその場で指摘し、引っ越し会社に連絡しましょう。引っ越し後時間が経過すると、どの時点で傷がついたのかなど、責任の所在が判断できなくなるからです。 また紛失物もその日のうちに調べてもらわないと見つかる可能性が低くなります。不要なトラブルを防ぐためにも手順にしたがって確認は必ず行ってください。

ちなみに、高額な損傷は保険がきくこともありますので、スマホ等で写真を撮っておくようにします。そして、作業員の名前も聞いておきます。

知っておきたいのは、旧居から搬出し、トラックに積み込み、ゆられながら新居に到着し搬入するといった作業なので、慎重に梱包しても傷がつく可能性はあるというのが引っ越しです。このことは頭に入れておきましょう。

引っ越し料金の精算

精算のタイミングは引っ越し業者によって異なりますが、通常は引っ越し作業の終了後というのが一般的です。事前に引っ越し料金に支払うタイミングを確認しておくと良いでしょう。

旧居の明け渡し

賃貸の物件では、部屋の明け渡しまでに荷物の搬出は済ませておき、大家さんや不動産管理会社立ち会いのもと、部屋の状態をチェックしてもらうことになります。

傷や汚れによって敷金の精算額が決まり、場合によっては追加で費用がかかることもあります。また、鍵や貸与物の返却も行います。合鍵を作成している場合は併せて返却することが必要です。

新居の近隣住人への挨拶

若い単身の方は気にしないかもしれませんが、日中に引っ越した場合は、当日に挨拶に行くと良いでしょう。

引っ越し作業が夜までかかった場合や、相手が留守のときは翌日にあらためますが、一軒家の場合は三軒両隣、マンションなどの集合住宅なら上下階と両隣、管理人などに挨拶を行うのが一般的です。

タオルやお菓子、蕎麦などを持参する人もいます。近年では防犯上の理由から挨拶を行わないこともあり、女性の一人暮らしの場合などは、あえておススメはしません。顔を見かけたらあいさつする程度でも良いでしょう。

引っ越しの翌日以降にやること

荷ほどき

すぐに使うものから荷ほどきを行います。一つずつダンボールを開けて、中身を収納できたものから1カ所にまとめていく方法がおすすめです。楽な荷ほどきは、うまく荷造りすることで決まります。

荷ほどきのコツについては後ほど『荷造りや荷ほどきをスムーズに行うコツ』で詳しく触れますのでそちらをご確認ください。

梱包資材の返却・処分

荷ほどきが終わったら、梱包資材の片付けを行います。使用済みのダンボールを回収してくれる引っ越し業者もいますが、引っ越し業者のダンボールは回収しても、他はダメだったりすることもあります。

また、捨てる場合は自治体の決まりに従って処分しなければならないので、勝手に出すことはやめましょう。ダンボールは燃えるゴミではありません。

また、ハンガーボックスなどの引っ越し業者から梱包資材を借りていた場合は返却するため、連絡して指示をあおぎましょう。

挨拶状の送付

仕事相手や親戚、友人に転居の挨拶状を送る場合は、引っ越し後に送付することが望ましいとされています。遅くとも1カ月以内に送るのが望ましく、年末に引っ越しを行った場合は年賀状と兼ねても良いでしょう。

引っ越し後に行う手続き

ライフラインの使用開始手続き

新居での電気の通電、水道の開栓は立ち会い不要で可能なのですが、ガスのみ、立ち会いによる開栓作業が必要になります。引っ越し当日の午後など確実に立ち会える日時を伝えておきましょう。

ネットのプロダイバーも事前に契約して工事が必要な場合は予約しておきます。これらの工事も繁忙期は忙しく申し込んだ順になるので早め早めの依頼を心がけましょう。

役所で行う主な手続き

印鑑の登録や各種手当など、引っ越し後に市町村役場で行う手続きもあります。しかし、役所や各所で行う手続きは引っ越し前に行えるものも多いので、余裕があれば引っ越し前に行っておくと、よりスムーズに引っ越し作業を進められます。

遠方に引っ越す場合も、事前に出来ることや引っ越し後でも郵送で出来ることもありますので、手続き方法を含め各所で確認してください。

行うべき手続きの種類は人によって異なり、届け出の方法も自治体により異なるのですが、基本的には同じと考えて良いでしょう。
手続きの例としては、転入届、マイナンバーの住所変更、国民健康保険の住所変更、国民年金の住所変更、印鑑登録、ペットの住所登録、原動機付自転車の登録変更手続き、児童手当や福祉手当、そして医療制度に関する住所変更手続きなどが必要になります。

学校や職場で行う主な手続き

学校で行う手続き

お子様のいるご家庭では、学校や保育園、幼稚園で行う手続きも重要です。新しく通う学校で転入の手続きを行いますが、手続きには複数の書類が必要となります。

主だったものでは在学証明書や転入学届通知書、そして教科用図書給与証明書などがありますが、地域によって異なるので事前に確認しておいてください。また、通学経路の確認や、必要なら定期券の手配もしておきましょう。

職場で行う手続き

引っ越しが決定した段階で担当者に報告しておくのがベターであり、引っ越しが完了したら速やかに住所変更申請など手続きを済ませておきます。

詳しくは職場の総務担当者に確認と相談をしておきましょう。引っ越しの前後に休みを取ることが出来れば作業も落ち着いてできますから、早めに相談して調整するようにしておきましょう。

さまざまなサービスの住所変更手続き

引っ越し業者では様々なサービスがありますが、まだ自身でやらなければならないことも多いのです。引っ越し後になりますが、利用しているサービスや運転免許証などの住所変更が必要です。

銀行口座、クレジットカード、運転免許証、携帯電話、スマートフォン、保険、各種会員サービスなどが考えられますが、火災保険や地震保険は内容が変わると新規契約扱いとなり再度の見積もりが必要になることもあるので、注意が必要です。

また保険は契約書と異なる住所のままだと必要になった時に連絡が取れなかったり、受けられる補償も受けられなくなることがあります。住所変更は忘れないようにしましょう。

荷造りや荷ほどきをスムーズに行うコツ

普段使わないものから荷造りを行う

荷造りのコツは、使用頻度の少ないものから順にダンボールに詰めていくことです。

例えば、季節ものの衣類や寝具、アウトドアグッズやスポーツ用品、そしてたまにしか使わないバッグなどが考えられます。 また、食器類もほとんどのものは先に梱包してしまい、最低限必要で普段よく使う衣類や雑貨、生活用品などは最後に荷造りするようにします。そして、どこか決まった場所にまとめて詰めておくと、整理しやすくなります。

また、洗濯機や冷蔵庫は水抜きしておきます。冷蔵庫については前の晩に電源を抜いておき、中身を出して梱包しておきます。それらや炊飯器、食品、調味料などは、台所用品としてわかるようにしておき、新居に到着したら早めに出すようにしましょう。

引っ越し当日の朝は簡単なパンなどにして食器類を使わないようにする工夫も必要です。

重量のあるものは小分けにして荷造りする

書籍やオブジェ、嗜好品などは重量があるものは、大きなダンボールに大量に詰めると、持ち運びが困難になったり、ダンボールの底が抜けるおそれがあるので、なるべく小分けにすることも必要です。

食器類もまとめるとかなり重たくなりますが、緩衝材を使うことで隙間を埋めるので、無理やり詰め込まないようにすれば問題ありません。また、これら食器類を始め、照明器具などは「割れ物」シールを張ったり、赤字で表示するようにしましょう。

中身や収納する場所をダンボールに明記する

ダンボールの中身と収納場所を、油性ペンなどで書き込んでおくと、荷ほどきをスムーズに行いやすくなります。ダンボールを積み重ねておくことになるので、記入するのは上部と側面に書くと便利です。
また新居のどこに何を収納するのか、DK、和6、洋6などと事前に印を決めておくと良いでしょう。

引っ越しを円滑に進めるためのポイント

引っ越しの希望日に幅を持たせる

引っ越し希望日をピンポイントで指定すると、料金プランやサービスなどの希望が通らないことがあります。土曜が無理なら日曜とか、この日からこの日の間でなどと、複数の候補日を用意しておくことで、日程がスムーズに決まりやすくなります。

引っ越し業者の方でも、なるべく特定の日に件数が集中しないよう調整したいと思っています。多少値引きしてでも日にちを任せてもらえるとありがたいと考えているため、格安な条件を引き出すことも可能になります。

特に引っ越しが集中する繁忙期では、まんべんなく忙しいわけではなく、どうしても土日に集中してしまい、逆に平日は豊富なトラックと作業員が準備されていても引っ越し件数が少なく、ただコストだけがかかることになります。

繁忙期こそ平日や人気のない仏滅を狙う事で、通常期並みかそれ以下の引っ越し料金が可能になるのです。

さまざまなニーズに応えてくれる引っ越し業者を選ぶ

エアコンの取り外しや取り付け、横持ち、日時の指定などが必要な場合、オプションサービスが豊富な引っ越し業者を選ぶと良いでしょう。

特に、エアコンの取り外しや取り付けの場合は、それぞれの業者に依頼するのは煩わしいので、引っ越し業者のオプションを利用する方が良いのです。 引っ越し日に合わせて都合の良いタイミングで作業をするような指示をしてもらえるので安心です。
料金も、業者に直接頼むのと変わりませんし、引っ越し業者からの依頼の方が日程的に難しくても、融通が利くようです。

チェックリストを作成し、スケジューリングを行う

引っ越しでやることや必要なもののチェックリストを作成すると、スケジュールが管理しやすくなりますし、用意しておくと、抜け漏れなく進められることになります。

また、住所変更などの手続きは、必要なものを洗い出しておき、計画的に進め、電話やインターネットでの申し込みで済むものもあれば、役所などに出向く手続きもあるため整理して効率よく進める方が良いでしょう。
並行して荷造りも行うので、時間の管理もなるべく無駄なく行動し、二度手間がないようにしましょう。

特に遠方に引っ越す場合は忘れないようにしないと、手間がよりかかるので十分に注意することが望まれます。コツはどんな手続きであっても早めに行う事です。

といっても、仕事をしていれば例え1カ月前でも、自由に動ける日はそう多くありません。そのための休みを取るのであれば無駄なく効率よく進むように、事前に調べておかなくてはなりません。

引っ越し業者と事前に打ち合わせをしておく

引っ越し当日までに、必要事項を確認することも重要です。作業時間の目安、作業員の人数、梱包すべきものと、梱包しなくてよいものなどは是非確認してください。

また、当日の流れを想定しておくことで、出発時間や到着時間、そして終了時間が予想できるので安心できます。特に、積み込みが終わった後、旧居の清掃や不動産会社との立ち合いを行うので、新居にいく時間を作業員と打ち合わせしておく必要もあります。

また、荷降ろしが終わった後、荷ほどきをする時間がとれるのか、翌日になるかは重要な問題となります。

転勤による引っ越しも大変

引っ越しの希望日に幅を持たせる

引っ越しの準備はその人によって異なりますが、余裕をもって行えば無事終えることが可能です。大変なのは転勤など、急に引っ越さなければならない場合です。

単身赴任なら簡単ですが、家族も一緒となるとこれは大変を飛び越えてひとつの事件となります。 引っ越し作業自体は繁忙期であっても会社が契約している大手運送会社が何とかしてくれて、新居も探してくれるし、料金も会社持ちなので梱包から清掃など全て任せてしまえばいいのですが、手続きは自分たちで行わなければいけません。

自分の意志で臨む引っ越しと違うので通常とは異なる労力も必要です。見知らぬ土地での生活や学校、これらのことを短期間で行わなければなりません。引っ越しの苦労も人によって異なるということになります。

全体のまとめ

思ったよりもやることが多いのが引っ越しです。何度も引っ越したことがある人は荷づくりもスムーズに行きますし、手続き関係も手慣れたものですが、通常は一生にそう何回も行わないので手探り状態というのが実情です。

また、お子さんなど家族が多ければそれだけ手続きも多くなります。また、長く住んでいると荷物は自分でもびっくりするぐらい多くなります。そして、その分引っ越し料金も高くなってしまいます。

荷造りや荷ほどき、手続きにかかる手間や負担を考えると、その分、少しでも引越し料金は安くしたいものですね。
激安で有名な引越業者「引っ越し本部長」のサイトを見ると、荷物の少ない単身者向けの格安プラン専門の業者でありながら、実は家族向けの標準プランも存在することが分かります。一度ご覧になることをおすすめします。

引っ越し本部長
お問い合わせ専用フリーダイヤル
0120-918-808
HOURS:11:00〜20:00
お電話でお見積もり
フリーダイヤル
0120-918-808
HOURS:11:00〜20:00
かんたん無料WEB自動見積

たったの7項目!1分で即回答!

お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり

荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
ちょっと面倒ですが、大抵の場合さらに安くなります!

閉じる